ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

AXIORY(アキシオリー)スマホアプリの使い方を分かりやすく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200621110031j:plain

AXIORY(アキシオリー)のスマホアプリの使い方はどのようにしたらいいの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

AXIORY(アキシオリー)は、最大400倍のレバレッジ取引を、高い約定率と低コストという環境のもと取引できる海外FX取引所です。

取引プラットフォームにMT4・MT5とcTraderを採用しており、スマホアプリ版にも対応しています。

PCをお持ちでない方や、外出先からもAXIORY(アキシオリー)でトレードしたい方は、スマホアプリの使い方が気になるのではないでしょうか。

AXIORY(アキシオリー)スマホアプリの使い方を分かりやすく解説

AXIORY(アキシオリー)のスマホアプリの使い方は、基本的に以下の流れで行います。

  • スマホアプリの使い方1.iPhoneはAPP Store、アンドロイドはGoogle Playから、MT4・cTraderいずれのスマホアプリをダウンロード・インストール
  • スマホアプリの使い方2.AXIORY(アキシオリー)の口座開設で取得したログインID(口座番号)・パスワード・サーバー情報でスマホアプリへログイン
  • スマホアプリの使い方3.チャート分析や注文をスタート

スマホアプリの使い方をスタートするための前提条件は、すでにAXIORY(アキシオリー)で口座開設を完了していることです。

ただMT4やcTraderをインストールしても、AXIORY(アキシオリー)のスマホアプリは使えませんので、事前に公式サイトで口座開設を完了させましょう。

口座開設を完了していることを前提に、ここからはAXIORY(アキシオリー)のふたつのスマホアプリ、MT4とcTraderの使い方の特徴をチェックしながらみていくことにします。

AXIORY(アキシオリー)スマホアプリの使い方 MT4

AXIORY(アキシオリー)のスマホアプリMT4の使い方における特徴は以下の通りです。

  • 使い方の特徴1.日本人ユーザーが多いため、スマホアプリでもデフォルトで日本語を実装
  • 使い方の特徴2.シェア数が多い取引プラットフォームであるため、スマホアプリでも使い方の情報量が多い
  • 使い方の特徴3.PC版のみ自動売買に対応。スマホアプリは自動売買に非対応

AXIORY(アキシオリー)のMT4スマホアプリは初心者から上級者に適した使い方が可能

AXIORY(アキシオリー)のMT4スマホアプリの使い方の特徴は、日本人向けに開発されたことです。

MT4は日本人ユーザーが多いからこそスマホアプリの使い方を理解している人数も多く、それだけ関連情報の量も多いため使いやすくなります。

スマホアプリの情報量よりも、アプリ自体の機能やスペックのほうが、AXIORY(アキシオリー)の使い方を向上させるために重要だとお考えになる方もいるかもしれません。

たしかにそれも一理あります。

しかしどんなにスマホアプリの機能やスペックが優れていたとしても、プラットフォームの情報量が少なければスマホアプリの使い方を理解できず、初心者は特に使いこなすことが難しくなるでしょう。

MT4は国内トップクラスを誇るトレーディングプラットフォームであり、多くの投資家が利用しているため情報量も多く、疑問点もすぐに解決できることがメリットです。

標準的な機能をカバーし、世界中のプロ投資家にも愛用されているため、初心者から上級者まで適した使い方ができます。

ユーザー数や情報量の多さからも、MT4は魅力的なスマホアプリであることがうかがえるため、AXIORY(アキシオリー)のトレードに適しています。

なおAXIORY(アキシオリー)はMT4の他、後継版プラットフォームのMT5のスマホアプリも利用できますが、使い方の特徴として同じことが言えるでしょう。

【残念】MT4のスマホアプリはパソコンの使い方と異なり自動売買に非対応

MT4のスマホアプリのデメリットは、AXIORY(アキシオリー)でEAなどの自動売買が使えないことです。

PC版のMT4に対応している自動売買ですが、スマホアプリ版には自動売買の稼働設定やプログラミング機能は実装されていません。

MT4のもっとも大きな特徴は自動売買に対応していることですが、残念ながらスマホアプリ版では非対応です。

スピーディな動作、成行注文や指値注文・逆指値注文など以外の注文方法にも対応し、約定力の高さもMT4スマホアプリのメリットと言えるでしょう。

MT4スマホアプリはPC版のMT4とほぼ同じ使い方をするため、迷わず利用できることも大きなメリットと言えるでしょう。

同じくMT5のスマホアプリも自動売買には非対応であり、スマホアプリの使い方もMT4とほぼ同じだと考えてよいでしょう。

AXIORY(アキシオリー)のスマホアプリの注文方法とチャートの使い方【MT4】

AXIORY(アキシオリー)MT4のスマホアプリの注文とチャート表示の使い方は、気配値表示の通貨ペアをタップします。

選択した通貨ペアの「トレード」から注文フォーム、「チャート」からチャートを表示できます。

注文方法の使い方は、通貨ペアと成行・指値注文など注文タイプを選択して、注文タイプに見合った数量や価格などの項目を埋めるだけです。

チャートの使い方は、ローソク足・時間足・インジケーター・描画ツールなどを活用してAXIORY(アキシオリー)の相場分析を行います。

MT5のスマホアプリの使い方も、MT4と同じように操作します。

AXIORY(アキシオリー)スマホアプリの使い方 cTrader

AXIORY(アキシオリー)のスマホアプリcTraderの使い方の特徴は以下の通りです。

  • 使い方の特徴1.cTraderのアカウントに全口座を統合するため初回ログインだけでOK。スマホアプリでもワンタッチで口座の切替可能
  • 使い方の特徴2.スマホアプリでもAXIORY(アキシオリー)の複数ポジションの一括決済に対応
  • 使い方の特徴3.板情報(オーダーブック)がAXIORY(アキシオリー)のスマホアプリにも実装されている

cTraderのスマホアプリにおける使い方のメリットは、cTraderアカウントへログインすることで、AXIORY(アキシオリー)の全口座へログインでき、ワンタッチで口座を切り替えられることです。

MT4のスマホアプリは、AXIORY(アキシオリー)の取引口座ごとにログインID・パスワード・サーバー情報を入力しなければいけません。

一方、cTraderはAXIORY(アキシオリー)の登録メールアドレスと、cTraderダウンロード時に送信されたメールアドレス内のリンクから設定したパスワードを入力するだけで、全口座へ一括ログインし、口座のワンタッチ切替も可能です。

AXIORY(アキシオリー)のスマホアプリの注文方法とチャートの使い方【cTrader】

AXIORY(アキシオリー)cTraderのスマホアプリの注文フォームを表示させる使い方は、「7つの点」を一番左にスライドし「新規注文」をタップします。

チャート表示の使い方は、主要通貨ペアからチャートをタップします。

cTraderの注文方法やチャートの使い方は、上記の特徴で解説した項目以外は、基本的にMT4とほぼ同じと考えてよいでしょう。

AXIORY(アキシオリー)スマホアプリの使い方を分かりやすく解説まとめ

AXIORY(アキシオリー)のスマホアプリの使い方における特徴は、MT4とcTraderで異なるものの、基本的な注文方法やチャート分析の使い方は同じです。

PC版とスマホアプリ版の使い方における大きな違いは、cTrader・MT4ともに自動売買を利用できないことでしょう。

自動売買の機能をのぞけば、AXIORY(アキシオリー)のスマホアプリで快適な使い方が実現できるはずです。