ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのスワップポイントを分かりやすく解説

【☆一番おすすめのFX業者 -スプレッドが狭くボーナス無しでガッツリトレードしたい方におすすめ「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用・ロスカット水準20%

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・他のFX業者でなかなか作れない"法人口座"を作れ"法人の場合損失繰越"が出来るのでおすすめ

・NDD方式を取っており利用者の利益とFX業者の利益が直結しているので余計な成約が無し

・ボーナスが無い分トレードの手数料が低く設定されている。その為本気でトレードをしたい方には一番おすすめのFX業者

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者 -スプレッドが狭くボーナス無しでガッツリトレードしたい方におすすめ「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者 -スプレッドが狭くボーナス無しでガッツリトレードしたい方におすすめ「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

日本国内のFXトレーダーからも人気の高いXMを、これから利用してみたいと考えている人もいるでしょう。

なかでもXMのスワップポイントで利益を得ていきたいと思っている人もいますよね。

通過の利益差を利用して、コツコツと利益を上げていけるスワップポイントを利用したトレードはFXのなかでも人気の取引方法の1つです。

そんなスワップポイントを利用した取引にXMが向いているのかどうかも気になるところですよね。

そこで今回は、XMのスワップポイントを分かりやすく解説していきます。

XMのスワップポイントを分かりやすく解説

それぞれの通過の金利の差を利用して、利益を出していくスワップポイントでのトレード。

特に日本国内のトレーダーから人気のある取引方法ですが、果たしてXMはスワップポイントを利用したトレードに向いているのでしょうか。

そもそもスワップポイントとは?

そもそもスワップポイントとは、為替を売買した時に生じる金利の差のことをさしています。

たとえば米ドルの金利が「2.1%」で日本円の金利が「0.1%」でであった場合、「2.1%-0.1%=2.0%」で、日本円と米ドルの間には2%の金利差があるということになりますよね。

この差額の2%がスワップポイントです。 そして日本円を保有している場合には、0.1%ずつしかお金は増えませんが、米ドルで保有しているのであれば2.1%ずつお金が増えていきます。

日本円では0.1%の金利が米ドルに変えることで2.1%になる。 そしてその差2.0%が、スワップポイントとしてもらえるということになるのです。

金利差分が増えていくだけなので、注文をするトレードを行わなくてもポジションを持って保有し続けるだけで利益を生み出すことができます。

>>XMの口座の開設がまだの方はこちらから(口座開設ボーナス3000円+入金ボーナス最大50万円)

スワップポイントで金利が増えることもあれば減ることもある

スワップポイントとは、為替を売買した時の金利の差を指しています。

そのため必ず金利が増えるという訳ではありません。

トレードする通貨によっては、スワップポイントがマイナスになる場合もあるでしょう。

そのため「スワップポイント=必ず利益が出る」とは限りません。

トレードする通貨によっては、スワップポイント分マイナスになってしまうこともあるのです。

スワップポイントは取引所ごとに異なる

また、スワップポイントの数値は、実際の為替の金利を参考にはしていますが、取引所ごとにも違いがあります。

これは、実際の金利は参考にはしていますが、スワップポイントは取引所がそれぞれ独自の数値を決めることができるためです。

よってどの取引所でトレードするかによっても、スワップポイントが高く利益を出しやすかったり、出しにくかったりするという違いが生じます。

>>XMの口座の開設がまだの方はこちらから(口座開設ボーナス3000円+入金ボーナス最大50万円)

XMはスワップポイントを利用したスワップトレードに向いているのか?

通貨の金利差を指すスワップポイント。

そんなスワップポイントを利用し、金利差で利益を上げていくのがスワップトレードです。

XMは、一般的にあまりスワップトレードに向いていないと言われています。

なぜならXMは、基本的にFX取引を目的とし、短期間でトレードすることを前提にサービスを提供している取引所です。

そのため長期で保有し続けることで利益を出すスワップトレードを、ほとんど考慮していません。

先ほども説明した通り、通貨の金利は実際の為替の金利を参考にはしていますが、取引所が独自で決めることができます。

金利は為替によっても違いがあり、常時変動するものでもあるので一概に「○%」と断定することはできません。

しかしXMは取引所の性質上、スワップポイントで大きな利益を上げられる傾向にはないようです。

基本的なXMのスワップポイントについては、XMメインメニューの「取引」から「取引商品」をクリックしさらに「FX取引」をクリックをすると画面の一番下に各通貨ペアの参考スワップポイントが表示されます。

ただしスワップポイントは常時変化するのでXMでチャンスがある場合も

ただし、「XM=絶対にスワップトレード向きではない」とも言い切れません。

他の取引所でスワップポイントがあまり差がない状況でも、XMのスワップポイントが高くなっているという可能性もあるのです。

XMでは、通貨名やロット数を入力するだけで簡単に現在のスワップポイントを表示してくれるサービスがあります。

現在のスワップポイントを知りたいという人であれば、こちらからスワップポイントを計算してみてください。

他の取引所とスワップポイントを瞬時に比較したい時にも役立つでしょう。

>>XMの口座の開設がまだの方はこちらから(口座開設ボーナス3000円+入金ボーナス最大50万円)

XMでスワップポイントが付与されるタイミングはいつ?

XMでスワップポイントが付与されるタイミングは、以下のようになっています。

  • サマータイム...日本時間の朝5時59分〜朝6時の間
  • サマータイム以外...日本時間の朝6時59分〜7時の間

スワップポイントをもらうためには、上記に記載した時間帯にポジションを持っていることでスワップポイントが発生するのです。

たとえばサマータイムの夕方6時から朝の6時30分までポジションを持っていた場合、スワップポイントが発生します。

一方でサマータイムの朝5時50分から朝の6時10分までしかポジションを持っていないくてもスワップポイントは発生するのです。

スワップポイントはポジションを何時間持っているかに関係なく、付与される時間帯にポジションを持っていればもらうことができます。

ただし、スワップポイントがマイナスに働いている場合には、同じ条件でスワップポイント分が引かれるので注意してください。

>>XMの口座の開設がまだの方はこちらから(口座開設ボーナス3000円+入金ボーナス最大50万円)

XMにはスワップポイントが3倍になる曜日がある

またXMにはスワップポイントが3倍になる曜日が設けられています。

XMでは水曜日から木曜日をまたぐタイミングには、スワップポイントが3倍になるというシステムが設けられているのです。

これはFXの取引が行われる時間が決まっているということに大きな理由があります。

FXは基本的に24時間ではなく取引時間が決まっており、かつ土日祝日などは取引が行われません。

土日祝日に取引が行われない分、金利の調整が必要になりその調整を行う日というのが水曜日になっているためです。

そのため、水曜日から木曜日の日付をまたぐ注文に関しては3倍のスワップポイントが付与されます。

スワップポイントがプラスに働く場合には3倍の金利差を利益として得ることができます。

しかしスワップポイントがマイナスに働くのであれば、3倍の損益が出ることもありますので注意してください。

XMのスワップポイントを分かりやすく解説まとめ

今回は、XMのスワップポイントをわかりやすく解説してきました。

XMはスワップトレードに不向きな取引所だと言われていますが、こまめにチェックしていけば高い利益を得られる通貨も存在します。

水曜日のスワップポイント3倍などを利用して、うまく利益をあげる仕組みを作っていきましょう。

>>XMの口座の開設がまだの方はこちらから(口座開設ボーナス3000円+入金ボーナス最大50万円)