ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの逆指値を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】おすすめ1位のFX業者(LINE公式で確認)

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMの逆指値ってなに?

逆指値注文のやり方はどのようにしたらいいの?

XMの逆指値注文の目的や使い方、そして逆指値注文できない原因を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

XMは最大888倍でレバレッジ取引できる海外FX取引所ですが、相場によっては莫大な損失が発生する可能性もあります。

損失の拡大を抑えたい方に向けて、XMの逆指値注文について解説していきましょう。

XMの逆指値を分かりやすく解説

XMの逆指値とは、指値注文とは逆方向に注文する方法をさします。

FXトレードにおける逆指値注文は、厳密に2通りにわけられ、新規逆指値注文と決済逆指値注文ができます。

新規と決済の逆指値注文は、それぞれ使い方や目的が異なり、新規逆指値注文は最大限の利益を狙うため、決済逆指値注文は損失を最小限に抑えるために活用されます。

XMユーザーの中には、新規逆指値注文と決済逆指値注文を混同させてしまっている方もいるでしょう。

ここではXMの逆指値について解説していきます。

XMの逆指値注文のやり方

XMの逆指値注文のやり方は、指値注文とほぼ同じで、MT4でもMT5でも基本的に同じ方法で行います。

以下の画像をごらんになってわかるとおり、下はMT4と上はMT5の注文フォームと、多少仕様は異なりますが、記入する項目はほぼ変わらないと考えてください。

ここではXMの逆指値注文のやり方を、新規ポジションを建てる方法方と、ポジションを決済する方法のふたつにわけて解説します。

XMの新規逆指値注文のやり方の手順

新規ポジションを建てるための逆指値注文の手順は、「新規注文」アイコンからXMの注文画面へアクセスします。

「通貨ペア」「数量」を選択し、「注文種別」で「指値注文」と「Buy Stop」「Sell Stop」のいずれかを選択、「価格」を記入して、最後に「発注」ボタンをクリックします。

XMの決済逆指値注文のやり方の手順

決済するための逆指値注文のやり方は、XMで新規ポジションを建てる時に、同時に注文画面の「決済逆指値」を記入することで、しこむことができます。

XMのレートが決済逆指値で設定した価格に差しかかると、自動的にポジションの決済が執行されます。

一方、すでにXMで保有しているポジションを決済するやり方は、ターミナル内からXMの保有ポジションを右クリックします。

「注文変更または取消」を選択し、注文フォームの「注文を変更」欄の「決済逆指値」を入力しましょう。

XMの逆指値注文とは?使い方と目的

XMの逆指値は新規注文と決済注文にわかれていますが、その理由はそれぞれ目的や使い方が異なるからです。

いずれの場合も共通している使い方のメリットは、ずっとチャートを確認していないくてもよいことです。

新規・決済、いずれの逆指値注文も予約注文ですので、先にしこんでおくことで自動的に発動し、最大限の利益の獲得や、損失を最小限に抑えることができます。

XMの新規逆指値注文の使い方と目的

XMの新規逆指値注文の使い方は、指値注文とは逆方向に注文を出し、ポジションを保有するために使います。

指値注文は「安く買って高く売る」ことを基本として、「安く買う」「高く売る」と現在レートを境に、利益が出る方向にしかポジションを建てられません。

一方、逆指値注文は現在レートよりも「高く買う」「安く売る」と、損失が出る方向にしかポジションを建てられないのです。

もちろん逆指値注文は、XMで損失を出すことが目的ではありません。

逆指値注文の目的は、XMのトレンドの起点で注文を出すことで、最大限に利益獲得を狙えるという効果的な使い方ができます。

たとえば現在のXMのレートが95円だった場合、買い注文は94円以下でなければ注文を出せません。

しかしXMのレートが100円を超えたときに強いトレンドが発生すると予測した場合、逆指値注文は現在レートよりも高い100円で買い注文を出すと言う使い方ができます。

XMの決済逆指値注文の使い方と目的

XMの決済逆指値注文の使い方は、成行注文・指値注文・逆指値注文などへ、損切り注文をオプション的にしこむため、注文方法と言うよりも設定方法とよぶほうがふさわしいかもしれません。

損切りによる決済逆指値注文をしこんでおくと、XMが逆指値価格に達したときにポジションが自動決済されます。

ようするに決済逆指値注文の目的は、XMの損失を最小限に抑えることです。

たとえばXMの現在レートが100円で、成行注文で発注するとき、同時に逆指値も99円でしこむという使い方をしましょう。

レートが101円になったときに決済しようと考えていますが、予想に反してレートが95円まで下がってしまいました。

この場合の損失は5円ですが、決済逆指値をしこんでおいたおかげで、たった1円の損失で済ませることができます。

XMの逆指値注文できない原因

XMの逆指値注文ができないケースがありますが、原因についてみていきます。

XMの逆指値注文で「注文ボタン」が押せないケース

XMの逆指値注文で「注文ボタン」が押せないことは、よくあるケースです。

注文ボタンが押せない原因は、ストップレベルの設定における不備と言えるでしょう。

ストップレベルとは、XMの指値価格で一定ポイント離さなければいけない値をさします。

現在のXMの価格と逆指値注文の価格が近すぎてしまうことが、注文ボタンを押すことができない原因です。

XMのストップレベルは通貨ペアごとに異なり、MT4やMT5で確認できます。

MT4などのストップレベルはポイント表示されており、1pips=10ポイントです。

XMのストップレベルは広いと言われ、あまり広すぎてしまう値では意味がありません。

たとえばXMで損切りしたとしても、ストップレベルが現在レートからあまりにも離れすぎていると、そのぶん決済されたときの損失額が大きくなってしまうからです。

XMの逆指値注文が発動しないケース

XMの逆指値注文が発動しないケースもあります。

逆指値注文が発動しない原因としてよく見受けられるケースは、窓開けレートです。

窓開けとは、金曜日の終値から月曜日の始値の時間帯で発生する、チャート上にできる空白価格の時間帯です。

基本的にFX業者は土曜日と日曜日が休日になりますが、FX市場は24時間稼働しているため土日曜日もレート推移が続き、週明け月曜日には空白の時間ができてしまいます。

休日のレート変動時は、MT4・MT5の損切りシステムが停止しています。

たとえ金曜日に決済逆指値注文をしこんでおいても、土曜日や日曜日に大きなレート変動があった場合は、損切り注文が発動しません。

週明け月曜日一番のレートで損切りが執行され、金曜日の終値でしこんでいた逆指値注文は無意味になってしまいます。

XMの大損失を防ぐためには、週の終わりには逆指値注文に頼らず、XMのポジションは金曜日に一度決済し、月曜日に改めてポジションを建て直すことをおすすめします。

XMの逆指値を分かりやすく解説まとめ

XMの逆指値は、最大限の利益を獲得し、損失を最小限に抑えることが目的です。

逆指値を正しく活用することで、XMのトレードを有利に進めることができるはずです。

XMの逆指値を効果的活用して、損失を抑えながら最大限の利益をめざしましょう。