ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの取引時間・サマータイム・冬時間を分かりやすく解説

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・ボーナスが無い分スプレッドの幅の狭さや手数料の安さに反映されているので実際のトレードで稼ぎたい方におすすめ

・取引の回数が多い方はスプレッドの狭いブレード口座がおすすめ

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

これからXMで取引を始めたい人やすでにXMでの取引をスタートさせている人の中には、取引に関する時間について詳しく知りたいという人もいますよね。

XMは海外のFX取引所であるため、サマータイムや冬時間が適用されます。

そのため日本時間を基準にして取引をしていると、知らないうちに取引時間を過ぎてしまったということがあるかもしれません。

そこで今回は、XMの取引時間・サマータイム・冬時間について分かりやすく解説していきます。

XMの取引時間・サマータイム・冬時間を分かりやすく解説

XMの取引所にてFX取引を行う場合、24時間取引を行うことはできません。

基本的な考え方としては、月曜日の早朝から土曜日の早朝まで取引ができるようになっています。

ただし厳密な時間として考えると、サマータイムの起用により季節によって取引可能時間が若干ずれる場合があるのです。

サマータイムや冬時間をしっかり理解していないと、ポジションを持ったままアクションが起こせずに取引が翌営業日に持ち越しになってしまう可能性もあるのでしっかり確認しておきましょう。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMの取引時間を理解するためにサマータイムと冬時間の概念を理解しよう

そもそもサマータイムとは、夏時間とも言われており冬の間の時間から1時間だけ時間を進めるという制度です。

例えば冬時間の朝7時は、サマータイムになると1時間進んで朝6時になります。 またサマータイムが適用される期間は、3月の最終日曜日午前1時から10月の最終日曜日午前1時までです。

そして冬時間が適用される期間は、10月の最終日曜日の午前1時から3月の最終日曜日午前1時までとなっています。

毎年日付が決まっている訳ではないので、切り替わりの時期には十分注意する サマータイムを導入している国は、世界中で70カ国ほどがあると言われており、アメリカの一部やヨーロッパ各国、アジアの国の一部などでも導入されています。

ちなみに日本では2019年3月現在では導入されていませんので、馴染みがないという人も多いでしょう。

しかし海外の取引所であるXMでも、このサマータイムが導入された形での取引がされるので、しっかり覚えておく必要があります。

XMは24時間365日営業ではなく限られた営業時間の中だけで取引ができるので、時間の確認をしておくことは非常に重要です。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMの取引時間・サマータイム・冬時間の基本的な考え方

XMでFXを行うための取引時間ですが、通貨ペアによっても取引できる時間が変わります。

基本的な考え方として、通貨ペアにRUB(ロシアルーブル)が含まれるか含まれないかによっても取引時間が変割るので注意してください。

XMの取引時間でRUB(ロシアルーブル)を含むペアの場合

XMの取引時間でRUB(ロシアルーブル)を含むペアの場合、以下のような取引時間が適用されます。

  • サマータイム...日本時間の月曜日15時5分〜金曜日23時55分まで
  • 冬時間...日本時間の月曜日16時5分〜土曜日24時55分まで

XMの取引時間でRUB(ロシアルーブル)を含まないペアの場合

XMの取引時間でRUB(ロシアルーブル)を含まないペアの取引をする場合、以下のような取引時間が適用されます。

  • サマータイム...日本時間の月曜日6時5分〜土曜日5時50分まで
  • 冬時間...日本時間の月曜日7時5分〜土曜日7時50分まで

USD/JPYなどのペアの場合にはRUBを含まないため、こちらの時間が適用になります。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMの取引時間・サマータイム・冬時間はトレーディングプラットフォームの表記時間にも注意する

ここまでサマータイムが適用された場合の日本時間での取引時間を紹介してきました。

しかしXMを利用している人の中には、トレーディングプラットフォームに表記されている時間帯でサマータイムや冬時間を把握したいという人もいるでしょう。

MT4またはMT5に表示されている時間帯を確認しながら取引時間をチェックしたいという人は以下の時間帯にて取引を行うようにしてください。

  • RUBを含む通貨ペアの場合...月曜日0時5分〜金曜日23時50分
  • RUBを含まない通貨ペアの場合...月曜日9時5分〜金曜日17時55分

MT4またはMT5の表記時間は、サマータイムや冬時間などの切り替わりで自動的に時間の表記も変化します。

そのため、RUBを含むか含まないかの通貨ペアだけを確認しあとは上記の表記時間を確認しておくだけなので、日本時間を基準にするよりも時間の把握がしやすいでしょう。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMの取引時間はサマータイム・冬時間以外にも変動する場合もある

XMの取引時間はサマータイムや冬時間以外にも変動する場合もあります。

特にクリスマスや年末年始、その他の祝祭日なども取引時間が異なる場合があるので注意が必要です。

年末年始やクリスマス、休祝日などで取引時間が変更になる場合には、事前にXMの公式サイトなどで取引時間がアナウンスされます。

そのためこまめに取引時間を公式サイトなどでチェックしておくことで、トレードでのミスを防ぐことにも繋がってくるでしょう。

XMの取引時間・サマータイム・冬時間を分かりやすく解説まとめ

今回は、XMの取引時間・サマータイム・冬時間を分かりやすく解説してきました。

XMの取引時間はサマータイムか冬時間かによって日本時間での取引時間は異なってきます。

また取引を行う通貨ペアによっても取引の時間が異なるので、サマータイムの導入されていない日本時間をベースとして考えるのはかなり複雑だといえるでしょう。

ただし、トレーディングプラットフォームであるMT4やMT5の表記時間は、自動でサマータイムと冬時間が切り替わるので通貨ペアの取引時間だけをチェックしておけば時間の把握がしやすくなっています。

出来るだけシンプルにサマータイムと冬時間の把握をしたいのであれば、トレーディングプラットフォームの表記時間に基づいて取引を行うと良いでしょう。

他にもクリスマスや年末年始も取引時間が変わる可能性があるので、XMの公式サイトなどで時間の変更をこまめにチェックするのもおすすめです。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから