ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのゼロカット(0カット)を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMのゼロカット(0カット)とは、どのようなもの?

ゼロカット(0カット)執行には、なにか条件があるの?

XMのゼロカット(0カット)がなかなか執行されないけれど、いつ執行されるのかタイミングを知りたい。 あなたは今、このようにお考えですよね。

XMはゼロカット(0カット)を採用しているため、借金リスクを気にすることなく安心してトレードできます。

ここではXMのゼロカット(0カット)について解説していきます。

XMのゼロカット(0カット)を分かりやすく解説

XMのゼロカット(0カット)とは、レバレッジ取引の損失による借金リスクから投資家を守る、海外取引所独自の救済制度です。

最大888倍でレバレッジ取引できるXMでは、損失リスクも大きくなります。

一方、XMはゼロカット(0カット)を採用しているため、莫大な借金リスクにおびえることなく、安心してハイレバレッジトレードを楽しむことができます。

ただしXMでゼロカット(0カット)がなかなか執行されないケースもあるようですが、ゼロカット(0カット)は「制度」ですので、執行されないことはないためご安心ください。

XMのゼロカット(0カット)とはどのような制度なの?

ゼロカット(0カット)とは、XMのマイナスになった口座残高を、ゼロにリセットすることをさします。

本来、トレードでロスカットされ、損失が確定すると借金が発生するため、投資家が借金を返済しなければいけません。

ロスカットとは、投資家のトレードが一定を超えて不利な状況にいたった場合に、これ以上損失が大きくならないよう、XMがトレードを強制終了することをさします。

XMのレバレッジ取引は、証拠金を担保にポジションを保有して、XMのレート変動によって含み損益が発生します。

本来は含み益を発生させたいところですが、レート変動によってポジションに含み損が発生することもあります。

含み損によって、証拠金が一定割合を下回り、口座残高に余力がなくなってしまうことで、ロスカットが執行されます。

ロスカットにより、本来XMでは損失が発生しないしくみなのですが、相場の急変によって正常に発動しないケースもあります。

XMによるロスカットの発動ミスによって損失が発生するため、ゼロカット(0カット)によってマイナスにいたった口座残高を0まで戻してもらえます。

すなわちゼロカット(0カット)とは、マイナスになった口座残高を、XMによってゼロにリセットしてもらえることから、レバレッジ取引で発生した損失をXMが肩代わりする制度と言えるでしょう。

XMのゼロカット(0カット)の執行条件とタイミング

XMのゼロカット(0カット)の執行条件は、口座残高のトータルがマイナスであることです。

ボーナスクレジットが残っている、または未決済ポジションを保有しているタイミングでは、ゼロカットの執行条件に該当しません。

XMのゼロカット(0カット)執行のタイミングは、不定期です。

ロスカットが発動したあと、すぐにゼロカット(0カット)が執行されるケースがあれば、数時間後、長ければ数日間におよび執行されないケースもあります。

今すぐにXMでゼロカット(0カット)の執行を希望する場合は、取引口座に少額入金することが引き金となり、ゼロカット(0カット)が執行されるという裏技もありますので、活用してみてはいかがでしょうか。

XMのゼロカット(0カット)が適用されないケース

XMのゼロカット(0カット)の執行条件を満たしているのにもかかわらず、ゼロカット(0カット)が適用されないケースもあります。

ゼロカット(0カット)が適用されないケースとして、以下のようなXMでの不正トレードの可能性や利用規約違反が疑われることが考えられます。

  • ゼロカットを悪用した複数口座による両建て
  • アービトラージ取引(裁定取引)

XMは、最大8つの口座を開設・運用できますが、異なる口座をまたいで両建ては、ゼロカット(0カット)を悪用した不正トレードとみなすため、ゼロカット(0カット)を適用しません。

異なる口座をまたいだ両建ては、XM内の複数口座だけをさすのではなく、異なる業者の口座をまたぐ両建ても禁止しています。

複数口座による両建てが、ゼロカット(0カット)の悪用に抵触する理由は、XMのゼロカットは口座単位で適用されるからです。

同一通貨ペアの買い価格と売り価格は相反するため、たとえばXMでA口座でロング、B口座でショートと両建てすると、A口座で損失が発生して、B口座で利益が発生します。

A口座の損失をゼロカット(0カット)で補てんすると、B口座では確実に利益を獲得できるというしくみが成立するため、XMでは複数口座による両建てを不正トレードとみなします。

XMのゼロカット(0カット)の悪用としてもうひとつ、窓開け相場や経済指標発表時だけにフルレバするというギャンブルトレードも、不正トレードとみなされますのでやめましょう。

両建てをしていないくても、一か八かを狙ったトレードばかりを繰り返す投資家は、XMに不利益をもたらす可能性があるため、ゼロカット(0カット)は適用されません。

XMのゼロカット(0カット)はメリットしかない

XMのゼロカット(0カット)は海外FXを利用する投資家を守るための救済制度ですが、国内FXユーザーにとってはメリットばかりで信じられない制度でしょう。

ゼロカット(0カット)を利用しても、XMのトレード制限やペナルティもなく、安心してトレードできます。

国内FXにも投資家をロスカットリスクから守るための追証制度を採用していますが、追証にはデメリットがあります。

追証は資金を追加入金することで、含み損で低下した証拠金の割合を回復して、一時的にロスカットを回避することで損失発生リスクを軽減できます。

ただし追証してもレート変動状況によってふたたびロスカットリスクがあるうえ、ロスカットで発生した損失は借金として返済する必要があることに加えて、証拠金と追証も失うことになります。

XMはゼロカット(0カット)が適用されるため、ロスカットにいたっても失う資産は証拠金のみ、借金は0と、国内FXと比較するとメリットは大きいと言えるでしょう。

XMのゼロカット(0カット)を分かりやすく解説まとめ

XMのゼロカット(0カット)によって、損失による借金リスクを気にすることなく、安心してハイレバレッジトレードを楽しめます。

特にXMは最大888倍というハイレバレッジトレードで、大きな利益を狙える一方、大きな損失を発生させるリスクがありますが、ゼロカット(0カット)によって借金返済リスクはありません。

ついゼロカット(0カット)に頼り切ってトレードしてしまいがちですが、XMを利用する目的はあくまでも利益獲得をめざすことだと覚えておきましょう。