ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのMT4の使い方を分かりやすく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMのMT4の使い方はどのようにしたらいいの?

MT4をインストールしたけれど、XMのトレードの進め方がよくわからない。

あなたは今、このようにお考えですよね。

XMは充実したボーナスと最大888倍のレバレッジ取引から日本人ユーザーに人気の高い海外FX取引所です。

ここではXMのMT4の使い方について詳しく解説していきましょう。

XMのMT4の使い方を分かりやすく解説

XMにおけるMT4の使い方は、トレードに限られています。

トレードをはじめるためには、XMの公式サイトでアカウント登録と口座開設を完了し、MT4を入手しなければいけません。

XMの口座開設で取得した情報をもとにMT4にログインして、ようやくトレードできるというのが使い方の流れになるでしょう。

すなわちMT4をダウンロードするだけでは、XMのトレードをスタートできないということになります。

ここでは手順に沿って、XMにおけるMT4の使い方をみていきましょう。

XMのMT4の使い方 口座開設とインストール・ログインまで

XMにおけるMT4の使い方は、公式サイトにて事前にアカウント登録と口座開設を完了し、MT4のダウンロードとインストール、そしてログインまで済ませておきます。

XMのMT4口座を開設する使い方

まずはXMの公式サイトから「口座を開設する」を選択して、画面の流れにしたがい口座開設フォームを入力していきます。

口座開設における使い方の注意点は「取引プラットフォームタイプ」でMT4を選ぶことです。

つぎにXMに身分証明書と現住所確認書類をアップロードして本人確認を行い、XMから承認されるとMT4のログイン情報が記載されたメールが届きます。

承認後、XMで口座の有効化をすることで、口座開設を完了できますので、公式サイトにログインして「口座有効化」をクリックしましょう。

MT4口座に入金する使い方は、XMの公式サイトの「入金」から画面の手順に沿って進めます。

入金方法は、国内銀行送金・クレジットカード・bitwallet・STICPAY・BXONEの5種類から好きなものを選べます。

XMのMT4をダウンロード・インストールする使い方

MT4をダウンロードする使い方は、XMの公式サイトの「プラットフォーム」からお手持ちのデバイスに対応するMT4を選択して、手順に沿ってインストールまで進めます。

Windows・Mac・iPhone・アンドロイド版と4種類のプラットフォームから、MT4を選択できます。

XMのMT4にログインする使い方

MT4を起動したら、XMの口座にログインする使い方をみていきますので、公式サイトの口座開設を完了したときにメールに記載されていたログインID・パスワード・サーバー情報を準備します。

ログインする使い方は、MT4のメニューの「ファイル」から「取引口座にログイン」に進み、XMのログイン情報を入力しましょう。

XMのMT4の使い方 メイン画面の確認

XMのMT4の使い方を始める前に、メイン画面の確認をします。 MT4のメイン画面は、以下の4つのエリアにわかえれています。

  • 気配値表示:XMの各通貨ペアの買値と売値の指値を一覧で表示
  • チャート:XMの各通貨ペアのレート推移をグラフで表示
  • ナビゲーター:XMの口座管理やインジケーターの設定エリア
  • ターミナル:XMの注文状況や取引履歴など、ポジション・注文情報の詳細を表示

もうひとつMT4の画面上部に表示されているメニューバーとツールアイコンの使い方は、MT4の各エリアでの操作を実行します。

MT4で各操作を実行するもうひとつの使い方は、チャートなどの各エリア内で右クリックすると有効なメニューを表示し、選択することも可能です。

XMのMT4の使い方 【気配値表示】

XMにおけるMT4の使い方として、気配値表示をみていきましょう。

気配値表示の基本的な使い方は、各通貨ペアのリアルタイムにおける売値(bid)と買値(ask)の確認です。

デフォルトでXMの全通貨ペアは表示されていないため、表示する使い方として、気配値表示のエリア内で右クリックし「すべて表示」を選択しましょう。

この他の使い方は、気配値エリア内で右クリックして、XMの通貨ペアにおける「スプレッド」を選択・表示する、「仕様」を選択して取引時間・スワップポイント・ストップレベルなどを確認することもできます。

XMのMT4の使い方 【チャート】

XMにおけるMT4の使い方のメインのひとつとしてチャートの表示とテクニカル分析がありますので各操作を確認していきましょう。

チャートを表示する使い方は、MT4のメニュー「ファイル」から「新規チャート」に進み、通貨ペアを選択します。

MT4のチャートのテクニカル分析機能の使い方は、メニューの「チャート」から各操作を選択して行います。

チャートをローソク足に変更する使い方は、「ロウソク足」を選択し、値動きの詳細を確認できます。

MT4のチャートで時間足を設定する使い方は「時間足設定」を選択して、XMの短期相場から長期相場までトレード手法に合った相場の値動きを確認できます。

チャート分析にかかせないインディケーターや水平線やトレンドラインの使い方はMT4の「挿入」から行いましょう。

この他にも両建てに役立つワンクリック注文など、幅広い使い方に対応しています。

MT4のチャートの便利な使い方として、XMの通貨ペアまたは時間足の異なるチャートを複数表示して、整列して一度に複数のチャートを確認することもできます。

XMのMT4の使い方 【ナビゲーター】

MT4のナビゲーターの使い方は、XMの口座管理やインジケーターの設定を行う機能です。

一度、MT4のXMの取引口座にログインした口座情報はナビゲーターに保存されるため、次回以降の口座の切替をワンタッチでできるという便利な使い方ができます。

またナビゲーターに格納されているインジケーターをMT4に表示する使い方もできます。

XMのMT4の使い方 【ターミナル】

MT4のターミナルの使い方は、XMの注文情報や取引履歴の確認ができます。

ターミナル内の「取引」タブを選択すると、現在XMで保有するポジションの詳細情報を確認する使い方ができます。

たとえば各ポジションの注文価格・スプレッド・スワップポイント・損益をはじめ、XM口座の口座残高・有効証拠金・余剰証拠金・証拠金維持率まで表示されます。

トレード中、こまめにターミナルの取引タブを確認することで、XMのロスカットリスクを軽減する使い方が可能です。

「取引履歴」上で右クリックすると、XMの確定申告で必要な取引証明書を取得する使い方を行います。

XMのMT4の使い方 注文方法

XMの注文方法の使い方は、MT4の「ツール」から「新規注文」を選択して、注文フォームを記入していきます。

基本的な注文方法は成行注文と指値注文ですので、ふたつの使い方をみていきましょう。

成行注文の使い方は、数量を記入し「成行買い」「成行売り」のいずれかを選択します。

指値注文では、指値注文から「Buy Limit」「Sell Limit」を選択し、数量と価格を記入しましょう。

逆指値注文では指値注文同様の操作方法で「Buy Stop」「Sell Stop」を記入してください。

指値注文では、ストップレベルの制限により「現在価格から*ポイント圏内の注文はできません」と表示されることがありますので、指示に沿って価格(指値)を変更します。

MT4の注文フォーム「決済逆指値」「決済指値」の使い方は、新規エントリーのオプションとして決済注文を同時にしこむ方法です。

これにより決済注文をする必要はなくなります。

XMのMT4の使い方 決済方法

MT4の決済方法の使い方は、XMの新規注文に対する決済を行いトレードを終了します。

MT4ターミナル「取引」タブから、決済したいポジションの右端「閉じる」アイコンをクリックするだけで完了します。

XMのMT4の使い方を分かりやすく解説まとめ

XMにおけるMT4の使い方はトレードになりますが、MT4を入手するだけではトレードを開始することはできません。

まずはXMの公式サイトで口座開設と入金を完了して、ようやくMT4の使い方を開始できます。

MT4はチャートによるテクニカル分析機能に長けており、注文方法から決済方法までを一貫して行うことができるため、きちんとマスターしておきましょう。