ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスマホアプリの使い方を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】iFORXの詳細ページはこちらから

【2位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】XMの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】iFORXの詳細ページはこちらから

【2位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】XMの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】iFORXの詳細ページはこちらから

【2位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】XMの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190519221153j:plain

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は追証なしで最大1,000倍のレバレッジが使えることが人気の海外のFXブローカー。

また、MT4と呼ばれる高機能な取引プラットフォームのスマホアプリが使えることも人気の理由のひとつです。

スマホアプリが使えるようになれば時間と場所にとらわれずトレードができるという大きなメリットがあります。

外出することが多い人にとって、これはぜひとも利用したいものではないでしょうか。

そこで今回はGEMFOREX(ゲムフォレックス)のスマホアプリの使い方について分かりやすく解説していきます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスマホアプリの使い方を分かりやすく解説

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスマホアプリの使い方:入手方法

PC版のMT4はGEMFOREX(ゲムフォレックス)の公式サイトからダウンロードできますが、スマホアプリ版は異なります。

スマホアプリ版のMT4は、それぞれ利用する端末に応じてApp StoreまたはGoogle Play Storeからダウンロード・インストールできます。

もちろん、無料です。

あとになって追加の機能を使うために課金が必要になったりする心配もありません。

気軽にインストールしてしまいましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスマホアプリの使い方:初期設定方法

スマホアプリを入手してもそれだけではトレードは始められません。

あらためて、スマホアプリからGEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引サーバーにログインしましょう。

「設定」から「新規口座」と進むことでアプリからログインしたいブローカーを検索することができます。

「gemtrade」と検索して取引サーバーを表示させましょう。

次にログイン情報を入力していきます。

ここで入力する情報はGEMFOREX(ゲムフォレックス)のマイページへログインするものとは別のものです。

スマホアプリ用のログイン情報は口座を開設した際に別途メールで通知されているはずです。

そちらを参照しましょう。

以上の手続きを済ませれば、以後スマホアプリでおこなったトレードの結果がGEMFOREX(ゲムフォレックス)の口座へ反映されるようになります。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスマホアプリの使い方:基本操作・レイアウト

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスマホアプリでは、メインメニューで画面表示を都度、切り替える使い方が基本となります。

基本メニューは画面の下方に配置されています。

それぞれの機能の概要は以下のとおりです。

・気配値・・・通貨ペアの売値(bid)と買値(ask)を一覧表示する

・チャート・・・特定の通貨ペアの値動きの推移をグラフで表示する

・トレード・・・証拠金残高を確認しつつ新規注文をする

・履歴・・・取引履歴や保有ポジションを確認する

・設定・・・各種設定やカスタムに使う 上記の画像は気配値表示です。

この気配値表示は「詳細モード」に切り替えることでスプレッドもあわせて一覧で確認できるようになります。

これはPC版のMT4にはないスマホアプリ版のみの機能です。

基本的にスマホアプリではこちらの表示モードを使うことをおすすめします。

スマホアプリではチャートはスマホに最適化されて上記のような表示となります。

縦長なのでやや見づらい部分があるのではないでしょうか。

しかし、チャートにかぎっては傾きセンサーに対応しています。

スマホを横へ傾ければ上記のような見慣れたチャートとすることができます。

また、任意の部分をタップするとチャートのカスタムも可能です。

左右のアイコンで時間足の切り替えやインジケーターの追加、オブジェクトの配置ができます。

なお、アプリでは経路は若干違えど、どのメニューからも新規注文ウィンドウを開くことができます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスマホアプリの使い方:注文方法

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスマホアプリでは注文方法がわずかにPC版と違ってきます。

上記はスマホアプリでの成行注文のウィンドウです。

注文種別の項目が「成行注文」ではなく「ストリーミング注文」となっています。

PC版の注文ウィンドウではそのまま「成行注文」という表示なので、PC版しか使ったことがなかった人は戸惑うかもしれません。

しかし、名称は違えどストリーミング注文もまた紛れもない成行注文のひとつです。

そして、強調表示されていないため分かりにくいのですが、その注文種別の部分をクリックすると別の注文種別も選ぶことができます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスマホアプリで利用できる注文種別は以下のとおりです。

・ストリーミング注文・・・成行注文

・Buy/Sell Limit・・・指値注文

・Buy/Sell Stop・・・逆指値注文

そのほか、以下のようなものがオプションで設定できます。

・ストップロス・・・損切りの指値

・テイクプロフィット・・・利確の指値

・スリッページ・・・スリッページの許容範囲(※ 成行注文時のみ)

ストップロスとテイクプロフィットはPC版のMT4では「決済逆指値/決済指値」という名称になっています。

スマホアプリ版のほうが明らかに分かりやすいですね。 スリッページとは、注文価格と実際に約定する価格が乖離する現象です。

FXのマーケットは刻々と変動するものです。

それゆえ、注文ウィンドウの価格を確認して注文ボタンをクリックするまでの一瞬のあいだでも価格が変動することも珍しくありません。

その際に、どの程度変動した価格までを約定させるかどうかを調整するものがスリッページの項目です。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスマホアプリの使い方:口座管理

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のアプリでは口座管理はできません。

スマホアプリでできるのは口座へのログインと複数口座を運用している場合の口座の切り替えのみです。

口座への入金や出金、口座間の資金移動はGEMFOREX(ゲムフォレックス)のマイページからしかできません。

ただ、マイページはスマホのブラウザからもアクセス可能です。

ブックマークしたりホーム画面に配置したりしておけば、あたかもスマホアプリのような使い方をすることもできます。

MT4で口座管理ができないからといってそれほどの不便はないでしょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスマホアプリの使い方を分かりやすく解説 まとめ

GEMFOREX(ゲムフォレックス)には純正スマホアプリはありませんが、MT4のスマホアプリを使ってスマホでトレードすることができます。

スマホアプリといっても、細かな使い方はPC版と異なるところこそありますが基本的な機能はほぼ同じです。

気配値の確認やチャートのカスタム、注文までPC版と同じように可能です。

なお、MT4がGEMFOREX(ゲムフォレックス)以外でも広く採用されている汎用性の高いプラットフォームです。

いちど慣れてしまえば、仮に他のブローカーを使うとしてもスムーズに移行できるはずです。

ぜひとも早めに使い方を覚えてしまいましょう。