ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

AXIORY(アキシオリー)の複数口座(複数アカウント)を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【5位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200621110031j:plain

AXIORY(アキシオリー)で複数口座(複数アカウント)を開設する方法を知りたい。

そもそもAXIORY(アキシオリー)って複数口座(複数アカウント)を開設できるの?

もしAXIORY(アキシオリー)で複数口座(複数アカウント)を開設できるとしたらいくつできる?

あなたは今、このようにお考えですよね。

AXIORY(アキシオリー)は、最大レバレッジ400倍、業界最狭レベルのスプレッド設定であるナノスプレッド口座、EA自動売買システムに適したMT4、スキャルピングに向くcTraderでトレード可能な海外FXです。

ユーザーの口コミからも約定力が高く、ベリーズの金融ライセンスを保有し万が一の場合も全額資金返還が保証されるなど、AXIORY(アキシオリー)は利益獲得をめざしやすい魅力的な取引所です。

トレード条件による使い分けや検証に役立つのが複数口座(複数アカウント)ですが、AXIORY(アキシオリー)では開設できるのでしょうか。

AXIORY(アキシオリー)の複数口座(複数アカウント)を分かりやすく解説

AXIORY(アキシオリー)では追加口座として9口座を複数口座(複数アカウント)として開設可能で、最大10個のリアル口座を開設できます。

10口座以上の複数口座(複数アカウント)も開設可能ですが、開設の都度審査が必要になると心得ましょう。

AXIORY(アキシオリー)の複数口座(複数アカウント)の開設方法の手順

AXIORY(アキシオリー)の複数口座(複数アカウント)の開設方法はたった2ステップ、1分程度の手続きで完了します。

1.AXIORY(アキシオリー)の複数口座(複数アカウント)開設フォームへアクセス

AXIORY(アキシオリー)へログインし、マイページの「追加口座開設」を選択します。

2.AXIORY(アキシオリー)の複数口座(複数アカウント)開設フォームを記入

AXIORY(アキシオリー)の複数口座(複数アカウント)開設フォームで、以下を記入します。

  • プラットフォーム:MT4またはcTraderを選択。【自動売買はMT4・スキャルピングはcTraderがおすすめ】
  • 口座タイプ:スタンダード口座またはナノスプレッド口座を選択【取引コストが安いナノスプレッド口座がおすすめ】
  • 通貨:JPY・USD・EURのいずれかを選択【計算や確定申告しやすい日本円建て口座がおすすめ】
  • レバレッジを選択:1から400のいずれかを選択【必要証拠金を抑えられる400倍がおすすめ】

初回の口座開設を適当にしてしまい、AXIORY(アキシオリー)で複数口座(複数アカウント)を開設したい方に複数口座(複数アカウント)は役立ちます。

また異なる口座条件でAXIORY(アキシオリー)のトレードをし、複数口座(複数アカウント)による比較・検証をすることができるのも、複数口座(複数アカウント)のメリットでしょう。

個々のトレード条件によっても異なるでしょうが、基本的にAXIORY(アキシオリー)の複数口座(複数アカウント)としておすすめなのは、上記に記載した条件で口座開設することです。

その理由については、詳しくは以下で詳しく開設します。

「追加口座開設」ボタンを選択すると、AXIORY(アキシオリー)で複数口座(複数アカウント)開設が完了し、口座番号やログインパスワードが記載された確認メールが配信されます。

AXIORY(アキシオリー)の複数口座(複数アカウント)開設に迷う方におすすめの口座設定条件

AXIORY(アキシオリー)でトレードしたい条件や、利益獲得を目指しやすいトレード環境は個々に異なるため、好きなように複数口座(複数アカウント)を開設してかまいません。

ただAXIORY(アキシオリー)の複数口座(複数アカウント)開設をどのような条件で行ったらよいのか…迷う方もいるでしょう。

100%利益獲得できる口座の設定条件はありませんが、以下の理由から、以下の条件でのAXIORY(アキシオリー)の複数口座(複数アカウント)開設を試すとよいかもしれません。

AXIORY(アキシオリー)複数口座(複数アカウント)のプラットフォーム

AXIORY(アキシオリー)では、プラットフォームMT4とcTraderごとで適するトレードが異なるため、複数口座(複数アカウント)で使い分けることをおすすめします。

MT4は、EAなどの自動売買システムの利用に制限がありません。

cTraderは、高い約定力とマーケット直結による低スプレッドによって、コストがかさみがちなスキャルピングに適しています。

AXIORY(アキシオリー)複数口座(複数アカウント)の口座タイプ

AXIORY(アキシオリー)のナノスプレッド口座は、業界の中でもスプレッドが狭く、ECN口座独自に発生する取引手数料も安く抑えられています。

一方、スタンダード口座はスイングトレードや長期トレードを想定した設計と言われており、AXIORY(アキシオリー)のナノスプレッド口座にはかなわないものの、他社と比較すると低コスト傾向であるのは魅力でしょう。

基本的にナノスプレッドのようなECN口座は、スキャルピング回数に制限があったり、EAを利用できなかったり利用制限が存在しますが、AXIORY(アキシオリー)のナノスプレッド口座はスタンダード口座とほぼ同じ条件でトレードできます。

特別スタンダード口座を利用したい理由がない限り、以下のようにスプレッドや取引手数料などコストの軽さから、AXIORY(アキシオリー)では複数口座(複数アカウント)開設に限らずナノスプレッド口座がおすすめと言えるでしょう。

  • スタンダード口座USD/JPYのスプレッド:1.2pips
  • ナノスプレッド口座USD/JPYのスプレッド:0.2pips 取引手数料0.6pips(6ドル)

(スプレッドは変動制 2020年7月9日現在) AXIORY(アキシオリー)では複数口座(複数アカウント)を開設し、ナノスプレッド口座と比較してスタンダード口座のメリットを見つけ出すのもよいかもしれません。

AXIORY(アキシオリー)複数口座(複数アカウント)の通貨

AXIORY(アキシオリー)では複数口座(複数アカウント)に限らず、特別な理由がない限りJPY口座(日本円建て)がおすすめです。

日本円建てならレート計算しやすいですし、何より確定申告で損益計算をする手間を大幅に軽減できます。

USDとEUR口座は、日本円へレート換算しなければいけないため、AXIORY(アキシオリー)の税務手続きでひと手間かかってしまいます。

AXIORY(アキシオリー)複数口座(複数アカウント)のレバレッジ

AXIORY(アキシオリー)の複数口座(複数アカウント)開設におすすめなのは、最大レバレッジの400倍です。

レバレッジ倍率が大きいほど、少ない証拠金でトレードすることができます。

たとえばレートが1ドル100円だったとき、レバレッジ400倍と10倍を0.1ロットでトレードしたときのAXIORY(アキシオリー)の必要証拠金は以下の通りです。

  • レバレッジ400倍の必要証拠金:10,000×1×100÷400⁼2,500
  • レバレッジ10倍必要証拠金:10,000×1×100÷10⁼100,000

レバレッジ400倍と10倍では4,000倍もの必要証拠金に差が出るのです。

特別な理由がない限り、AXIORY(アキシオリー)の複数口座(複数アカウント)の最大レバレッジは400倍に設定することをおすすめします。

AXIORY(アキシオリー)の複数口座(複数アカウント)は口座維持手数料や口座凍結なし【メリット】

AXIORY(アキシオリー)の複数口座(複数アカウント)のメリットは、他社で発生する口座維持手数料や口座凍結などのリスクがありません。

複数口座(複数アカウント)同士の資金移動も簡単にできるのは、AXIORY(アキシオリー)で複数口座を開設するメリットと言えるでしょう。

AXIORY(アキシオリー)では複数口座(複数アカウント)のメリットは、異なるトレード条件を設定し、検証・利益獲得をめざしやすいという点もあげられます。

AXIORY(アキシオリー)の複数口座(複数アカウント)を分かりやすく解説まとめ

AXIORY(アキシオリー)の複数口座(複数アカウント)についてまとめました。

複数口座(複数アカウント)の開設は、流れに沿って進めるだけです。

ご自分のトレードスタイトルに合わせてAXIORY(アキシオリー)の複数口座(複数アカウント)を使いこなせる様にしてみましょう