ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)の手数料を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】おすすめ1位のFX業者(LINE公式で確認)

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

TitanFX(タイタンFX)では手数料は発生するの?

手数料にはどのようなものが、いくらかかるのかを知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

TitanFX(タイタンFX)は約定力が高く、低コストで最大500倍のレバレッジ取引が可能な海外FX取引所です。

手数料はTitanFX(タイタンFX)の収益に影響するため、あらかじめ把握しておく必要があるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)の手数料を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)の手数料は、大きく分けると以下ふたつに分類されます。

  • トレードで発生する手数料:取引手数料・スプレッド・スワップポイント
  • 入出金で発生する手数料

では具体的にTitanFX(タイタンFX)の4つの手数料について解説していきます。

TitanFX(タイタンFX)の手数料 トレードで発生する3つのコスト

TitanFX(タイタンFX)のトレードで発生する手数料は、以下3種類です。

  • 取引手数料
  • スプレッド
  • スワップポイント

では3つのトレード手数料についてみていきます。

TitanFX(タイタンFX)の手数料 1.取引手数料

取引手数料とは、TitanFX(タイタンFX)で新規注文や決済注文するたびに発生するトレード手数料です。

TitanFX(タイタンFX)で1Lotすなわち10万通貨あたりの新規注文と決済注文で、片道3.5ドル、往復7ドルの取引手数料が発生します。

ただし取引手数料は、TitanFX(タイタンFX)のブレード口座限定で発生します。

TitanFX(タイタンFX)ではスタンダード口座とブレード口座で取引できますが、スタンダード口座では取引手数料は発生しません。

スタンダード口座では取引手数料は発生しませんが、トレードコスト負担が軽くなると言わけではないことに注意しましょう。

TitanFX(タイタンFX)の手数料 2.スプレッド

スプレッドとは、TitanFX(タイタンFX)で新規注文や決済注文するたびに発生するトレード手数料です。

発注時点の各通貨ペアにおける売値と買値の差額をさし、TitanFX(タイタンFX)のレート・トレードのタイミング・取引量によって変動する手数料です。

TitanFX(タイタンFX)ではスタンダード口座とブレード口座でトレードできますが、取引手数料とは異なり両方の口座で発生するトレードコストです。

スプレッド負担も全通貨ペアにおいて、スタンダード口座よりもブレード口座の方が狭く設定されています。 TitanFX(タイタンFX)スタンダード口座のスプレッド

  • USD/JPY 米ドル/日本円:1.33 pips
  • EUR/USD ユーロ/米ドル:1.2 pips
  • GBP/USD ポンド/米ドル:1.57 pips
  • AUD/USD 豪ドル/米ドル:1.52 pips
  • USD/CHF 米ドル/スイスフラン:1.92 pips

TitanFX(タイタンFX)ブレード口座のスプレッド

  • USD/JPY 米ドル/日本円:0.33 pips
  • EUR/USD ユーロ/米ドル:0.2 pips
  • GBP/USD ポンド/米ドル:0.57 pips
  • AUD/USD 豪ドル/米ドル:0.52 pips
  • USD/CHF 米ドル/スイスフラン:0.92 pips

ブレード口座はスプレッドが狭い代わりに、上述の通り取引手数料の負担によってトレードコストが調整されています。

ただし上記のスプレッドは、TitanFX(タイタンFX)の公式サイトに記載されている平均スプレッドであるため、実際のスプレッドとは異なります。

TitanFX(タイタンFX)のリアルタイムのスプレッドは、MT4またはMT5の「気配値表示」欄に表示させることができます。

スプレッドは変動制の手数料であるため、トレードするたびに確認すべきでしょう。

TitanFX(タイタンFX)の手数料 3.スワップポイント

スワップポイントとは、TitanFX(タイタンFX)でポジションを保有し続ける限り毎日発生する、トレード手数料です。

すなわちレバレッジ取引で発生する手数料と考えておきましょう。

スワップポイントが発生する時間帯をロールオーバータイムと言い、TitanFX(タイタンFX)では日本時間の6時59分から7時1分の間にスワップポイントが発生します。

TitanFX(タイタンFX)はサマータイム適用地域であるため、夏場のスワップポイント発生時間は、通常時間よりも1時間早まることに注意しましょう。

スワップポイントはポジションを保有し続ける限り発生するため、TitanFX(タイタンFX)の休日である土曜日と日曜日も発生しますが、休日時点では付与されません。

TitanFX(タイタンFX)では、土曜日と日曜日のスワップポイントを水曜日に一括で反映されます。

スワップポイントを確認する方法は、スプレッドと同じくMT4またはMT5の「気配値表示」から行えます。

気配値表示の通貨ペアを右クリックして、「仕様」へ進み表示されたポップアップの「買いスワップ」「売りスワップ」で確認できます。

たとえばTitanFX(タイタンFX)で買いポジションを保有した場合、MT4の買いスワップがマイナス表記されている場合は、スワップポイントを手数料として支払わなければいけません。

一方、MT4の買いスワップがプラス表記されているケースでは、スワップポイントをトレード利益として獲得できます。

TitanFX(タイタンFX)で保有するポジションが、買いポジションまたは売りポジション、そしてスワップがプラスまたはマイナスのどちらかによって、スワップポイントは付与または支払いのどちらかが決定されます。

スワップポイントを上手に活用すれば、TitanFX(タイタンFX)で利益獲得をめざすことができますが、トレード方法を間違えてしまうと思わぬ手数料負担が発生することにご注意ください。

TitanFX(タイタンFX)の手数料 入出金で発生するコスト

TitanFX(タイタンFX)の入金手数料は無料、出金手数料は銀行振込に限り発生します。

ただしTitanFX(タイタンFX)へ入出金を行う金融機関やサービスごとに、別途決済手数料が発生するケースがあり、実質的に無料にならない可能性もあります。

銀行送金の入出金手数料は、片道1000円以上と高額です。

bitwalletの入金手数料は0.5%から、出金手数料は824円、STICPAYの入金では1%から、出金では600円+2.5%の手数料が発生します。

電子ウオレットは特に入金手数料の負担が大きく、STICPAYでは出金手数料も高額にのぼりがちで、銀行送金よりも大きくなってしまう可能性があります。

クレジットカードの入出金手数料は完全無料ですが入金額までしか出金できないため、利益の出金については他の出金方法を利用しなければならず手数料負担が発生します。

TitanFX(タイタンFX)の入出金手数料を抑えるためには、金額に応じて入出金方法を使い分けることをおすすめします。

TitanFX(タイタンFX)の手数料を分かりやすく解説まとめ

TitanFX(タイタンFX)の手数料は、トレードで発生する手数料と入出金で発生する手数料の2種類です。

トレード手数料は、取引手数料・スプレッド・スワップポイントの3種類があり、各手数料ごとに発生条件は異なるためきちんと理解する必要があるでしょう。

入出金手数料は、TitanFX(タイタンFX)への入出金額に応じて使い分けることをおすすめします。