ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのスキャルピングを分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMはスキャルピングに向いているの?

そもそもXMはスキャルピングは禁止していないの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

XMは最大888倍のレバレッジ倍率でトレードできる海外FXブローカーです。

充実したボーナス制度に加え、追証・ゼロカット制度を採用しているXMでは恵まれた環境でレバレッジ取引できます。

ではトレード手法のひとつであるスキャルピングはXMで禁止されているのか、もし認められている場合は向いているののかについて解説しましょう。

XMのスキャルピングを分かりやすく解説

スキャルピングは1回のトレードで1pipsからの利幅を狙い、数秒単位で1日に注文と決済を何度も繰り返す手法です。

1回あたりの利益が小さいぶん損失も小さく抑えられる一方、トレード回数を繰り返し、小さな利益を積み上げていかなければいけません。

XMのトレード環境はスキャルピングに向いているのかの前に、まずはスキャルピングは認められているのかについて解説していきます。

XMはスキャルピングを認めている

結論から申し上げますと、XMはスキャルピングを認めています。

公式サイトにも、スキャルピングを認める記述があるため、ご安心ください。

海外FX業者の中には、スキャルピングを禁止している取引所も存在しますが、XMでは問題ありません。

ただし取引サーバーに過度な負担をかけてしまうほど短時間でトレード回数を繰り返す行為は、XMから不正トレードと判断されてしまう可能性があります。

特にEA自動売買による超高頻度のスキャルピングにはご注意ください。

このような不正行為は、XM以外の海外FX取引所でも規約違反にあたってしまう行為ですので、覚えておきましょう。

XMのスキャルピングはスプレッドが広いため不利

口コミでよくみられるのが、XMはスプレッドが広いためスキャルピングに向かないと言う声です。

たしかに注文と決済を繰り返すスキャルピングにおいて、注文の都度発生するスプレッドは抑えたいところでしょう。

以下でXMとTitanFXの主要通貨ペアのスプレッドを比較してみましょう。

XMのスプレッド

  • USD/JPY:1.6pips
  • EUR/USD:1.7pips
  • GBP/USD:2.4pips
  • USD/CHF:2.1pips

TitanFXのスプレッド

  • USD/JPY:1.6pips
  • EUR/USD:1.2pips
  • GBP/USD:1.57pips
  • USD/CHF:1.92pips

米ドルクロス円以外は、全通貨ペアでXMのスプレッドが広いため、スキャルピングに不向きと言えるでしょう。

海外FX業者の多くは、スタンダード口座とECN口座でトレードできますが、上はスタンダード口座のスプレッドです。

XMのスキャルピング向きの口座はゼロ口座

一方、スキャルピング向き口座としてXMをはじめとした海外FX取引所はECN口座を用意しています。

XMのECN口座をゼロ口座と言い、スタンダード口座のスプレッドと比較すると狭く、スキャルピングに適していると言えるでしょう。

XMゼロ口座のスプレッド

  • USD/JPY:0.1pips
  • EUR/USD:0.1pips
  • GBP/USD:0.3pips
  • USD/CHF:0.4pips

TitanFXブレード口座のスプレッド

  • USD/JPY:0.33pips
  • EUR/USD:0.2pips
  • GBP/USD:0.57pips
  • USD/CHF:0.92pips

XMのゼロ口座とTitanFXのブレード口座のスプレッドを比較すると、XMのほうが狭いです。

ただしXMのゼロ口座は1ロットの取引につき10ドルの取引手数料が発生することに注意しなければいけません。

TitanFXのブレード口座は、1ロットの取引あたり7ドルの取引手数料が発生します。

スキャルピング口座のトレードコストはスプレッドと取引手数料のトータルで考慮する必要があると言えるでしょう。

またXMゼロ口座などのECN口座は、ボーナス対象外というデメリットがあります。

そうは言ってもスプレッドが狭いXMのゼロ口座は取引コストを抑えられるため、スキャルピングでは活用すべきです。

XMのスキャルピングはストップレベルが広すぎる

XMがスキャルピングに向かないと言われる理由のもうひとつは、ストップレベルが広すぎてしまうことです。

ストップレベルとは、XMの通貨ペアの現在市場レートよりも一定額乖離した価格でなければ注文できない値幅です。

XMのストップレベルは、MT4またはMT5で確認できますが、もし40と記載があった場合は、現在価格から40ポイント=4pips離れた価格でなければ注文できないということです。

中にはストップレベルが0に設定されている海外FX業者も存在しますが、XMはほぼすべての通貨ペアにストップレベルが設定されています。

また他社と比較しても乖離幅が大きいため、スキャルピングで注文が通らない原因にもなります。

小さな利幅を狙うスキャルピングは、ストップレベルが広いXMには不向きと言われています。

XMがスキャルピングはリスク管理によってハイレバレッジ取引に向くことも

一方、XMがスキャルピングにまったく向かないわけではありません。

リスク管理さえできていれば、XMのハイレバレッジトレードは、スキャルピングに向いていると言えます。

XMは最大レバレッジ888倍によるレバレッジ取引ができます。

スキャルピングのように損失を小さく抑え、短時間で決済するトレードは、そのぶん証拠金を損失リスクにさらす時間が短くなります。

考え方によってはその他のトレード手法と比較して、ハイレバレッジをかけられるXMはスキャルピングに向く一面があると言えるでしょう。

XMはスキャルピングよりも長期トレード向き

最大888倍でトレードできることからXMはスキャルピングに向く一面があると解説しました。

しかしトレードコストやストップレベルを考慮すると、XMはスキャルピングよりも長期トレード向きと言えます。

逆にスキャルピングにこだわらなければ、XMは利用しやすい取引所と言えるでしょう。

XMのスキャルピングを分かりやすく解説まとめ

XMでスキャルピングするのなら、ボラリティの高い通貨ペアを狙い、トレードコスト以上の利益を狙うことも方法のひとつです。

しかしボラリティの高い通貨ペアは大きな損失リスクが発生する一面もあることも忘れてはいけません。

上では最大888倍のレバレッジでトレードできることから、XMはリスク管理できればスキャルピングによいと解説しました。

しかしボラリティやハイレバレッジのリスク管理を行える方限定で向いていますので、中級者以上のスキャルピングにXMは向いていると言えるかもしれません。