ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの退会方法とやめ方を分かりやすく解説

【☆一番おすすめのFX業者 -スプレッドが狭くボーナス無しでガッツリトレードしたい方におすすめ「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用・ロスカット水準20%

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・他のFX業者でなかなか作れない"法人口座"を作れ"法人の場合損失繰越"が出来るのでおすすめ

・NDD方式を取っており利用者の利益とFX業者の利益が直結しているので余計な成約が無し

・ボーナスが無い分トレードの手数料が低く設定されている。その為本気でトレードをしたい方には一番おすすめのFX業者

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者 -スプレッドが狭くボーナス無しでガッツリトレードしたい方におすすめ「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者 -スプレッドが狭くボーナス無しでガッツリトレードしたい方におすすめ「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMでしばらくトレードを行なっていない人や一旦口座開設はしたけれど、退会したいと考えている人もいるでしょう。

FX取引所の多くは、退会や解約手続きを行うのにも、手順が多くかなり苦労してやめるという人も少なくありません。

しかしXMの場合には、利用している口座を解約したければかなり簡単に退会することが可能です。 そこで今回は、XMの退会方法とやめ方について分かりやすく解説していきます。

XMの退会方法とやめ方を分かりやすく解説

XMでは1人のユーザーが最大8つまで口座を開設することができます。

そのため長期トレード用や短期トレード用など、口座を使い分けながらXMにて複数口座を運用している人も多いのです。

しかしユーザーの中には、使っていない口座は解約したいとか、XM自体を退会したいと考える人もいるでしょう。

それでは次項より具体的なXMの口座のやめ方の手順をみていきましょう。

XMの退会方法とやめ方の手順

  1. まずはIDとパスワードを使ってXMにログインします
  2. ログイン後に「マイアカウントの概要」を見ると開設している口座の一覧が表示されます
  3. 解約したい口座を一覧の中から探して「オプションを選択する」をクリックします
  4. 「オプションを選択する」の一番下にある「口座を解約する」をクリックします
  5. 「口座を解約する」をクリックすると、登録しているメールアドレスに解約の旨のメールが届きます
  6. 解約確認メールの中の「取引口座を解約する」をクリックします
  7. メールの「取引口座を解約する」のボタンで飛んだリンク先にて再び「取引口座を解約する」をクリックして完了です

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMの退会方法とやめ方の注意点

XMにて退会する場合の注意点ですが、口座を解約する前に口座の中の資金をしっかり確認しておく必要があります。

XMの口座解約の条件は、全てのポジションが解約されてから最低でも24時間以上が経過していることと、解約する口座から全額が出金されていることが条件になるのです。

一度口座を退会してしまえば、万が一解約口座に資金が残っていたとしても資金を取り戻すことはできないでしょう。

サポートセンターなどに問い合わせをしても、一度解約していると対応してもらえない可能性の方が高いので、解約する口座は中身を必ず出金しておくようにしてください。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMで口座が1つしかない場合には退会手続きをしても24時間は復活できる

XMで1つしか口座を持っていないという場合には、退会手続きを行なったあとすぐに口座が消えることはありません。

XMにて最後の1つの口座は、退会手続きを行なった後24時間が経過してから解約される仕組みになっています。

そのため1つしかない口座の退会手続きを行なっても、24時間以内にログインし直せば口座を復活させることが可能です。

ただし複数の口座があり解約手続きを行うと、即解約が施行されるので注意しましょう。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMで退会をせずに口座を放置しておくと口座維持手数料が発生するので注意

XMに口座を持っている人の中には、口座の退会手続きが面倒でそのまま口座を放置してしまっているという人もいるでしょう。

万が一、口座に資金を入れっぱなしにして放置してしまうと、口座維持手数料が発生する可能性があります。

XMでは90日間取引がない口座に関しては、毎月5ドルの維持手数料が口座の残高から引き落とされていくのです。

そのためおよそ3ヶ月以上資金を入れっぱなしにして放置した場合には、毎月5ドル分ずつ口座から資金が減っていくことになります。

口座維持手数料は放置していれば、口座残高がゼロになるまで引き落としが続きます。

最終的に口座の残高がゼロになれば、口座が凍結して利用できなくなるので注意してください。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMで退会手続きを取るのが面倒な場合には意図的に口座を凍結させるのもあり

XMでは、資金の入っている口座を一定期間放置した場合、毎月5ドルの口座一時手数料が差し引かれていくことになります。

しかし口座に残高がなければ、一定期間口座を放置しておけば口座は凍結されるのみです。

一度凍結された口座は復活させることができないため、退会したのと同様に口座が消滅するという状況になります。

そのためあえて口座の退会手続きを行わずに、口座を放置することで口座を消すということはできます。

ただし口座を放置するのであれば、資金を全て出金してから一定期間放置しておかないと口座の凍結は行われません。

またトレードだけではなく、入出金を1回でも行えば口座にて取引があったと見なされるので、一定期間が再び経過するまで凍結がされません。

意図的に口座を凍結させたいのであれば、口座の資金を全て出金した状態で90日以上放置する必要があるでしょう。

また一度凍結してしまった口座は、解約した口座同様に復活することはできません。

再び同じ条件の口座を使いたい場合には、新たに口座を新規で作成する必要があるので注意してください。

XMの退会方法とやめ方を分かりやすく解説まとめ

今回は、XMの退会方法とやめ方を分かりやすく解説してきました。

XMでは、1人のユーザーが最大8つまで口座を開設することができるようになっています。

そのためXMの口座の退会に関しても、ログイン後のマイページの画面から簡単に解約手続きを行うことが可能です。

また複数口座を開設している場合には、退会手続きを行うとすぐに口座の解約手続きが施行されます。

しかしXMに口座が1つしかない場合には、退会手続き後24時間以内であれば口座を復活させることも可能です。

口座を凍結させてそのまま消失させるということも可能ですが、どの方法で退会するにしてもまずは口座の中の資金を必ず引き出しておくことを忘れないようにしましょう。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから