ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのストップロスを分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMでストップロス注文をしたい。

ストップロスとはどのように役立つのか、役割を知りたい。

XМでストップロスが設定できない原因は何?

あなたは今、このようにお考えではないでしょうか。

XМは高い約定力・最大レバレッジ888倍・ゼロカット制度を採用した、大人気の海外FXブローカーです。

利益獲得をめざすためには、まず損失を抑えることから…そのようなときにXМのストップロスは役立つ注文方法です。

XMのストップロスを分かりやすく解説

XМのストップロスを使いこなせば、FXの損失を最小限に抑えることができます。

ではさっそくXМでのストップロスの注文方法をみていきましょう。

XMのストップロスの注文方法

XМのストップロスの注文方法や、やり方をみていきましょう。

まずはXМのMT4・またはMT5へログインをすませてください。

ここでは例として、МT5を使用したXМのストップロスの注文方法を解説します。

1.XМの注文フォームを開く

MT5のメニューアイコンから「新規注文」を選択し、注文フォームを開きます。

2.注文フォームを記入し「成行売り」または「成行売り」を選択し発注完了

  • 銘柄:XMでストップロス注文したい銘柄を選択
  • タイプ:カウントダウン注文を選択
  • 数量:注文数量を選択
  • Stop Loss:ストップロス値を選択

MT5の発注フォームをすべて記入したら「成行売り」「成行売り」のいずれかを選択し、XМのストップロス注文を完了させてください。

ちなみにXМのストップロス値は「Stop Loss」にて指定します。

  • 「XМで現在値よりも高く買う」という注文を出す:現在値よりもストップロス値を低く設定
  • 「XМで現在値よりも安く売る」という注文を出す:現在値よりもストップロス値を高く設定

ストップロス注文はXМの損失がこれ以上大きくならぬよう、本来の利益獲得を目指す注文方法とは逆方向に設定する損切り注文方法です。

XMのストップロスはストップ指値注文と同じ

XMのストップロスは、実質ストップ指値注文と同じです。

ストップ指値注文は逆指値注文をさしており、呼び方は違うものの同じ損切り注文方法です。

  • 銘柄:XМでストップ指値注文を入れたい銘柄を選択
  • タイプ:ストップ指値注文を選択
  • タイプ:「Buy Stop」「Sell Stop」のいずれかを選択
  • 数量:注文数量を入力
  • 価格:注文価格を入力

XМの注文フォームには「Stop Loss」フォームが表示されていますが、空欄でかまいません。

「Buy Stop(買いストップ指値)」「Sell Stop(売りストップ指値)」を選択し、ストップロスに指定したい「価格」を設定してください。

XMのストップロスとは?いったい何に役立つの?

XМのストップロスが何に役立つのか、よくわからない…

なぜストップロスは、利益方向とは逆の注文をするの?

損失方向に注文を出したらXМで損しちゃうじゃない?

そのように感じるのも無理はありません。

XМのストップロス注文は、設定した価格以上に損失がふくらまないよう、適度なレートで損切りするための注文をしこむことをさします。

「安く買って高く売る」ことが、XМでの利益獲得の基本法則です。

しかしXМのストップロス注文は「高く買って安く売る」という注文を出します。

当然、XМでは高く買って安く売ることが、本来の目的ではありません。

「XМで本当は高く売りたい!

でも逆に価格が安くなってしまうこともあるだろう。

リスクを考慮しここまで価格が下がったら決済してしまおう!」

「ここまで価格が下がったら」

の部分がストップロス値に該当します。

ストップロス値を指定することで自動決済されるため、それ以上の損失をXМでこうむることがありません。

XМのストップロスは、最大損失額を事前に設定する注文方法と言えるでしょう。

ようするにストップロスとは利益獲得のためではなく、損失を最小限に抑えるために役立つ注文方法なのです。

常に変動するレートの動きは、実際のところ誰にも予測できません。

ストップロスは、仕事中にチャートをチェックできない、XМで注文するときに前もってリスクヘッジしておきたいと考える投資家にとって役立つ方法です。

XMでストップロスが設定できない原因

XMでストップロスが設定できない原因は、現在の価格とストップロスで設定した価格が近すぎてしまうことです。

ストップロス価格は、現在価格よりも一定額離した価格を指定しなければいけません。

近すぎてしまうストップロス価格を設定してしまうと、XМの注文ボタンが押せません。

MT5の注文ボタンがグレーから、青・赤のいずれかに変化すると、注文することができます。

XМでは通貨ペアや商品ごとにストップロス価格が定めらています。

ストップロス価格をどれだけ離したらよいのかは、XМ公式とMT5で確認できます。

XМの公式「FX取引のスプレッド / 取引条件」一覧表の「指値および逆指値のレベル」がストップロス価格です。

MT5は「気配値表示」のペア通貨を右クリック⇒「仕様」⇒「ストップレベル」が、XМのストップロス価格です。

XМで定められた数値以上のストップロス価格を指定することで、設定できないという事態を回避できます。

例としてXМのUSD/JPYのストップロス価格はどのくらいなのかというと、40ポイント、すなわち4pips離さなければいけないということになります。

定められたストップロス価格を設定することで、XМの注文ボタンがアクティブになり注文できるようになります。

XMのストップロスを分かりやすく解説まとめ

XMのストップロスを解説しました。

ストップロスではあらかじめ損切り価格を指定できるため、XМの損失額を最小限に抑えることができます。

急激な価格変動に対応できるのは、ストップロスの大きな魅力と言えるでしょう。

XМではストップロスと同じ効果を、ストップ指値注文でも得ることができます。

ただしストップロスを設定しておいたとしても、週を隔てて発生する窓開けレートの変動には対応できません。

XМでストップロスの効果をきちんと得るためには、金曜日の取引終了時間までに一度ポジションを決済しましょう。

月曜日の取引開始時に改めてXМでポジションを建てるようにすることによって、ストップロスの損切り効果が期待できます。

正しく使用して、XМの損失を最小限に抑えましょう。