ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのプラットフォームのおすすめ・違い・変更方法を分かりやすく解説

【口座開設・入金ボーナスがある&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【5位】iFORXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMのプラットフォームでおすすめなのは、МT4とMT5のどっちなの?

プラットフォームの違いはいったい何?

XMでプラットフォームを変更する方法を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

XMは約定力が高く、最大レバレッジ888倍でゼロカット制度を採用し、利益獲得を狙いやすい環境でトレード可能な海外FX取引所です。

最大限の利益獲得を目指すためにはXМの環境の他、プラットフォームが大きくかかわってくるでしょう。

XMのプラットフォームのおすすめ・違い・変更方法を分かりやすく解説

XМのプラットフォームではМT4とMT5が選択できるため、おすすめはどちらなのか迷ってしまう方も少なくないはずです。

こちらではXМのふたつのプラットフォームの違いを解説します。

またXМのプラットフォームの変更方法についてもみていきましょう。

XMのプラットフォームでおすすめは?【MT4の特徴】MT5との違い

現状、XMのプラットフォームとして人気が高いのはMT4です。

MT4はすでに多くのユーザーを獲得し、XMにかかせないプラットフォームとしての地位を確立しています。

トレードやテクニカルチャート分析での使いやすさが人気の理由であり、XMのプラットフォームとしてもおすすめと言えるでしょう。

特にXMでMT4をおすすめする理由は、以下の理由です。

  • カスタムインジケーターが豊富
  • EAの種類が多い

豊富なカスタムインジケーターやEAによる自動売買システムが使えることは、МT5との大きな違いでです。

XMでもMT4は長きにわたって多くのトレーダーに愛用されている実績があり、それだけ多くのカスタムインジケーターやEAが開発されています。

システムトレーダーがXMでプラットフォームを選ぶときは、МT4一択になるでしよう。

XMのプラットフォームでおすすめは?【MT5の特徴】МT4との違い

MT5は、MT4の後継版のXMプラットフォームとして登場しました。

MT4の改良版ですので動作スピードが速く、ひとつひとつの機能もMT4よりも豊富で充実し、見やすさや使いやすさが向上したXMのプラットフォームと言えるでしょう。

たとえば気配値表示メニューが、МT4は2種類なのに対しMT5は4種類です。

ナビゲーターウインドウは大フォルダが装備され、エクスプローラーが整然としているのはМT4との大きな違いです。

時間足の種類もMT4よりもMT5のほうが多いのも、XMのプラットフォームの大きな違いでありおすすめポイントです。

MT4では不可能な細かな時間足設定がXMで可能であることも、プラットフォームとしてMT5との大きな違いです。

細かな時間設定が可能であることから、МT5はスキャルピングなどの短期裁量トレーダーにおすすめのXMのプラットフォームと言えるでしょう。

カスタムインジケーターとEA以外の面で言えば、MT5のほうがXMのプラットフォームとしてスペックが高くおすすめです。

  • 動作がスピーディ
  • 時間足の種類が多く、МT4は9種類なのに対し、МT5は21種類
  • 気配値メニューの充実し、МT4は2種類なのに対し、МT5は4種類
  • ナビゲーターウインドウが見やすく使いやすい
  • アップデートが頻繁・МT4は新規ダウンロードできない

XMでMT5をおすすめする理由は、開発元のメタクオーツ社が力を入れているプラットフォームであることです。

MT4は新規ダウンロードができないのも、MT5との大きな違いです。

MT5で頻繁にアップデートが行われていることも、今後充実した機能が登場すると考えられることから、XМのプラットフォームとしておすすめする理由です。

結局、XMのプラットフォームでおすすめはどっち?

ふたつの違いを明確にしましたが、では具体的にXMのプラットフォームとしておすすめなのはМT4とMT5のどちらでしょうか。

XMでEAなどの自動売買システムを利用する方のプラットフォームはMT4がおすすめです。

カスタムインジケーターやEAの種類が多いことが、МT5との圧倒的な違いであり、おすすめすべきポイントです。

逆にXMで裁量トレードメインの方や、スキャルピングなどの短期トレードメインの方のプラットフォームは、МT5がおすすめです。

特にトレードスタイルにこだわりがない、初心者の方のプラットフォームには、MT5をおすすめします。

現在プラットフォームはMT4からMT5への移行が始まっていて、今後さらにMT5が充実する動きが見られます。

XMではあえて古いバージョンではなく、最新のプラットフォームMT5を使用することをおすすめします。

XMのプラットフォームの変更方法

プラットフォームの変更方法は、XMでの新規口座開設が必要です。

わざわざ新規口座開設しなくても、プラットフォームだけ変更できればいいけれど… このようにお考えの方もいるでしょうが、XMではプラットフォームだけの変更はできません。

XMでは最大8つの口座を保有できます。 最大8つまでであればあらたにXMへ新規口座開設することができます。

すでに8つ以上の口座をXMで保有している場合は口座削除も行えるため、プラットフォームを自由に変更できます。

こちらではXMのプラットフォームの変更方法として、以下を解説します。

  • XMの追加口座の開設方法でプラットフォームを指定する方法
  • XМで既存の口座を解約する方法

自分のニーズにあったおすすめプラットフォームへの変更しましょう。 まずはXMのマイページへログインしてください。

XMの追加口座の開設方法でプラットフォームを指定する方法

XMの「追加口座を開設する」を選択⇒「リアル口座開設」フォームをすべて記入。

「取引プラットフォームタイプ」でMT4またはМT5を選択⇒「私は…」のチェックボックスをオン⇒「リアル口座開設」を選択 「取引プラットフォームタイプ」でMT4またはМT5を選択することが、XМのプラットフォームの変更方法のメイン操作です。

XMで不要な口座を解約する方法

XMで削除したい口座の「オプションを選択する」から「口座を解約する」を選択⇒XМの確認画面で「取引口座を解約する」をクリック⇒登録メールに配信されたメール内の「取引口座を解約する」をクリック⇒ふたたびXМの確認画面で「取引口座を解約する」を選択

XMで最大8つを超える口座を保有する場合は、不要な口座を解約しあたらに好みのプラットフォームでXMの口座開設を行いましょう。

XMのプラットフォームのおすすめ・違い・変更方法を分かりやすく解説まとめ

XМのプラットフォームでおすすめなのはEAトレーダーなのか、それとも裁量トレーダーなのかによって違います。

両方のトレードをやってみたい初心者や特にこだわりがない方は、今後さらなる充実が期待できるМT5がプラットフォームにおすすめと言えるでしょう。

XMのプラットフォームの変更方法は、プラットフォームのみの変更はできません。

もしプラットフォームを変更したい場合は、XMで新規口座開設時にMT4またはМT5を指定してください。