ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの最大ロットを分かりやすく解説

【口座開設・入金ボーナスがある&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【5位】iFORXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMは追証なしで最大888倍ものレバレッジが使えることが大きな特徴の海外のFXブローカー。

その高いレバレッジを活用すれば短期間に莫大な利益を狙うことも理論的には不可能ではありません。

しかし、もし仮に最大ロットが非常に小さいとしたらそうはいきません。

実際のところXMの最大ロットはどの程度なのでしょうか。

そこで今回はXMの最大ロットについて分かりやすく解説していきます。

XMの最大ロットを分かりやすく解説

XMの最大ロットとは

XMのようなFXのトレードにはロットという考え方が必須です。

ロットとは基本となるトレードの単位で1ロット=○○通貨というようにブローカーごと、口座タイプごとに決められています。

そして、XMの取引単位(ロット)は基本的に10万通貨です。

たとえば、3ロットの取り引きといった場合、「1ロット=10万通貨×3=30万通貨」と計算することで実際の通貨の取引数量が求められます。

最大ロットとはつまり、一度の取り引きでどれほど多くの通貨をトレードできるかということを意味するのです。

当然、最大ロットは大きければ大きいほどトレーダーにとって有利といえます。

XMの最大ロット:マイクロ口座

XMのマイクロ口座の最大ロットは100ロットです。

XMの取引単位は通常10万通貨なので「10万通貨×100=1,000万通貨」の取り引きができるように思われるかもしれません。

しかし、マイクロ口座はその名のとおり少額投資用の口座タイプです。

そのため、基本取引単位(ロット)が通常とは異なり1ロット=1,000通貨となっています。

したがって、実際にXMのマイクロ口座の最大ロットで取引できる数量は「1,000通貨×100=10万通貨」にしかなりません。

これは他の口座タイプの1ロットでしかありません。

ちなみに、XMには最大ロットとあわせて最小ロットという考え方もあります。

そして、スタンダード口座の最小ロットは0.01です。

つまり、スタンダード口座であっても0.01ロット×10万通貨=1,000通貨からの少額トレードができます。

正直なところ、XMでマイクロ口座をあえて使う意味はあまりないといって良いでしょう。

XMの最大ロット:スタンダード口座・ゼロ口座(XMTrading Zero口座)

XMのスタンダード口座とゼロ口座の最大ロットは50ロットです。

したがって、スタンダード口座とゼロ口座では最大ロットで「10万通貨×50=500万通貨」のトレードができることになります。

もちろん、最大ロットはあくまでひとつのトレードについての最大数量にすぎません。

複数のポジションを注文する場合はそれぞれの注文に最大ロットの制限がかかるだけです。

XMの口座全体でみればそれ以上の数量のポジションを持つことも可能です。

XMの最大ロットと最大保有ポジション

XMには最大ロットのほか、最大保有ポジションという数量制限があります。

最大保有ポジションはその名のとおり、ひとつの口座で保有できるポジション数の上限です。

最大保有ポジションに口座タイプによる違いはなく、いずれの口座タイプでも200となっています。

よって、XMの口座タイプごとに保有できる通貨ペアの最大数量は以下のようになります。

・マイクロ口座・・・最大ロット100×1,000通貨×200=20,000,000通貨

・スタンダード口座、ゼロ口座・・・最大ロット50×10万通貨×200=1,000,000,000通貨

マイクロ口座では2,000万通貨、スタンダード口座とゼロ口座では10億通貨です。

仮にUSDをトレードしていたとすると、上記は日本円に相当すれば2,000万USD=約20億円、10億USD=1,000億円ということになります。

(※ 1USD=100円で換算)

XMでは、個人であっても驚くほど莫大な金額のトレードができることが分かりますね。

XMで最大ロットを超えるトレードはできるのか

XMで最大ロットと最大保有ポジションを超えるトレードはできません。

実はXMの最大ロットと最大保有ポジションは口座ごとに適用されるものではありません。

最大保有ポジションについては複数口座(アカウント)に保有しているポジションを合算して判定されます。

したがって、複数の口座に分けてトレードしたとしても最大ロットを超えるトレードは不可能です。

法人口座の場合、こういった制限が解除される可能性もあります。

しかし、残念ながら現在、XMは法人口座の開設を停止しています。

XMの最大ロット:CFD

XMでは為替(FX)のほか、エネルギーや株価指数などのCFDと呼ばれる金融商品のトレードもできます。

そしてCFDの最大ロットはFXとは異なります。

CFDの場合、最大ロットは取引きする銘柄ごとでまちまちです。

また、そもそものロットあたりの数量(=コントラクトサイズ)も銘柄ごとに違います。

たとえば、コモディティ(商品)CFDのコントラクトサイズと最大ロットは以下のようになっています。

・COCOA(ココア)・・・1 Metric Ton、500

・COFFE(コーヒー)・・・10000LBS、80

・CORN(コーン)・・・400 Bushels、500

・COTTO(コットン)・・・10000 LBS、100

・HGCOP(銅)・・・2000 LBS、200

・SBEAN(大豆)・・・400 Bushels、250

・SUGAR(砂糖)・・・10000 LBS、500

・WHEAT(麦)・・・400 Bushels、500

ココアの場合、最大ロットは500ですが、そもそも1ロット=1のため最大取引数量は500になります。

対して、コットンは最大ロット100ですが、1ロット=10000のため1,000,000が最大取引数量となります。

さらに、実際にトレードする場合、必要な証拠金を計算するためには数量に単価を掛ける必要があります。

このように、XMのCFD銘柄はFXと異なり、最大ロットやコントラクトサイズが銘柄ごとに違ってきます。

また、スプレッドや取引時間などもFXとは条件がまったく違います。 XMでFX以外のトレードもするつもりの人はこの点に注意しておきましょう。

XMの最大ロットを分かりやすく解説 まとめ

XMの最大ロットはマイクロ口座で100、スタンダード口座とゼロ口座は50となっています。

ただ、これをもってマイクロ口座のほうが大きな数量の取り引きができるというわけではありません。

そもそもマイクロ口座は1ロット=1,000通貨、スタンダード口座とゼロ口座は1ロット=10万通貨という違いがあるからです。

また、XMにはFX以外にもCFDの取り扱いもありますが、CFDにおいては最大ロットやコントラクトサイズなどの考え方がFXとはまったく異なります。

XMでFXとあわせてCFDのトレードもする人はそういった違いに留意しておきましょう。