ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方を分かりやすく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】FXGTの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200621110031j:plain

AXIORY(アキシオリー)のcTraderの使い方はどのようにしたらいいの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

AXIORY(アキシオリー)は信託保全により全額返済が保障されており、低コストで最大400倍のレバレッジ取引ができると評判の海外FX業者です。

そして取引プラットフォームではcTraderを使えるため、使ってみたいと感じている方もいるでしょう。

ここではAXIORY(アキシオリー)のcTraderの使い方に疑問を感じている方に向けて、基本的な操作について解説していきます。

AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方を分かりやすく解説

AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方 ダウンロード・インストール

AXIORY(アキシオリー)のcTraderの使い方は、プラットフォームのダウンロードとインストールすることからはじめます。

使い方は、AXIORY(アキシオリー)公式サイトからデバイスに合ったcTraderをダウンロードします。

cTraderは、Windows・ウェブ・iOS・アンドロイド版から選んだら、手順にしたがいインストールを済ませましょう。

AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方 ログイン

cTraderの使い方を始めるためには、事前にMyAxioryでcTrader口座の開設を済ませている必要があります。

口座開設を完了したら、TaderからAXIORY(アキシオリー)の取引口座へログインする使い方に進みます。

ログインの使い方は、AXIORY(アキシオリー)での口座開設後、cTraderの提供会社から送信されたメールを開きます。

メール内にある「Set Password」をクリックし、パスワードの設定を行いましょう。

cTraderを起動し、AXIORY(アキシオリー)の登録メールアドレスと設定したパスワードでログインしてください。

cTrader独自の使い方におけるメリット

cTraderのメリットは、複数口座の切り換えがスムーズにできることです。

一度メールアドレスとパスワードでログインすれば、cTrader内でAXIORY(アキシオリー)の取引口座を切り替えられます。

口座を切り替える使い方は、cTraderの画面右上にある取引口座のプルダウンメニューから口座を選択するだけです。

なおAXIORY(アキシオリー)の追加口座についても自動的にプルダウンメニュー内に反映されるので、とても便利な使い方ができるでしょう。

AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方 5つのエリアの確認

AXIORY(アキシオリー)のcTraderの使い方として、まずは5エリアにわかれていることを確認しましょう。

  • 【上部】メニューアイコン:チャート分析や注文などの操作
  • 【左部】メニュー:「Trade」通貨ペアリストから気配値を確認
  • 【中央上部】チャート:通貨ペアの値動きを確認
  • 【右部】注文:注文や板情報の確認
  • 【中央下部】トレードウオッチ:取引状況や損益の確認

メニューのうち「Trader」では「ウオッチリスト」のほか、AXIORY(アキシオリー)の「すべての通貨ペア」タブを選んで、通貨ペアリストを確認する使い方もできます。

こちらが基本的な使い方になりますので、cTraderの操作についてもっと詳しくみていきます。

AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方 チャート

AXIORY(アキシオリー)のcTraderの使い方として、チャートからみていきます。

cTraderでチャートを表示する使い方

AXIORY(アキシオリー)のチャートを表示する使い方は、cTraderの通貨ペアリストから銘柄を右クリックします。

「新しいチャート」を選んで完了です。

cTraderのチャートの時間足変更の使い方

チャートの時間足を変更する使い方は、cTraderのメニューアイコンから好みの時間足を選びます。

「…」アイコンを選べば、時間足の期間をカスタマイズする使い方ができます。

時間足を変更すればAXIORY(アキシオリー)の短期相場から長期相場まで、トレード手法に合ったチャートの使い方ができるでしょう。

cTraderのインジケータの使い方

チャートにインジケーターを表示する使い方は、cTraderのメニューアイコンから「インジケーター」を選びます。

「トレンド系」「オシレーター系」などに進み、インジケーターを選びましょう。

インジケーターはAXIORY(アキシオリー)のトレンドの方向や強さ、そして買われすぎや売られすぎなどを確認できるチャート分析の指標です。

使い方を覚えれば、AXIORY(アキシオリー)のエントリーポイントの見極めや相場状況を把握できるようになるでしょう。

AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方 板情報

AXIORY(アキシオリー)のcTraderでは板情報を使えます。

板情報の使い方は、どの価格帯でどれだけの注文が入っているのかをリアルタイムで確認します。

すでに入っている注文と、自分の出した注文がマッチングすることで、約定させることができます。

cTraderの板情報は、注文画面のすぐ下にあります。

AXIORY(アキシオリー)のスキャルピングに適したcTraderですが、板情報があることもその理由のひとつと言えるでしょう。

AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方 注文方法

AXIORY(アキシオリー)のcTraderの使い方として注文方法をみていきます。

使い方は通貨ペアリストから注文する銘柄を右クリックして「新規注文を作成」をクリックします。 注文ウインドウが表示されたら、右側から注文方法を選びます。

  • 成行注文:AXIORY(アキシオリー)で即座に約定したいとき
  • 指値注文:AXIORY(アキシオリー)で注文したい価格に達した場合に約定したいとき
  • 逆指値注文:トレンドの反転を狙い、起点でエントリーするために損失方向にポジションを建てたいとき

「取引量」「エントリー価格」を入力します。 任意で「損切り」「利確」など、決済の予約注文も設定できます。 入力を終えたら「注文実行」しましょう。

AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方 トレード状況と履歴の確認

AXIORY(アキシオリー)のcTraderのトレードウオッチから、トレード状況と履歴を確認できます。

使い方は「ポジション」タブから保有ポジションと損益状況、「注文」から予約中の注文、「履歴」から過去の取引履歴を把握できます。

トレードウオッチエリアの下部から、証拠金維持率などリアルタイムにおけるAXIORY(アキシオリー)の証拠金状況を確認できます。

AXIORY(アキシオリー)で注文したら、こまめに証拠金やポジションの状況を確認してください。

AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方 決済方法

AXIORY(アキシオリー)の決済方法は、新規注文時の損切りや利確を予約しておく使い方だけではありません。

リアルタイムでcTraderから行う決済方法の使い方もできます。

トレードウオッチ内「ポジション」タブをクリックして、各ポジションの右端に表示される「クローズ」ボタンをクリックします。

AXIORY(アキシオリー)のcTaderの使い方を分かりやすく解説まとめ

AXIORY(アキシオリー)のcTraderの使い方は、操作面についてはMT4などとそれほど変わりはありません。

cTrader独自の使い方としてログインのやり方に注意しましょう。

またcTrader独自機能として、口座の切り換えや板情報の確認はとても便利ですので、ぜひ使い方を覚えましょう。