ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのリアル口座の開設方法を分かりやすく解説

【口座開設・入金ボーナスがある&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【5位】iFORXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMは追証なしで最大888倍ものレバレッジが使えることが人気の海外のFXブローカーです。

すでにデモ口座でトレードを始めており、そろろそリアル口座へ移行しようかという人も多いのではないでしょうか。

しかし、XMは「海外」のFXブローカーです。

それゆえ、リアル口座の開設には面倒な手続きが必要なのではと心配な方もいるかもしれません。

そこで今回はXMのリアル口座の開設方法について分かりやすく解説していきます。

XMのリアル口座の開設方法を分かりやすく解説

XMのリアル口座の開設方法の手順と所要時間

XMのリアル口座の開設方法は難しくありません。

下記の手順を踏めば誰でも簡単に新規口座が作れます。

1.リアル口座開設フォームを入力して送信

2.確認メールを認証

3.本人確認書類を提出して口座を有効化

順調に手続きができれば10分とかからないと思います。

実際にトレードを始めるには取引プラットフォームを別途設定する必要こそありますが、それを含めても最短即日でトレードが始められます。

以降で、リアル口座の具体的な開設方法を解説していきます。

XMのリアル口座の開設方法:口座開設まで

XMのリアル口座の開設方法はすべてオンラインで完結します。

申込用紙を手書きで記入して郵送したり返送ハガキを待ったりする必要もありません。

まずはXMの公式サイトからリアル口座開設フォームを表示させましょう。

「ボーナスあり」と「なし」に入り口が分かれているように見えますが違いはありません。 どちらでも大丈夫です。

まず始めに上記のフォームで「個人情報」と「取引口座詳細」を入力・選択していきます。

はじめてXMを使う人はどのような口座タイプを選べば良いのか迷うかもしれません。

しかし、XMは1アカウントにつき7つまでリアル口座の追加が開設できます。

この段階ではあまり深く考えず好きな口座タイプを選んで問題ありません。

ただし、この方のいうようにゼロ口座はボーナスの対象外です。

まずはボーナスを利用してトレードしたいという人はスタンダード口座かマイクロ口座を選びましょう。

なお、詳細な口座タイプやプラットフォームの違いは最後に参考情報として解説します。

どうしても決めかねるといった人はそちらを参考にしてください。

以上のフォームを入力後「ステップ2へ進む」をクリックするとさらに詳細な個人情報の入力が求められます。

個人情報と住所詳細へ入力する情報は、のちほどXMへ提出する各種証明書類の内容と一致している必要があります。

また、住所はすべてアルファベット表記で入力しなければなりません。

どのように入力すれば良いか分からない人は「JuDress」などのウェブサイトを利用しましょう。 つづけて、取引口座詳細と投資家情報を入力していきます。

XMは様々な口座タイプとレバレッジが利用できますが、あとで柔軟にリアル口座の追加ができることは先に触れたとおりです。

ここではあまり悩まずに決めてしまいましょう。

投資家情報はアンケートのようなものです。

この内容でリアル口座の開設が拒まれることはほぼないと考えて差し支えありません。 正直に答えて行きましょう。

最後に、任意のパスワードを設定して「リアル口座開設」をクリックすれば口座開設リクエストは完了です。

ほどなくして登録メールアドレスへXMから確認のメールが届きます。 そのメール経由で新規口座開設リクエストを確定させましょう。

最終的に、あらためてXMより上記のような口座IDが記載されたメールが届きます。

これでとりあえず、リアル口座の開設は完了です。

XMのリアル口座の開設方法:口座の有効化

XMにリアル口座を開設したとしても口座を有効化しなければボーナスの受け取りや出金ができません。

口座を有効化するにはXMへ本人確認書類を提出する必要があります。

マイページへログインしてアカウント名をクリック→「書類をアップロードする」と進みましょう。

XMの本人確認で必要となる書類は以下のとおりです。

・身分証明書・・・運転免許証またはパスポートなど

・現住所証明書・・・公共料金の請求書や銀行の利用明細

以上の書類の画像データをマイページからアップロードします。

なお、画像はスキャナーを使わずとも、しっかりと映っていればスマホで撮影したものでも問題ありません。

また、公共料金の請求書等は電力会社や携帯電話のキャリアの会員ページからPDFでダウンロードできる場合が少なくありません。

そちらを利用すると撮影の手間が省けるのでおすすめです。

以上の書類をアップロードすると通常は1営業日程度でXMから承認されます。

これでリアル口座でボーナスをもらったり出金したりできるようになります。

XMのリアル口座の開設方法で迷いやすいポイント

XMを始めて使う人は、リアル口座の開設にあたって「取引口座タイプ」と「取引プラットフォームタイプ」で迷いやすいことと思います。

それぞれの選択肢の主な違いは以下のとおりです。

【取引口座タイプ】

・マイクロ口座・・・少額投資用の口座タイプ

・スタンダード口座・・・標準的な口座タイプ

・ゼロ口座・・・取引コストが安いがボーナスのもらえない口座タイプ

マイクロ口座は少額投資に特化した口座タイプですが、実はスタンダード口座でも十分に少額なトレードはできます。

また、ゼロ口座はボーナスの適用対象外です。

XMではじめてリアル口座を開設するときはスタンダード口座にしておくのが無難と思います。

【取引プラットフォームタイプ】

・MT4・・・広く利用されているプラットフォーム

・MT5・・・MT4の新バージョン、動作は軽いがまだ広く普及するにはいたっていない MT4とMT5ではそれほど機能的な違いはありません。

MT5のほうが最新版だけあって動作が軽いという違いがあるくらいです。

しかし、MT4とMT5では互換性がないため、一部のカスタムインジケーターがMT5では使えないといったこともあります。

ただ一方で、開発元はMT4からMT5への移行を促しているという現状があります。

そのため、XM初心者の方がどちらを使うべきかは一概にはいえないというのが正直なところです。

XMはリアル口座だけではなく、デモ口座でも実際の取引プラットフォームが利用できます。

まずはそちらで使い勝手を比べてみるというのも良いかもしれません。

XMのリアル口座の開設方法を分かりやすく解説 まとめ

XMのリアル口座の開設方法は難しくありません。

公式サイト上のフォームから口座開設申請をして、その後に本人確認書類をオンラインで提出するだけです。

とくに問題がなければ10分もかからず手続きは完了します。

XMには複数の口座タイプや取引プラットフォームがあるため、どのタイプを選べば良いのか迷うこともあるかもしれません。

しかし、XMはひとつのアカウントについき最大7つまでリアル口座を追加できます。

その際に異なる口座タイプやプラットフォームを選ぶことも自由です。

まずはスタンダードな口座タイプで実際に口座を作ってみてはいかがでしょうか。