ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのプラットフォームのおすすめ・違い・変更方法を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】おすすめ1位のFX業者(LINE公式で確認)

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMのプラットフォームにおすすめなのは、MT4とMT5のどちらなの?

取引プラットフォームのMT4とMT5の違いはなに?

XMのプラットフォームの変更方法を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。 XMの取引プラットフォームには違いがあるため、トレード手法ごとにおすすめのツールは異なります。

ここではXMの各プラットフォームをおすすめする理由とMT4とMT5の違い、XMのプラットフォームの変更方法について解説していきます。

XMのプラットフォームのおすすめ・違い・変更方法を分かりやすく解説

XMのプラットフォームは、メタクオーツ社開発のMT4とMT5を採用しています。

一見MT4とMT5は同じですが、ふたつには明確な違いがあるため、各プラットフォームをおすすめする理由は異なります。

すでにXMをご利用中の方に向けて、取引プラットフォームの変更方法をみていきあmしょう。

XMのプラットフォームのおすすめは「MT4」MT5との違い

XMの取引プラットフォームの「MT4」は、MT5の先発版であるため人気と知名度を誇ることからおすすめです。

テクニカルチャート分析の充実した機能や、トレードでの使いやすさからおすすめのプラットフォームと言えるでしょう。

XMのプラットフォームにおすすめする大きな理由は、デフォルトでも充実している以下のふたつのツールです。

  • 自動売買(EA)の数が多い
  • カスタムインジケーターの種類が豊富

MT4はMT5よりもリリースが早かったため、デフォルトの自動売買(EA)とカスタムインジケーターの種類が多いです。

MT5との違いとして、MT4をXMのプラットフォームとしておすすめする大きな理由は、自分のニーズに合った自動売買とカスタムインジケーターを利用できることでしょう。

特に自動売買(EA)の種類の多さは、MT5を大幅に上回るため、XMの自動売買ユーザーはMT4一択になります。

XMのプラットフォームのおすすめは「MT5」MT4との違い

XMの取引プラットフォームの「MT5」は、MT4の後継版として開発されており、改良版というメリットを生かした動作スピードの速さがおすすめと言えます。

MT4と比較した違いとして、MT5をおすすめする理由はプラットフォームの各機能が多く、見やすさや使いやすさは向上していることでしょう。

たとえば「ナビゲーター」エリアのエクスプローラーも、MT5は大カテゴリが実装されているため整然と見やすい仕様であることは、MT4との大きな違いです。

気配値表示のカテゴリタブもMT4は2つなのに対し、MT5は4つに細分化されています。

チャートの時間足は、MT4よりもMT5のほうが小刻みに設定できることから、短期相場から長期相場まで細かく時間足を設定して、よりユーザーのニーズに沿ったチャート分析を行うことができることからおすすめです。

MT4と比較したとき、MT5には以下のように細かな違いがあります。

  • MT5はアップデートの頻度が高いため、常に最新機能や最大限のパフォーマンスを実現できる
  • 動作が軽快でスピーディ
  • ナビゲーターウインドウが見やすい
  • 時間足の種類が多く、МT4は9種類なのに対し、МT5は21種類
  • 気配値メニューの充実し、МT4は2種類なのに対し、МT5は4種類
  • ストップリミット注文ができる
  • MT4を新規ダウンロードできない業者もある、アップデート頻度は低い

自動売買とカスタイムインジケーターの種類の数以外は、MT5のほうがXMのプラットフォームとしてのスペックが高いためおすすめです。

おすすめのプラットフォームとしてMT5をおすすめする理由は、開発元のメタクオーツ社が力を入れていることもあります。

MT4を新規ダウンロードできない取引所が実在すること、アップデート頻度は低いことから将来性は低いと考えられます。

一方アップデートを頻繁に行うことから、MT5では今後の新機能などのリリースにも期待できることも、XMのプラットフォームにおすすめする理由と言えるでぢょう。

XMのプラットフォームのおすすめすべきはMT4かMT5か

MT4とMT5の違いから、XMのプラットフォームとしておすすめなのは、ユーザーのトレード方法によって異なります。

まずMT4をプラットフォームにおすすめする人は、自動売買ユーザーです。

カスタムインジケーターの現状は、MT4もMT5も大差がなくなってきていると言われるため、今後MT4をおすすめする人は自動売買ユーザーのみとなるでしょう。

一方MT5をプラットフォームにおすすめする人は、裁量トレーダーや、動作スピードを求められるスキャルピングユーザーでしょう。

特にプラットフォームにこだわりがない方や初心者も、MT5がおすすめです。

すでにMT4からMT5への移行ははじまっているため、今後の新機能やスペック改良の観点からもMT5はおすすめと言えるでしょう。

XMのプラットフォームの変更方法

XMのプラットフォームの変更方法は、追加口座を開設することです。

初回の口座開設に加えて、XMは追加口座を7つ開設し合計8口座を運用できますが、各口座ごとにプラットフォームを選択できます。

残念ながら開設済みの口座は、プラットフォームだけを変更できないため、変更方法としてあたらに追加口座を開設しましょう。

上限8口座を開設済みの場合は、不要な口座を削除して、あたらに口座開設し直しプラットフォームを設定することで対応できます。

XMの追加口座の開設方法からプラットフォームを指定する方法

XMの「追加口座を開設する」を選択し、「リアル口座開設」フォームを記入します。

「取引プラットフォームタイプ」でMT4・МT5のいずれかを選択しましょう。

「私は…」のチェックボックスをオンにし「リアル口座開設」を選択、「取引プラットフォームタイプ」でMT4またはМT5を選択してください。

XMの不要な口座を解約する方法

すでにXMで最大8口座を保有する場合は、まず不要な口座を解約し、あたらに取引プラットフォームをMT4またはMT5のいずれかで選択し、口座開設を行いましょう。

削除したい口座の「オプションを選択する」から「口座を解約する」を選択し、XМの確認画面で「取引口座を解約する」をクリックします。

登録メールアドレスに届いたメール内の「取引口座を解約する」をクリックし、ふたたびXМの確認画面で「取引口座を解約する」を選択しましょう。

XMのプラットフォームのおすすめ・違い・変更方法を分かりやすく解説まとめ

XMの取引プラットフォームのおすすめはMT4とMT5のどちらか、違いの観点から解説しました。

自動売買ユーザー以外は、XMのプラットフォームとしてMT5をおすすめします。

XMの取引プラットフォームの変更方法は、追加口座の開設からニーズに沿ったツールを選択してください。