ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの取引時間(営業時間)を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【5位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XМの取引時間(営業時間)はいつ?

取引時間(営業時間)を知りたいのだけれど、よくわからない…

XМでは土曜日や日曜日・祝日・年末年始は利用できる?

取引時間(営業時間)を教えてほしい。

あなたは今、このようにお考えではないでしょうか。

XМはハイリスク・ハイリターンな取引が可能であり、万が一証拠金以上の損失が発生した場合も借金を0にしてくれる、魅力的な海外FX業者です。

まずはXМの取引時間(営業時間)を知らないことには、FXを開始できません。

XMの取引時間(営業時間)を分かりやすく解説

XМの取引時間(営業時間)を知ることで、注文したり決済したりするタイミングを図りやすくなり、利益獲得を目指しやすくなります。

取引時間(営業時間)はFX業者ごとに異なりますので、XМの取引時間(営業時間)もあらかじめ確認しておく必要があるでしょう。

XМの取引時間(営業時間)を正確に把握していなかったばかりに、損失を招いてしまうこともあります。

きちんと取引時間(営業時間)を理解し押さえておきましょう。

XMの取引時間(営業時間)は?

「XМの取引時間(営業時間)は、日曜日のGMT22時5分から金曜日のGMT21時50分までです。」

XМの公式サイトにはこのように表示されています。

GMTとは世界の標準時間であるグリニッジ標準時をさし、XMがあるキプロスはGMT+2、日本はGMT+9に定められています。

ようするにXМがあるキプロスと日本では時差があるということです。

XMの取引時間(営業時間)を日本時間に換算

XМの取引時間(営業時間)は「日曜日のGMT22時5分から金曜日のGMT21時50分」と記載されています。

これはGMT+0の時間です。 日本時間に換算するには、XМの取引時間(営業時間)を9時間先に進めなければいけません。

月曜日の7時5分から金曜日の6時50分が、XМの日本時間による取引時間(営業時間)となります。

その都度、XМの営業時間を計算するのが面倒だという方は、MT4やMT5を確認しましょう。

気配値上にXМの現地時間が表示され、取引時間(営業時間)を簡単に確認できます。

XMの取引時間(営業時間)【冬時間とサマータイム】

XMの取引時間(営業時間)は、時期によって冬時間と夏時間にわかれています。

冬時間を標準時間と考え、夏時間を別名「サマータイム」とも言います。 XМのサマータイム期間は、以下の通りです。

  • 夏時間:3月の最終日曜日1時から10月の最終日曜日1時
  • 冬時間:10月の最終日曜日2時から3月最終日日曜日1時

サマータイム期間は、冬時間を1時間先に進めた夏時間が適用されます。

よってXМの取引時間(営業時間)は1時間早まり、月曜日の6時5分から金曜日の5時50分に変わります。

XМのサマータイム期間は、その年によって微妙に変わる傾向にあるようです。

その都度XМから連絡があるようですので、冬時間から夏時間に切り替わる期間はこまめにメール等をチェックしましょう。

日本では適用されないサマータイムですが、欧州各国では日の出が早まる時間帯を有効活用するため、夏時間が定められています。

XМだけでなくアメリカやイギリスなどでは夏時間が適用されているため、経済指標の発表時間も1時間早まります。

夏時間と冬時間の移行期間は取引所ごとに異なり、XМだけでなく各取引所ごとに定められています。

それぞれの取引時間(営業時間)や経済指標の発表なども混乱しがちなのでご注意ください。

夏時間と冬時間の移行期間はあえて取引しないのも、一つの方法と言えるでしょう。

XMの取引時間(営業時間)【土曜日と日曜日】

XМの取引時間(営業時間)について、土曜日と日曜日は休日です。

土曜日と日曜日は、XМのMT5チャートも動かず、サポートも対応しません。

万が一土曜日や日曜日に大幅な相場変動があった場合、取引時間(営業時間)外のXМでは注文や決済することができません。

XМの大幅な相場変動に備えて金曜日にポジションを決済したり、あらかじめ損切り注文を入れたりするなど、対策しておくと安心です。

金曜日の最終取引時間(営業時間)の価格と、月曜日の開始取引時間(営業時間)の価格差で生じる差を窓開けと言います。

土曜日や日曜日に生じる価格変動による窓開けを狙ったトレードを窓埋めトレードといい、XМでは禁止しています。

「大きく利益獲得できる」と知らずに窓埋めトレードしてしまうと、XМから出金拒否などのペナルティリスクがあるため、絶対にやめましょう。

XMの取引時間(営業時間)【イースター・クリスマス・年末年始】

XМの取引時間(営業時間)は、イースターやクリスマス、年末年始でも異なります。

特に海外FXブローカーであるXМは、欧州市場が休日になるヨーロッパの行事に合わせて、取引時間(営業時間)を早める傾向にあります。

同時にXМの日本ユーザー向けサポートも休日になりますので、心得ておきましょう。

年末年始のXМの取引時間(営業時間)は、元旦は休日です。

過去の様子を調べてみても、大晦日と新年2日は通常よりもXМの取引時間(営業時間)が短くなり、大晦日は早めに閉まり、2日は遅く開場する傾向にあったようです。

XMの取引時間(営業時間)【ゴールデンウイークなど日本のみの休日】

日本限定の休日であるゴールデンウイークなどのXМの取引時間(営業時間)は、取引所については通常通り営業しています。

ただし日本語チャットサポートは休日になってしまう可能性がありますので、ご注意ください。

対応策としては、メールサポートを利用する、英語チャットサポートを利用する方法の2択です。

XMの取引時間(営業時間)を分かりやすく解説まとめ

XMの取引時間(営業時間)を解説しました。

キプロスに取引所をおくXМは時差があるため日本時間と取引時間(営業時間)が異なります。

またXМではサマータイムと冬時間が区別されるため、取引時間(営業時間)が変わります。

休日にXМは営業しませんが、年末年始や海外のイベント時にはXМの取引時間(営業時間)は変更されたり、休日になったりする可能性もあります。

ここで解説したのはXМのFXなど主流商品ですがですが、CFDなど一部の金融商品は取引時間(営業時間)が異なりますので公式ページでご確認ください。