ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのゼロカット(0カット)を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMのゼロカット(0カット)とは、どのようなものなの?

ゼロカット(0カット)が執行されるタイミングはいつ?

XMのゼロカット(0カット)が適用されないパターンはあるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

ここではXMのゼロカット(0カット)について詳しく解説していきます。

XMのゼロカット(0カット)を分かりやすく解説

XMは最大レバレッジ888倍でトレードでき、口座開設や入金ボーナスなど充実した特典で人気の高い海外FX業者です。

FXトレードがはじめての方や国内FXユーザーの方は、ゼロカット(0カット)についてなじみがないことでしょう。

またXM以外の海外FXブローカーユーザーで、すでにゼロカット(0カット)になじみがある方も、XMのゼロカット(0カット)の執行タイミングや適用されないパターンについて知っておきたいとお考えではないでしょうか。

XMのゼロカット(0カット)とは?

XMのゼロカット(0カット)とは、トレードで口座残高以上の損失が発生した場合、マイナスになってしまった部分をゼロにリセットしてくれる救済制度です。

FXにはロスカットと言うシステムが備わっており、ポジションの含み損が一定を超えてしまった場合に、これ以上損失を発生しないようにトレードを強制決済します。

しかしロスカットが間に合わず、思わぬレートで決済されてしまった場合に、口座残高がマイナスで終了してしまうこともあります。

ゼロカット(0カット)はロスカットが間に合わずに発生した損失を、XMが肩代わりしなかったことにしてくれる救済システムなのです。

XMのゼロカット(0カット)はメリットしかない

XMなど海外FX取引所の多くはゼロカット(0カット)による救済システムを採用しています。

一方、国内FX取引所では追証による救済システムを採用しています。

追証は、ポジション維持を続けられるよう証拠金を追加入金することで、ポジションの含み損の割合を減らすことができます。

ようするにロスカットを防ぐことができます。

XMのゼロカット(0カット)はロスカットされた後の損失をなかったことにしてもらえ、国内降Xの追証はトレードを続けられるという、ふたつの異なるメリットがあります。

しかし追証してもロスカットされてしまった場合は、損失を借金として返済しなければならず、せっかくの追証も失ってしまい、最終的なトレード資金の負担が大きくなります。

一方、XMの損失を0にしてくれるゼロカット(0カット)は、証拠金以上の資金負担がありません。

国内FXユーザーは、XMのゼロカット(0カット)のメリットを怪しいと感じてしまう方もいるでしょう。

しかしXMのゼロカット(0カット)はペナルティなどもなく、本当にマイナス口座残高を0円にリセットしてもらえます。

損失リスクを考えると、国内FXよりもゼロカット(0カット)システムを採用しているXMなど海外FXブローカーのほうが圧倒的に安全にトレードできます。

ただしあくまでもXMのゼロカット(0カット)は損失をリセットしてくれるだけで、利益獲得にはなりません。

ゼロカット(0カット)によって証拠金を失うことになるため、XMではゼロカット(0カット)に頼り切るのではなく、勝てるトレードをめざしましょう。

XMのゼロカット(0カット)執行のタイミングや条件

XMのゼロカット(0カット)執行のタイミングは、不定期です。

たとえばXMでロスカットし、口座残高がマイナスになってしまってから数時間後に執行されるパターンがある一方、ロスカットから数日後にゼロカット(0カット)執行となるパターンもあります。

今すぐにゼロカット(0カット)してほしいとお考えの場合は、少額入金することで即座に執行することができます。

ただしXMで含み益のポジションやボーナスクレジットが残っており口座残高のトータルがプラスの場合、XMへ入金するとゼロカット(0カット)執行ではなくマイナス残高の補填に使われてしまいます。

XMのゼロカット(0カット)執行条件は、口座残高のトータルがマイナスの場合です。

ゼロカット(0カット)を適用させたいとお考えの方は、XMでの執行のタイミングだけでなく執行条件もあると覚えておきましょう。

XMのゼロカット(0カット)が適用されないパターン

上記のようにXMはゼロカット(0カット)の執行条件をきちんと定めています。

口座残高がマイナスになったからと言って、XMはやみくもにゼロカット(0カット)を執行するのではありません。

たとえマイナス口座残高になってしまったとしても、XMは以下のような不正トレードを行ったり利用規約違反を犯したりした場合、ゼロカット(0カット)を適用しないパターンがあります。

・アービトラージ取引(裁定取引)

・ゼロカットを悪用した複数口座による両建て

2つ目以上の新規アカウント開設 「ゼロカット(0カット)を悪用した複数口座による両建て」とは、たとえばXMでこれからトレードしようと検討している以外の口座、または他社口座をまたいで両建てすることです。

これらの口座でたとえばボラリティが高い窓開けや経済指標発表時に両建てし、たとえば買いポジションで利益獲得した場合は爆益となる可能性が高いです。

一方、売りポジションは損失に転じますがゼロカット(0カット)することで、確実に両建てで利益を獲得できます。

ユーザーが確実に利益を手にでき、XMが損失を被ってしまうようなトレードは、当然ながら不正トレードとして禁止されており、ゼロカット(0カット)が適用されません。

XMと他社口座との両建てはバレないのでは、とお考えの方もいるでしょうが、ほぼ確実にバレてしまうため絶対にやめてください。

両建てだけでなく、XMの利用規約では複数の新規アカウントの開設も禁止しており、ゼロカット(0カット)が適用されないパターンのひとつです。

厳しいペナルティがありますので、絶対にやめておきましょう。

XMのゼロカット(0カット)を分かりやすく解説まとめ

XMのゼロカット(0カット)は損失リスクから投資家を守る、海外FX業者独自の救済制度です。

国内FXの救済システム「追証」と比較すると、ゼロカット(0カット)はメリットしかないことが明確になりました。

XMのゼロカット(0カット)は執行のタイミングがある一方、不定期ですのでいつ執行されるのかがわかりません。

その際は、含み益やボーナスクレジットがないことを確認したうえで追加入金すると、即ゼロカット(0カット)を執行できます。

ただしXMが不正トレードとする複数口座による両建てや、相場変動が予測できる相場でのゼロカット(0カット)の悪用は適用外となりますのでご注意ください。

XMで上手にゼロカット(0カット)の恩恵にあやかり、安全なトレードを楽しみましょう。