ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMは追証なしで最大888倍ものレバレッジが使える海外のFXブローカーです。

その高いレバレッジを活用すれば個人であっても驚くほどの利益を出すことも不可能ではありません。

しかし、利益を出せば出すほど気になるのが税金と確定申告です。

確定申告は会社員の人にとってはなかなか馴染みのあるものではありません。

計算方法がさっぱり分からないという人も多いでしょう。

そこで今回はXMの税金の計算方法と確定申告について分かりやすく解説していきます。

XMの税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

XMの利益は税金の対象になる

XMで出した利益には原則的に税金がかかります。

税金の区分としては所得税に分類されます。

ただ、会社員の所得税のようにXMが税金を源泉徴収するようなことはありません。

XMで出した利益にかかる税金は自分で計算して、そのうえで毎年1回、最寄りの税務署に確定申告しなければなりません。

ちなみに、国内の証券会社の場合、税金を源泉徴収してくれる特定口座という制度が使えます。 その場合、確定申告は不要です。

しかし、残念ながら海外のFXブローカーであるXMでは特定口座は開設できません。

XMの利益が税金の対象とならないケース

XMで得た利益は原則的に税金の対象になります。

しかし、例外的に下記の場合、確定申告も納税も不要です。

・給与収入があって、それ以外の収入が年間20万円以下の場合

・給与収入がなく、それ以外の収入が年間38万円以下の場合

会社員の人はXMの利益が20万円近くになったら、あえてトレードをいったん止めてしまうというのもひとつの手段です。

ただ、「それ以外の収入」にはXMの利益以外も含まれます。

たとえば、転売などで副業収入が20万円を超えている場合、XMの利益が少額であってもあわせて確定申告して税金を収める必要があります。

XMの税金は雑所得・総合課税で計算する

XMの税金を計算するうえで戸惑いがちな考え方が所得区分です。

所得区分とは「給与所得」や「不動産所得」といった分類で、XMの利益は「雑所得」に分類されます。

そして、確定申告をするうえで雑所得は「総合課税」という計算方法が適用されます。

総合課税とは、各種所得と合算して税金を計算する課税方式です。

対になる課税方式は「申告分離課税」です。

申告分離課税の場合、その所得は他の所得とは分離されるため課税対象となる金額が少なくなります。

日本は所得が上がれば上がるほど税率が高くなる累進課税です。

その結果として、総合課税よりも申告分離課税のほうが支払うべき税金が少なくなるのです。

申告分離課税は国内の証券会社で出した利益に適用できます。

しかし残念ながら、やはり海外のFXブローカーであるXMは適用対象外です。

XMの税金の計算方法

XMの利益にかかる税金は以下の計算方法で求められます。

・((XMの利益+他の所得)-各種控除)×税率-税額控除

まず、XMの利益と他の所得(給与所得など)を合算します。

このとき、所得によっては一定の金額を差し引くことができます。

たとえば給与所得の場合、年収に応じて一定の金額が給与所得控除として差し引けます。

そのようにして求められた金額を「総所得」と呼びます。

そして、そこからさらに「医療費控除」や「生命保険料控除」など、各種控除を引きます。

各種控除を引いた最終的な所得は「課税所得」と呼ばれます。

この課税所得の金額に応じて、適用される税率と税額控除が決まります。

具体的な課税所得別の税率と税額控除は以下のとおりです。

・課税所得195万円以下・・・税率5%、控除額0円

・195万円超~330万円以下・・・税率10%、控除額97,500円

・330万円超~695万円以下・・・税率20%、控除額427,500円

・695万円超~900万円以下・・・税率23%、控除額636,000円

・900万円超~1,800万円以下・・・税率33%、控除額1,536,000円

・1,800万円超~4,000万円以下・・・税率40%、控除額2,796,,000円

・4,000万円超~・・・税率45%、控除額4,796,000円 課税所得330万円と900万円を境に税率が一気に跳ね上がります。

課税所得がそのライン近辺にある人は、あえてXMでのトレードを控えると税金を安くおさえられる場合もあります。

XMの税金の計算方法の一例

理屈だけではなかなか税金の計算方法も分かりにくいのではないでしょうか。

ここでは実際の計算方法の一例を紹介します。

【条件】

・年収・・・400万円

・XMの年間利益・・・50万円

・各種控除・・・医療費控除10万円

まず、年収に関しては、この段階ではあくまで収入であって所得ではありません。

ここから給与所得控除を引いて給与所得を計算していきます。

年収400万円の人の給与所得控除は以下のとおりです。

・400万円×20%+18万円=98万円

したがって、給与所得は「400万円-98万円=302万円」になります。

これとXMの利益を足した「302万円+50万円=352万円」が総所得です。

そして、医療費控除10万円を引いた342万円が「課税所得」になります。

課税所得342万円の人の適用税率と税額控除は以下のとおりでした。

・330万円超~695万円以下・・・税率20%、控除額427,500円

よって、以下のように税金の金額が求められます。

・352万円×20%-427,500円=276,500円

ここでは分かりやすくするため、各種控除などはかなりシンプルにしています。

しかし、税金の計算方法の大枠は上記のとおりです。

あとは、確定申告の時期に、この金額の算定根拠となる数字を記入した書類を税務署へ提出すれば良いだけです。

XMの年間取引報告書などを添付する必要はありません。

求められた場合に提出できれば大丈夫です。

XMの税金を確定申告しないとどうなるのか?

XMで得た利益を確定申告しないというのはれっきとした脱税行為です。

確定申告の未申告や過少申告などには以下のような罰則があります。

・無申告・・・無申告加算税(50万円までは15%、50万円超は20%)の追加納税

・延滞・・・納税すべき税金に年率2~9%程度をかけた延滞税

・悪質な無申告・・・35%~40%の重加算税

いずれも本来支払うべきであった税金に追加して支払わなければなりません。

非常に重いペナルティです。

確定申告は計算方法がいくぶん面倒なのは事実です。

しかしそれでも、年に1回かぎりです。

あるいは、それなりにまとまった金額を稼いでいるのであれば税理士にお願いしてしまうのも良いでしょう。

いずれにしろ、XMで得た利益については必ず確定申告するようにしましょう。

XMの税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説 まとめ

XMで得た利益は原則的に税金の対象となります。

基本的には年に一回、自分で納税額を計算して確定申告する必要があります。 計算方法はお世辞にも簡単とはいえません。

しかし、一度慣れてしまえばそれほど難しいものでもありません。

確定申告せずに税金を免れるのは違法行為です。

面倒であっても、XMで得た利益は必ず確定申告しましょう。