ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)のブレード口座を分かりやすく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

TitanFX(タイタンFX)のZeroブレード口座とは、どのような特徴があるの?

スタンダード口座や他社と比較したときの違いや、TitanFX(タイタンFX)のZeroブレード口座はどのような人におすすめなのかを知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。 TitanFX(タイタンFX)は、独自のゼロポイント技術から約定スピードを実現しており、最大500倍でレバレッジ取引できる海外FX取引所です。

Zeroスタンダード口座とZeroブレード口座と2つの口座タイプを採用しているTitanFX(タイタンFX)ですがZeroブレード口座とはどのような特徴を持つ口座タイプなのでしょうか。

TitanFX(タイタンFX)のZeroブレード口座を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)のZeroブレード口座とは?

TitanFX(タイタンFX)のZeroブレード口座とは、インターバンクの注文とマッチングされる方式になっているECN方式の口座タイプをさしています。 Zeroブレード口座の特徴は以下の通りです。

  • 最大レバレッジ:500倍
  • 最低スプレッド:0pipsから
  • 取引手数料:1Lot=10万通貨あたり片道3.5ドル(往復7ドル)
  • 最小取引単位:0.01Lot
  • 最大取引単位:100Lot
  • 取扱通貨ペア数:FX・株価指数・CFDなど60種類以上
  • 取引プラットフォーム:MT4 MT5

TitanFX(タイタンFX)は、Zeroブレード口座の他にもスタンダード口座を開設できますが、ふたつの口座タイプにおける違いは、スプレッドと取引手数料の有無のみです。

TitanFX(タイタンFX)のブレード口座とスタンダード口座のスプレッドを比較

TitanFX(タイタンFX)のブレード口座とスタンダード口座のスプレッドを比較してみます。

TitanFX(タイタンFX)のブレード口座の平均スプレッド一覧

  • USD/JPY(米ドル/日本円):0.33pips
  • EUR/USD(ユーロ/米ドル):0.2pips
  • GBP/USD(ポンド/米ドル):0.57pips
  • USD/CHF(米ドル/スイスフラン):0.92pips
  • AUD/USD(豪ドル/米ドル):0.52pips

TitanFX(タイタンFX)のスタンダード口座の平均スプレッド一覧

  • USD/JPY(米ドル/日本円):1.33pips
  • EUR/USD(ユーロ/米ドル):1.2pips
  • GBP/USD(ポンド/米ドル):1.57pips
  • USD/CHF(米ドル/スイスフラン):1.92pips
  • AUD/USD(豪ドル/米ドル):1.52pips

比較した結果、スタンダード口座よりもZeroブレード口座のほうが平均スプレッドが狭いことがわかりました。

TitanFX(タイタンFX)のZeroブレード口座の取引コストはスプレッドに取引手数料が上乗せされる

さらに海外FX業者のECN方式の口座タイプでは、別途取引手数料が発生し、スプレッドに上乗せされる形でトレードコストが発生します。

TitanFX(タイタンFX)のZeroブレード口座の取引手数料は、1Lot(10万通貨)あたり片道3.5ドルです。

FXトレードは、新規注文と決済注文が必要ですので、往復注文を行うと7ドルの取引手数料を負担しなければいけません。

Zeroブレード口座のスプレッドに取引手数料を加算したトレードコストは、以下の通りになります。

  • USD/JPY(米ドル/日本円):1.03pips
  • EUR/USD(ユーロ/米ドル):0.9pips
  • GBP/USD(ポンド/米ドル):1.27pips
  • USD/CHF(米ドル/スイスフラン):1.62pips
  • AUD/USD(豪ドル/米ドル):1.22pips

トータルのトレードコストを比較した結果、スタンダード口座よりもZeroスプレッド口座のほうがコストが安いことがわかりました。

TitanFX(タイタンFX)のZeroブレード口座への変更方法

TitanFX(タイタンFX)でスタンダード口座を先に開設してしまい、そのあとブレード口座に変更したいという方に向けて、口座タイプの変更方法のやり方をみていきます。

変更方法のやり方は、まずTitanFX(タイタンFX)のクライアントキャビネットへログインしましょう。

「鉛筆」アイコンをクリックして「口座タイプ」をブレード口座に変更するだけで、各自自由に変更できます。

TitanFX(タイタンFX)のZeroブレード口座と他社のECN口座のトレードコストを比較

では同じ要領で、TitanFX(タイタンFX)のZeroブレード口座と他社のECN口座のトレードストを比較してみます。

  • USD/JPY(米ドル/日本円):XM ZERO口座 1.1pips / GEMFOREX ロースプレッド口座 0.3pips
  • EUR/USD(ユーロ/米ドル):XM ZERO口座 1.1pips / GEMFOREX ロースプレッド口座 0.3pips
  • GBP/USD(ポンド/米ドル):XM ZERO口座 1.3pips / GEMFOREX ロースプレッド口座 1.3pips
  • USD/CHF(米ドル/スイスフラン):XM ZERO口座 1.4pips / GEMFOREX ロースプレッド口座 0.3pips
  • AUD/USD(豪ドル/米ドル):XM ZERO口座 1.4pips / GEMFOREX ロースプレッド口座 0.3pips

XMのトレードコストはスプレッドに、1Lot(10万通貨)あたり10ドルの取引手数料が上乗せされます。

比較した結果、USD/CHF以外はXMよりもTitanFX(タイタンFX)のZeroブレード口座ほうが低コストです。

一方GEMFOREXは、例外的にECN口座でも取引手数料が発生しないため、スプレッドのみが取引コストになりますが、そのかわりに初回入金額が高額、自動売買トレードができない、ボーナス対象外口座などのデメリットがあります。

比較すると、GEMFOREXよりもTitanFX(タイタンFX)のZeroブレード口座ほうがトレードコストの負担は大きくなりますが、他社と比べてTitanFX(タイタンFX)はトレード制限が少ないというメリットがあります。

XMのメリットはボーナス制度を採用していますが、TitanFX(タイタンFX)は採用していないこともサービス面を比較したときの違いでしょう。

海外FX業者を選ぶときには、トレードコストだけでなくサービス面もトータル的に比較しましょう。

TitanFX(タイタンFX)のZeroブレード口座をおすすめしたい人の特徴

最後にスタンダード口座や他社のECN口座と比較した結果を踏まえて、TitanFX(タイタンFX)のZeroブレード口座をおすすめしたい人の特徴をまとめました。

  • トレードコストを平均以下に抑えたい人
  • スキャルピングや自動売買トレードをする人
  • レバレッジの制限を受けたくない人
  • 大口取引をしたい人
  • ボーナスを重視していない人

レバレッジ制限がない、大口取引ができる、ボーナスがないことは、TitanFX(タイタンFX)のスタンダード口座でも共通の特徴です。

さらにZeroブレード口座は低コストでトレードできることが大きな特徴ですので、スキャルピングや自動売買トレードを行いたい方にもおすすめと言えるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)のZeroブレード口座を分かりやすく解説まとめ

TitanFX(タイタンFX)のブレード口座は、ECN方式の口座タイプをさしています。

スタンダード口座よりもブレード口座のほうがスプレッドが狭く取引手数料を含むトータルコストも安いため、スキャルピング向きの口座タイプと言えるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)は口座タイプの変更方法として、クライアントキャビネットから自由にスタンダード口座からブレード口座に手動で変更できるため、変更したい方はぜひご利用ください。