ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの使い方をどこよりも分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【2位】iFORXの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】XMの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMをはじめるために、使い方を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

XMは最大888倍でレバレッジ取引でき、ボーナス制度が充実し、日本語サポートにも対応していることから、日本人ユーザーに支持されている海外FXブローカーです。

充実した機能やツールを実装するため、XMの使い方がよくわからないとお考えの方も多いのではないでしょうか。

ここではXMの使い方について詳しく解説していきます。

XMの使い方をどこよりも分かりやすく解説

XMの使い方における一連の手順は以下の通りです。

  • 使い方1.XMのアカウント登録と口座開設の手続き
  • 使い方2.XMへ資金を入金する
  • 使い方3.MT4・MT5をダウンロード後、XMの取引口座へログイン
  • 使い方4.XMのチャートを確認する
  • 使い方5.XMのトレード方法

XMの使い方は、アカウント登録・口座開設・口座管理・資金入金などは公式サイトから、チャートのチェック・トレードなどはMT4・MT5と区別されています。

XMの使い方 アカウント登録と口座開設

XMの使い方は、まずはアカウント登録から進めていき、口座開設のプロセスで本人確認を行います。

アカウント登録の使い方は、XM公式サイトの「リアル口座開設」を選択して、個人情報・取引口座の詳細・投資状況や投資予定額などを手順に沿って記入しましょう。

口座開設の使い方は、流れに沿って取引口座の詳細やパスワードを設定し、口座開設ボタンをクリックすると、XMより口座開設完了メールが配信されます。

アカウント登録と口座開設を完了すると、XMから取引口座番号とパスワードが記載されたメールが送信されてきますので、MT4のログインで使用するため大切に保管しましょう。

XMの登録手続きの使い方における注意点は、氏名や住所がこれから提出する本人確認書類と一致していること、アルファベットで記入しなければいけないことです。

本人確認の使い方は、まず身分証明書と住所確認書類を各1通づつ準備します。

身分証明書は有効期限内のカラー写真付きのパスポートや運転免許証、住所確認書類は発行より6ヶ月以内の住民票や公共料金の領収書・請求書などです。

XMの本人確認書類を提出する使い方は、本人確認書類をスマホで撮影したら、登録・発行したパスワードでログインし「口座有効化」から本人確認提出画面へアクセスして画像をアップロードしましょう。

1営業日程度で承認がおりますので、口座の有効化が完了したら、XMの入金やトレードを開始できます。

XMの使い方 資金の入金方法

XMの使い方における次の手順は、資金の入金方法です。

入金方法の使い方は、XMのマイページ「入金」から入金方法を選択して、入金方法に沿った手順で手続きを進めるだけです。

XMの入金方法は、クレジットカード・国内銀行送金・bitwallet・STICPAY・BXONEから選択できます。

例として国内銀行送金の入金手数料は、入金額が1000円未満の場合は980円から1500円、それ以上は無料になり、入金反映時間は30分から1時間程度ですが、入金方法によって手数料とコストは異なります。

XMの使い方 MT4のダウンロードとログイン

XMでトレードの準備をするとして、口座開設時に設定した取引プラットフォームのMT4・MT5を入手し、XMの取引口座にログインます。

MT4を入手する使い方は、公式サイトの「プラットフォーム」のページから、お手持ちのデバイスに見合ったMT4をクリックし、流れに沿ってダウンロード・インストールします。

インストール完了後、MT4を起動し、XMの取引口座へログインしましょう。

MT4へログインする使い方は、MT4の「ファイル」から「取引口座へログイン」を選択し、MT4口座を開設時に受け取ったメール内のログインID・パスワード・サーバー情報を入力します。

XMではMT4・MT5ともに、Windows版・Mac・iPhone版・アンドロイド版から選択できます。

スマホ版とパソコン版ではログインフォームへのアクセス手順が異なりますが、基本的な使い方は同じです。 これでXMのトレードに関する使い方に進むことができます。

XMの使い方 チャートの表示方法

XMチャートの表示方法の使い方は、MT4・MT5を起動して「ウインドウ」から「新規チャート」をクリックし、通貨ペアを選択します。

任意のチャートを表示する使い方は、まず「気配値一覧」に通貨ペアを表示させる必要があるあめ、気配値エリア内を右クリックして「すべて表示」を選択するとXMの全通貨ペアを表示できます。

これで前述と同じ使い方をすることで、新規チャートを表示することができます。

XMの使い方 注文方法

XMの注文方法の使い方は、MT4「ツール」から「新規注文」を選択し、注文フォームを入力していきます。

基本的な注文方法としてマスターしておきたいのは、成行注文と指値注文です。

成行注文はXMの現在レートで売買したいとき、指値注文はXMで売買したい価格が決まっているときに利用します。

成行注文フォームの使い方は、XMでトレードしたい通貨ペアと「ストリーミング注文」を選択し、注文数量を記入したら「成行買い」「成行売り」のいずれかを選択します。

指値注文フォームの使い方は、XMでトレードしたい通貨ペアと「指値注文」を選択し、さらにBuy LimitまたはSell Limitのいずれかを選択し、注文数量と価格を記入して発注ボタンを選択しましょう。

これでXMのポジションを建てることができます。 この他にもXMの注文方法として、逆指値注文をはじめ、損切りするための決済逆指値、利確のための決済指値なども設定できます。

ポジションの決済方法の使い方は、MT4のターミナル「取引タブ」から決済するポジションの一番右端に記載されてる「閉じる」アイコンをクリックすることで即時決済を完了します。

前述の通り、XMの新規注文に損切りまたは利確決済注文を前もってしこんでおく使い方もできるため、状況によって使い分けると便利でしょう。

XMの公式アプリ・スマホの使い方について

XMのご利用をスマホで検討している方は、アプリの使い方について気になる方もいるでしょう。

まずXMはMT4・MT5アプリの他、公式アプリもリリースしています。

ふたつの使い方におけるメリットを比較すると、MT4やMT5はトレード機能に優れている一方、公式アプリはトレード・入金・口座管理と一貫した使い方ができます。

一方使い方のデメリットは、MT4・MT5はトレード限定であるのに対し、公式アプリはXMでMT5口座を開設している方だけしか利用できないことでしょう。

自分のニーズに沿ったアプリの使い方をすることで、XMを快適に利用できるはずです。

XMの使い方をどこよりも分かりやすく解説

XMの使い方における一連の流れとスマホやアプリの使い方について解説しました。

流れに沿った使い方をすることで、XMのトレードをスムーズに開始することができます。

XMは取引プラットフォームやアプリを数多く実装しているため、自分の利用環境に応じた使い方ができるのではないでしょうか。