ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの逆指値を分かりやすく解説

【☆一番おすすめのFX業者 -スプレッドが狭くボーナス無しでガッツリトレードしたい方におすすめ「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用・ロスカット水準20%

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・他のFX業者でなかなか作れない"法人口座"を作れ"法人の場合損失繰越"が出来るのでおすすめ

・NDD方式を取っており利用者の利益とFX業者の利益が直結しているので余計な成約が無し

・ボーナスが無い分トレードの手数料が低く設定されている。その為本気でトレードをしたい方には一番おすすめのFX業者

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者 -スプレッドが狭くボーナス無しでガッツリトレードしたい方におすすめ「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者 -スプレッドが狭くボーナス無しでガッツリトレードしたい方におすすめ「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

最大888倍のレバレッジ取引ができる海外取引所の中でも人気の高いXM。

そんなXMを利用して、これからトレードを始めてみたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

XMでは、成行注文・指値注文の他に逆指値注文を行うことも可能です。

中でも、ずっとPCにはりついていられないと言う人の場合には、逆指値注文を利用してトレードしたい人もいますよね。

そこで今回は、XMの逆指値の注文方法についてわかりやすく解説していきます。

XMの逆指値を分かりやすく解説

ハイレバレッジトレードが可能であり、日本国内のトレーダーからも人気がある海外のFX取引所であるXM。

そんなXMでは、さまざまな注文方法を利用することができます。 そしてもちろん、XMでは逆指値注文も行うことが可能です。

>>XMの口座の開設がまだの方はこちらから(口座開設ボーナス3000円+入金ボーナス最大50万円)

XMの逆指値注文のやり方

それではまずは、XMの逆指値注文のやり方について解説していきます。

ここでは、トレーディングプラットフォームのMT5を利用した逆指値の方法について紹介します。

まずはトレーディングプラットフォームであるMT5(またはMT4)にログインし、上部メニューバーの中から「新規注文」をクリックしてください。

注文画面が表示されるので、「タイプ」の項目で「指値注文」を選択します。

注文画面が成行注文から指値注文に切り替わります。

指値注文を選択した「タイプ」の項目の下にさらに「タイプ」の項目が表示されるので、注文を入れたい方法によって以下のように設定をしてください。

  • 現在の価格よりも高い価格で買う場合(買い逆指値)...Buy Stop
  • 現在の価格よりも低い価格で売る場合(売り逆指値)...Sell Stop

あとは価格を指定して「注文」ボタンをクリックすれば注文完了です。

>>XMの口座の開設がまだの方はこちらから(口座開設ボーナス3000円+入金ボーナス最大50万円)

 

そもそも逆指値注文とは?

そもそも逆指値注文とは、どのような注文方法なのかいまいち理解できていないと言う人もいるでしょう。

逆指値注文とは、簡単に言ってしまえば通常の指値注文の応用編のような注文方法です。

通常の指値注文は指定した価格よりも安くなったら「買い」そして高くなったら「売り」の設定を行いますよね。

しかし逆指値注文の場合には、指値注文とは逆に指定した価格よりも安くなったら「売り」そして高くなったら「買い」という設定ができることになります。

>>XMの口座の開設がまだの方はこちらから(口座開設ボーナス3000円+入金ボーナス最大50万円)

逆指値を利用することでリスクを減らしたトレードができる

指定した価格よりも安くなったら「売り」そして高くなったら「買い」注文が出せたとしても利益に繋がらないと思う人もいるかと思います。

しかしFXのトレード方法によっては逆指値を利用することでリスクを軽減したトレードができるようになるのです。

特に逆指値を有効的に利用できるのは、FXを専業にしておらず常にチャートにはり付いてはいられないようなタイプの人でしょう。

たとえば、ある通貨を100円で買ったとします。

当然価格が上がるのを期待して購入しますが、予期せず価格が下がってしまうこともあるものです。

この場合100円で購入した通貨が95円まで下がったら、損切りで売ろうと考えていたとします。

しかしチャートに24時間張り付いていられない人の場合、チャートを見ていない間に80円まで価格が下がって戻らないという可能性もあるでしょう。

しかしここで逆指値注文にて95円まで下がったら売り注文を出すという設定をしておけば、余計な含み損を得ずに済みますよね。

このように逆指値注文を利用すれば、予定外の損益を被らずに利益をあげられる可能性が高くなるのです。

>>XMの口座の開設がまだの方はこちらから(口座開設ボーナス3000円+入金ボーナス最大50万円)

XMで逆指値注文を行う場合の注意点

このようにXMで逆指値注文を行い、リスクコントロールをしながら取引を行うことはできます。

ただしXMで逆指値注文を行うのであれば、価格の指定で注意しなければならない点があるのです。

まずXMでは逆指値注文として指定できる価格が制限されている場合があります。

XMでは指値や逆指値で指定できる価格は現在価格よりも数pips〜ほど離れた価格でなければいけないという決まりがあるためです。

よって、指定する価格によっては注文が入らないと言う可能性があります。

また逆指値の注文が通る通らないは、通貨ペアによっても制限されるポイントが異なっているようです。

そのため自分がトレードを行う通貨ペアが、どの価格帯で逆指値注文ができるのかはしっかりチェックしておく必要があるでしょう。

>>XMの口座の開設がまだの方はこちらから(口座開設ボーナス3000円+入金ボーナス最大50万円)

XMの逆指値注文を行うのであればデモトレードで試してみるのがおすすめ

逆指値注文は、指値注文の応用編のような注文方法です。

またXMは日本語に対応しているとはいえ、もともと海外の取引所ですので、場合によっては英語表記となっている部分もあります。

そのため、逆指値注文の考え方やトレーディングプラットフォームの仕様に慣れていないと、思わぬところで損失を被る恐れもあります。

しかしXMにはデモトレード口座がありますので、デモ口座を利用することで実際に自分の資金を使わずに逆指値注文を体験することができるでしょう。

XMの操作に不慣れな人や逆指値注文をしたことがないと言う人であれば、実際に自分の資金を利用する前にデモトレードで逆指値注文にチャレンジしてみるのもおすすめです。

XMの逆指値を分かりやすく解説まとめ

今回はXMの逆指値についてわかりやすく解説してきました。

あらかじめ損切りの設定ができる逆指値注文は、リスクを抑えてトレードできる方法の1つです。

またXMの逆指値注文は、通常の指値注文の方法同様に「指値注文」を選択肢「Buy Stop」または「Sell Stop」を選択するだけで簡単に設定できます。

ただし逆指値注文を行う場合には、指定できる価格が制限されている場合もありますので注意が必要です。

まずはXMのデモトレードを利用し、自分が取引する通貨ペアで逆指値注文を試してみるとある程度の使い勝手を知ることができます。

デモ取引で使い心地に慣れた後に、本トレードで逆指値注文を行うのがおすすめです。

>>XMの口座の開設がまだの方はこちらから(口座開設ボーナス3000円+入金ボーナス最大50万円)