ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMで借金になるリスクはあるかを分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】iFORXの詳細ページはこちらから

【2位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】XMの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】iFORXの詳細ページはこちらから

【2位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】XMの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】iFORXの詳細ページはこちらから

【2位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】XMの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XМでは借金リスクがあるの?

借金リスクがあるとしたら、どのくらいの金額になるの? XМで借金リスクがなかったとしたら、なぜ借金ができないの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

XМは最大888倍でハイリスク・ハイリターンが期待できる海外FX取引所です。

国内取引所では見かけないほどのハイレバレッジでFXするため、借金リスクを心配する方は少なくありません。

XMで借金になるリスクはあるかを分かりやすく解説

XMの借金リスクはあるの?

結論から申し上げますと、XМに借金リスクはありません。

「最大888倍というハイレバレッジでFXするのに借金リスクがないって本当?

金融庁が警告しているけれど…」 きっとこのように感じる国内FXユーザーは少なくないはずです。

たしかにXМの最大レバレッジは888倍と、国内FXと比較するととてつもなく高いレバレッジ倍率でFXします。

XМではハイレバレッジでFXできますが、ハイリスクだからこそ投資家を守るために借金リスクをカバーする制度を採用しています。

XMの借金リスクがない大きな理由は「ゼロカット制度」

XМの借金リスクをカバーできるのは、ゼロカット制度のおかげです。

ゼロカットとは、FXによる損失をXМが肩代わりしてくれる制度です。

ようするにXМで含み損を抱え、最終的にロスカットを迎え損失が発生した場合に、XМが損失の全額を負担してくれるのです。

XМでは借金リスクが発生しないと心得ておきましょう。

ただしXМでロスカットされてしまった場合、証拠金は失うことになります。

よって投資家にデメリットがないわけではありません。

XМでFXするためには、資金となる証拠金を投入することでトレードを開始できます。

FXにおいて証拠金は担保のような存在です。

ようするにXМのゼロカット制度とは、証拠金全額は失ってしまうものの、それ以上の損失は発生しないため、借金リスクがないのです。

XМのゼロカット制度はどんなにハイレバレッジFXをしても、借金リスクがないという非常に魅力的な制度です。

国内FXではたった25倍までしかFXできないうえ、ゼロカット制度を採用していません。

含み損が発生し、強制決済すなわちロスカットされてしまった場合は、証拠金を失うことに加えて借金も発生します。

XМは最大888倍でレバレッジ取引できるうえ、ゼロカット制度によって借金リスク0です。

ハイレバレッジはロスカットされやすいためハイリスクですが、ゼロカット制度によってカバーされハイリターンが期待できます。

XMの借金リスクがない理由は「追証なし」が関係している

XМでの借金リスクをカバーできる二つ目の理由は「追証なし」です。

国内FXでは追証が発生しますが、XМにはありません。

正式に言いますとXМにも追証は存在しますが、追証するのかしないのかは自由に選択できます。

追証とは追加証拠金をさし、ポジションの含み損がふくれあがってしまったときに、資金を追加することでロスカットを防ぐ制度です。

ロスカットは、XМのポジションが証拠金維持率を下回ってしまうことで執行されます。

証拠金維持率とはポジションを維持しつづけるために必要な資金の割合をさし、国内業者はおおよそ30%から100%・XМは20%、と取引所ごとにそれぞれ定められています。

ようするに追証とは、証拠金維持率を一定に保つために資金を追加することです。

追証することで一時的に証拠金維持率を回復し、借金リスクから逃れることができます。

ただし追証によって相場が有利な方向へ向かえばいいのですが、不利な方向へ向かうこともあります。

万が一不利な方向へ向かい、最終的にロスカットされてしまった場合は、借金リスクが発生してしまうのです。

国内FXは追証必須であるため、含み損が発生することで借金リスクが高まります。

XMの証拠金維持率は20%ですが、追証するのかしないのかを決めるマージンコールが証拠金維持率50%で発生します。

ただしマージンコールは特別通知されるわけではありませんのでご注意ください。

自分でマージンコールの基準に達したことを確認し、追証することによって証拠金維持率を回復し、一時的にXМの借金リスクから逃れることができます。

XМでは追証によって証拠金維持率を回復できても、含み損を減らすことはできません。

基本的に含み損を減らすことは難しく、損切りを徹底することがFXでの借金リスクを最小限に抑えるコツだと言われています。

追証はできれば使用しないほうがよい、というのが投資家の本音でしょう。

XМでは追証を自由に選択できるため、借金リスクから逃れられます。

XMで借金になるリスクはあるかを分かりやすく解説まとめ

XMの借金リスクについて解説しました。

国内FXのように大きな損失リスクがないXМは非常に魅力的と言えるでしょう。

XМは、最大888倍というハイレバレッジによってハイリターンが期待できます。

仮に損失を招いてしまったとしても証拠金を失うだけで、それ以上の損失は発生せず借金リスクがありません。

XМには国内取引所と同じく追証がありますが、利用するのかしないのかは本人の自由です。

追証をするのなら勢いよく損切りして新たにポジションを建て直したほうが、XМの借金リスクを抑えることにつながりやすくなると言えるでしょう。

ゼロカット制度や追証なしは、XМを含む海外FXの多くで標準装備されている制度です。

ハイレバレッジで危険と言われているXМですが、実は万が一の借金リスクを抑え、肩代わりしてくれる良心的な海外FXブローカーなのです。