ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

AXIORY(アキシオリー)のMT4の使い方を分かりやすく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【3位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200621110031j:plain

AXIORY(アキシオリー)のMT4の使い方は、公式サイトで口座開設と入金を済ませなければいけません。

準備を整えたら、MT4を使いAXIORY(アキシオリー)で最大400倍のレバレッジ取引を始められます。

ここではAXIORY(アキシオリー)のMT4の使い方について詳しく解説していきます。

AXIORY(アキシオリー)のMT4の使い方を分かりやすく解説

AXIORY(アキシオリー)のMT4の使い方 インストールとログイン

AXIORY(アキシオリー)のMT4の使い方は、プラットフォームをインストール後、ログインします。

MT4のインストールの使い方は、AXIORY(アキシオリー)の公式サイトから行います。

  • 1.「プラットフォーム」をポイント
  • 2.「MT4」を選ぶ
  • 3.デバイスに合ったMT4をダウンロード

MT4を起動したら、口座開設後にAXIORY(アキシオリー)から届いた口座情報でログインします。

ログインの使い方は、以下の通り。

  • 1.「ファイル」を選ぶ
  • 2.「取引口座にログイン」を選択
  • 3.「ログインID」「パスワード」「サーバー情報」を入力

AXIORY(アキシオリー)のMT4の使い方 各機能の確認

AXIORY(アキシオリー)のMT4は5つのエリアに分かれており、各機能の使い方は以下の通りです。

  • 【画面上部】メニューバーとツールアイコン:チャートの操作や注文を実行する機能
  • 【画面左上部】気配値表示:通貨ペアの価格を確認する機能
  • 【画面左下部】ナビゲーター:口座管理や自動売買の設定などの機能
  • 【画面中央部】チャート:通貨ペアの値動きを確認する機能
  • 【画面下部】ターミナル:ポジションや証拠金維持率・口座残高などの取引状況や、取引履歴を確認する機能

MT4を操作する使い方は、以下のどちらでも可能です。

  • メニューバーまたはツールアイコンをクリック
  • 各エリア上で右クリックして表示されるメニューを選ぶ

使いやすいほうを選びましょう。

AXIORY(アキシオリー)のMT4の使い方 気配値に全通貨ペアを表示

MT4の気配値に全通貨ペアを表示する使い方は、気配値エリアで右クリック→「すべて表示」を選びます。

まずAXIORY(アキシオリー)の全通貨ペアを表示する使い方をしなければ、チャートや注文フォームで任意の銘柄を選べません。

AXIORY(アキシオリー)のMT4の使い方 チャートの表示

MT4にチャートを表示する使い方は、気配値から表示したい通貨ペアを右クリック→「チャートを表示」を選びます。

不要なチャートを閉じる使い方は、チャートウインドウの右上にある「閉じる」ボタンをクリックしましょう。

基本的なAXIORY(アキシオリー)のチャートの使い方です。

AXIORY(アキシオリー)のMT4の使い方 ローソク足と時間足を設定

MT4のローソク足と時間足の設定は、AXIORY(アキシオリー)でチャート分析するための基本的な使い方です。

使い方は、MT4から設定を変更したいチャートをクリックしてアクティブにします。

メニューアイコンから「ローソク足」、または設定したい時間足を選ぶだけです。

ローソク足に設定する使い方によって、陽線・陰線をはじめ、始値・終値・高値・安値が把握できます。

時間足を変更する使い方では、トレードスタイルに合わせて短期相場や長期相場などの値動きを確認できます。

AXIORY(アキシオリー)のMT4の使い方 インジケーターの表示

MT4のチャート分析機能の使い方としてもうひとつ、インジケーターの表示も覚えておきましょう

。 インジケーターを表示する使い方は、以下の通り。

  • 1.チャートをクリックしてアクティブにする
  • 2.「挿入」→「インディケーター」→「トレンド系」「オシレーター系」から指標を選ぶ

インジケーターとは、チャート分析の指標のことです。

MT4のインジケーターの使い方をマスターすることによって、AXIORY(アキシオリー)の相場状況を確認できます。

またエントリーポイントを見極められるなど、AXIORY(アキシオリー)のトレードに欠かせない機能です。

AXIORY(アキシオリー)のMT4の使い方 注文方法

MT4の注文方法の使い方は、AXIORY(アキシオリー)のトレードで欠かせない機能です。

使い方は、MT4の気配値を右クリックして「新規注文」を選び、注文フォームを表示します。

MT4 成行注文の使い方

成行注文は、AXIORY(アキシオリー)の市場価格で約定を狙う注文方法です。

使い方は、MT4の注文フォームに「成行注文」「通貨ペア」「数量」を設定して発注します。

MT4 指値注文の使い方

指値注文は、売買したい価格を決めてからAXIORY(アキシオリー)で約定をめざす注文方法です。

使い方は、MT4の注文フォームに以下を設定後、発注します。

  • 「指値注文」→買い注文は「Buy Limit」、売り注文は「Sell Limit」を選ぶ
  • 「通貨ペア」を選択
  • 「数量」を設定
  • 売買したい「価格」を設定

MT4 逆指値注文の使い方

利益方向に注文する指値注文に対し、逆指値注文はあえて損失方向に発注します。

逆指値注文はAXIORY(アキシオリー)で最大限の利益を狙うために、トレンドの起点での発注を狙います。

使い方は指値注文とほぼ同じで、MT4の注文フォームに「指値注文」を選んだら以下を選びます。

  • 買い注文は「Buy Stop」
  • 売り注文は「Sell Stop」

「通貨ペア」を選び、「数量」と売買したい「価格」を設定して発注します。

MT4 決済注文の使い方

ここまでAXIORY(アキシオリー)の新規注文の使い方について解説しました。

最後に建てたポジションをクローズするための決済注文を解説します。

成行決済の使い方は、以下の通りです。

  • 1.MT4のターミナルにある「取引」タブを選ぶ
  • 2.決済したいポジションの右端にある「閉じる」ボタンをクリック

指値決済の使い方は、以下の通り。

  • 1.MT4のポジション上で右クリック→「注文の変更または取消」を選ぶ
  • 2.注文フォームに「決済逆指値注文」に損切り価格、「決済指値注文」に利確の価格を設定・発注

設定した価格にAXIORY(アキシオリー)のレートが達すれば、決済注文が執行されます。

なお決済注文は、新規注文時に設定し予約しておくことも可能です。

損失を最小限に抑える・利益を逃さないなどの使い方ができるため、ぜひ活用しましょう。

AXIORY(アキシオリー)のMT4の使い方 取引状況の確認

AXIORY(アキシオリー)で保有中のポジションや損益状況は、MT4のターミナルで確認できます。

MT4のターミナルの使い方は「取引」タブをクリックすれば、AXIORY(アキシオリー)で保有中のポジションを確認できます。

「口座履歴」タブからは、過去のトレード履歴を確認できます。

AXIORY(アキシオリー)のMT4の使い方 スマホアプリ

AXIORY(アキシオリー)では、MT4のスマホアプリ版でもトレード可能です。

ただし大きな違いとして、スマホアプリ版のMT4は自動売買とカスタムインジケーターを使えません。

詳しくは「AXIORY(アキシオリー)スマホアプリの使い方を分かりやすく解説」のページをごらんください。

AXIORY(アキシオリー)のMT4の使い方を分かりやすく解説まとめ

AXIORY(アキシオリー)のMT4の使い方を解説しました。

MT4の使い方は、ダウンロードとログインを済ませます。

チャートと注文方法の使い方は、AXIORY(アキシオリー)のメイン操作になるためきちんと覚えておきましょう。

MT4はスマホアプリもリリースされているため、併用すれば外出先でもトレードできるため便利です。