ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの確定申告の損失を分かりやすく解説

【口座開設・入金ボーナスがある&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【5位】iFORXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMの確定申告で損失が発生した場合は、申告すべき?

確定申告で損失の処理方法がわからない…

国内FXと海外FXのXMの確定申告や損失処理には、どのような違いがあるの? あなたは今、このようにお考えですよね。

海外FXであるXMで損失が発生した場合、国内FXと異なる処理を行わなければいけません。

XMの確定申告の損失を分かりやすく解説

XMの確定申告の損失は、1年間の所得の合計がプラスなのか、それともマイナスなのかによって異なります。

たとえばあるトレードではXMで利益を獲得し、あるトレードでは損失が発生した。

このように、XMのトレードごとの損失は問題ではありません。

そもそも確定申告は、1月1日から12月31日までの所得に対してすべきかどうかが決まります。

XMの年間所得が一定額を超えたとき、翌年3月15日までに確定申告を済ませ、所得税を納めなければいけません。

XMの確定申告の損失は?確定申告すべきボーダーライン

XMの確定申告は1年間の利益と損失を合計し、利益(年間所得)が以下を上回った場合に限り確定申告を行います。

  • 【給与取得者】正社員・アルバイト・パートなど:20万円を超えたら
  • 【非給与取得者】個人事業主・専業主婦・学生など:38万円を超えたら

ただし利益よりも損失のほうがが多く、XMの年間所得がマイナスになってしまった場合、確定申告は必要ありません。

税務上の所得とは「収入-経費」をさします。

  • 収入:XMのトレード利益やアフィリエイト報酬など、XMで獲得した金額
  • 経費:XMでトレードするためにかかった費用。たとえば光熱費・ネット通信費・参考書代など

XMで損失になった場合も確定申告は必要。まずは記帳から

XMの確定申告では、収入と経費の記帳からスタートします。 もちろん損失の記帳も行います。

年内に1月1日から12月31日までの記帳を済ませておけば、年明けすぐに確定申告すべきかを判断でき、すべき場合は確定申告作業に取りかかれます。

日々の記帳が、確定申告をスムーズに進める鍵と言っても過言ではありません。

XMでの確定申告でも、記帳が義務付けられています。

確定申告対象になってもなる見込みがなくても、思い立った今からすぐに記帳を開始してください。

XMの確定申告には、年間取引証明書を取得しなければいけません。 MT5からダウンロードし、取得しておきましょう。

XMの確定申告の損失は繰越損失できない。国内FXと処理が違う

XMの確定申告の損失は、国内FXと比較すると処理方法が異なります。

国内FXの損失は繰越損失が適用されますが、海外FXであるXMでは適用されません。

繰越損失とはFXで発生した損失を、最大3年間繰り越せる制度です。

損失を繰り越すことで年ごとの課税対象額を減らし、所得税額を安くすることができます。

繰越損失の例1

たとえば去年10万円の損失を出し、今年50万円利益獲得したとしましょう。

今年の利益50万円から去年の損失10万円を相殺することで、今年確定申告すべき金額を40万円に減らせます。

繰越損失の例2

去年、国内FXで100万円の損失を発生させたとしましょう。

今年、FXで80万円の利益獲得したとすると、確定申告は20万円ぶんですみます。

さらに来年、国内FXで40万円の利益獲得になった場合は、2年前の損失ぶんの未使用枠20万円を相殺でき、確定申告は20万円で済みます。

ただし国内FXで繰越損失を受けるためには、マイナス分をきちんと確定申告する必要があります。

このページのはじめに「利益よりも損失のほうがが多く、XMの年間所得がマイナスになってしまった場合、確定申告は必要ない」と述べました。

これはあくまでも海外FXの方をさし、国内FXで繰越損失の適用を狙う方は必要になりますのでご注意ください。

繰越損失では損失を最大3年間繰り越し、課税対象額を減らすことで節税につながるのが大きな魅力と言えます。

FXでは常に損失リスクをはらんでいるため、国内FX限定で適用される繰越損失は魅力的な税務制度と言えるのではないでしょうか。

海外FXであるXMでは残念ながら繰越損失が適用されません。

損失が発生した場合、XMなどの海外FXは国内FXと比較すると税制上不利なのです。

ただし海外FXであるXMの損失は1年ごとにリセットされるため、もし損失が発生した場合は確定申告が必要ありません。

損失が発生しても確定申告が必要ないという点においては、XMの海外FXの魅力と言えます。

XM確定申告の損失は国内FXが有利。では税率は?

XMの確定申告と国内FXを比較すると、損失時は損失繰り越しが適用される国内FXのほうが有利でした。

では確定申告でもっとも肝心な、所得税率はどうなのでしょうか。

XMなどの海外FXの税金区分は「雑所得の総合課税」で、国内FXは「雑所得の分離申告課税」に分類されます。

XMの税区分「雑所得の総合課税」

XMの税区分である総合課税は、雑所得に該当する「不動産所得・譲渡所得・山林所得・給与所得・退職所得・事業所得・配当所得・利子所得・一時所得」の所得の合計で課税対象額を算出し、確定申告します。

上の表にもある通り、XMなどの海外FXの総合課税は、所得金額が増えるほど税率が高くなる累進課税方式を採用しています。

XMなど海外FXの所得税は【所得額×税率-控除額」で算出されます。

国内FXの税区分「雑所得の分離申告課税」

分離申告課税は、国内FXの所得だけで確定申告を行います。

国内FXの税率は一律20%と定められ、【所得額×20%】で所得税を算出できます。

初心者場合は、海外FXの方が税率が有利!?

たとえば600万円の所得を得たとして、XMと国内FXのそれぞれで確定申告で払うべき所得税を算出してみましょう。

  • XM:600万円×0.2-427,500⁼772,500
  • 国内FX:600万円×0.2⁼120万円

上のようにXMは国内FXよりも、所得税額が少ないです。

XMでは税率を乗じた金額からさらに控除額を相殺できます。

損失では不利なXMなどの海外FXですが、税率に関しては有利と言えるでしょう。

ただXMは所得額によって税率が変動しますので、FXで利益を得るほど税金が高くなります。

XMで4,000万円以上の所得を得ると最大税率45%となり、国内FXよりも倍以上の税率が課せられます。

逆を返せば、FXの所得額が少ない初心者の間は、XMなどの海外FXのほうが有利と言えます。

ただ繰越損失適用を考慮すると、国内FXにXMは及ばないと言えるでしょう。

XMの確定申告の損失を分かりやすく解説まとめ

XMの確定申告の損失について解説しましました。

損失によってXMの所得がマイナスに転じた場合、確定申告は必要ありません。

XMの損失は、国内FXのような繰越損失は適用されないため、確定申告不要となります。

ただしXMで年間所得を獲得した場合は確定申告が必要になります。

どのタイミングで利益獲得になるのかがわからないXMの確定申告は、日々の記帳が申告作業をスムーズに進めるポイントと言えるでしょう。

ぜひ今すぐに始めてください。