ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのゼロ口座を分かりやすく解説

【☆一番おすすめのFX業者 -スプレッドが狭くボーナス無しでガッツリトレードしたい方におすすめ「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用・ロスカット水準20%

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・他のFX業者でなかなか作れない"法人口座"を作れ"法人の場合損失繰越"が出来るのでおすすめ

・NDD方式を取っており利用者の利益とFX業者の利益が直結しているので余計な成約が無し

・ボーナスが無い分トレードの手数料が低く設定されている。その為本気でトレードをしたい方には一番おすすめのFX業者

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者 -スプレッドが狭くボーナス無しでガッツリトレードしたい方におすすめ「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者 -スプレッドが狭くボーナス無しでガッツリトレードしたい方におすすめ「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

すでにFX取引をしている人やこれからFX取引にチャレンジする人の中には、スプレッドが狭いXMのゼロ口座に興味を持っている人もいるでしょう。

国内のFX口座よりも、手数料などのコストがかからず大きな利益が得られるイメージのある海外の取引所ですが、XMのゼロ口座の使い心地も気になるところですよね。

今回は、XMのゼロ口座について手数料やスプレッドなどについて詳しく調べてみました。

XMのゼロ口座を分かりやすく解説

XMには以下の3つのタイプの異なる口座が用意されており、ユーザーの好みに合わせてどの口座を開設するかが選べるようになっています。

  • スタンダード口座
  • マイクロ口座
  • ゼロ口座

この中で、ゼロ口座が他の2つの口座と一番大きく異なる点は、スプレッドと手数料の有無についてです。

ゼロ口座は他の2つの口座での取引に比べてスプレッドが小さいという特徴があり、その代わりに取引手数料が発生するという仕組みになっています。

他にもレバレッジの最大値が他2つの口座の場合には888倍であるのに対し、ゼロ口座のレバレッジの最大値は500倍です。

さらに最低入金額が他2つの口座の場合には5ドルとなっているのに対し、ゼロ口座の最低入金額は100ドルに設定されています。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMのゼロ口座のスプレッドは他の2つの口座よりも狭い

まず1つめのXMのゼロ口座の大きな特徴となるのが、他の2つの口座よりもスプレッドが狭いという点です。

他2つの口座の場合、全主要通貨の最低スプレッドは1pipsとなっているのに対し、ゼロ口座は最低スプレッドが0pipsとなっています。

つまり最低スプレッドがないという状況があるため、国内取引所のように広いスプレッドで取引をせずに済むというのが特徴です。

ただし最小が0pipsとなっているだけであり、全てのトレードでスプレッドが全くないという訳ではありません。

例えば「米ドル/日本円」ペアの場合、ゼロ口座のスプレッドは0.1pipsほどあります。

しかしスタンダード口座の場合には、「米ドル/日本円」ペアで2.0pipsほどがかかってくるのでスプレッドの幅は圧倒的にゼロ口座の方が狭いこといえるでしょう。

ただしゼロ口座はスプレッドは他の口座よりも狭く設定されていますが、別途で手数料がかかったりボーナスが受け取れないなどのデメリットもあるのでしっかり比較していくことが重要になってきます。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMのゼロ口座のスプレッドは狭いが手数料が別途で発生する

XMでは3つの口座の中で一番スプレッドが狭いのがゼロ口座となっています。

ただし、ゼロ口座は他の2つの口座にはない取引手数料というものが発生するのです。

ゼロ口座の取引手数料は、1lot(100000)あたりの往復取引で1.0pips(1000円相当)が発生する条件になっています。

そのため先ほど説明した「米ドル/日本円」ペアの場合、ゼロ口座のスプレッドは0.1pipsですが、ここに1.0pipsほどの手数料が加わることになるので、実際には1.1pipsほどが取引にかかる費用となるのです。

それでもスタンダード口座の「米ドル/日本円」ペアのスプレッドは、2.0pipsですので、ゼロ口座の方がお得に利用できるといえるでしょう。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMのゼロ口座のスプレッドは狭いがボーナスがなくなる

XMは日本人からの人気No1の海外FX取引所だと言われていますが、その人気の理由の1つがボーナスの付与となっています。

XMは海外取引所の中でも、ボーナスの種類の豊富さで有名な取引所であり2つのタイプのボーナスが用意されているのです。

1つめは、本人書類を提出し新規口座の開設が行われれば3000円相当のボーナスが付与され口座に入金されるというタイプのものになります。

この3000円のボーナス分のみを出金するということはできませんが、ボーナス分を使ってトレードを行い利益が出れば出金が可能です。

そしてもう1つのボーナスは、入金額により付与されるタイプのボーナスです。

上限が5万円までとなりますが、入金額の100%がボーナスとして付与されます。

つまり5万円を入金すれば、その100%相当に当たる 5万円がボーナスとして口座に付与されるのです。

また5万円を超えた場合でも、追加入金ごとに20%のボーナスが付与されます。 そのため入金額によってかなり大きなボーナスをXMにて受け取ることができるのです。

このようなメリットがXMにはありますが、ゼロ口座に限ってはこのボーナスを受け取ることができません。

ゼロ口座には、スプレッドが極狭というメリットとボーナスなし、手数料ありというデメリットがあるので、自分の取引スタイルに合わせて口座選びをするようにしてください。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMのゼロ口座でデモトーレドをする方法

XMのゼロ口座のメリット・デメリットを理解した上で、ゼロ口座を作ってみたいと考えている人もいるでしょう。

その場合にはいきなりリアル口座を開設するのではなく、一旦ゼロ口座のデモ取引を利用して使い心地を試してみるのもおすすめですよ。

ゼロ口座のデモトレードをする方法は、以下の手順に沿ってデモ口座を開設してください。

  1. XMの公式サイトにアクセスし、下部にある「デモ口座開設」のボタンをクリックします。
  2. デモ口座開設の画面が表示されるので、個人情報などの必要事項を入力していきます。口座タイプにて「XM Zero」を選択し手順にしたがって口座を開設していくとゼロ口座でのデモトレードができるようになります。

XMのゼロ口座を分かりやすく解説まとめ

今回は、XMのゼロ口座を分かりやすく解説してきました。

XMのゼロ口座はスプレッド幅が極狭であるというメリットがありますが、手数料が発生したりボーナスが付与されないというデメリットも持ち合わせています。

ゼロ口座かそれ以外の口座かどちらが良いのかは、トレーダーそれぞれがどの通貨ペアでどのような使い方をするのかによっても異なってくるでしょう。

まずはゼロ口座の特徴をしっかりチェックして、お得に利用できる口座を選んでみてくださいね。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから