ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油を分かりやすく解説

【口座開設・入金ボーナスがある&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【5位】iFORXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190519221153j:plain

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は追証なしで最大1,000倍ものレバレッジが使える海外のFXブローカーです。

そして、実はGEMFOREX(ゲムフォレックス)では為替(FX)以外にも原油銘柄の取り扱いもあります。

しかし、原油をトレードするとはいったいどういうことなのでしょうか。

また、為替(FX)とは取引条件に違いなどないのでしょうか。

そこで今回はGEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油について分かりやすく解説していきます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油を分かりやすく解説

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油はCFD取引

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油はCFDと呼ばれる取り引きに分類されます。

CFDとは「Contract For Different」の略称で、実際の商品の受渡しなしで売買差額だけをやり取りする取引形態です。

日本語では差金決済取引と呼びます。

つまり、GEMFOREX(ゲムフォレックス)で原油をトレードするといっても、実際に原油を売買しているわけではないのです。

厳密にいえば為替(FX)もこのCFDの一種です。

しかし、日本では慣例的に為替はFX、それ以外の銘柄をCFDと呼んで区別しています。

同じように、GEMFOREX(ゲムフォレックス)では原油のほか株価指数もトレードできますが、一般的にはそれらもあわせてCFDと呼びます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油銘柄は2種類

GEMFOREX(ゲムフォレックス)には以下の2種類の原油銘柄があります。

・BRENT(BRTGBP)

・WTI Light Sweet(WTIUSD)

BRENT(ブレント)はイギリス沿岸部で採取される原油、WTIはアメリカのテキサスを産地とする原油です。

よく勘違いされるのですが「ブレント」であり「ブレンド」ではありません。

投資の世界で主に使われる原油の指標としては他にドバイ/オマーン原油もありますが、GEMFOREX(ゲムフォレックス)では取り扱っていません。

実はこれらの原油の違いは産地だけではありません。

品質や採取方法、主要な輸出先などもそれぞれ異なります。

したがって、価格変動要因も銘柄によって違ってきます。 昨今の原油市場は激変しているためここでは詳しい解説は控えます。

ただ、ひとくちに原油といっても銘柄ごとにそのような違いがあることは心得ておきましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油の取引サイズ

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油は1ロットあたり100です。

為替(FX)の1ロット=10万通貨とくらべるとかなり少ないサイズのように思えるかもしれません。

ただ、為替(FX)は0.01ロットから取引できるのに対して、原油の最低取引単位は1ロットです。

実際の売買価格にそれほど大きな差は出ないでしょう。

ちなみに、このようなロットあたりの数量をコントラクトサイズと呼びます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)では原油以外の銘柄も多数ありますが、それらも為替(FX)とコントラクトサイズが異なります。

為替(FX)以外の銘柄をトレードする際は、そういった違いに注意しましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油は決済期限なし

GEMFOREX(ゲムフォレックス)以外のブローカーで原油を取り引きする場合、多くは先物取引となっています。

先物取引とは決済期限(=限月)のあるCFDで、限月が来るとポジションは強制的に決済されます。

ただその代わり、先物取引にはスワップポイントが発生しないという特徴があります。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油もまた同じようにスワップポイントはありません。

しかし、スワップポイントがないにもかかわらず、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油には限月もありません。

そのため、トレーダーはポジションの持ち越し(=ロールオーバー)によるコストを気にする必要がありません。

このような取引条件の銘柄はかなり異色といって良いでしょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油のレバレッジ

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油のレバレッジは最大で66倍です。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の大きな特徴は最大1,000倍のレバレッジ。

しかし、実はそれは為替(FX)にかぎられるのです。

とはいえ、原油でも実資産の50倍を超えるトレードができることは事実です。

それでも十分に高いレバレッジといって良いのではないでしょうか。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油の取引時間

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油は取引時間も為替(FX)とは異なります。

具体的な取引時間は以下のとおりです。

(日本時間/冬時間)

・ブレント・・・10時05分~07時00分

・WTI・・・08時00分~07時00分

上記は平日の取引時間です。

為替(FX)と同じく土日は取り引きできません。

したがって、月曜日の朝から土曜日の明け方までが原油をトレードできる時間帯となります。

なお、サマータイムが適用されると取引時間は1時間、前倒しされます。

具体的なサマータイムの適用タイミングはGEMFOREX(ゲムフォレックス)から事前に通知があります。

見逃さないように注意しておきましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油の注意点

原油の価格は国際情勢の影響をきわめて強く受けます。

もちろん、これはGEMFOREX(ゲムフォレックス)にかぎった話しではありません。

どのブローカーを使っていようと原油価格は様々な国際情勢の影響を免れません。

中東情勢、各国のエネルギー需要、産出量の変化、新エネルギーの台頭。 価格変動要因となるものの例を挙げればキリがありません。

そのため、場合よっては原油銘柄そのものの取り扱いが停止されることもあります。

現に、昨今の原油価格の急落で証券会社各社は続々と原油銘柄の取り扱いを停止しています。

残念ながらGEMFOREX(ゲムフォレックス)も例に漏れず、いったん原油の取り扱いを停止しています。

いつ取り扱いが再開されるかは不透明です。

しかし、原油はいまもなお様々な産業の核となるエネルギー源です。

このままの状態がそう長く続くようなことはないと思われます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油を分かりやすく解説 まとめ

GEMFOREX(ゲムフォレックス)ではBRENT(ブレント)とWTIの2種類の原油銘柄があります。

ひとくちに原油といっても、それぞれ銘柄によって価格変動要因が異なってきます。

また、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の原油銘柄は為替(FX)と取引条件がまったく異なります。

大きな違いは最大レバレッジ、取引サイズ、取引時間、スワップポイントの有無などです。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)で為替(FX)以外のトレードをする際は、そういった取引環境の違いに注意しましょう。