ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油を分かりやすく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【3位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190519221153j:plain

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油の取引条件と取引時間はどのようになっているの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は最大1000倍でレバレッジ取引できる海外FX業者ですが、取引商品のひとつに原油のトレードを採用しています。

原油のトレード条件に疑問を感じている方に向けて、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油について詳しく解説していきましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油を分かりやすく解説

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油は無期限契約

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油トレードは、通貨ペアのFXと同じく証拠金取引ができます。

証拠金取引は、別名「CFD」とも呼ばれており、レバレッジ取引ができることが大きな特徴です。

厳密には通貨ペアのFX取引もCFDに該当しますが、海外FX業者の多くは通貨ペア以外の取引商品をまとめてCFDに分類しています。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)では、通貨ペア・原油のどちらでも現物取引を取り扱っていないため、実際に原油を買うわけではありません。

原油のトレードは、買値と売値の差益を狙う証拠金取引になりますが、さらに証拠金取引は先物取引と無期限取引に分類されます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)で採用している原油の取引は無期限取引に該当することを基本として覚えておきましょう。

海外FX業者が採用する原油トレードの多くは先物取引であるケースが多いですが、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油は、無期限取引に該当します。

先物取引とは、決済期限付きのトレードですので、満期を迎えると自動的に決済される一方、スワップポイントが発生しない取引方法です。

一方、無期限契約は限月契約ではない代わりに、スワップポイントが発生することが特徴でしょう。

しかしGEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油取引は、無期限契約で取引に期限がないうえ、スワップポイントも発生しない取引方法です。

スワップポイントなし・無期限契約でトレードできるため、ふたつのメリットを生かして取引できることは、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油取引のメリットでしょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油のシンボル

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油のシンボルは、以下の2種類です。

  • BRENT(BRTGBP)
  • WTI Light Sweet(WTIUSD)

2種類の原油の大きな特徴として、原産地域が異なることがあげられます。

BRENT(ブレント)はイギリス沿岸部で採取される原油、WTIはアメリカのテキサスを産地とする原油です。

2タイプの原油のみを採用しているGEMFOREX(ゲムフォレックス)ですが、この他にも投資の指標とされている原油としてドバイ・オマーン原油もあることも知識として覚えておきましょう。

原油の価格は、産地だけでなく、採取方法・輸出先、品質などの違いから影響を受けるため、トレード価格も異なります。

特に原油価格の変動は激しいため、トレードを検討している方はこのようなポイントを意識して行いましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油の取引サイズ

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油の取引サイズは、1ロット=100バレルです。

通貨ペアFXは1ロット=10万通貨ですので、比較すると大幅に小さな取引サイズに感じられます。

ただし通貨ペアFXの最小取引単位は0.01ロットですが、原油の最小取引単位は1ロットになるため、実際の売買価格にはそれほど差はありません。

ロットあたりの取引単位をコントラクトサイズと言いますが、通貨ペアと原油だけでなく各CFD商品でもコントラクトサイズは異なりますのでご注意ください。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油のレバレッジ

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油のレバレッジは、最大66倍です。

FX通貨ペアは最大1000倍でレバレッジ取引できますが、原油では大幅に低いレバレッジに制限されてしまいます。

一方、国内FXの原油のトレードでは、最大20倍のレバレッジに制限されているため、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のほうがハイレバレッジで原油のトレードができるでしょう。

ハイレバレッジでトレードできるメリットは、必要証拠金を抑えられることです。

たとえば1バレル=80ドルだった場合、原油を1ロットトレードする場合の必要証拠金を比較してみましょう。

国内FXの場合は、80×100÷20=400ドルから、51,000円相当になります。

一方、GEMFOREX(ゲムフォレックス)では、80×100÷66=121ドル、すなわち15,000円相当になるため、国内FXよりも1/3の必要証拠金でトレードできるというわけです。

海外FXの中には原油トレードに100倍を超えるレバレッジをかけられる業者も存在しますが、原油はボラリティが高いため、レバレッジの倍率だけを重視して選ぶのは危険です。

ロスカットリスクを考慮すれば、GEMFOREX(ゲムフォレックス)が提供する66倍のレバレッジはじゅうぶんな倍率と言えるでしょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油の取引時間

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油の取引時間は、日本時間で以下の通りです。

  • ブレント:10:05~07:00
  • WTI:08:00~07:00

原油の取引時間はFX通貨ペアと同じく、月曜日の土曜日の早朝までになりますが、取引時間は異なるためご注意ください。

ちなみに上記は冬時間を示しており、サマータイム期間の取引時間は1時間だけ先に進めた時間帯になります。

サマータイムの移行期間が近づくと、GEMFOREX(ゲムフォレックス)から事前に取引時間の変更のお知らせがあるため、見逃さないようにご注意ください。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)における原油取引の注意点

GEMFOREX(ゲムフォレックス)で原油取引をはじめるときの注意点は、原油の需要と供給の状況に注目することです。

原油の取引価格に影響を与える要因は、原油の原産国のメインである中東情勢、産出国の変化、各国のエネルギーに対する需要、そして供給との関係です。

たとえば近年は、新型コロナの影響を受けて石油の需要が激減し、原油価格に大きな影響を与えました。

2020年、GEMFOREX(ゲムフォレックス)は原油の新規注文を一時中止の措置を行いましたが、現在はトレードを再開しています。

原油はライフラインや産業にかかせない資源ですので、一時的に取引を停止したとしても、再開の見込みはじゅうぶんにあると言えるでしょう。

さまざまな要因によって需要と供給は変化しますので、状況に応じて原油の価格が大幅に変動すること、取引が中止になるリスクがあることを注意点として覚えておきましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油を分かりやすく解説まとめ

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油トレードは、2種類の原油を最大66倍、かつ無期限取引でスワップポイントなしで行えます。

海外FX業者の中では、最大66倍のレバレッジは低めですが、原油の価格の不安定さを考慮すればちょうどよいとも言えるでしょう。