ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMは両建て禁止?解除方法も分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMは両建てを禁止しているの?

もしXMで両建てできる場合、あらかじめ禁止行為を把握しておきたい。

XMの両建てにおける禁止行為に抵触すると、バレてしまうの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

XMは最大888倍のレバレッジ取引でき、追証なし・ゼロカットを採用する海外FXブローカーです。

両建てを活用してXMのトレード利益獲得をめざしたいとお考えの方もいるでしょうが、XMは両建てを禁止しているのでしょうか。

XMは両建て禁止?解除方法も分かりやすく解説

XMは両建てを禁止していません。

両建てとは、同一通貨ペアの買いポジションと売りポジションを同じタイミングで保有し、相場状況に合わせて不利なポジションを決済して、有利なポジションで最大限の利益をめざすトレード手法です。

XMでも両建てを活用することで、ロングとショートの損益を0円に抑えながら、相場の方向性が明確になったときに含み益方向のポジションを決済して、一気にトレンドに乗ることができます。

メリットの高い両建て手法を、XMでも活用したいとお考えの方もいるでしょうが、取引所によっては両建てが禁止されているケースがるため、XMの両建てについても利用規約違反に抵触しないか、確認する必要があるでしょう。

XMは両建てを禁止しているの?

前述の通り、XMは両建てを禁止しておらず、トレード手法のひとつとして活用できます。 たとえばXMで両建てする場合、まずUSD/JPYのロングとショートを1LOTづつ、同じタイミングで保有します。

買い価格と売り価格は相反関係にあると考えるため、たとえば買いが含み益方向へ進むと、売りは含み損方向へ進むと考えます。

XMのロングとショートを同時保有することで、トレードの含み損益を0に保ちながら、相場の方向性が明確になるのを待つことができます。

この時点ては、利益をめざすことによりも、相場の方向性を明確にすることが、XMの両建ての目的と言えるでしょう。

さらに相場の方向性が明確になった時点で、含み損方向のポジションを決済して、含み益方向のポジションで一気にトレンドに乗ることで、XMで利益獲得をめざすことができます。

なにも両建てにしなくてもXMで相場の方向性が明確になった時点で、新規注文を行えばよいのではと思う方もいるでしょう。

相場の方向性が明確になった時点では、同じことを考えるXMユーザーの注文が殺到する可能性が高いです。

注文殺到でサーバーに負担がかかり、スリッページのおそれがあるため、思い通りに約定しないため、トレンドの起点でポジションを保有できないかもしれません。

そのようなとき、両建てをしておくことで、XMでタイミングを逃さずトレンドに乗ることができ、最大限の利益をめざすことができます。

XMの両建における禁止行為

XMは両建てが認められている一方、禁止行為もあります。 同一口座での両建ては認められている一方、XMの複数の口座をまたいだ両建ては禁止行為になります。

XMでは最大8口座を開設して運用できますが、たとえばXMのA口座とB口座、A口座とB口座、B口座とC口座など、異なる口座をまたいだ両建てはできません。

XMが異なる口座による両建を禁止する理由

XMが異なる口座による両建てを禁止する理由は、ゼロカット制度を採用しているからです。

ゼロカット制度とは、トレードで発生した損失による借金は、本来トレーダーが返済しなければいけませんが、XMが肩代わりするというルールです。

XMで両建ては、前述の通り片方のポジションで損失が発生した場合、もう一方のポジションでは利益が発生します。

ゼロカットが適用されるため、発生した損失はXMが負担することになるため、トレーダーは確実に利益を獲得できてしまいます。

異なる口座をまたいだ両建てはゼロカットの悪用とみなされるため、禁止されています。

XM内の複数口座に限らず、他の海外FXブローカーの口座との両建ても禁止行為にあたります。

また経済指標発表時や窓開け相場だけを狙い、フルレバトレードする行為も、ゼロカットを狙った不正トレードをみなされます。

複数口座の両建てとゼロカットを悪用したトレードはXM禁止トレードですので、最悪口座凍結の可能性もあるため絶対にやめましょう。

XMの両建てにおける禁止行為に抵触するとバレる可能性が高い

XMの禁止行為にあたる両建てをしても、XMにバレなければよいのではとお考えの方もいるでしょう。

残念ながら、XMに禁止行為に抵触する両建てを行うと、運営にバレる可能性は高いと言えます。

たとえばIPアドレスを確認できることや、FXブローカー同士の情報交換によって、XMが禁止する両建てが発覚する可能性は十分あります。

悪意なく禁止する両建てをした場合も、XMの口座凍結やアカウント停止など、重いペナルティが課せられるため、絶対にやめてください。

XMの両建ての解除方法【注文方法から解説】

XMの両建ての解除方法の前に、流れを理解しやすいように注文方法からみていきましょう。

XMの両建ての注文方法のやり方

まずはXMで両建てのやり方として、注文方法からみていきます。

XMで両建てしたい通貨ペアのチャート上に、MT4のワンクリック注文を有効にさせ、数量を入力したらスピーディに「売り」「買い」ボタンを選択します。

両建ての注意点として、注文方法は瞬時に約定する成行注文を利用し、両建ての禁止行為に抵触しないように同一口座内で2つのポジションを保有しましょう。

XMの両建ての解除方法のやり方

つづいて両建ての解除方法のやり方をみていきましょう。

両建ての解除方法は、通常の決済方法と同じ方法で行います。

MT4のターミナル「取引」タブから、決済したいポジションの右端にある「×」ボタンをクリックしましょう。

片方のポジションを決済することで、両建てを解除できます。 全ポジションを決済したい場合は、同じ操作で決済方法を繰り返しでいきましょう。

XMは両建て禁止?解除方法も分かりやすく解説まとめ

XMは両建てを禁止していませんが、禁止行為があるため、不正トレードに抵触しないように行ってください。

両建ての解除方法は、通常の決済方法と同じ手順で、片方のポジションを決済することで完了します。

残ったもう片方のポジションを生かして最大限に利益を伸ばしていきましょう。