ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの手数料を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【5位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMは追証なしで最大888倍ものレバレッジが使える海外のFXブローカーです。

その高いレバレッジを活用すれば個人であっても大きな利益を狙うことも不可能ではありません。

しかし、いくらレバレッジが高くとも、取引手数料や入出金手数料などのコストが高くては利益も目減りしてしまいます。

ハイレバレッジばかりに注目して、実際のところXMではどのような手数料がかかるのかよく分かっていないという人もいるかもしれません。

そこで今回はXMの手数料について分かりやすく解説していきます。

XMの手数料を分かりやすく解説

XMの手数料は3種類

XMで発生する手数料は以下の3種類です。

・取引手数料

・スプレッド

・入金、出金手数料(※ 原則無料)

取引手数料は名前のとおりトレードをするたびにかかる手数料です。

そして、スプレッドもまた事実上の取引手数料のようなものです。

これについてはのちほど詳しく解説していきます。

XMは原則的に入金・出金手数料を無料としていますが、いくかの例外もあります。

これもまた項目を分けて詳しく解説していきます。

XMの手数料:取引手数料

XMにはマイクロ口座・スタンダード口座・ゼロ口座という3つの口座タイプがあります。

取引手数料はそのうちのゼロ口座にのみかかる手数料です。

XMではゼロ口座の取引手数料は1lotあたり片道5USD相当となっています。

FXのトレードで利益を出すには必ず往復の売買が必要となるため、往復10USDが実質的な手数料です。

なお、取引手数料の計算方法はlot数での按分となっています。

具体的には、0.5lotの取り引きならば往復で10USD×0.5=5USDの手数料が発生します。

逆に1lot以上、たとえば2lotならば10USD×2=20USDの手数料がかかることになります。

「XMは手数料が高い」といわれることもありますが、実際のところこの金額は他のブローカーにくらべるとやや割高な水準です。

XMの手数料の計算方法:スプレッド

XMのスプレッドとは、同一銘柄の同時点における売値(bid)と買値(ask)の差額です。

FXで利益を出すには往復の売買が必須となるため、この差額分はそのままトレーダーにとって手数料のようなものといえます。

XMではスプレッドはトレードする通貨ペアと口座タイプによって様々です。

また、XMのスプレッドは固定ではなく変動します。

一例として、USD/JPYでのXMの口座タイプ別平均スプレッドを紹介します。

・スタンダード口座、マイクロ口座・・・1.6pips

・ゼロ口座・・・0.1pips

pipsとは通貨ペアの変動を表す指標でUSD/JPYでは1pips=1銭に相当します。

たとえば、XMのスタンダード口座では1lot=10万通貨×1.6pips=16万銭=1,600円程度の実質的な手数料がかかることになります。

他方、ゼロ口座のスプレッドはその名のとおりほぼゼロです。

しかし、ゼロ口座にはほかに取引手数料がかかることは先に解説したとおりです。

ただそれでも、全体の取引コストはスタンダード口座よりもゼロ口座のほうが低くなります。

XMの手数料の計算方法:入金・出金手数料

XMは原則的に入金・出金手数料を無料としています。

正確に言うと、決済に使う各種サービスの手数料をXMが負担してくれています。

ただし例外的に、銀行送金による入出金で金額が200EUR未満の場合、手数料は自己負担となってしまいます。

また、銀行送金の場合、送金手数料だけではなく銀行側の受取手数料が発生する場合があります。

この受取手数料はXM負担とはなりません。

XMは出金手数料が高いという噂も聞かれますが、この方の言うようにこれは銀行側の手数料で、基本的にどのブローカーを使おうと同様にかかるものです。

XMの手数料は経費になるのか?

XMで得た年間の利益は確定申告して税金をおさめる必要があります。

誰しも、できれば支払った各種手数料を経費算定して節税したいところでしょう。

しかし、XMで支払った各種手数料は確定申告時に経費計上できません。

まず、スプレッドはポジションの損益を計算するうえですでに織り込まれているため経費とはなりません。

そして、取引手数料についても同様です。

一部には、XMのゼロ口座の取引手数料はスプレッドとは異なり外付けのため、確定申告で手数料計上できるという声も見受けられます。

しかし、XMの最終損益にはスプレッドと同じくすでに手数料も織り込まれています。

これは確定申告書類の作成時に使うXMの取引レポートを参照すれば明らかです。

したがって、確定申告時にこの手数料織込み済みの損益からさらに手数料を経費として算定するのは経費の二重計上です。

また、入出金にかかる手数料も経費計上できません。

入金や出金などは直接XMでのトレードにかかる経費ではないからです。

XMのその他の手数料

XMでは口座維持手数料は原則的に無料です。

ただし、例外的に休眠口座に関しては月額5USDの口座維持手数料がかかってしまいます。

XMが休眠口座とみなすのは、90日間まったくトレードおよび入出金がない口座です。

そういった口座に関しては毎月5USDずつ口座から維持手数料が差し引かれていきます。

そして、残高がゼロになってからさらに放置しているといずれ口座は凍結されてしまいます。

なお、口座残高がゼロになったからといって、不足した口座維持手数料をあとから請求されるようなことはありません。

仮にXMに口座を放置していたとしても、それで借金を作ってしまうような心配は不要です。

XMの手数料は高いのか

取引手数料、スプレッド、入出金手数料など総合的に判断してXMの手数料はやや割高と言わざるを得ません。

しかし、そもそもXMの大きな魅力は取引コストの低さではなく手厚いボーナスにあります。

ボーナスはそのまま出金こそできないものの証拠金として使うことができます。

XMのボーナスの手厚さを考えれば手数料の高さを補ってあまりあると言えるでしょう。

ただ、ボーナスは不要という人に関してはやや不利な側面は否めません。

そういった方はボーナスがない代わりに取引コストの安い他のブローカーを使うのも良いかもしれません。

XMの手数料を分かりやすく解説 まとめ

XMで主にかかる手数料は「取引手数料」と「スプレッド」です。

入出金手数料や口座維持手数料に関しては、一部例外はあれどXMは原則的に無料としています。

また、取引手数料は確定申告時に経費算定できるという声も見受けられます。

しかしこれは正確ではありません。

XMの取引プラットフォーム上では取引手数料もまた損益に加味されているからです。

全体的にXMの手数料は他のブローカーにくらべてやや割高ではあります。

ただ、XMには非常に手厚いボーナスがあります。

そのようなボーナスを活用したトレードをメインに考えているのであれば手数料の高さはあまり問題にならないでしょう。