ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのプラットフォームのおすすめ・違い・変更方法を分かりやすく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMのプラットフォームのおすすめは、MT4とMT5のどちらなの?

MT4とMT5の違いを理解して、自分に最適なプラットフォームをXMで使いたい。

XMのプラットフォームの変更方法はどのようにしたらいいのかわからない。

あなたは今、このようにお考えですよね。

XMのプラットフォームは、メタクオーツ社が開発するMT4とMT5を公式採用していますが、どのような違いがあってどちらがおすすめなのかよくわからない方もいるはずです。

またXMのプラットフォームの変更方法がわからずに困っている方もいるでしょう。

XMのプラットフォームのおすすめ・違い・変更方法を分かりやすく解説

XMのプラットフォームのおすすめは?MT4とMT5の違いと特徴

XMのプラットフォームでおすすめはどちらなのかを判断するために、まずはMT4とMT5の違いや特徴についてみていきましょう。

XMのプラットフォーム「MT4」のおすすめポイントとMT5との違い

XMの取引プラットフォームのMT4は、世界中の投資家に愛用されており、多くのユーザーから支持を集めていることから、おすすめと言えるでしょう。

テクニカルチャート分析の充実した機能や、トレードでの使いやすさからおすすめのプラットフォームです。

XMのプラットフォームとしてのおすすめポイントは、デフォルトでも充実している以下のふたつのツールでしょう。

  • 自動売買(EA)の数が多い
  • カスタムインジケーターの種類が豊富

早期にリリースしたMT4は、デフォルトの自動売買(EA)とカスタムインジケーターの種類が多いことが取引プラットフォームとしておすすめするポイントであり、MT5との大きな違いです。

XMのプラットフォーム「MT5」のおすすめポイントとMT4との違い

XMの取引プラットフォームのMT5は、MT4の後継版として開発されており、改良版というメリットを生かした動作の軽快さとスピードの速さからおすすめと言えます。

MT4との違いを踏まえてMT5のおすすめポイントを一言で言うと、プラットフォームの各機能が多く、見やすさと使いやすさが向上していることが大きな特徴でしょう。

MT5のおすすめポイントや特徴について詳しくまとめると以下の通りです。

  • 動作が軽快でスピーディ
  • アップデートの頻度が高いため、最新機能や最大限のパフォーマンスを実現できる
  • ナビゲーターウインドウでは大カテゴリが実装されており整然として見やすい
  • 時間足の種類が多く、МT4は9種類なのに対し、МT5は21種類
  • 気配値のカテゴリタブはМT4は2種類なのに対し、МT5は4種類に細分化
  • ストップリミット注文ができる

チャートの時間足の種類の多さから、XMの取引プラットフォームとしてMT5を利用することで、短期相場から長期相場までユーザーのニーズに沿ったチャート分析ができることが大きな特徴です。

もうひとつの特徴として、MT5はアップデートの頻度が高いことから、開発元のメタクオーツ社が力を入れていることがうかがえるため、

今後新機能のリリースに期待ができることも、XMのプラットフォームとしておすすめであり、MT4との違いでしょう。

XMのプラットフォームの違いからMT4・MT5をおすすめしたい人

XMのプラットフォームの違いから、MT4とMT5をおすすめしたい人をそれぞれみていきます。

MT4をおすすめしたい人は、自動売買(EA)ユーザーです。

MT5との違いとして、MT4をXMのプラットフォームとしておすすめする最大の理由は、自分のニーズに合った自動売買とカスタムインジケーターを利用できることでしょう。

近年カスタムインジケーターの種類もMT4とMT5で大差がなくなってきています。

自動売買(EA)の種類の多さは、MT5を大幅に上回るため、XMの自動売買ユーザーはMT4一択になります。

一方MT5をおすすめしたい方は、基本的に裁量トレーダーです。

自動売買とカスタイムインジケーターの種類の数以外は、MT5のほうがXMのプラットフォームとしてのスペックが高いためおすすめです。

動作スピードが早く軽快な点についてはスキャルピングユーザーにおすすめであり、画面が見やすくわかりやすいためプラットフォームにこだわりがない方や初心者にも適しているでしょう。

アップデートの頻度の高さから今後の新機能に期待できる、そしてストップリミット注文ができる点も、MT4との大きな違いであり、幅広いユーザーにMT5をおすすめする理由です。

XMのプラットフォームの変更方法

XMのプラットフォームの変更方法は、基本的にできません。

すでに開設を済ませている口座については、取引プラットフォームだけを変更することはできないと考えておきましょう。

しかしXMは、複数口座として最大8口座を開設して運用できるため、追加口座の開設であらたに取引プラットフォームを選択するという形で、プラットフォームの変更方法を行うことができます。

すでにXMの上限8口座を開設済みの場合は、不要な口座を解約して、あらたに口座を開設し直してプラットフォームを選択することができます。

XMの追加口座の開設方法からプラットフォームを設定する方法

XMの「追加口座を開設する」を選択し、「リアル口座開設」フォームを入力します。 「取引プラットフォームタイプ」でMT4・МT5のいずれかを選択しましょう。

「私は…」のチェックボックスをオンにし「リアル口座開設」を選択、「取引プラットフォームタイプ」でMT4またはМT5を選択してください。

XMの不要な口座を解約する方法

すでにXMで最大8口座を保有する場合は、まず不要な口座を解約し、あたらに取引プラットフォームをMT4またはMT5のいずれかで選択し、口座開設を行いましょう。

削除したい口座の「オプションを選択する」から「口座を解約する」を選択し、XМの確認画面で「取引口座を解約する」をクリックします。

登録メールアドレスに届いたメール内の「取引口座を解約する」をクリックし、ふたたびXМの確認画面で「取引口座を解約する」を選択しましょう。

XMのプラットフォームのおすすめ・違い・変更方法を分かりやすく解説まとめ

XMのプラットフォームでおすすめのものは、自動売買ユーザーと裁量トレーダーで違います。

自動売買ユーザーはEAの種類が多いMT4がおすすめで、裁量トレーダーや特にこだわりがない方には、開発元が力を入れており、動作の軽快さやスピードの速さ、使いやすさや見やすさなどからMT5がおすすめです。

プラットフォームの変更方法は、XMから追加口座の開設手続きで新たにプラットフォームを選択する方法が必要になるため覚えておきましょう。

ふたつの違いをよく理解したうえで自分のトレード手法に合ったプラットフォームを選んでXMのトレードを楽しんでください。