ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの両建てトレードは禁止されているのか注意点も解説

【口座開設ボーナスがある&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】is6comの詳細ページはこちらから

【5位】iFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

これからXMを利用してトレードをしたいと考えている人の中には、両建てでトレードできるのかどうかが気になっているという人もいるでしょう。

XMでは最大888倍のレバレッジをかけることができ、追証もないので、ハイレバレッジのトレードに挑戦してみたいという人もいますよね。

しかしリスクを出来るだけ回避するためにも、両建てをうまく利用しながらトレードを行いたいという人は多いはずです。

海外取引所であるXMでは、両建てのトレードは禁止されているのでしょうか?

そこで今回は、XMの両建てトレードは禁止されているのかを調べた上で、両建てに関する注意点に関しても解説していきます。

XMの両建てトレードは禁止されているのか注意点も解説

そもそも両建てトレードとは、「売り」と「買い」のポジションを同じタイミングで同じ数量分持つというトレード方法のことをさしています。

「売り」と「買い」を同じ条件・同じタイミングで出すことにより、その後の値が上がっても下がっても利益はプラスマイナスゼロになるのです。

つまり両建てトレードを行うことで負けのリスクを減らすことができ、大きなトレードを行う場合などでも安心して値動きを見ることができるようになります。

しかし、取引所の中にはこの両建てトレードを禁止しているところも少なくありません。

特に国内取引所などの場合には、両建てトレードを行うために売りと買いのポジションを持とうとすると強制的にポジションが解除されてしまうところもあるようです。

XMの両建てトレードは禁止されているのかどうかについてですが、まず結論から言ってしまうとXMでは両建てトレードが全面禁止という訳ではありません。

基本的には1つの口座の中で両建てトレードを行うことはOKとしています。

しかし、口座をまたいで両建てトレードを行うという行為はNGです。

海外取引所や国内取引所では両建てトレードを禁止しているところも多いので、XMは両建てトレードができる貴重な取引所だといえるでしょう。

XMでは複数口座を利用して両建てトレードを行うのは禁止

XMでは1人のユーザーが最大8つの口座を持つことができるようになっているため、2つ以上の口座を使って両建てトレードを行うことは禁止されています。

万が一、複数口座を利用して両建てトレードをしていることが発覚すれば、口座が利用停止になったり強制的に退会させられるなどの可能性もあるので注意してください。

XMとXM以外の取引所を利用して両建てトレードをしたりグループを作って両建てするのも禁止

またXMの口座とXM以外の取引所の口座間で両建てトレードを行うのも禁止です。

たとえばXMで売りのポジションを持ったら、同じ条件で他の取引所で買いのポジションを持って両建てするのは禁止されています。

さらに複数人のグループを組んで、両建てトレードを行うことも禁止です。

別の取引所を利用したりグループを組んで両建てトレードをするという行為自体は、一人でXMの複数口座を使っての両建てよりはバレにくくはなっていますが、見つかる可能性も十分にあります。

万が一このような不正行為がバレた場合には、口座の利用停止や強制退会などのペナルティが与えられるので、禁止行為には十分注意してください。

XMのポイントを稼ぐ目的での両建てトレードも禁止

さらにXMではポジションを10分以上保有するなどの条件がありますが、両建てトレードを行うことでXMのロイヤリティポイントを往復分得ることができます。

しかしポイントを得るという目的で両建てトレードを行うことをXMは禁止しているので注意が必要です。

両建てトレード以外でもポイントを得るための取引自体をXMでは禁止しているので、万が一発覚した場合にはこちらも何かしらのペナルティ対象となってくるでしょう。

XMの両建てトレードでOKなのは同一口座で同一の通貨をトレードするという方法

ここまでXMの両建てトレードの禁止事項について説明してきました。

他にも窓開けトレードでの両建てや1つの通貨をヘッジする目的での両建てが禁止されていたりと、両建てに関するルールは厳しくなっています。

しかしXMではルールを守れば、両建てトレードはOKとなっており、その基本ルールとなるのが同一口座で同一の通貨を両建てトレードするという方法です。

1つの口座の中で「USD/JPY」を同量同じタイミングで売りと買いのポジションを持つということはOKとされています。

XMの両建てトレードにはグレーゾーンも多い誤って禁止行為をしてしまった場合はどうしたらいい?

XMの両建てトレードでは禁止事項も多いのですが、上記のようにグレーゾーンのようなトレードも存在します。

そのため、知らず知らずのうちに禁止事項を犯して両建てトレードをしてしまったという場合もあるでしょう。

しかしXMでは、明らかな違反行為でない限りは即ペナルティを課せられたり強制退会させられるということは無いようです。

グレーゾーンに値する違反行為があるような場合には、過去の取引履歴や口座の状況などを確認してからXM側の判断により違反行為かどうかが決定されることになっています。

そのため一旦、違反行為と見なされかねない行為をしてしまった場合でも、明らかな違反でなければ気づいた時点ですぐにトレードをストップさせたり、同じ行為を繰り返さなければ違反と見なされない場合もあるようです。

XMで両建てトレードを行う場合には、まずはXM公式にて両建てトレードに関する規約をしっかりと確認してからトレードを行うようにしてください。

XMの両建てトレードは禁止されているのか注意点も解説まとめ

今回は、XMの両建てトレードは禁止されているのかについてと両建てトレードを行う場合の注意点について詳しく解説してきました。

XMにて両建てトレードを行うことはできますが、規則が厳しく禁止事項も多くなっています。

規約違反にならないように両建てトレードを行うためには、XMの公式にて両建てトレードに関する規約をしっかり確認することが大切です。

取引のリスクを軽減するためにも、利用規約をしっかり守りながら両建てトレードを行うようにしてください。