ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの億の出金を分かりやすく解説

【口座開設・入金ボーナスがある&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【5位】iFORXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMは追証なしで最大888倍までのレバレッジが使える海外のFXブローカーです。

その高いレバレッジを活用すれば、理論的には億単位の収益を出すことも可能です。

しかし、仮に億単位の収益を出せたとしても、それが実際に出金できないのでは意味がありません。

口コミを見ると、XMは高額な出金となると出金を拒むことがあるという噂もあるようです。

そこで今回はXMで億単位の出金はできるのかどうかを分かりやすく解説していきます。

XMの億の出金を分かりやすく解説

XMで億単位の出金はできるのか

XMでは億単位の出金になると出金拒否をされるという噂があります。

はたしてこれは本当なのでしょうか。

こればかりは実体験から解説できないため、口コミから出金の実態を見てみましょう。

この方は具体的な金額に言及してはいないもののXMに出金トラブルはないと言っています。

ただ一方で同時に、億単位となるどどうかは分からないとも。

とはいえ、これは少なくとも通常の出金であればXMは問題なくできるという情報として貴重です。

この方の場合、億近くの出金ならばXMと名指ししています。

iFOREX(アイフォレックス)ならば具体的な事例があるとも言っています。

余談ですが、海外口座は使い分けという点は強く同意します。

絶対的に優れた万能なブローカーはありません。

それぞれのブローカーには一長一短あるものです。

そういった特徴を把握して、マーケットやトレードスタイルに応じて使い分けていくことが重要になります。

また、XMのような海外のFXブローカーには日本撤退というリスクもゼロではありません。

投資の世界には「卵をひとつのカゴに入れるな」という格言もあります。

複数のブローカーを使い分けていたとすれば、仮にひとつのブローカーが撤退しても別のブローカーでトレードをすぐに継続できます。

そういったリスク分散の観点からも複数のブローカーを使い分けていくことが大切になります。

いずれにせよ、XMでは億単位の出金も問題なくできそうです。

「実際に出金した」といった情報こそ見つけることはできませんでした。

ただ、そのような高額な出金をした人が、わざわざ公の場で口に出すとは思えません。

宝くじを当てた人が公の場に顔を出さないのと同じことです。

しかし、いくつかの情報をみると総じてXMは高額な出金についての信頼性は高いといって良さそうです。

数十万円~数百万円程度の出金についてはさらに確実性が高いと考えても良いでしょう。

XMで億単位の出金になるとかかる制限

XMでは億単位近くの高額出金になると様々な制限がかかるようです。

厳密にいうと、この方は出金について言及しているわけではありません。

しかし、資産が億を超えるとXMではレバレッジ規制がかかり最大25倍までのレバレッジしか使えなくなるといっています。

出金後の残高がおよそ3千万円なので7千万円ほど出金したのでしょうか。

それでもレバレッジ規制が解除されなかったようです。

ちなみに、このXMのレバレッジ規制は億単位の資産になる前から段階的に適用されます。

身近なところだと、証拠金20,001USD(約200万円)以上で200倍のレバレッジ制限がかかります。

XMの公式サイト上には100,001USD以上は最大100倍というところまでしか示されていませんが、1億円以上で25倍の制限は十分にありそうといって良いでしょう。

そもそも、1億円に888倍のレバレッジをかけられるとすると小国の国家予算に匹敵する規模のトレードサイズになってしまいます。

このレバレッジ規制はきわめて妥当といって良いでしょう。

また、この方は出金時間について言及しています。

億単位の出金の際にはXMのサポートデスクからの確認手続きが挟まれるようになると。

これも十分にありえる話しです。

原則的に本人確認の不要なブローカーの場合でも、高額出金になると本人確認書類の提出を求められることは普通です。

XMは金額にかかわらず出金前には本人確認手続きが必要です。

高額出金の場合には、あらためてそこを確実にしておくという意図でしょう。

XMにかぎらず、海外のFXブローカーの多くはマネーロンダリング防止のため、出金に際してはやや面倒な手続きが必要になることがあります。

しかしそれは一方で、それだけ健全な経営をしている証左ともいえるのではないでしょうか。

XMが億単位の出金ができると思える理由

実体験がないため、XMが億単位の出金ができるという確たる証拠はありません。

しかし、口コミのほか様々な状況を考えると問題なく出金できると考えて良さそうです。

まず、億単位という出金金額がXMにとってそれほど大きな金額ではないと考えられます。

たとえば、XMではない、日本法人を持つ海外FXブローカーの決算公告をみても100億円近い資産があることが分かります。

(※ 具体的な企業名は伏せておきます。公開情報なので興味のある方は調べてみてください)

これは日本法人のみの資産です。

海外法人の資産も加えれば数倍にはなると思われます。

XMに日本法人はなく決算情報も公開していません。

しかし、世界中に複数の法人を持つグローバル企業であるという点は同じです。

上記で一例とした日本法人を持つ海外FXブローカーとほぼ同等の財務状況と考えても大きな間違いはないでしょう。

そういった財務状況を考えると、億単位の出金はXMにとってそれほど痛手ではないと考えられます。

対して、出金拒否などの風評被害は新規ユーザーの獲得に大きな障害となります。

また、不条理な出金拒否はコンプライアンス違反として金融ライセンスの剥奪につながる可能性もあります。

そういったリスクを犯してまでXMが億単位の出金を拒むとは考えにくい、というのが私見です。

なお、これはXMが日本でも最大手といえるほど非常に人気のあるブローカーだからいえることです。

まだ知名度の低い、経営体力に乏しいブローカーの場合、億単位の出金ができないということは十分にありえると思われます。

XMの億の出金を分かりやすく解説 まとめ

XMは億単位の出金ができるのかどうか、多くの口コミをみるとXMは数ある海外FXブローカーのなかでも信頼性が高いといえそうです。

また、XM自体の経営体力などを予想するに億単位の出金を拒む理由もないと考えられます。

ただ、高額の資産運用となるとレバレッジ制限がかかる、出金に時間がかかるといった不自由が生じてくることも分かりました。

いずれにせよ、億単位の資産をひとつのブローカーに預けておくというのはリスク分散の観点からおすすめはできません。

XMに負けず劣らず使いやすいブローカーもあります。

そういった複数のブローカーを平時から使い分けて、資産も分散しておくことをおすすめします。