ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのMT4の使い方を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMのMT4の使い方は、どのようにすればいいの?

はじめて海外FXを始める方は、このようにお考えではないでしょうか。

XMは充実したボーナス制度や、最大888倍のレバレッジで大人気の海外FXブローカーです。

MT4はXMの取引プラットフォームですので、トレードを開始するのならMT4の使い方を覚えなければいけません。

XMのMT4の使い方を分かりやすく解説

XMのMT4の使い方は、ただMT4をダウンロードすればよいのではありません。

MT4の使い方は、まずXMで口座開設を完了し、MT4をダウンロードしログインを済ませることが必要です。

ここではXMのMT4の使い方の一連の手順を解説していきましょう。

XMのMT4の使い方 口座開設からインストール・ログインまで

XMのMT4の使い方の前に、まずはXMで「新規口座開設」から口座完了します。

表示された口座開設フォームを手順に沿って記入し、つづいてXMで身分証明書と住所確認書を提出して本人確認を行い、XMで口座開設申請を行います。

XMから、口座番号とサーバー名が記載された口座開設完了メールが配信されると口座が有効化されることで、トレードを開始できます。

XMでトレードを開始するためのツールとして、MT4をダウンロードしましょう。

MT4のダウンロードの使い方は、XMからの口座開設メールや公式サイト内のプラットフォームページのリンクをクリックするだけです。

手順に沿ってMT4のダウンロードを進めてください。

MT4を入手したら、XMの口座アカウントでログインします。

ログインする使い方は、MT4の「ファイル」から「取引口座にログイン」へアクセスしてください。

XMの口座開設時に配信されたメール内の、口座番号とサーバー名、そしてXMのログインパスワードでMT4へログインしましょう。

XMのMT4の使い方 ウインドウの見方

XMのMT4の使い方として、まずはMT4を起動してください。

MT4のウインドウは、以下の4つで構成されています。

  • チャート:各通貨ペアごとのレート推移をグラフ表示
  • 気配値表示:各通貨ペアごとの買値と売値の指値を表示
  • ナビゲーター:XMの口座管理やインジケーターの設定・表示
  • ターミナル:XMの注文状況や取引履歴など、ポジションや注文取引の詳細を表示

MT4の上部にはメニューバーやツールアイコンが表示されており、MT4であらゆる操作の機能を選択し利用できます。

ようするにメニューバーやツールアイコンでは、以下で解説するMT4の機能や使い方を実行することができます。

またもうひとつのMT4の操作方法として、ウインドウ内で右クリックすることで利用できるメニューが表示されます。

MT4における便利な使い方ですので、ぜひ右クリックも活用しましょう。

XMのMT4の使い方 気配値表示

MT4の気配値表示ウインドウでは、XMの通貨ペアにおけるリアルタイムの買値(ask)と売値(bid)と確認できます。

気配値表示に表示する通貨ペアは変更することも可能で、一覧に表示されていない通貨ペアはXMで注文することやチャートを表示することができません。

XMの全通貨ペアを表示させる使い方は、右クリックし「すべて表示」を選択しましょう。

気配値表示からXMの各通貨ペアの、スプレッド・スワップ・ストップレベル・取引時間などの取引条件を確認することも可能です。

基本的にXMの通貨ペアの取引条件は同じであるパターンが多いですが、確認したい場合は右クリックで「仕様」を選択し、ポップアップで確認しましょう。

XMのMT4の使い方 チャート

チャートはMT4のメイン機能のひとつであり、XMのチャート分析でも多くの使い方ができます。

まずはXMのチャートをMT4に表示させる使い方です。

MT4チャートの種類をローソク足に変更し、XMの値動きの詳細を把握する使い方ができます。

チャートの時間足を変更する使い方もでき、XMの長期相場と短期相場の値動きを把握することができます。

MT4上に異なる通貨ペアや時間足のチャートを複数表示し、きれいに並べてレートの動きを確認する使い方もできます。

他にはチャート分析に役立つインディケーターの表示や、水平線やトレンドラインの表示方法やその他描画ツール、両建てに役立つワンクリック注文なども利用できます。

XMのMT4の使い方 ナビゲーター

MT4のナビゲーターでは、主にXMの口座管理とインジケーターで便利な使い方ができます。

一度XMへログインした口座情報はMT4のナビゲーターに保存され、再ログインしたい場合は右クリックから「取引口座へログイン」を選択することでログインできます。

MT4へログインする際、何度もパスワードなどを入力する手間がなく、便利な使い方ができます。

ナビゲーターに格納されているインジケーターを選択することで、MT4チャートに指標を表示する使い方もできます。

XMのMT4の使い方 ターミナル

MT4のターミナルのメイン機能は、XMの注文状況の確認・取引履歴・操作履歴の閲覧などです。

ターミナル下のタブをクリックすることが、各種機能を閲覧する使い方です。

XMで注文済みのポジションを確認する使い方は「取引」タブをクリックします。

各ポジションの注文価格・スプレッド・スワップポイント・損益や、XM口座の口座残高・有効証拠金・余剰証拠金も表示されるため、こまめに確認することでXMのロスカットを防ぐ使い方が可能です。

「取引履歴」は、XMの確定申告で必要な取引証明書を取得する使い方も行います。

XMのMT4の使い方 注文方法

MT4の注文方法の使い方として、まずはXMの注文フォームへアクセスしましょう。

注文フォームは、注文方法ごとに記入方法が異なります。

成行注文では、数量を記入し「成行買い」「成行売り」を選択します。

指値注文では、指値注文から「Buy Limit」「Sell Limit」を選択、数量と価格を指定します。

逆指値注文では指値注文同様の操作で、「Buy Stop」「Sell Stop」を指定しましょう。

もしXMで指値注文や逆指値注文を発注し「現在価格から*ポイント圏内の注文はできません」と表示されることがあります。

XMではストップレベルが設定されていて、指値注文や逆指値注文などの予約注文をする際に指定ポイント現在価格よりも離されなければ数値が通貨ペアごとに定められています。

もし10ポイントと表示された場合は、現在レートよりも1pips以上離した金額で注文するようにしてください。

XMのMT4の使い方 決済方法

XMの決済方法の使い方は、MT4のターミナル「取引」から決済したいポジションの右側に表示されている閉じるボタンをクリックします。

即座にXMのポジションを決済することができます。

MT4ではあらかじめ注文時に決済注文を仕込む方法もでき、「決済逆指値」「決済指値」にXMの決済価格を記入します。

XMのレートが決済価格に達すると、決済逆指値注文では損切りし、決済指値注文では利確によって自動決済することができます。

XMのMT4の使い方を分かりやすく解説まとめ

XMのMT4の使い方を解説しました。 MT4はXMのチャート分析や取引ツールとしてかかせないため、きちんと使い方を覚えてください。

こちらでは紹介しきれなかった機能もまだまだありますので、MT4で自分で試してみて個々に合った使い方でXMの利益獲得をめざしましょう。