ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのpipsの表示方法と計算方法・いくら?を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMでpipsの表示方法があったら知りたい。

pipsの計算方法を知りたい。

XМのpipsっていったいいくらなの?

ところでXМのpipsっていったい何?

あなたは今、このようにお考えですよね。

XМは最大レバレッジ888倍・追証なし・ゼロカット制度を採用した、利益獲得を狙いやすい海外FX取引所です。

外国為替でFX取引するXМでは通貨ごとの価値が異なるため、損益やスプレッドを確認しづらいと感じる方も少なくありません。

そこでpipsの出番です。

XMのpipsの表示方法と計算方法・いくら?を分かりやすく解説

XMのpipsとは?

XМのpipsとは、FX共通の最小単位です。

各通貨の1%(1/100)を、XМなどFXではpipsで表します。

日本円の最小単価は1円ですので、1%にあたる0.01円が1pipsとなります。

米ドルは1ドルが最小単位ではなく、1セントです。

よって米ドルの最小単位は、1pipsあたり0.0001ドルとなります。

ユーロ他、諸外国の通貨も米ドルと同じように1pipsあたり0.0001です。

よってXМのpipsは以下のように解釈しておけば問題ありません。

  • 日本円の1pips⁼0.01円
  • 日本円以外の1pips⁼0.0001円

主にXМなどのFXでpipsを目にするシーンは、スプレッドです。

スプレッドはXМのトレードコストですので、少しでも安く抑えたいところでしょう。

しかし各通貨ごとの単位でスプレッドを表記しても、一目で差額を把握することができません。

pipsで統一表記すれば、XМのスプレッド差が明確になります。

よってXМなどのFXでは、ペア通貨の共通単位としてpipsが用いられているのです。

もちろんスプレッドに限らず、XМの利益などあらゆる通貨の単位表記としてpipsは用いられます。

XMで1pipsぶんの利益はいくらなの?計算方法は?

では実際のトレードで、XМの1pipsぶんの利益はいくらなのでしょうか。

考え方としてはどれだけの取引通貨量で、1pipsあたりいくら獲得したのかということを基準にしましょう。

XMで1pipsぶんの利益の計算方法【日本円建て】

日本円建ての場合は「取引通貨量×0.01」の計算方法から、1,000通貨で1pipsあたり10円の利益、10万通貨の場合は1pipsあたり1,000円の利益獲得となります。

仮に同じだけのpipsを獲得しても、取引通貨量ごとに利益は異なるのです。

XMで1pipsぶんの利益の計算方法【外貨建て】

外貨建ての通貨ペアは、同じ取引通貨量で取引しても1pipsあたりの利益が異なります。

その理由は、各通貨ペアごとのレートが異なるからです。

「取引通貨量×0.0001×ペア通貨のレート(他国通貨/円)」の計算方法で、1pipsあたりの利益を確認できます。

たとえばユーロ⁼0.8米ドル、米ドル⁼100円だったとき、10万通貨取引した場合をみてみましょう。

10万通貨×0.0001×0.8ドル⁼0.8ドル、1米ドル100円なので0.8×100⁼80となり、1pips⁼80円となります。

XMで1pipsぶんの利益はいくらなのか、ペア通貨すべてを計算していくのは非常に大変な作業です。

またXМでのトレード中に、МT4やМT5で損益をpips表示方法できる方法があったら便利だと思いませんか。

そこでXМのMT4・MT5に装備されているpips表示と、公式XМの計算機を使いましょう。

XMのMT4・MT5でのpips表示方法

トレード中にXМの損益状況を把握できるpipsの表示方法があったらなあ、と思う方に朗報です。

XMのMT4・MT5には、pips表示できる機能が備わっています。

pips表示でXМの損益状況を一目で把握したい場合に非常に便利です。

また日本円で表示されているとXМの損益状況が気になってしまう方も、pips表示なら感情に流されにくくなり根拠に基づいたトレードがしやすくなるのはないでしょうか。

XМのMT4やMT5のpipsの表示方法は、ターミナル上で行います。

ターミナル内のタブを「取引」に指定⇒右クリック⇒「損益」⇒「ポイント」で、XМの損益状況がpips表示されます。

XMのpipsの計算方法の一環として役立つ計算機

XMの計算方法は「FXを学ぶ」を選択⇒「計算機ツール」⇒「ピップ値計算ツール」で計算機にアクセスしてください。

「ピップ値計算機」を以下に沿って入力しましょう。

  • 通貨ペア:pips換算したい通貨ペアをプルダウンメニューから選択、または手入力
  • 口座の基本通貨:自分の口座の基本通貨を選択。基本的には「JPY」でOK
  • 口座タイプ:「スタンダード」「マイクロ」「XM Zero」のいずれかを選択
  • ロット数量:口座タイプに見合ったロット数を入力。たとえばスタンダード口座で1ロット⁼10万通貨のpips換算したい場合は、「1」とロット数を入力
  • 現在の変換価格:上で選択した通貨ペアの現在レートが自動入力されるため、入力してくてOK

入力が完了したら「計算する」をクリックします。 すると自動で「ピップ値 口座の基本通貨」「ピップ値 変換された通貨」が表示されます。

  • ピップ値 口座の基本通貨:入力した条件で「1pipsあたり日本円でいくらか」が表示される
  • ピップ値 変換された通貨:入力した条件で「1pipsあたり決済通貨でいくらか」が表示される

計算ツールで算出された「変換された通貨」は、МT4・МT5上の現在レートと同じです。

XМにおけるリアルタイムのpipsが、しかも一目で把握できるので非常に便利ですよね。

pipsの計算方法がよくわからない方や苦手な方も、これなら安心してXМでpipsを確認できるはずです。

XMのpipsの表示方法と計算方法・いくらを分かりやすく解説まとめ

XMのpipsとはどのようなものか、pipsの表示方法や計算方法について解説しました。

外国為替FXのハードルである通貨差を共通の単位「pips」を用いることで、XМの利益やスプレッドなどを一目で比較できます。

pipsは計算することで算出できますが、XМでは通貨数が多いためひとつひとつ計算するのは大変です。

XМではМT4やМT5で損益状況を把握したり、公式XМの計算ツールによる計算方法で把握できたりしますので非常に便利です。

ぜひXМでは便利なpipsの表示方法や計算方法を活用して、損益やスプレッドの確認にお役立てください。