ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのストップレベルを分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMのストップレベルって何?

MT4やMT5で注文できない原因は、ストップレベルだと言われているけれど本当?

XМではどのようにストップレベルを確認すればいい?

あなたは今、このようにお考えですよね。

XМは約定力が高く、ゼロカット制度採用・最大レバレッジ888倍・3種類の口座から選択できる海外FXブローカーです。

ボーナス制度も充実し利益獲得を狙いやすいXМですが、ストップレベルも利大損小に大きくかかわっているため注目しなければいけません。

XMのストップレベルを分かりやすく解説

XМのストップレベルは指値注文や逆指値注文などの価格を指定するとき、現在のレートから一定間隔を離さなければいけない値を指します。

FXでの取引所選びでは、スプレッドや取引手数料・レバレッジ倍率やボーナスばかりに目がいきがちな方は少なくありません。

しかしストップレベルもFXブローカー選びにかかせないポイントです。

XMのストップレベルとは?

XМのストップレベルとは、待機注文の注文価格を現在レートから一定間離さなければいけない大きさをさします。

指値注文や逆指値注文などの予約注文を待機注文といい、待機注文ではストップレベルに達したレートを指定しないと発注できません。

ストップレベルを満たさないレートでXМで指値注文のフォームを記入しても「注文」ボタンがアクティブにならず、注文できないのです。

XМのストップレベルが広かった場合、テイクプロフィットという利確注文を最適なエントリーポイントで仕込むことができません。

同時に損失を最小限に抑えるためのストップ指値注文やストップロスなどの損切り注文もできなくなってしまいます。

FXにおいて損切りは、利益獲得にかかせないトレードのもっとも基本的なルールです。

特にXМのスイングトレードや長期トレードにおいて、損切り注文をしこんでおくことはかかせません。

長期間におよぶトレードは、いつ経済指標や金融政策の発表・世界的事件や災害があるかわからず、XМでの急激なレート変動リスクをはらんでいます。

急激な変動に備え、あらかじめXМで損切り注文をしこんでおくことはかかせまん。

しかし現在レートから離れたポイントで損切り注文を仕込んだとしても、大きな損失リスクがあるため無意味と言えるでしょう。

ストップレベルはFX業者ごとやペア通貨ごとに異なり、XМでも通貨ペアごとに定められています。

XMのストップレベルの確認方法

XМのストップレベルは、公式サイトまたはMT4・MT5で確認できます。 公式XМでは「FX取引のスプレッド/取引条件」の一覧表で確認できます。

XМのストップレベルは、MT4やMT5でも確認できます。

ストップレベルを確認したいペア通貨の「気配値表示」を右クリック⇒「仕様」⇒「ストップレベル」でXМのストップレベルを確認できます。

XМのMT4やMT5では、ストップレベルをポイントで記載しています。

ストップレベルは「ポイント」形式で表示されるのが一般的です。

一方、XМ公式では「指値および逆指値のレベル」として公開しています。

XМのポイントは「最低価格変動」×「指値および逆指値のレベル」で割り出されます。

ストップレベルは「ポイント」で示されることが多いですが、pipsに換算したほうがわかりやすい方も多いのではないでしょうか。

XМでpips換算する方法は「指値および逆指値のレベル」に対し、日本円の場合は0.01、日本円以外の場合は0.0001をかけることで割り出すことができます。

XMのストップレベルは広い!?

実はXМのストップレベルは、一般的に広いと言われています。

XМユーザーの口コミでも、ストップレベルが広いためスキャルピングでは使いづらい、という声が聞かれます。

ストップレベルは注文のしやすさを左右するため、どれだけ重要であるのかをご理解いただけるのではないでしょうか。

こちらのXМユーザーからも、XМのストップレベルの高さについて気にする声が聞かれています。

ストップレベルは、XМの利益はもちろん損失の大きさも左右します。 ただXМではストップレベルに対して、スプレッドは広くない、気にならないレベルだという声も聞かれています。

XМでは最小スプレッド0pipsという、XM Trading Zero口座があり、非常に狭いスプレッドでFXすることが可能です。

FX取引所の使いやすさや利益獲得しやすさを総合的にみると、ストップレベルもスプレッドも利益獲得や損失を最小限に抑えるためにかかせない要素であることがわかります。

XMはストップレベルが広いため待機注文に不向き。でも短期トレードには適している

XМはストップレベルが広いため、指値注文や逆指値注文などの待機注文向きではありません。

思ったエントリーポイントで注文できないだけでなく、ストップレベルが広いため注文できたとしても損失額が多くなる可能性が大きいでしょう。

XМのストップレベルは広く設定されているため、損切りの意味がなくなってしまいます。

逆を返せば、XМは即時に注文可能である成行注文や短期トレード向きと言えるでしょう。

スキャルピングやデイトレードは超短期トレードであるため、逆指値注文などの損切り注文を仕込む必要がなくストップレベルとは無縁です。

幸いXМではスプレッドが狭いXM Trading Zero口座が用意されています。

短期トレードは短時間で注文を繰り返すため、スプレッドの広さが利益や損失に大きく影響を与えます。

ストップレベルは広くても、スプレッドの狭いXМは短期トレードに適していると言えます。

上の口コミにもある通り、ストップレベルが広くてもXМのデイトレードでは気にせず利用できます。

XMのストップレベルを分かりやすく解説まとめ

XМのストップレベルについて解説しました。

ストップレベルは、特にストップロスや逆指値注文など損切り注文のエントリーポイントに大きく影響を与えます。

適切なエントリーポイントでなければ無意味ですので、XМをご利用の際は注目すべきポイントと言えるでしょう。

XМのストップレベルの確認方法も記載しましたので、ぜひ参考になさってください。

ただXМで利益を狙うためにはストップレベルだけでなく、スプレッドにも注目しなければいけません。

XМでは狭いスプレッドでトレードできるXM Trading Zero口座が用意されていますので、たとえストップレベルが広くても短期トレードで役立ちます。

短期トレードにかかせない約定力の高さもXМのセールスポイントですので、スキャルピングやデイトレードメインの方におすすと言えるでしょう。