ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)のブレード口座を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【5位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

日本人トレーダーにも人気の高い海外ブローカーのTitanFX(タイタンFX)。

そんなTitanFX(タイタンFX)では、2つの口座タイプから好きな方を選んでトレードすることができます。

TitanFX(タイタンFX)で開設できる口座タイプのうち、スプレッドが狭いという特徴があるのがブレード口座です。

ここでは、TitanFX(タイタンFX)のブレード口座を分かりやすく解説していきます。

TitanFX(タイタンFX)のブレード口座を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)のブレード口座の基本スペックは以下の通りです。

  • 最低スプレッド...0.0pips〜
  • 取り扱い通貨ペア...60種類以上+CFDや株価インデックス
  • 最小取引ロット数...0.01Lot
  • 取引手数料...10万通貨あたり片道3.5ドル
  • レバレッジ最大値...500倍
  • トレーディングプラットフォーム...MT4またはMT5

TitanFX(タイタンFX)には、ブレード口座の他にスタンダード口座が用意されています。

そしてブレード口座とスタンダード口座の大きな違いは、スプレッドと手数料だといえるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)のブレード口座はスタンダード口座に比べてスプレッドが狭い

TitanFX(タイタンFX)のブレード口座の大きな特徴の1つが、スプレッドの狭さです。

まずはTitanFX(タイタンFX)のブレード口座とスタンダード口座のスプレッドがどれくらい異なるのかをみていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)と他社のブレード口座とスタンダード口座の平均スプレッド比較 USD/JPY

  • スタンダード口座...1.33pips
  • ブレード口座...0.33pips

EUR/JPY

  • スタンダード口座...1.74pips
  • ブレード口座...0.74pips

GBP/JPY

  • スタンダード口座...2.45pips
  • ブレード口座...1.45pips

EUR/USD

  • スタンダード口座...1.2pips
  • ブレード口座...0.9pips

GBP/USD

  • スタンダード口座...1.57pips
  • ブレード口座...0.57pips

このようにTitanFX(タイタンFX)のブレード口座とスタンダード口座では、およそ1pipsほどスプレッドに違いがあります。

TitanFX(タイタンFX)のスプレッドは、ブレード口座もスタンダード口座も変動方式を採用しているので、タイミングによってスプレッドが広がったり狭くなったりすることもあるでしょう。

しかしTitanFX(タイタンFX)のブレード口座の最小スプレッドが0.0pipsなので、スプレッドが極めて狭く設定されているということが分かります。

TitanFX(タイタンFX)のブレード口座は他社のスプレッドが狭い口座タイプと比べても平均スプレッドは良心的

また海外ブローカーの中には、TitanFX(タイタンFX)の他にもスプレッドの狭い口座タイプが存在します。

ここでは、TitanFX(タイタンFX)のブレード口座と、他の海外ブローカーの平均スプレッドを比較してみましょう。

TitanFX(タイタンFX)と他社のスプレッドの狭い口座の平均スプレッド比較 USD/JPY

  • TitanFX(タイタンFX)のブレード口座...0.33pips
  • XMのZERO口座...0.1pips
  • GemForex(ゲムフォレックス )のノースプレッド口座...0.3pips

EUR/USD

  • TitanFX(タイタンFX)のブレード口座...0.2pips
  • XMのZERO口座...0.1pips
  • GemForex(ゲムフォレックス )のノースプレッド口座...0.3pips

GBP/USD

  • TitanFX(タイタンFX)のブレード口座...0.57pips
  • XMのZERO口座...0.3pips
  • GemForex(ゲムフォレックス )のノースプレッド口座...1.3pips

EUR/JPY

  • TitanFX(タイタンFX)のブレード口座...0.74pips
  • XMのZERO口座...0.5pips
  • GemForex(ゲムフォレックス )のノースプレッド口座...0.5pips

GBP/JPY

  • TitanFX(タイタンFX)のブレード口座...1.45pips(別途取引手数料が往復7ドル)
  • XMのZERO口座...1.4pips(別途取引手数料が往復10ドル)
  • GemForex(ゲムフォレックス )のノースプレッド口座....1.0pips

ここでは同じ海外ブローカーであるXMとGemForex(ゲムフォレックス)と平均スプレッドを比較してみました。

通貨ペアによってもスプレッドの差の違いはありますが、TitanFX(タイタンFX)のスプレッドはXMのZero口座のスプレッドと比較すると若干ですが0.1pipsほど広い傾向があるようです。

ただし別途で取引手数料が発生するため、平均スプレッドのみでコスト面を考慮することはできません。

ボーナスや取引手数料など複合的にコスト面を比較していくのが良いでしょう。

TitanFX(タイタンFX)のブレード口座は別途で取引手数料がかかる

TitanFX(タイタンFX)のブレード口座はスタンダード口座に比べてスプレッドが狭いことが魅力ですが、デメリットとして別途で取引手数料が発生します。

ブレード口座の取引手数料は、10万通貨あたり片道3.5ドル相当です。

つまり1つのポジションをとるのに注文と決済を1回ずつ行うことになりますので、往復7ドル相当の手数料が発生します。

そのため1日の取引回数によっては、手数料負けを起こしてしまい、スプレッドが狭いという口座タイプの魅力を十分に利用できない可能性もあるのです。

基本的にTitanFX(タイタンFX)のブレード口座は、スキャルピングトレーダーなど、短期でわずかな利幅を狙っていくタイプのトレーダーにおすすめの口座になっています。

ただし、EAなどの設定次第では手数料負けを起こす可能性もありますので注意が必要です。

TitanFX(タイタンFX)のブレード口座を分かりやすく解説まとめ

今回は、TitanFX(タイタンFX)のブレード口座を分かりやすく解説してきました。

TitanFX(タイタンFX)には2つの口座タイプが用意されており、スプレッドが極狭という特徴を持っているのがブレード口座です。

またスタンダード口座を利用する場合、取引で発生するのは基本的にスプレッドのみですが、ブレード口座は別途で取引手数料もかかってきます。

その他にもスワップポイントなどもコストとして発生する可能性がありますので、自分の取引する通貨ペアや取引回数、取引スタイルなどを加味して口座タイプを選んでみてくださいね。