ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのMT4の使い方を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMのMT4の使い方における手順がよくわからない。

MT4をダウンロードしたけれど、XMの使い方はいったいなにからはじめたらいいの?

XMのMT4の画面の見方や操作方法における具体的な使い方を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

XMは、最大888倍でレバレッジ取引でき、充実したボーナス制度が魅力の海外FX取引所です。

まず、XMにおけるMT4の役割を理解していない方は、おそらく使い方もわからないはずです。

ここではMT4の役割や使い方、XMを始めるための使い方における手順について詳しくみていきましょう。

XMのMT4の使い方を分かりやすく解説

XMにおけるMT4の使い方は、トレードに特化されています。

トレードをスタートするためには、XMの公式サイトでアカウント登録と口座開設を完了し、取引プラットフォームのMT4を取得しなければいけません。

つづいてXMで口座開設した口座情報で、MT4へログインする使い方によって、ようやくMT4でトレードを開始できます。

ようするにMT4を入手するだけでは、XMでトレードをスタートできないです。

ここでは手順に沿って、XMにおけるMT4の使い方をみていきます。

XMのMT4の使い方 口座開設からインストール・ログイン

XMのMT4の使い方は、事前に公式サイトでアカウント登録と口座開設を済ませて、MT4のダウンロードとインストールまで完了させます。

「新規口座開設」を選択して、口座開設フォームを手順に沿って記入しましょう。

つづいてXMで身分証明書と住所確認書をアップロードで提出して本人確認し、口座開設の申請を行います。

XMから承認が下りると、MT4の口座情報が記載されたメールが届きますので、XMで口座の有効化を行うことで、口座開設を完了します。

つづいてXMの公式サイトで、MT4口座へ入金を行ってください。

公式サイトでの手続きを完了したら、XMからインストールしたMT4を起動して、取得した情報でログインする使い方を進めていきます。

XM公式サイトの「プラットフォーム」から、MT4を選択して、流れに沿ってダウンロード・インストールします。

MT4を入手したら起動し、XMで取得したログインID・パスワード・サーバー情報でログインしましょう。

ログインする使い方は、MT4の「ファイル」から「取引口座にログイン」へアクセスして、ログイン情報を記入してください。

XMのMT4の使い方 ウインドウの確認

XMのMT4の使い方として、まずはウインドウの確認を進めていきましょう。

MT4のウインドウは、以下の4つのエリアで構成されています。

  • 気配値表示:各通貨ペアの買値と売値の指値を一覧で表示
  • チャート:各通貨ペアのレート推移をグラフで表示
  • ナビゲーター:XMの口座管理やインジケーターの設定エリア
  • ターミナル:XMの注文状況や取引履歴など、ポジション・注文情報の詳細を表示

さらにMT4の上部にはメニューバーとツールアイコンが表示されており、メニューやアイコンを選択することによって、MT4の操作を実行する使い方を行います。

もうひとつ、MT4の操作方法における使い方として、4つのいずれかのウインドウエリア内で右クリックすることで、利用できるメニューを表示できます。

右クリックは非常に便利なMT4の使い方ですので、ぜひご活用ください。

XMのMT4の使い方「気配値表示」

XMのMT4における気配値表示のウインドウエリアの基本的な使い方は、各通貨ペアのリアルタイムにおける売値(bid)と買値(ask)の確認です。

MT4の気配値表示の使い方はもうひとつ、XMの通貨ペアで表示されていない銘柄を表示することで、チャートの表示と注文方法を有効にすることです。

気配値一覧に表示されていない通貨ペアは、MT4でチャートを表示する、注文方法を行うことができません。

XMの全通貨ペアを有効にするためには、MT4の気配値表示エリア内のどこでもよいので右クリックし「すべて表示」を選択しましょう。

気配値表示の使い方は他にも、XMの各通貨ペアにおけるスプレッドを表示させることができますので、エリア内で右クリックします。

また気配値表示で通貨ペアを右クリックして「仕様」を選択すると、銘柄ごとの取引時間・スプレッド・スワップポイント・ストップレベルなどを確認する使い方もできます。

XMのMT4の使い方「チャート」

XMのMT4の使い方としてメイン操作とも言える、チャートの表示方法と基本的な使い方についてみていきます。

チャートを表示する使い方は、MT4のメニュー「ファイル」から「新規チャート」へ進み、通貨ペアを選択します。

MT4チャートの時間足を変更する使い方では、XMの短期相場から長期相場まで、ニーズに沿った値動きを把握できます。

MT4チャートの種類をローソク足に変更し、XMの値動きの詳細情報を把握する使い方もできます。

MT4上に異なる通貨ペアや時間足のチャートを複数表示し、きれいに並べてレートの動きを確認する使い方もできます。

他にもチャート分析にかかせないインディケーターを表示する使い方や、水平線やトレンドライン・図形などの描画ツール、両建てに役立つワンクリック注文など、幅広い使い方に対応しています。

XMのMT4の使い方「ナビゲーター」

MT4のナビゲーターの主な使い方は、XMの口座管理やインジケーターの設定を行う機能です。

XMへログインした口座情報はMT4のナビゲーターに保存されるため、ログイン情報を再入力することなくワンタッチで取引口座を変更する使い方ができます。

再ログインする使い方は、任意の口座を右クリックし「取引口座へログイン」を選択しましょう。

ナビゲーターに格納されているインジケーターを選択し、MT4チャートに指標を表示する使い方もできます。

XMのMT4の使い方「ターミナル」

MT4のターミナルの使い方は、XMの注文状況の確認・取引履歴などの確認です。

MT4ターミナルエリア内の「取引」タブを選択すると、現在XMで保有するポジションのリアルタイムの詳細情報を確認する使い方ができます。

たとえば各ポジションの注文価格・スプレッド・スワップポイント・損益をはじめ、XM口座の口座残高・有効証拠金・余剰証拠金が表示されます。

トレード中、こまめにターミナルの取引タブを確認することで、XMのロスカットリスクを軽減する使い方が可能です。

「取引履歴」は、XMの確定申告で必要な取引証明書を取得する使い方を行います。

XMのMT4の使い方 注文方法

MT4の注文方法の使い方は、まずはXMの注文フォームへアクセスします。

注文フォームの使い方は、注文タイプによって異なるため、メインの注文タイプである成行注文と指値注文する方法をみていきます。

成行注文では、数量を記入し「成行買い」「成行売り」のいずれかを選択します。 指値注文では、指値注文から「Buy Limit」「Sell Limit」を選択し、数量と価格を記入しましょう。

逆指値注文では指値注文同様の操作方法で、「Buy Stop」「Sell Stop」を記入してください。

指値注文や逆指値注文ではストップレベルの制限によって「現在価格から*ポイント圏内の注文はできません」と表示されることがありますので、指示通りに変更しましょう。

MT4の注文フォーム内の「決済逆指値」「決済指値」の使い方は、上記のXMの新規エントリーと同時に決済注文をしこむ方法です。

ふたつのいずれかを設定することで別途決済注文を行う必要はないうえ、損切りや利確を確実にしたいときの使い方として便利です。

XMのMT4の使い方 決済方法

MT4の決済方法の使い方は、上述の通りXMの新規注文と同時に決済注文をしこむことができます。

もうひとつの決済方法として、XMで即座に決済する使い方をみていきます。

MT4ターミナル「取引」タブ内から、決済したいポジションの右端「閉じる」アイコンをクリックするだけで完了します。

XMのMT4の使い方を分かりやすく解説まとめ

XMのMT4の使い方を開設しました。

MT4の使い方は、トレード関連に限定されますのが、ただ取引プラットフォームを入手すればよいのではありません。

XM公式サイトでの口座開設からはじまり、MT4の入手を完了して、ようやくチャートの確認やトレードをスタートできます。

MT4の使い方をマスターして、XMで利益をめざしてください。