ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのプラットフォームのおすすめ・違い・変更方法を分かりやすく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【3位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【4位】FXGTの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMのプラットフォームのおすすめはMT4とMT5のどっちなの?

ところでMT4とMT5にはどのような違いがあって、どのような人にどちらのプラットフォームがおすすめなの?

XMのプラットフォームの変更方法はどのように行えばいいの? あなたは今、このようにお考えですよね。

XMはMT4とMT5からプラットフォームを選んで、最大1000倍のレバレッジ取引ができる海外FX業者です。

ここではXMのプラットフォームのおすすめはどれか、MT4とMT5の違いと、プラットフォームの変更方法について解説していきます。

XMのプラットフォームのおすすめ・違い・変更方法を分かりやすく解説

XMのプラットフォームでおすすめは?MT4とMT5の違い

XMのプラットフォームでおすすめはどっちなのかを明確にするために、まずはMT4とMT5の違いを確認していきます。

XMのプラットフォーム「MT4」のおすすめポイントとMT5との違い

XMのプラットフォーム「MT4」は、世界中の投資家が愛用しており、多くのトレーダーから支持されています。

充実したテクニカル分析機能とトレードツールを実装していることから、おすすめのプラットフォームです。

XMのプラットフォームとしてMT4をおすすめする最大のポイントは、デフォルトで以下の機能を実装していることでしょう。

  • カスタムインジケーターの種類が豊富
  • 自動売買(EA)の数が多い

先行版としてリリースされたMT4は、デフォルトのカスタムインジケーターと自動売買(EA)の種類が豊富です。

こちらはMT5よりも優れているため、XMのプラットフォームとしておすすめであり、MT5との違いでしょう。

XMのプラットフォーム「MT5」のおすすめポイントとMT4との違い

XMのプラットフォーム「MT5」は、MT4の後継版です。

動作がスピーディで、プラットフォームが整然と見やすく、MT4よりも機能が多いことからおすすめです。

MT5のおすすめポイントは、改良版であることからMT4よりも見やすさと使いやすさが向上したことでしょう。

たとえばMT5の特徴とおすすめポイントをあげると、以下の通りです。

  • 動作が軽快でスピーディ
  • アップデートの頻度が高いため、最新機能や最大限のパフォーマンスを実現できる
  • МT4は時間足が9種類なのに対し、МT5は21種類と種類が多い
  • MT4は気配値のメニュータブは2種類なのに対しМT5は4種類に細分化
  • ストップリミット注文ができる
  • ナビゲーターウインドウでは大カテゴリを実装し整然として見やすい

特にチャートの時間足の種類がMT4よりも圧倒的に多いことは、XMのプラットフォームとしてMT5をおすすめする理由です。

時間足が多いぶん、短期相場から長期相場までトレーダーのニーズに沿った相場のチャート分析がしやすいためです。

またMT4よりもMT5はアップデートの頻度が多いため、開発元のメタクオーツ社が力を入れているプラットフォームであることがうかがえます。

今後の新機能のリリースに期待できることも、XMのプラットフォームとしておすすめする理由であり、MT4との違いと言えるでしょう。

XMのプラットフォームの違いから「MT4」「MT5」をおすすめしたい人

XMのプラットフォームの違いが明確になったところで、MT4とMT5をおすすめしたい人をまとめました。

  • MT4をおすすめしたい人:自動売買(EA)メインのトレーダー
  • MT5をおすすめしたい人:裁量トレーダー

MT4はデフォルトの自動売買(EA)の種類が非常に多く、実装数ついてはMT5と大きな違いがあります。

自分のニーズに応じた自動売買(EA)を選んでトレードができることが、MT4をおすすめする理由でしょう。

一方カスタムインジケーターについては、近年MT5との差がなくなってきています。

このためXMのプラットフォームにMT4をおすすめしたい人は、自動売買(EA)メインのトレーダーです。

極論、自動売買(EA)をのぞいたスペックについては、MT5のほうが優れていることもMT4との違いです。

MT5は画面が見やすくわかりやすいため、初心者のトレーダーにおすすめです。

動作スピードが早く軽快にトレードできるため、スキャルピングのトレーダーにおすすめでしょう。

トレード戦略に応じてストップリミット注文ができることも、上級者のトレーダーにおすすめできます。

今後の新機能のリリースに期待ができることはMT4との違いですし、MT5を幅広いトレーダーにおすすめする理由です。

XMのプラットフォームの変更方法

XMはプラットフォームの変更方法には対応していません。 ただしXMでは追加口座を開設して最大8口座を運用できます。

プラットフォームの変更方法として、既存と異なるプラットフォームを選んで追加口座を開設し、開設した口座を利用することで対応します。

XMで上限の8口座まで開設済みの場合は、不要な口座を解約してから、あらたに追加口座を開設しましょう。

追加口座の開設時にプラットフォームを選ぶ方法

XMのマイページから「追加口座を開設する」を選び「取引口座詳細」フォームを入力します。

「取引プラットフォームタイプ」の項目で、MT4かМT5を選びましょう。

「私は…」のチェックボックスをオンにし「リアル口座開設」を押します。

これで追加口座の開設方法は完了となり、こちらでトレードすればプラットフォームを変更できます。

XMの不要な口座を解約する方法

XMのマイページから、削除したい口座の「オプションを選択する」して「口座を解約する」を選択し、確認画面で「取引口座を解約する」を選びます。

登録メールアドレスに届いたメール内の「取引口座を解約する」をクリックしたら、XМの確認画面で「取引口座を解約する」をクリックして完了します。

XMのプラットフォームの変更方法に関する注意点

XMのプラットフォームの変更方法に関する注意点は、事前にトレード履歴をダウンロードすることです。

トレード履歴は今後の確定申告で必要になる書類ですが、口座を解約してしまうと取得することができません。

事前にMT4やMT5から取引履歴をダウンロードしたのち、プラットフォームの変更方法を進めましょう。

XMのプラットフォームのおすすめ・違い・変更方法を分かりやすく解説まとめ

XMのプラットフォームのおすすめと、MT4とMT5の違い、プラットフォームの変更方法について解説しました。

プラットフォームの違いからMT4をおすすめしたいのは自動売買(EA)のトレーダーで、それ以外はMT5がおすすめです。

XMはプラットフォームの変更方法は対応していないため、追加口座でニーズに合ったプラットフォームを選んで開設することをおすすめします。