ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMで借金になるリスクはある?ない?

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・ボーナスが無い分スプレッドの幅の狭さや手数料の安さに反映されているので実際のトレードで稼ぎたい方におすすめ

・取引の回数が多い方はスプレッドの狭いブレード口座がおすすめ

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

レバレッジ最大888倍と国内取引所では不可能なトレードができることでも人気があるのがXMです。

XMは海外の取引所ですが、日本語にも対応しており日本国内のトレーダーも愛用している人が多くなっています。

ハイレバレッジ取引ができるということは、大きな利益を得られる可能性があるという反面、借金になるリスクを心配している人もいるでしょう。

そこで今回は、XMで借金になるリスクはあるのか、ないのかについて詳しく調べてみました。

XMで借金になるリスクはある?ない?

豊富な種類の取引が可能であるXMの中でも、とりわけ人気があるFXトレード。

XMのFXでは、最大888倍のレバレッジをかけてトレードを行うことが可能です。

しかし通常の国内の取引所であれば、利用できるレバレッジの最大値は25倍までです。

そして今後は最大値が10倍までに変更されるとも言われています。

国内取引所であれば、それほど高めのレバレッジをかけて取引ができない代わりに、ハイレバレッジのような含み損のリスクはありません。

XMでハイレバレッジをかけてトレードした場合に大きな含み損が出てしまうと、借金が発生する恐れもありますよね。

ハイレバレッジのトレードは、自分のコントロールが制御できない額まで借金が膨れ上がってしまうということを不安に思う人も多いはずです。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

しかしXMのFXトレードは、追証もなくゼロカットシステムが採用されています。

つまり一定額の含み損が出た場合に、ポジションを継続するための追加証拠金を求められることがないのです。

そしてポジションを持った状態で含み損が一定額発生し、資金がゼロになれば、そこで強制的に取引が終了となります。

このようにゼロカットシステムは余計な借金を発生させずに、XM口座にある資金の範囲内でトレードが行える仕組みになっているのです。

海外取引所を利用するのが怖いという人の中には、ハイレバレッジをかけて借金が発生してしまうのでは?と心配する人が多くなっていますが、XMではそのような心配がありません。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

日本国内の取引所にはゼロカットシステムを採用しているところがありません。

そのため追証が発生する可能性があり、別のトレードで得た利益に関しても含み損に賄われてしまう可能性や借金の可能性が高くなるのです。

しかしゼロカットシステムを採用している海外のFX取引所では、証拠金以上の資金をポジションのために使用する心配がありません。

さらにゼロカットシステムとハイレバレッジをうまく使っていく事で、国内取引所よりもスピーディーに利益を得られる可能性が高くなるのです。

またXMはゼロカットシステムを採用している取引所の中でも、速度信頼性が高い取引所だという口コミが多くなっています。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

ただし、ゼロカットシステム採用の海外の取引所であるXMを利用してもリスクが全くないという訳ではありません。

ゼロカットシステムは確かに自分の入れている証拠金以上の資金を要求されることはありませんが、入れる証拠金に関しては自分の裁量で決められるためです。

また追証がないということは、一旦一定額の含み損が出てしまえばその後に価格が逆に動き出したとしてもそこで強制的に取引終了になります。

よって、その後に値が逆に動いて利益が出るような相場であってもポジションを持ち続けることはできないのです。

このように追証がないということは、一定額以上の含み損を出さずにリスクを軽減できる反面、ポジションを持ち続けられずに利益が出せないという可能性もあります。

追証があるかないかにはこのようにメリットとデメリットがあるのです。

ただし、どちらにしてもXMが自動的に借金を負わせるということはないので、借金をおうリスクは非常に低いといえるでしょう。

XMで借金になるリスクはある?ない?まとめ

今回は、XMで借金になるリスクはあるのかないのかについて詳しく解説してきました。

海外のFX取引所であるXMでは、追証もなくゼロカットシステムが採用されています。

ゼロカットシステムが採用されているということは、証拠金以上のお金を取られる事がなく、自動で借金を負わされる心配がないという事です。

そのためXMを利用して、証拠金以上の資金が発生しいつの間にか借金が発生しているというリスクはありません。

またXMには追証もないので、ある一定額の含み損が発生すればそこで強制的にロストカットが発生します。

海外の取引所を利用した事がない人にとっては「海外の取引所=危険」と思っている人もいるかもしれません。

しかしゼロカットシステムが導入されている取引所は国内にはありませんので、見方によっては国内の取引所よりも借金の心配をせずに取引ができるといえるでしょう。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから