ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのスプレッドの比較と一覧を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【2位】iFORXの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】XMの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMのスプレッドの一覧を、スタンダード口座とZERO口座で比較するとどのくらい差があるの?

スプレッドの一覧を競合のブローカーと比較して、XMのトレードコストから、取引所選びをしたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

XMのスプレッドは、トレードの損益に影響を与えるため、きちんと比較して選びたいとお考えの方もいるはずです。

ここではXMのスプレッドを一覧にして比較していきましょう。

XMのスプレッドの比較一覧を分かりやすく解説

XMのスプレッドは、スタンダード口座とZERO口座、競合のFXブローカーでは異なるため、一覧にすることでスプレッド幅の差を明確にできます。

海外FXの公式サイトではスプレッド一覧を公開していますが、平均スプレッドのケースがほとんどです。

XMのリアルスプレッドを把握したいとお考えの方もいるでしょうが、スプレッドは変動制です。

スプレッドは相場の流動性に応じて変化しつづけるため、正確なスプレッド幅を比較することは困難になります。

やはりXMのスプレッド一覧を比較するのであれば、平均スプレッドを比較するほうが効率的でしょう。

XMのスプレッド一覧をスタンダード口座とZERO(ゼロ)口座で比較

まずはXMのスプレッド一覧をスタンダード口座とZERO口座のメジャー通貨で比較していきます。

XMにはマイクロ口座もありますが、スタンダード口座とマイクロ口座のスプレッド幅は同じになります。

XM スタンダード口座の平均スプレッド一覧

  • EUR/USD:1.7pips
  • USD/JPY:1.6pips
  • GBP/USD:2.4pips
  • USD/CHF:2.1pips

XM ZERO(ゼロ)口座の平均スプレッド一覧

  • EUR/USD:0.1pips
  • USD/JPY:0.1pips
  • GBP/USD:0.3pips
  • USD/CHF:0.4pips

XMのスプレッド一覧を比較した結果、ZERO口座の方がコスト負担が軽い

XMのスタンダード口座とZERO口座におけるスプレッドを比較した結果、圧倒的にZERO口座の方が狭いことが明確です。

ZERO口座のスプレッドは、すべての通貨ペアにおいて1pips以上狭いですが、別途取引手数料の発生に注意しましょう。

取引手数料は1LOT(10万通貨)の取引につき、片道5ドル(往復10ドル=1pips)になるため、総合的なトレードコストで把握すべきです。

XMのスプレッド一覧に取引手数料を加算して、スタンダード口座と比較してもも、スタンダード口座の方がトレードコストの負担は大きいと言えるでしょう。

XMのスプレッド一覧を他社ブローカーと比較

つづいてXMと他社ブローカーのスプレッド一覧を比較して、どちらが狭いのかを確認していきます。

XMと同じく、競合他社にもスタンダード口座とスプレッドの狭いECN口座を開設できます。

XMと他社のスタンダード口座のスプレッド一覧を比較

スタンダード口座のプレッドを比較するために、XMと海外FXブローカーで人気の高いTitanFXとAXIORYを一覧にしていきましょう。

TitanFXとAXIORYは、特にスプレッドの狭い海外FXブローカーとして、日本人ユーザーから定評を獲得している取引所です。

TitanFXスタンダード口座のスプレッド一覧

  • EUR/USD:1.2 pips
  • USD/JPY:1.33 pips
  • USD/CHF:1.92 pips
  • GBP/USD:1.57 pips

AXIORYスタンダード口座のスプレッド一覧

  • EUR/USD:1.2 pips
  • USD/JPY:1.4 pips
  • USD/CHF:1.6 pips
  • GBP/USD:1.5 pips

XMスタンダード口座と他社のスプレッド一覧を比較した結果

スタンダード口座のスプレッド一覧を、XMとTitanFX・AXIORYで比較した結果、全通貨ペアにおいてXMがもっとも広いことが明確になりました。

特にスプレッド幅が大きな通貨ペアは、XMとAXIORYのGBP/USDで、0.6pipsも差があります。

スタンダード口座におけるトレードコストを意識するのなら、XMよりもTitanFXまたはAXIORYでトレードすべきでしょう。

XMのZERO(ゼロ)口座と他社のスプレッド一覧を比較

XMのZERO口座のスプレッドを確認するために、TitanFXのブレード口座とAXIORYナノスプレッド口座のスプレッドを一覧にして比較してみます。

TitanFXブレード口座のスプレッド一覧

  • EUR/USD:0.2 pips
  • USD/JPY:0.33 pips
  • USD/CHF:0.92 pips
  • GBP/USD:0.57 pips

AXIORYナノスプレッド口座のスプレッド一覧

  • EUR/USD:0.2 pips
  • USD/JPY:0.4pips
  • USD/CHF:0.4 pips
  • GBP/USD:0.5 pips

XMのZERO口座と他社のスプレッド一覧を比較した結果

スプレッド一覧を比較すると、XMのスプレッドがもっとも狭いですが、TitanFXとAXIORYのECN口座でも別途取引手数料が発生するため、総合的なトレードコストで比較する必要があります。

TitanFXは片道3.5ドル(往復7ドル=0.7pips)、AXIORYは片道3ドル(往復3ドル=0.6pips)が、スプレッドに上乗せされます。

スプレッドの一覧に取引手数料を加算して比較すると、TitanFXのUSD/CHFのみXMよりも広く、その他の通貨ペアにおいてはすべてXMのスプレッドのほうが広い結果となりました。

一覧をごらんになってわかる通し、XMのZERO口座のスプレッドは、一見狭いためトレードコストを抑えられるのかと勘違いしてしまいそうになりますが、別途取引手数料が発生します。

取引手数料を他社と比較すると、XMがもっともコスト負担が大きいため注意すべきでしょう。

XMのスプレッドの比較一覧を分かりやすく解説まとめ

XMのスプレッドを一覧して比較することで、トレードコストを把握できます。

ただしZERO口座のようなECN口座では、スプレッドは狭い一方、別途取引手数料が発生することにご注意ください。

特にXMの取引手数料は、大手海外ブローカーの中でも負担が大きめになるため、いくらスプレッド幅が狭かったとしても、コスト負担は重くなりがちです。

XMのスタンダード口座では、純粋にスプレッドだけがトレードコストとして発生しますが、比較した3社の中でスプレッド幅が大きいことがわかりました。

同じくZERO口座も、XMのトレードコスト負担はもっとも大きいことが明確になっています。

スプレッド一覧を比較した結果、XMはスキャルピングよりも、スイングトレードに向く海外FXブローカーと言えるでしょう。