ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリの登録方法と使い方を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20181005133953j:plain

TitanFX(タイタンFX)はレバレッジが500倍までかけられ、スプレッドも狭いためスキャル・スキャルピングにも向いている海外FXブローカーです。

小さな値動きにも瞬時に反応して取り引きをするために、外出先でもスマホアプリを使って取り引きできればと考えている方も多いのではないでしょうか。

今回は、TitanFX(タイタンFX)の取り引きをスマホアプリでするための、スマホアプリ登録方法と使い方を分かりやすく解説していきます。  

TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリの登録方法と使い方を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリ

取り引きができるTitanFX(タイタンFX)の公式スマホアプリはありませんが、MT4と呼ばれる取り引きプラットフォームのスマホアプリ版でTitanFX(タイタンFX)の取り引きができます。

MT4はPCでTitanFX(タイタンFX)の取り引きをする際にも使われるプラットフォームなので、事実上、TitanFX(タイタンFX)の公式アプリと考えて良いでしょう。

 

TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリの登録方法

TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリはMT4(meta trader 4)なので、 スマホでApp Store(androidはGoogle play)で「mt4」または「meta trader 4」で検索して、スマホアプリをダウンロードします。

現在はmeta trader 4の新バージョンであるmeta trader 5もリリースされていますが、まだまだ主流はmeta trader 4なので、今回はMT4(meta trader 4)の登録方法と使い方をご説明していきます。

アプリを開くと下記のような画面になりますので、「既存のアカウントにログイン」をタップします。

別の画面が表示されている場合は下部の「設定」をタップで、同じ画面に遷移します。  

TitanFX(タイタンFX)で使っている契約サーバを検索する画面に移るので「会社名またはサーバ名を入力」の欄に「titan」と入力します。

候補が画面に表示されるので、自分が使っている契約サーバを選択します。

契約サーバについては口座開設時にメールで情報を受け取っているはずですが、通常はTitanFX-01またはTitanFX-02のいずれかです。

デモ口座を開設している場合には、ここでTitanFX-Demo01を選択するとデモ口座でスマホアプリを使えます。

続いて、ログイン名とパスワード名を入力します。こちらも口座開設時にメールで情報を受け取っています。

以上で、TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリの登録は完了です。

今回はiosでの登録方法を説明しましたが、登録方法はandroid版もほぼ同じです。

TitanFX(タイタンFX)のデモ口座はスマホアプリでも使えますので、スマホアプリでの操作になれるまではTitanFX(タイタンFX)のデモ口座でFXを楽しむのも良いかもしれませんね。  

TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリの使い方

TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリの基本画面の切り替え

TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリでは基本画面が5つ用意されており、すべての画面から過画面下方のタブをタップしてそれぞれ切り替えられます。

基本画面は以下のとおりです。

  •  気配値
  •  チャート
  •  トレード
  •  履歴
  •  設定

では、それぞれを詳しくご説明していきます。

TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリの気配値画面

TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリの気配値画面は主要通貨ペアがリアルタイムで更新されています。

また、画面上部を操作すると気配値表示を「シンプルモード」と「詳細モード」に切り替えられます。

 

この気配値画面からも様々な操作ができます。

任意の通貨ペアをタッチすると「トレード」「チャート」「詳細」のいずれかを選択でき、それぞれ選択した通貨ペアの取引画面、選択した通貨ペアのチャート画面、選択した通貨ペアの詳細に遷移します。

表示される通貨ペアは右上の「+」を押すと追加できます。

英語なので少し戸惑うかもしれませんが、主要通貨ペアから各種経済指標まで気配値画面に表示させることができます。

TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリのチャート画面

TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリのチャートは下記のように表示されます。

時間足はチャート左上をタップすると変更できます。

チャートの拡大縮小表示は画面をピンチイン・ピンチアウトでできます。スマホではおなじみの操作なので、簡単ですね。

画面情報の「f」をタップすると各種インディケーターの追加表示ができます。インディケーターの追加などで増えたウィンドウを消したい場合には、ウィンドウを長押しすると「✕」ボタンが表示されるでタップして消せます。

その他、チャート画面からも右上の「トレード」をタップすれば注文できます。

また、「f」の隣の図形を選択すると、チャート上にトレンドラインなどを自由に引くことができます。

TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリのトレード画面

TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリのトレード画面では、口座残高や保有ポジションなどの基本情報の確認と、取り引き注文ができます。

有効証拠金やポジションの為替差益などは為替変動にともなってリアルタイムで更新されてきます。 また、保有ポジションはタップすることで詳細情報が表示されます。

TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリの設定

TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリの設定画面からは、MT4アプリで使うTitanFX(タイタンFX)の口座の追加や言語設定などの様々な設定ができますが、すでにご説明した口座の登録以外では、チャート表示のカスタマイズを覚えておくと良いでしょう。

設定画面で「チャート」をタップすると下記の画面表示になります。

この画面では表示されているように、チャート表示をバーチャート、ローソク足、ラインチャートに変更できます。

また、下方のカラーを選択して自由にチャート表示の色が変更できます。

下記はカラー設定を「Black on White」に設定した例です。

非常にシンプルな表示になりました。

以上で、基本的なTitanFX(タイタンFX)のスマホアプリの画面表示を確認しました。

ここからはTitanFX(タイタンFX)のスマホアプリの実際の取り引き注文方法をご紹介していきます。

TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリの買い注文

ここまででご紹介してきた画面の中で、「設定」以外の画面のすべてから買い注文の操作ができます。

気配値画面では任意の通貨ペアをタップ、チャート画面では任意の位置をタップまたは右上の「トレード」をタップ、トレード画面では右上の「+」をタップすると注文ウィンドウが開けます。

注文ウィンドウ上方中央の数字は項目表示がありませんが「注文ロット数」です。その下でストップロスやテイクプロフィットなどの自動での損切りや利益確定の幅も設定できます。

さらに下方の赤いバーと青いバーをタップすると、それぞれ売り注文(bid)と買い注文(ask)ができます。

ここで注意したいのが、バーをタップすると即時注文が実行されることです。確認画面などはありませんので誤った内容で発注しないように気をつけましょう。

TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリの売り注文

TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリの売り注文はトレード画面から行います。

トレード画面に表示されている保有ポジションを「長押し」するとこのような選択肢が表示されます。

「クローズ」をタップすると選択したポジションの決済注文画面に移ります。

オレンジ色の「Close with Loss(Profit)」ボタンに損益が表示されるので確認してタップすると決済注文完了です。 保有ポジションの一部決済をしたい場合は、数量を変更して注文を出します。

PC版のMT4とは一部決済方法が異なるので注意しましょう。 「注文変更」では保有ポジションのストップロスとテイクプロフィットの変更ができます。

TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリの指値注文方法

TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリでは注文画面は標準で成行注文となっています。

成行注文をは価格を指定せずに市場の価格で発注する注文方法です。

市場価格ではなく、自分で指定した価格になったときにだけ注文を出したいときには、指値注文をしなければなりません。

TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリで指値注文をするときには注文画面の「マーケット実行」をタップします。

すると下記のように画面が変化します。

 

「Buy」は「Sell」それぞれ買い注文と売り注文ですが、「Limit」と「Stop」が少し分かりにくいかもしれません。

「Limit」も「Stop」も指値注文ではあるのですが、逆指値つまり現在の市場価格よりも不利な条件での指値注文の場合に「Stop」と言われます。

たとえば、現在のUSDJPYの買い価格が$1=100円だったとして99円での指値買い注文はBuy limitですが、101円の指値買い注文はBuy Stopです。

ただ、一般的にはLimitは利益確定、Stopは損切りとして使われています。

 

TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリの入金・出金方法

TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリとしてのMT4上では口座管理はできませんので、入金・出金の操作はスマホアプリのからできません。

TitanFX(タイタンFX)の口座への入金・出金をしたい場合はTitanFX(タイタンFX)の公式サイトから口座や登録情報を変更するプラットフォームである「TitanFX Client Cabinet」へログインして入金・出金の操作を行う必要があります。

なお、この操作はインターネットに接続されていればスマホからでも可能です。

公式サイトがスマホ表示用にしっかりと最適化されているので、問題なく操作できます

   

ご覧のように問題なくスマホ表示できますし、チャットによるヘルプデスクも使用可能です。  

TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリの登録方法と使い方を分かりやすく解説まとめ

TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリは公式アプリはありませんが、汎用性のあるMT4と呼ばれる高機能FXプラットフォームのスマホアプリでFX取り引きができます。

TitanFX(タイタンFX)をスマホアプリに登録する方法は簡単で、口座開設時に受け取ったサーバー上方と入力するだけで、すぐに取り引きを始められます。

使い方はPC版のMT4プラットフォームに比べてシンプルになっており、ヘルプなどは少ないですが、覚えてしまえば素早い注文が可能になります。