ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの残高クレジットを分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMの残高とクレジットとは、どのようなもの?

残高とクレジットは、それぞれどのような使い方ができるの?

XMの口座間で残高とクレジットを移動する使い方は、どのようにしたらいい?

残高とクレジットを出金する使い方をすると、XMではどのように口座へ反映される?

あなたは今、このようにお考えですよね。

XMは充実したボーナス制度が魅力で人気の高い海外FX取引所です。

口座残高だけでなく、ボーナスクレジットを獲得でき、お得にXMでトレードできます。

XMの残高とクレジットを分かりやすく解説

XMの残高とクレジットのしくみが複雑だと感じている方もいるでしょう。

「残高」と「クレジット」は、XMにおいてまったくの別物だとお考え下さい。

XMの残高は口座残高を示し、自分で入金した証拠金(資金)やトレードで獲得した利益をさし、いわゆるリアルマネーを言います。

一方クレジットは、XMで獲得したボーナスやXMPポイントをさし、XMのトレードの証拠金として利用できます。

XMの残高は出金することができますが、クレジットは出金できません。

これがXMの残高とクレジットの違いと言えるでしょう。

XMの残高とクレジットの使い方

XMの残高とクレジットは、どちらもトレードの証拠金として利用できます。

ただ残高とクレジットの使い方やその順序には違いが存在ます。

XMのトレードのポジションで含み損が発生すると、まずは口座残高から相殺されていきます。

残高が0円になってしまうと、つづいてクレジットが相殺されていきます。

XMの残高とクレジットの使い方をわかりやすくするために、まずは確認方法を解説しましょう。

残高とクレジットは、XMのマイページで各アカウントごとに表示されます。

XMのMT4やMT5の有効証拠金には残高とクレジット、さらにポジションの含み損益の合計が表示されます。

有効証拠金には含み損益も含まれるため、XMでのポジション保有時は有効証拠金が常時変動していることを心得ておきましょう。

XMのゼロカットは、口座残高が0円になり、さらにボーナスが相殺されたあとに執行・反映されます。

このようにXMの残高とクレジットの使い方には順序があることを覚えておきましょう。

XMの残高とクレジットの口座間の移動方法の使い方

XMの残高とクレジットの、口座間の移動方法の使い方を解説していきます。

複数口座を開設できるため、口座間の資金移動をきちんと理解しておかなければ損してしまう可能性がります。

XMで複数口座を開設した場合、口座間を自由に残高を移動することができますが、その際残高と同じ割合のボーナスクレジットも移動します。

ではXMの残高とクレジットの口座間の移動方法の使い方を例にあげてみていきましょう。

たとえばXMのA口座に1,000円を入金し、取引ボーナスが3,000円ぶん支給されたとします。

XMのB口座に500円を資金移動した場合、同じ割合の取引ボーナス1,500円も移動します。

ただしXMではクレジットのみの移動はできません。

クレジットの移動方法は、口座残高とセットで移動する使い方になるのです。

XMの残高の移動方法や使い方によっては、XMのボーナスが消滅するパターンも存在します。

  • 口座開設時に「いいえ、ボーナスの受け取りを希望しません」を選択した場合
  • XM Trading Zero口座
  • IB業者を経由して開設した口座

XMでボーナス対象外口座へ残高を移動し、消滅したボーナスについては復活することはできません。

そのようなことがないようXMで残高を移動する場合は、XMのボーナス対象講座であるのかを確認したうえで移動するという使い方をしてください。

XMの残高とクレジットの出金方法の使い方

XMの残高とクレジットは、出金方法においても使い方のルールが存在ます。

まず残高はXMの口座から出金できますが、クレジットは出金できません。

もしXMから残高を出金した場合に、同じ割合のクレジットは消滅します。

ふたたび上の残高とクレジットを例にあげて、XMに1,000円を入金し、3,000円の取引ボーナスが支給されたと考えましょう。

XMでトレードし1,000円の利益を獲得すると、残高が2,000円になります。

残高1,000円を出金すると、同じ割合のクレジット1,500円は消滅します。

どのような理由があったとしても、XMのボーナスクレジットは出金できません。

XMの使い方として、出金ルールの使い方は覚えておきましょう。

XMの残高がマイナスに至った場合のクレジットの使い方

XMの残高がマイナスに至ってしまった場合のクレジットの使い方は、マイナスぶんの補填に充てられます。

クレジットがマイナスに達してしまうと、完全なマイナス口座として認識され、XMではゼロカットが執行され、残高が0円にリセットされます。

ただしXMで未決済ポジションの損益がプラスの状態で、マイナスに至っていない場合は、ゼロカットのリセットは行われません。

XMの残高・クレジット・含み損益などの合計すべてがマイナスに至った場合にようやく、ゼロカットが執行されます。

ゼロカットが執行されるタイミングは数日から数週間かかります。

XMでゼロカットを即座に執行したい場合は、少額入金を行うことで、意図的にゼロカットを執行させるという使い方もできます。

XMの残高とクレジットの休眠口座や凍結口座のときの使い方

XMで休眠口座に至ると、ボーナスクレジットが消滅します。

休眠口座になるのは、XMで取引せずに口座を90日間放置した場合です。

XMで休眠口座に至ると、月5ドル(500円相当額)の口座維持手数料が残高から発生しつづけ、口座残高が0円になると口座凍結されてしまいます。

しばらくXMでトレードをしないという場合、手数料で損をしない使い方をするためには、残高を他社ウオレットや出金することをおすすめします。

XMの残高とクレジット XNPポイントの使い方

XMのXMPポイントは、ボーナスクレジットに交換できる一方、現金へ換金してキャッシュバックするという使い方も可能です。

XMPポイントは、XMPランクに応じ、往復1ロットごとに付与されます。

クレジットへの換金率はXMP÷3×レート、現金への交換はXMP÷40×レートで算出できます。

XMPポイントは、個々のニーズに応じた使い方ができるのがメリットと言えるでしょう。

XMの残高とクレジットを分かりやすく解説まとめ

XMの残高とクレジットの使い方や移動方法、出金などについて解説しました。

残高のクレジットの関係性が理解できず、使い方がよくわからないという方も少なくありません。

XMでは残高とクレジットの使用順序が異なりますので、出金や資金移動方法によってクレジットが消滅してしまいます。

ボーナスクレジットの消滅ルールを知らずに資金移動や出金を行ってしまうと、ボーナスが消滅してしまいます。

効率よくクレジットを活用して残高を維持しながら、XMでトレードを楽しみましょう。