ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのゼロカット(0カット)を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【5位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMは最大888倍ものレバレッジが使えることが大きな特徴の海外のFXブローカーです。

その高いレバレッジを使えば短期間に大きな利益を出すことも不可能ではありません。

一方で、ハイレバレッジなトレードには大きな損失を出すリスクもつきものです。

しかし、XMにはそういったリスクを一定範囲内におさえるゼロカット(0カット)というシステムが存在します。

ただ、海外FXを始めたばかりの人の中にはゼロカット(0カット)とはどういうものかよく分からないという人も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回はXMのゼロカット(0カット)について分かりやすく解説していきます。

XMのゼロカット(0カット)を分かりやすく解説

XMのゼロカット(0カット)とは

XMのゼロカット(0カット)とは、万が一にもトレーダーが口座残高以上の損失を出したとしても、そのマイナス分をゼロにリセットしてくれる救済システムです。

XMにはゼロカット(0カット)のほかにロスカットと呼ばれるシステムがあります。

ロスカットはポジションの含み損が一定水準に達すると、それ以上損失が膨らまないように強制的にポジションを決済するものです。

通常、トレーダーはこのロスカットにより口座残高以上の損失を被ることはありません。

しかし、相場急変時などでロスカットが間に合わない場合、一時的に口座残高がマイナスになってしまうことも起こりえます。

そこでXMがそのマイナス分をなしにしてくれる救済制度がゼロカット(0カット)です。

国内ブローカーの場合、ゼロカット(0カット)システムはないため、トレーダーはこのような状況に陥るとそのマイナス分を自分で弁済しなければなりません。つまり、事実上の借金です。

対して、ゼロカット(0カット)のあるブローカーにそのような心配はありません。

一般的に、海外FXは危険というイメージを持つ人も少なくないようです。

ところが意外なことに、実際のところ借金を作るリスクという観点ではXMのような海外のFXブローカーのほうが安全なのです。

XMのゼロカット(0カット)にデメリットはない

XMのゼロカット(0カット)はトレーダーにとっては非常に心強いシステムです。

一方で、トレーダーが出してしまったマイナス損失は事実上、XMが負担しています。

そのようなゼロカット(0カット)の執行に際してトレーダーにはなんらかのペナルティはないのでしょうか。

結論からいうと、XMのゼロカット(0カット)にはなんのデメリットもありません。

ペナルティもなければ、執行回数の上限もありません。

トレーダーは何度でも、いくらでもゼロカット(0カット)の恩恵を享受することができます。

もっとも、XMのゼロカット(0カット)はあくまで口座残高の「マイナス分」をなしにしてくれるにすぎません。

口座にあった証拠金は失われてしまいます。

借金を作るリスクはないとしても、ゼロカット(0カット)はなるべく避けるべき事態であることは変わりありません。

XMのゼロカット(0カット)はいつされるのか?

XMのゼロカット(0カット)の発生タイミングは不定期です。

口座残高がマイナスになったあと数時間でリセットされることもあれば、数日間かかる場合もまれにあります。

ただ、すぐにゼロカット(0カット)される方法も存在します。

XMの口座へいくらでも良いので入金すれば良いのです。

しかし、ここで一点、注意が必要です。

ボーナスクレジットや他のポジションの含み益が十分にある場合、入金額がマイナス損失の補填に使われてしまうことがまれにあります。

ゼロカット(0カット)の執行条件は口座残高にマイナス損失があることだけではないからです。

口座残高がマイナスで、かつ、マイナス損失をカバーできるボーナスクレジットやポジションの含み益がないこともまた必要な条件です。

XMのゼロカット(0カット)は、ボーナスクレジットや他の含み益では充当できないマイナス損失のみ対象と心得ておきましょう。

XMがゼロカット(0カット)をしないケース

XMではゼロカット(0カット)の対象外となるトレード手法があります。

それはゼロカット(0カット)を悪用した不正なトレードです。

実際、XMの利用規約にそのことが明記されている条項があります。(読まなくて大丈夫です)

要約してポイントを抜書きするといかのようになります。

・XMではリスクのない裁定取引(アービトラージ)は禁止

・たとえば、ゼロカット(0カット)を悪用した複数口座(アカウント)をまたいだ両建ては禁止

・他のブローカーの口座を併用した両建ても同様に禁止

・発覚した場合、アカウントの保留・凍結、取引結果をキャンセルする

・さらに、新規アカウント開設も禁止とする

・なんらかの方法で新規アカウントを作ってもふたたび同様のペナルティを課す

かなり厳しい内容となっています。

ここで、他社を絡めた両建てならばバレないのではとお考えのひともいるかもしれません。

しかし、XM以外のブローカーを絡めたとしてもバレると考えておきましょう。

「MT4、MT5に利用データが蓄積されている」「ブローカー同士が同じLP(リクイディティプロバイダ)を使っている」など理由は諸説あります。

真偽のほどは定かではありません。

ただ、いずれにせよXMがそのようなゼロカット(0カット)の悪用を取り締まっていることは事実です。

いくら利益を出せたとしてもアカウントが凍結されてしまっては元も子もありません。 XMは単一口座内の両建て事態は禁止していません。

しかし、複数口座(アカウント)、または複数業者を使った両建ては固く禁止していると心得ておきましょう。

なお、このような不正行為の判断について、XMは個別の事情を考慮しません。

EAなどを使っていてうっかりゼロカット(0カット)を悪用したトレードになってしまったとしてもペナルティは回避できません。

自動売買をするときは外形的に禁止行為になってしまっていないか、事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

XMのゼロカット(0カット)を分かりやすく解説 まとめ

XMのゼロカット(0カット)は、万が一にも口座残高がマイナスになってしまったとしてもマイナス分をゼロにリセットしてくれる救済システムです。

ゼロカット(0カット)の執行に際してトレーダーにはなんのデメリットもありません。

いくらでも何度でもゼロカット(0カット)して問題ありません。

ただし、XMでは複数口座(アカウント)・複数業者を使った両建てはゼロカット(0カット)の対象外です。

そういったトレード手法がバレるとゼロカット(0カット)が執行されないだけではなく、最悪の場合は口座の凍結も免れません。

たしかに、ゼロカット(0カット)は非常に頼もしいシステムです。

しかし万能ではないということは頭の片隅においておきましょう。