ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの残高クレジットを分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】おすすめ1位のFX業者(LINE公式で確認)

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMの残高とクレジットの違いはなに?

XMの残高とクレジットにおけるそれぞれの使い方にはどのような方法があるの?

残高とクレジットカードを口座間で資金移動する使い方や、XMの取引口座からの出金方法は可能なの?

口座残高がマイナスの場合におけるクレジットの使い方、休眠口座と口座凍結時における使い方について知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

XMの残高とクレジットとはどのようなものなのか、疑問を感じている方もいるでしょう。

ここではXMの残高とクレジットについて詳しく解説していきます。

XMの残高クレジットを分かりやすく解説

XMの「残高」と「クレジット」には違いがあります。

一方、残高とクレジットの使い方における共通点は、XMのトレードの証拠金に利用できることです。

では残高とクレジットの違いやそれぞれの使い方をみていきます。

XMの残高とクレジットの違いは?

XMの残高とクレジットの違いについて、まず残高はXMの取引口座に入金した自己資金やトレードで獲得した、出金可能なリアルマネーをさします。

一方、クレジットとは、XMから付与されたボーナスやXMPポイントをさし、トレードの証拠金としてのみ活用できるものをさします。

すなわち残高についてはXMの取引口座から出金できますが、クレジットは出金できません。

これがXMの残高とクレジットの違いと言えるでしょう。

XMの残高とクレジットの使い方と用途

XMの残高とクレジットカードの使い方と用途は、どちらもトレードの証拠金として利用できることです。

ただし残高とクレジットの使い方における消費順序は異なります。

まずXMのポジションで含み損が発生すると、まず口座残高から消費されていきます。

口座残高が底をつきると、ボーナスクレジットから相殺されていきます。

XMの残高とクレジットの使い方を明確にするために、実際の取引画面で確認していきましょう。

残高とクレジットは、XMのマイページで各取引口座ごとに表示されています。

一方、MT4・MT5の取引プラットフォームにも「残高」と「クレジット」の項目で確認できます。

「有効証拠金」はXMの口座残高とクレジット、ポジションの含み損益の合計額が表示されます。

ポジションの含み損益も反映される有効証拠金は、XMのポジションを保有中、常時変動し続けます。

XMのゼロカットにおける残高とクレジットの使い方の順序をみていきましょう。

まずゼロカットの条件は、口座残高が0円以下すなわちマイナスになることです。

執行方法としてまずボーナスクレジットをマイナス残高の補てんにあてて、それでもマイナス残高の場合に、XMは残高をゼロまでリセットします。

XMの残高とクレジットの用途は異なり、使い方お順序も異なることを覚えておきましょう。

XMの残高とクレジットを口座間で資金移動する使い方

XMの残高とクレジットの口座間における資金移動の使い方は、きちんとマスターしておかないと、損をする可能性があります。

まずXMは最大8口座を開設して、口座間を資金移動する使い方ができますが、移動する残高と同じ割合のボーナスクレジットも同時に移動します。

たとえばXMのA口座で残高は1万円、ボーナス1万円を保有しているとき、残高をB口座へ5000円資金移動すると、ボーナスも5000円移動します。

資金移動先がスタンダード口座とマイクロ口座の場合はボーナスクレジットも問題なく動かすことができます。

一方、ZERO口座またはIB業者経由で開設した口座の場合は、入金ボーナス対象外口座であるため、資金移動の金額と同じ割合のボーナスクレジットは消滅します。

またスタンダード口座やマイクロ口座であったとしても、XMの口座開設時に「いいえ、ボーナスの受け取りを希望しません」を選択した口座を開設して資金移動した場合も、口座残高の移動で同割合のボーナスクレジットは消滅すると考えておきましょう。

ボーナスクレジットの資金移動は、口座残高と同時の場合のみで、クレジット単体での移動はできません。

一度消滅したXMのボーナスクレジットは復活することはないため、ムダにしないためにも、口座間で資金移動する使い方のルールを覚えておきましょう。

XMの残高とクレジットの出金方法における使い方

XMの残高とクレジットの出金方法にも、使い方におけるルールがあります。

まずXMの取引口座から出金できるのは残高だけで、クレジットは出金できません。

口座残高を出金すると、同じ割合のボーナスクレジットは消滅します。

たとえばXMの取引口座に1万円を入金して、2000円のボーナスクレジットが付与された場合をみていきましょう。

XMでトレードして1万円の利益を獲得すると、口座残高は2万円になります。

口座残高から1万円を出金した場合、同じ割合である1000円のボーナスクレジットは消滅します。

いかなるケースにおいてもXMのボーナスクレジットは出金できないため、使い方のルールとして心得ておきましょう。

XMの残高がマイナスの場合におけるクレジットの使い方

XMの残高がマイナスにいたってしまった場合における、クレジットの使い方はマイナスの補てんにあてられます。

ロスカットにいたった場合、即座にゼロカットが執行になるのではなくまずはクレジットが補てんにあてられていき、クレジットが0にいたった場合にゼロカットの対象となります。

ただしXMの未決済ポジションの損益がプラスの場合は、実質的な資産はゼロではないため、ゼロカットは執行されません。

XMの残高とクレジット、含み損益の合計額がマイナスの場合に、ゼロカット執行となります。

ゼロカットの執行には数日から数週間かかるケースもあります。

すみやかにゼロカット執行を行うための使い方における裏技として、取引口座へ少額入金する方法があります。

XMの残高・クレジットの休眠口座と口座凍結時の使い方

XMの取引口座は、90日間、入金またはトレードしないと休眠口座にいたり、クレジットは消滅します。

一方、残高には影響しません。

休眠口座にいたると、XMの取引口座から毎月5ドルの口座維持手数料が相殺されていき、口座残高が0円になると口座凍結されます。

一時的にXMのトレードをしない場合の使い方として、口座維持手数料によるムダなコスト負担を防ぐためにも、XMの取引口座から残高を出金しておきましょう。

XMの残高とクレジットにXMPポイントあてる使い方について

XMのXMPポイントは、クレジットに交換してトレードの証拠金にあてられることはもちろん、現金に交換してXMから出金する使い方もできます。

XMPポイントとは、ロイヤリティに応じたランクのポイントを、1ロットあたりのトレードに応じて付与されるXMの独自ポイント制度です。

クレジットへの換金率の計算方法は「XMP÷3×レート」、現金への交換は「XMP÷40×レート」です。

XMPポイントは、ユーザーのニーズに応じた使い方ができるところが大きなメリットと言えるでしょう。

XMの残高クレジットを分かりやすく解説まとめ

XMの残高とクレジットの使い方における共通点は、トレードの証拠金として活用できることでしょう。

一方、残高とクレジットの使い方における違いは、資金移動や出金、ゼロカット、休眠口座や口座凍結における処理方法です。

きちんと残高とクレジットの違いを理解して、上手にXMのボーナスや資金をご活用ください。