ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMは両建て禁止?解除方法も分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【5位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMは追証なしで最大888倍ものレバレッジが使える海外のFXブローカーです。

ただ、そのような高いレバレッジをうまく使っていくためにはリスクヘッジが不可欠です。

そのリスクヘッジの手段として有効な手法が両建てです。 しかし、XMはそもそも両建てを禁止していないのでしょうか。

また、禁止していないとしてやり方や解除方法は難しくないのでしょうか。

そこで今回はXMは両建てを禁止しているのか、またやり方や解除方法についても分かりやすく解説していきます。

XMは両建て禁止?解除方法も分かりやすく解説

XMは両建て自体は禁止していない

XMは両建てを禁止していません。

両建てとは、同一銘柄について売り(ショート)と買い(ロング)の両方のポジションを同時に持つことです。

このようにしておけばマーケットが上昇下落のどちらに動いたとしても、双方のポジションで損益が相殺されます。 し

かし、「損益が相殺されるのでは意味がないのでは」とお考えの人もいるかもしれません。 両建ての意味は損益ではなく柔軟性にあります。

たとえば、値動きが激しくまだ相場がどのように動くのか分からないのであれば両建てを保持しておけばよいでしょう。

一方で、マーケットの方向性が見いだせたのであれば、片方のポジションを手仕舞えば素早くトレンドに乗ることができます。

なお、XMでは完全に同サイズの両建てをした場合、必要証拠金も相殺されてゼロになります。

ただ、ポジションを保有するかぎり継続的にかかるスワップポイントは発生してしまいます。 XMでは両建て時のスワップポイントの多くは支払いになってしまいます。

基本的に両建ては短期間に使っていくものと考えておいたほうが良いでしょう。

XMの両建ての禁止事項

XMは両建て自体は禁止していません。 しかし、いくつかの条件に当てはまる両建ては禁止です。

上記はXM公式サイトの見解です。 「1つの取引口座で」両建てできます、とあります。

逆にいうとこれは「1つの取引口座以外」での両建ては禁止ということです。

具体的には、XMでは以下のような両建てが禁止となります。

・複数口座間の両建て

・他社を絡めた両建て

XMはひとつのアカウントにつき最大8つまで口座を開設できます。

これらの口座をまたいでする両建ては禁止です。

そして、同じように他社の口座を利用した両建てもまた禁止です。

XMが複数口座の両建てを禁止とする理由

XMが複数口座の両建てを禁止するのは、XMがゼロカットシステムを採用しているからです。

ゼロカットはトレーダーが万が一にも口座残高以上の損失を被ったとしても、マイナス分をXMが負担してゼロにしてくれる救済制度です。

そしてゼロカットは口座単位で執行されます。

もし、複数口座で両建てができたとして、その状態で相場が急変したとします。

当然、片方の口座では莫大な利益が出る一方で、他方の口座に同じ程度の損失が生じます。

しかし、ゼロカットにより損失側の口座のマイナスは口座残高ゼロまでに限定されます。

対して、利益側の口座のプラスに上限はありません。

これは利益はトレーダーがしっかりと享受しつつ、損失だけをXMに肩代わりさせていることと同義です。

XMが複数口座の両建てを禁止するのも当然といえるでしょう。

XM以外の他社を絡めた両建てが禁止となるのも同じ理由です。

いずれも、XMのゼロカットシステムを悪用した不正なトレード手法とみなされるというわけです。

XMでは両建てにかぎらず、ゼロカットを悪用したトレードは不正行為とみなされます。

ボーナスを使った相場急変時「だけ」を狙ったハイレバトレードなどはゼロカットの悪用とみなされがちですので注意しておきましょう。

XMが禁止している両建てはバレるのか?

XMは複数口座の両建てや他社を絡めた異業者両建てを禁止しています。

XM内部の複数口座の両建てがバレることに不思議はないと思います。

ただ、異業者の両建てならばバレないのではとお考えの人もいるのではないでしょうか。

しかし、異業者間の両建てであっても基本的にはバレると考えておきましょう。

異業者両建てがバレる理由には諸説あります。 MT4(MT5)を採用しているブローカーはトレーダーのデータを共有しているから。

あるいは、他社がXMと同じLP(リクイディティプロバイダ)と提携しているから、などといった理由が一般的です。

ただ、理由がどのようであれ、実際に他社を絡めた両建てがバレてペナルティを受けているトレーダーが少なくないことは事実です。

いずれにしろ、XMでは他社を絡めた両建てもバレると心得ておきましょう。

ちなみに、禁止されている両建てがバレた場合、取り引きの取り消しや利益の出金拒否といったペナルティを受ける羽目になります。

最悪の場合は口座の凍結までありえます。

いくら両建てが強力な手法だとしても、口座凍結されては意味がありません。 軽はずみに禁止されている両建てはしないようにしましょう。

なお、不正な取り引きに該当するかどうかに悪意の有無は関係なく、XMは外形的に不正行為かどうかを判断します。

うっかり禁止事項に該当してしまわないように注意しておきましょう。

XMの両建ての解除方法

具体的な両建てのやり方と解除方法を見ていきましょう。

XMの両建てのやり方

XMでは取引プラットフォームとしてMT4とMT5のいずれかが利用できますが、基本的なやり方は同じです。

MT4(MT5)の注文方法に「両建て」というメニューはありません。

売りと買いの注文をそれぞれ発注しましょう。 その際、ワンクリック注文の機能を有効にしておくと素早く両建てができます。

これだけで両建て完了です。 このやり方であれば、通常は禁止事項に該当することもないでしょう。

XMの両建ての解除方法

解除方法については、それぞれ個別に注文する必要はありません。

両建て解除したいポジションを右クリックして「注文の変更または取り消し」を選択します。

注文ウィンドウの「タイプ」で「閉じる」を選びます。 MT4のバージョンによっては、そのまま「両建て解除」という注文種別の場合もあります。

最後に両建ての相手方になるポジションを選びます。

以上がXMの両建ての解除方法です。

ちなみに、片方のポジションだけを手仕舞いたい場合は、シンプルに通常の決済方法でひとつだけポジションを決済すれば良いだけです。

XMは両建て禁止?解除方法も分かりやすく解説 まとめ

XMは単一口座内の両建ては禁止していませんが、複数口座を用いた両建てや他社を絡めた両建ては禁止です。

両建て自体のやり方と解除方法はそれほど難しくありません。

両建て構築はワンクリック注文で売りと買いの注文を同時に出すだけです。

解除は注文ウィンドウから一括解除が可能です。

両建ては非常に便利なトレード手法です。

しかし、禁止されている両建てがバレた場合、非常に重いペナルティが課されてしまいます。

両建てをするときは、うっかり禁止事項に該当しないように注意しておきましょう。