ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200621110031j:plain

AXIORY(アキシオリー)のcTraderの使い方を把握したい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

AXIORY(アキシオリー)の取引プラットフォームのひとつcTraderの使い方は、MT4とは異なります。

cTraderは60種類以上のインジケーター内蔵、登録メールアドレスだけで全口座アカウント管理可能、優れた約定機能などを装備し、AXIORY(アキシオリー)のトレードを快適に行えます。

AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方を分かりやすく解説

AXIORY(アキシオリー)のcTraderの使い方の流れは以下の通りです。

  • AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方1:インストール
  • AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方2:ログイン
  • AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方3:全銘柄の確認
  • AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方4:チャート
  • AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方5:板情報の見方
  • AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方6:注文方法
  • AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方8:ポジション・トレード履歴の確認
  • AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方7:注文決済

cTraderの使い方をスタートするためには、AXIORY(アキシオリー)でcTrader口座の開設を完了していることが条件です。

AXIORY(アキシオリー)の口座開設を済ませていない方は、まずはじめに公式サイトでアカウント登録とcTrader用の口座開設を完了させましょう。

ここからは、AXIORY(アキシオリー)のcTrader口座の開設を完了していることを前提として、cTraderの使い方をみていきます。

AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方【ダウンロードとインストール】

cTraderの使い方は、AXIORY(アキシオリー)のcTraderをダウンロードしインストールすることからはじめます。

使い方は、AXIORY(アキシオリー)からWindows・ウェブ・iOS・アンドロイド版とデバイスに合ったcTraderをダウンロードし、流れに沿ってインストールしてください。

大きな画面で一望できるパソコン版と比較すると、スマホ版cTraderの見やすさは劣るものの、cTraderの使いやすさは健在です。

AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方【ログイン】

cTraderからAXIORY(アキシオリー)の取引口座へログインする使い方をみていきます。

ログインの使い方は、AXIORY(アキシオリー)へ口座開設した際にcTraderの提供会社から送信されたメール内の「Set Password」をクリックし、パスワードの設定を行います。

つづいてcTraderを起動し、AXIORY(アキシオリー)の登録メールアドレスと設定したパスワードでログインします。

cTraderのログインフォームでは、パスワードをコピペ入力できません。

使い方を向上させるよう、cTrader起動と同時に自動アクセスするウェブ版AXIORY(アキシオリー)からのログインフォームはコピペ入力できるためぜひ活用しましょう。

AXIORY(アキシオリー)で複数のcTrader口座を保有している場合に、別口座へ切り替える使い方は、画面右上の取引口座のプルダウンメニューから選択するだけです。

ログインとログアウトを繰り返すことなく複数口座の切り替えが可能ですので、便利な使い方が可能です。

AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方【全銘柄の確認】

AXIORY(アキシオリー)cTraderの全銘柄を確認する使い方は「すべての通貨」タブから可能です。

外国為替FXは「Forex」、他には貴金属、エネルギー、株価指数から、チャートや注文したい通貨ペアをクリックしましょう。

確認したい通貨ペアや銘柄を確認できない場合の使い方は、「検索」アイコンをクリックして確認したい銘柄のシンボルを入力して検索することもできます。

AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方【チャート】

AXIORY(アキシオリー)cTraderでチャートを表示する使い方は、前述の「全銘柄の確認」と同じ方法で通貨ペアをクリックで選択しましょう。

複数の通貨ペアのチャートを表示する使い方も可能で、cTraderの通貨ペアを選択すると、タブ形式でAXIORY(アキシオリー)の複数通貨ペアを表示し、クリックでチャートの銘柄切替ができます。

cTraderのチャートの時間足変更の使い方は、時間足表示されているプルダウンメニューをクリックし、選択してください。

時間足変更によって、AXIORY(アキシオリー)の短期相場と長期相場を把握し、テクニカルチャート分析やファンダメンタルズ分析に役立てることができます。

AXIORY(アキシオリー)でエントリーポイントの見極めや、買われすぎ・売られすぎを示す指標は、チャートのインジケーターを使います。

cTraderのインジケータの使い方は、チャートツールバーの丸いアイコン「インジケーター」から設定できます。

他には「オブジェクト」「拡大縮小」「チャート変更」をはじめ、チャート右側にも「トレンドライン」「クロスヘア」などのツールバーが表示されています。

自分に合ったcTraderチャートの使い方をして、AXIORY(アキシオリー)のテクニカル分析を行い、エントリーポイントを見極めましょう。

AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方【板情報の見方】

AXIORY(アキシオリー)cTraderの独自機能、板情報の見方や使い方は、どの価格でどれだけの注文が入っているのかを確認できます。

すでにAXIORY(アキシオリー)に入っている注文と、自分の出した注文がマッチングすることで、約定させることができます。

板情報は注文フォームの下にあり、注文フォームの「DOM」で大きな板情報を表示できます。

cTrader独自のAXIORY(アキシオリー)の注文板を閲覧する使い方は、特にスキャルピングで役立つ機能ですのでご活用ください。

AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方【注文方法】

XIORY(アキシオリー)cTraderの注文方法の使い方は、「新規注文フォーム」から行います。

「市場(成行)」「指値」「逆指値」「ストップリミット」と、cTraderはAXIORY(アキシオリー)の多くの注文方法をカバーしています。

使い方は、まずAXIORY(アキシオリー)cTraderの4つの注文方法を選択しましょう。

  • 成行注文:AXIORY(アキシオリー)ですぐに注文を通したいとき
  • 指値注文:AXIORY(アキシオリー)で注文したい価格が決まっているとき
  • 逆指値注文:トレンドの反転を狙い起点でエントリーするために、利益方向とは逆にポジションを建てたいとき

注文方法を選択したら、cTraderに表示されている「売りまたは買い」「取引数量」「発注価格」などを入力してください。

AXIORY(アキシオリー)の注文方法のオプション機能として、「損切り」「利確」などの決済予約注文も設定できます。

使い方は、設定したい損切り価格や利確価格を入力するだけです。

特に損切り価格の使い方は、AXIORY(アキシオリー)の損失を最小限に抑えるために有効ですので、なるべくcTraderで設定するとよいでしょう。

AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方【ポジション・トレード履歴の確認】

cTraderでは、AXIORY(アキシオリー)で注文を行い、現在保有しているポジションと、トレード履歴を確認する使い方ができます。

AXIORY(アキシオリー)で保有中のポジションを確認する使い方は、チャート下の「ポジション」タブを、決済を終えた注文を確認する使い方は「履歴」タブをクリックしましょう。

cTraderの取引履歴の重要な使い方として、翌年の確定申告で必要になりますので、AXIORY(アキシオリー)の損益履歴として年明けすぐに取得しましょう。

AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方【注文決済】

cTraderの注文決済の使い方は、AXIORY(アキシオリー)の保有中ポジション右端の「×」アイコンをクリックします。

便利な使い方として、cTraderの「全ポジションをクローズする」を選択することで、AXIORY(アキシオリー)のすべてのポジションを一括決済することができます。

たとえばAXIORY(アキシオリー)の両建て中のポジションを一括決済するために役立つ機能です。

AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方を分かりやすく解説

AXIORY(アキシオリー)のcTraderは優れた約定力から低スプレッドを実現しているだけでなく、独自機能による使い方も非常に魅力的です。

メールアドレスによる複数口座の一括管理や、複数ポジションの一括決済、板情報搭載などは、cTrader独自の使い方ができ、AXIORY(アキシオリー)のトレードをスムーズに行うことができます。

ただしcTraderを利用するためには、AXIORY(アキシオリー)でcTrader口座を開設する必要がありますので、使い方のはじめのステップとして覚えておきましょう。