ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのスプレッドの比較と一覧を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【5位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMのスプレッドを比較したいけれど、一覧はあるの?

もしXMのスプレッド一覧があるとしたら、XMと競合ブローカーと比較したい。

XMのスプレッドの広さを確認するためには、他社と比較するのがもっとも明確にできる方法と言えるでしょう。

スプレッドは同一通貨ペアの同タイミングの買値と売値の差額をさし、XMのトレードコストのメインとして発生するため、一覧で比較し把握すべきでしょう。

XMのスプレッドの比較一覧を分かりやすく解説

スプレッドの比較一覧は、XMと他社のスプレッドの広さを比べ、明確に把握することができます。

XMや競合が公式的に公開しているスプレッド比較一覧の多くは、平均スプレッドです。

平均スプレッドではなくリアルタイムスプレッドを知りたいとお考えの方も多いでしょう。

リアルタイムのスプレッドは、XM市場のトレードで実際に発生したスプレッドを把握できます。

しかしXMのスプレッドは変動制ですので、常時一定しているわけではありません。

XMで流動性の高い時間帯はスプレッドが狭くなる一方、流動性が低くなってしまうと広がりやすくなります。

今回はタイミングよく低スプレッドでトレードできたとしても、毎回同じスプレッドで取引できるとは限りません。

長期的にXMを利用する際は、やはり平均スプレッドの比較一覧を利用すべきでしょう。

XMのスプレッド一覧をスタンダード口座とZERO口座で比較

XMのスプレッドは、全取引の大半を占めていると言われている以下のメジャー通貨ペアを比較一覧にしてみました。

まずXMには、スタンダード口座・マイクロ口座・ZERO口座からトレードする口座を選びますが、ZERO口座だけスプレッドが異なります。

XMスタンダード口座・マイクロ口座のスプレッド一覧

  • EUR/USD:1.7pips
  • USD/JPY:1.6pips
  • GBP/USD:2.4pips
  • USD/CHF:2.1pips

XM ZERO口座のスプレッド一覧

  • EUR/USD:0.1pips
  • USD/JPY:0.1pips
  • GBP/USD:0.3pips
  • USD/CHF:0.4pips

XMのスタンダード口座・マイクロ口座とZERO口座の一覧からスプレッドを比較すると、ZERO口座のスプレッドが1pips以上狭いことがわかります。

マイクロ口座のスプレッドはスタンダード口座と同じですが、ふたつの口座の大きな違いとしてスタンダード口座は1Lot=100,000通貨であるところ、マイクロ口座は1,000通貨です。

ちなみにZERO口座の最小取引ロット数は、スタンダード口座と同じです。

XMのスプレッドを比較した結果、ZERO口座がもっとも狭いと言えるでしょう。

ZERO口座のようにスプレッドが狭い口座はスキャルピングに適し、ECN口座と呼ばれています。

ただZERO口座はスプレッドに加え、XMでのトレードの際に1Lotの取引につき、片道5ドル(往復10ドル=1pips)の取引手数料が別途発生することを忘れてはいけません。

取引手数料を加算しXMのスプレッドを比較すると、USD/CHFの取引コストはZERO口座のほうが大きくなります。

XMスタンダード口座のスプレッドと他社の比較一覧

まずはXMとTitanFX・GEMFORXのスタンダード口座のスプレッドを一覧にし、比較してみましょう。

TitanFXスタンダード口座のスプレッド一覧

  • EUR/USD:1.2 pips⇒XMよりも0.5pips狭い
  • USD/JPY:1.33 pips⇒XMよりも0.27pips狭い
  • GBP/USD:1.57 pips<⇒XMよりも0.83pips狭い
  • USD/CHF:1.92 pips⇒XMよりも0.18pips狭い

GEMFOREXスタンダード口座のスプレッド一覧

  • EUR/USD:1.4 pips⇒XMよりも0.3pips狭い
  • USD/JPY:1.4 pips⇒XMよりも0.2pips狭い
  • GBP/USD:2.2 pips⇒XMよりも0.2pips狭い
  • USD/CHF:1.9 pips⇒XMよりも0.2pips狭い

スタンダード口座をスプレッド一覧から比較した結果、XMはTitanFXとGEMFOREXよりも広いことがわかりました。

XMのZERO口座のスプレッドと他社の比較一覧

つづいてXMのZERO口座と、TitanFXブレード口座とGEMFOREXノースプレッド口座のスプレッドを一覧にし、比較しましょう。

TitanFXブレード口座のスプレッド一覧

TitanFXのブレード口座はスプレッドに加え、片道3.5ドル(往復7ドル=0.7pips)の取引手数料が発生します。

  • EUR/USD:0.2 pips⇒XMよりも0.1pips広い
  • USD/JPY:0.33 pips⇒XMよりも0.23pips広い
  • GBP/USD:0.57 pips⇒XMよりも0.27pips広い
  • USD/CHF:0.92 pips⇒XMよりも0.52pips広い

GEMFOREXノースプレッド口座のスプレッド一覧

  • EUR/USD:0.3 pips⇒XMよりも0.2pips広い
  • USD/JPY:0.3 pips⇒XMよりも0.2pips広い
  • GBP/USD:1.3 pips⇒XMよりも1pips広い
  • USD/CHF:0.3 pips⇒XMよりも0.1pips狭い

ECN口座のスプレッド一覧から比較した結果、XMのスプレッドはほとんどの通貨ペアにおいて、TitanFXやGEMFOREXよりも狭いことがわかりました。

前述した通り、ECN口座は取引手数料が発生しますので、スプレッドともに取引コストとして考慮しなければいけません。

取引手数料を含めたスプレッドを比較すると、全通貨においてXMよりもTitanFXのほうが低コストでトレードできます。

スプレッド比較一覧の通り、GEMFOREXはXMよりもスプレッドよりもスプレッドが広い傾向にありますが、ノースプレッド口座は取引手数料が発生しません。

取引手数料を考慮したうえでスプレッドを比較すると、XMはGEMFOREXよりも取引コスト負担が大きくなります。

ただGEMFOREXノースプレッド口座は、取引コストが小さい一方、最低入金額上限が大きくEA利用を禁止しているなどトレード条件が厳しいです。

XMと比較すべきはスプレッドだけでなく、取引手数料やトレード条件なども考慮することが必要不可欠です。

XMのスプレッドの比較一覧では把握できないスプレッドが広がりやすい時間帯は?

前述した通りXMのスプレッドは変動制ですので、平均スプレッドで比較しました。

しかしスプレッド比較一覧からXMの平均スプレッドを明確にしても、実際のトレードでスプレッドがどのくらいまで広がるのかを予測することは誰にもできません。

そこであえてXMでスプレッドが広がりやすい時間帯は、トレードを避けることで思わぬトレードコスト負担を抑えることができます。

特にXMでスプレッドが広がりやすい時間帯は、米国雇用統計調査や欧州中央銀行政策金利など、重要な経済指標発表時です。

指標発表時前後はXMで取引量が大きくなる一方、為替レートが変動しやすいうえ、スプレッドも広がりやすい時間帯と言えるでしょう。

朝6時から7時ころまでは、ニューヨーク市場の閉場とオセアニア市場であるウェリントン市場の開場時間が重なるため、スプレッドが広がりやすいです。

特に週明け月曜日のこの時間帯は、スプレッドが広がりやすい傾向にあります。

XMのスプレッドが広がりやすいこの時間帯は、トレードを避けたほうが無難と言えるのではないでしょうか。

XMのスプレッドは比較一覧から広いことが明確。でもトレードコストが高いとは限らない

XMのZERO口座のスプレッドは比較一覧から狭いことが明確になった一方、スタンダード口座のスプレッドは、他社と比較して広いです。

ZERO口座はスプレッドの他取引手数料が発生し、最終的な取引コスト負担は他社よりもXMのほうが大きくなります。

このようなイメージからXMのスプレッドは広いと、トレーダーの間で認知されています。

XMのスプレッドが広い理由は理由があって、充実したボーナス制度を利用できるからです。

またトレードするたびにXMPポイントを獲得できるため、実質的なスプレッドの軽減につながっているのも事実です。

ボーナスはトレードの証拠金として利用できますし、XMPポイントもトレード資金にあてたりキャッシュバックしたりできます。

XMのスプレッドを一覧比較して広いから利用しないと考えるのではなく、トレード条件や特典を複合的に考えて利用するとよいと言えるでしょう。

XMのスプレッドの比較一覧を分かりやすく解説まとめ

XMのスプレッドを一覧にし、他社と比較しました。

スプレッドだけに目を向けるとXMスタンダード口座は他社よりも広い一方、ZERO口座は広いですが取引手数料を考慮するとコスト負担が大きくなる傾向にあります。

ただそのぶんXMには他社にはない特典が多いため、複合的に考えるとけっして悪いとは言えません。

スプレッドを一覧比較しつつ、上手にXMをご利用ください。