ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのスキャルピングを分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMは追証なしで最大888倍ものレバレッジが使える海外のFXブローカーです。

もしかすると、その高いレバレッジはスキャルピングと相性が良いのではとお考えの人もいるのではないでしょうか。

しかし、本当にXMでもスキャルピングができるのでしょうか。

巷にはXMはスキャルピングに不向きだという声も少なくないようです。

そこで今回はXMのスキャルピングについて分かりやすく解説していきます。

XMのスキャルピングを分かりやすく解説

XMはスキャルピングを禁止している?

XMがスキャルピング向きかどうかの前に、そもそも規約で禁止されていては話しになりません。

結論からいうとXMはスキャルピングを禁止していません。

これはXMの公式サイトにも明記されています。

FXブローカーのなかにはそもそもスキャルピングを規約で禁止しているところもあります。

しかし、XMは公式に認めているため大手を振ってスキャルピングが可能です。

ただし、取引サーバーに過度に負担をかけるような、EAを使った超高頻度なスキャルピングは不正行為とみなされる可能性があります。

これはXMにかぎった話しではありませんが、念のため頭の片隅においておきましょう。

XMでのスキャルピングは不利なのか

XMはスキャルピングに向いていない、不利だという噂を聞いたことがある人も少なくないのではないでしょうか。

これは部分的に事実です。

XMは他のブローカーにくらべるとスプレッドがやや広めとなっています。

超短期間に売買を繰り返して利益を積み重ねる手法であるスキャルピングにおいて、スプレッドの広さは死活問題です。

その点、XMのスプレッドの広さは明らかに不利と言わざるを得ません。

ただ、スプレッドの広さを指摘されるほとんどの場合、それはXMのスタンダード口座を指しています。

XMにはスプレッドの狭さが特徴のゼロ口座という口座タイプもあります。

ゼロ口座を使うのであれば、そこまで不利とはいえないでしょう。

ちなみに、XMにはスプレッドの広さを補ってあまりあるほど手厚いボーナスがあります。

スキャルピングにこだわらないのであれば、スタンダード口座のスプレッドの広さはそれほど問題にはならないでしょう。

XMがスキャルピングに向いていないもうひとつの理由

XMがスキャルピングに向いていないといわれるのはスプレッドの広さだけが理由ではありません。

ストップレベルの広さもまた大きな理由です。

ストップレベルとは市場価格に対して最低限乖離していなければ注文ができない値です。

通称、「幅」とも呼ばれます。

たとえば、XMのUSD/JPYのストップレベルは以下のようになっています。

10ポイント=1pipsです。

よって、XMのUSD/JPYに関しては市場価格より最低限4pips離れた値でしか指値ができないということになります。

つまり、細かく値を刻んでスキャルピングをすることができないのです。

このストップレベルの値はブローカーによって異なります。

スキャルピング向きのブローカーの場合、ストップレベルがゼロということも珍しくありません。

こういったところからもXMはスキャルピングに不利と言わざるを得ないのです。

XMでスキャルピング向きの口座タイプはゼロ口座

XMでスキャルピングをするのであればスタンダード口座ではなくゼロ口座のほうがおすすめです。

ゼロ口座の大きな特徴は、その名のとおりスプレッドがほぼゼロということです。

これは短期間で売買を繰り返すスキャルピングにおいて非常に有利な条件です。

ただ、ゼロ口座はスプレッドがきわめて狭い代わりに往復5USDの取引手数料がかかります。

完全に取引コストがゼロというわけではないので注意しましょう。

とはいえ、それでもゼロ口座の取引コストは十分に低い水準です。

ボーナス適用外という制限はあるものの、XMでスキャルピングをするのであればゼロ口座を使ったほうが良いのは確実です。

XMはスキャルピングよりは裁量トレード向き

ここまでXMとスキャルピングの相性について解説してきました。

結論としては、XMでスキャルピングできないことはないが、正直なところあまり向いてはいないというものでした。

口座タイプにかかわらず、スプレッドの広さや取引手数料がハードルになるからです。

しかし、スキャルピングにこだわらないのであれば、XMは非常に使いやすいブローカーといえます。

XMのもっとも大きな特徴はその手厚いボーナスです。

入金ボーナス100%や新規口座開設ボーナスなどを利用すればほぼノーリスクでトレードをすることさえ可能です。

スキャルピングではなく裁量トレードメインでいくのであれば、これらのメリットはスプレッドの広さなどのデメリットを補ってあまりあるといえるでしょう。

XMでスキャルピングをどうしてもしたいのであれば

XMでどうしてもスキャルピングをしたいのであれば、ボラティリティ(値動きの大きさ)の高い銘柄のトレードをおすすめします。

いくらスプレッドやストップレベルが広いといえども、それ以上の値動きがあれば利益を出すことも可能だからです。

XMには実に数十種類の通貨ペアがあります。

そのなかでボラティリティの高い銘柄を選べばスキャルピングでも利益を狙えることでしょう。

ボラティリティの高い通貨ペアとしては市場流通量の少ないマイナー通貨やエキゾチック通貨が代表的です。

そのなかからスキャルピングに使いやすい銘柄を選ぶと良いでしょう。

また、XMには為替のほか、エネルギーや株価指数・メタルなどの商品CFD銘柄も存在します。

ただ、これらのCFDについては原則的に口座タイプによるスプレッドの違いはありません。

そのため、ゼロ口座の優位性が薄れてしまいます。

しかし、ゴールドについては例外的にゼロ口座専用の低スプレッドが適用されます。

また、ゴールドはボラティリティの高いCFD銘柄としても代表的です。

XMでどうしてもスキャルピングをしたいのであればゴールドがひとつの有力な選択肢となるでしょう。

とはいえ、やはりゴールドのスプレッドも他社にくらべて狭いというわけではありません。

基本的にXMはスキャルピング向きではないということは同じです。

XMのスキャルピングを分かりやすく解説 まとめ

XMでもゼロ口座やボラティリティの高い銘柄を使えばスキャルピングできないことはありません。

しかしやはり、スプレッドの広さや取引手数料が障害となるためスキャルピング向きのブローカーとはいえないのが事実です。

ただ、XMには非常に手厚いボーナスがあります。

スプレッド以外のプラットフォームや約定力などにも定評があります。

スキャルピングにこだわらないのであれば、XMは大変使いやすいブローカーといえるでしょう。

ひとつのブローカーしか使ってはいけないというルールもありません。

スキャルピングは別のブローカー、裁量トレードはXMといったようにスタイルに応じて使い分けるのも良いかもしれませんね。