ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのパスワードを忘れた時の再設定方法・変更方法を分かりやすく解説

【口座開設・入金ボーナスがある&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【5位】iFORXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMは追証なしで最大888倍ものレバレッジが使えることが人気の海外のFXブローカーです。

また、XMはひとつのアカウントにつき7つまで口座を追加できることも人気の理由のひとつです。

しかし、複数の口座を運用していると困るのがパスワードの管理です。

パスワードを忘れたためにいくつかの口座が使えない状態になってしまったというケースも珍しくありません。

そこで今回はXMのパスワードを忘れた時の再設定方法・変更方法を分かりやすく解説していきます。

XMのパスワードを忘れた時の再設定方法・変更方法を分かりやすく解説

XMのパスワードを忘れたと思った時は

XMのパスワードの再設定方法も変更方法も比較的難しくありません。

しかし、パスワードを忘れたと思った時はいきなり再設定を検討するのではなく、まず誤入力を疑ってみましょう。

XMのパスワードは「8~15文字」「小文字、大文字、英数字を含む」「一部以外の特殊文字は使用不可」といった厳しい仕様になっています。

誤入力の可能性も十分にあるといって良いでしょう。

とくにPCの操作に慣れていない方はCapsLockの機能がONになっていないか確認してみましょう。

CapsLockはキーボードの入力を大文字に固定する機能です。

これがONになっていると大文字小文字混在であるXMのパスワードを正しく入力することはできません。

CapsLockはSHIFTキーを押しながら打鍵すれば解除できます。

パスワードを忘れたと焦る前に、まずはCapsLockがONになっていなかなど誤入力の可能性を確認してみましょう。

XMのパスワードを忘れた時の再設定方法

XMのパスワードはアカウントに紐づいているのではなく口座ごとに割り当てられます。

そして、XMで複数の口座を運用している場合、マイページへのログインはすべての口座IDとパスワードで可能です。

そのため、ひとつの口座のパスワードを忘れたとしても別のXMの口座のパスワードが分かればその口座でマイページへログインできます。

とりいそぎ、ただマイページへログインしたいというのであれば、この対処法でどうにかできます。

しかし、結局のところ口座間の資金移動や特定口座からの出金にはその口座へのログインが必要となります。

したがって、どのみちその口座でのパスワードの再設定が必要となってきます。

ログインできる口座からはいったんサインアウトして、ふたたびマイページへのアクセス画面を表示させましょう。

「パスワードをお忘れですか?」の部分をクリックします。

すると、口座IDと登録メールアドレスを入力するフォームが表示されます。

ここへパスワードを忘れた口座IDと登録メールアドレスを入力して送信します。

しばらくするとパスワードの再設定方法が記されたメールがXMから届きます。

メール経由でパスワード再設定ページへアクセスします。

任意のパスワードを入力して「送信」をクリックするとパスワードの再設定が完了します。

なお、XMはマイページへのログイン情報と取引プラットフォームであるMT4(MT5)のログイン情報は共通です。

パスワードを再設定した場合は、MT4(MT5)の設定もやり直す必要がある点には注意しておきましょう。

XMのパスワードの変更方法

先に解説したとおり、XMでパスワードを忘れた時の再設定方法は比較的簡単です。

しかし、そもそもパスワードは忘れないようにしておくべきです。

そこで、あらかじめパスワードは忘れにくいものに変更しておくことをおすすめします。

特に、XMで複数の口座を運用している方は、末尾の文字列だけを変更するなど覚えやすいように工夫しておくと良いでしょう。

パスワードの変更法は簡単です。 マイページへログインしてマイアカウントの概要のオプションから「パスワードの変更」を選びます。

現在のパスワードと新しいパスワードを入力するフォームが表示されるので、入力して「送信」をクリックします。

以上です。非常に簡単ですね。

繰り返しになりますが、XMでは口座ごとにIDとパスワードが配布されます。

ここで再設定したパスワードですべての口座へログインできるわけではありません。

ちなみに、すべての口座のパスワードをすべて同一にすることも可能です。

ただやはり、セキュリティの観点からそのような設定はあまりおすすめはしません。

表計算ソフトなどで一元管理するという手もありますが、電子的な媒体のセキュリティはやや不安が残ります。

原始的ではありますが、手帳などの紙媒体で口座IDごとにパスワードを控えておくのがもっともおすすめなパスワード管理方法です。

XMのパスワードと口座IDも忘れた場合の再設定方法

XMのパスワードの再設定方法、変更方法いずれも手続きは簡単です。

ただ、どちらの場合も口座IDが必須となります。

そのため、パスワードだけではなく口座IDも同時に忘れた場合は手も足も出せないように思えます。

しかし、XMはそのような場合であってもサポートデスクへ問い合わせることで対処してもらえます。

サポートデスクへ問い合わせると仮パスワードが発行されるので、その仮パスワードを使ってマイページへログインできます。

あとは先ほど解説したパスワードの変更方法にしたがって、任意のパスワードに変更すれば良いだけです。

XMのパスワードのMT4(MT5)からの変更方法

実はXMのパスワードはマイページ以外にも取引プラットフォームであるMT4(MT5)上から変更する方法もあります。

まずはMT4(MT5)を立ち上げてメインメニューの「ツール」から「オプション」へと進みます。

各種設定変更ができるウィンドウが表示されるので、「サーバー」タブを選び「パスワードの変更」へと進みます。

あとは表示されるウィンドウにしたがって、現在のパスワードと新しいパスワードを入力してOKをクリックするだけです。

当然ながら、この変更方法は現在のパスワードを知っているときにしか使えず、そもそもパスワードを忘れた場合の再設定には利用できません。

パスワードの再設定はXMのアクセスページからおこないましょう。

なお、MT4(MT5)上でのパスワード変更はXMのマイページへのログインにも反映されます。

今後は変更後のパスワードでログインすることになるのでその点にも注意しておきましょう。

XMのパスワードを忘れた時の再設定方法・変更方法を分かりやすく解説 まとめ

パスワードを忘れた場合でも、XMでは簡単な再設定方法でリカバリーできます。

パスワードの変更方法はさらにシンプルです。

現在のパスワードと新しいパスワードを入力するだけです。

また、XMではパスワードとIDの両方を忘れたとしてもサポートデスクへ問い合わせれば仮パスワードの発行も可能です。

ただ、パスワードの紛失・失念はそもそも避けるべきものです。

できれば、念のためどこかへ控えておく、忘れにくいようなものに変更しておくといった対策をとっておきましょう。