ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMでスキャル・スキャルピングは出来るのか?

f:id:zero_requiem21:20181227135124j:plain

日本国内のユーザーからも人気の高い海外のFX取引所といえば、XMを思い浮かべる人も多いでしょう。

また主にスキャルピングでのトレードを行なっている人の中には、XMでのスキャルピングの使用感が知りたいという人もいるのではないでしょうか。

超短期間トレードとも言われているスキャルピングですが、最近ではスキャルピングを禁止するFX取引所も徐々に増えています。

そこで今回はXMでスキャル・スキャルピングは出来るのか?について詳しく調べてみました。

XMでスキャル・スキャルピングは出来るのか?

まず結論から言ってしまうとXMではスキャルピングが禁止事項にはなっていません。

そのためXMでは、問題なくスキャルピングを行うことができるようになっています。

実際にXMの公式サイトのよくある質問の中では、スキャルピングを認めているというような表記がされているので間違いありません。

XMでは入出金や取引が90日間ない口座に関しては、口座が凍結され利用できなくなってしまいます。

また不正行為を行なったユーザーに関しても、口座が凍結されて利用できなくなる場合があるようです。

しかし不正行為による口座の凍結であれば、スキャルピングをおこなったことによって口座が凍結される心配はありません。

万が一スキャルピングを行なって不正行為と見なされ口座が凍結されているのであれば、他に不正の原因があるということになります。

XMにはスキャルピングに関するいくつかの禁止行為がある

XMでは、スキャルピング自体を禁止しているということはありません。

しかしスキャルピングに関係する行為の中では、禁止としているものもいくつかあるようです。

スキャルピングがOKだからと言って、気づかずに禁止行為を犯してしまう可能性もあるので、以下のような行為には注意してください。

XMでアービードラージを行うこと

アービードラージとは、同一の為替通貨ペアを一時的な価格差が生じたタイミングで、割高なほうを売り、割安なほうを買い、両方のポジションの価格差が縮小したらそれぞれ反対の売買を行い利益を得るという手法のことです。

この手法を用いられると、トレーダーは利益が得やすいというメリットがありますが、FX取引所側からするとメリットがなに1つない手法だといえます。

XMでは、1人のユーザーが口座を最大で8つ持つ事が可能です。

しかし、例えばXM内の口座AでUSD/JPYの買いポジションを持ったら、同じタイミングでXM内の口座BにてUSD/JPYの売りポジションを持つことは禁止になります。

アービードラージは、多くの取引所で禁止されているテクニックであり、XMでも禁止行為とされているようです。

XMと他の業者での両建てを行う行為

アービードラージとも共通する点でもありますが、XMと他の複数業者にて同じ通貨ペアの反対のポジションを売買することも禁止されています。

例えばXMであるタイミングでUSD/JPYのペアを買ったら、同じタイミングで別の取引所でUSD/JPYのペアを売ることは禁止です。

このような手法は、結果的にアービードラージに繋がって、取引所としての利点がないためです。

また、XMでは個人でこの手法を用いることを禁止しているだけではなく、グループでこの手法を用いることも禁止しています。

つまりAというグループがUSD/JPYのペアの買い注文をだし、グループBが同じタイミングでUSD/JPYの売り注文を出して、後に清算するというようなテクニックを禁止しているのです。

複数の取引所を利用した両建て取引は、個人でもグループでも禁止行為と見なされますので注意してください。

ネットワークの遅延などを利用した取引も禁止

XMはもちろんのこと他の取引所でもそうですが、ネットワークの接続遅延を利用した取引も禁止されています。

たとえば、市場が急変動するようなタイミングでは為替の売買に人が集中しすぎてサーバーが遅延を起こしたりする場合もあるでしょう。

このように市場の価格が正確に表示されていない中で、利益を得た場合、そしてそれを意図的に行なっていたと判断されれば、不正行為と見なされます。

XMはスキャル・スキャルピング可能だが向いていないという口コミも

XMはスキャルピングは禁止されていないため、禁止行為を行わなければスキャルピングでのトレードが可能です。

しかし、XMに関する多くの口コミを見ているとXMはスキャルピングに向いている取引先とはいえないというものが多くなっています。

もともとXMは、他の取引所に比べてスプレッドが平均しておよそ1pipsほど広いと言われている取引所です。

そのため短期トレードであり、かつ少額の差を狙って利益を得ていくスキャルピングは、スプレッドが広いXMでは不向きなトレード方法だといえるでしょう。

またXMには、3つの口座タイプがあり、どの口座を開設するかによっても手数料やスプレッドの幅が異なってきます。

しかしどの口座であっても、それほどスキャルピングに向いている口座はありませんので、スキャルピングを行うのであれば、別の取引所を考えた方が良さそうです。

スプレッドが広めの設定となっているXMですが、かけられるレバレッジが最大888倍となっており、デイトレードやスイングトレードには向いています。

そのため、FXでも比較的長期のものはXM、スキャルピングなどの超短期トレードは他の取引所と使い分けるのも良いかもしれませんね。

XMでスキャル・スキャルピングは出来るのか?まとめ

今回は、XMでスキャル・スキャルピングは出来るのかについて詳しく調べてみました。 XMではスキャルピングが認められています。

ただし、他の取引所同様に最低限のルールがあり、そのルールの元にスキャルピングを行う必要があるでしょう。

またXMでスキャルピングを行うことは違反ではありませんが、スプレッドの広さなどからスキャルピングを行うのにオススメの取引所とはいえません。

XMでトレードを行うのであれば、スプレッドが広めでも利益を出せるようなデイトレードなどがおすすめだといえるでしょう。

それぞれの取引所ごとに手数料やスプレッドに特徴があるので、自分のトレードスタイルを元に、利益を出しやすく利用しやすい取引所を選ぶのがおすすめです。