ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金)を分かりやすく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金)のトレード条件を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

TitanFX(タイタンFX)は最大500倍のレバレッジ取引に対応しており、取引商品は貴金属、エネルギー、株価指数CFDなど、豊富に取り扱っています。

ここではTitanFX(タイタンFX)のゴールド(金)の取引を始めたい方に向けて詳しく解説していきましょう。

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金)を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金)を流れに沿って解説していきます。

  • 目次1.ゴールド(金)のシンボル
  • 目次2.ゴールド(金)のスプレッド
  • 目次3.ゴールド(金)の最大レバレッジ
  • 目次4.ゴールド(金)の最小取引単位
  • 目次5.ゴールド(金)の必要証拠金
  • 目次6.ゴールド(金)の取引時間

ゴールド(金)は資産価値が安定しているため保有する方も多く、TitanFX(タイタンFX)でも人気のトレード商品です。

値動きは景気に影響されやすく、景気が良好になるとアクセサリーを購入する人が増えるためゴールド(金)の価格は上がりやすく、景気が悪化すると価格が下がりやすくなることが、大きな特徴です。

ではTitanFX(タイタンFX)のゴールド(金)のトレード条件に付いて詳しくみていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金)のシンボル

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金)のシンボルとして、全6種類を取り扱っています。

  • XAUUSD(ゴールド/米ドル)
  • XAUAUD(ゴールド/豪ドル)
  • XAUEUR(ゴールド/ユーロ)
  • XAUGBP(ゴールド/ポンド)
  • XAUCHF(ゴールド/スイスフラン)
  • XAUJPY(ゴールド/日本円)

決済通貨ペアに応じてレートやスプレッド、スワップポイントは異なります。

TitanFX(タイタンFX)は最大15口座を追加口座として開設できるため、もし異なる決済通貨ペアでゴールド(金)のトレードを行いたい場合は、あたらに追加口座を開設してご利用ください。

以前は3種類までのシンボルしか採用していませんでしたが、2021年よりTitanFX(タイタンFX)ゴールド(金)の決済通貨ペアは、米ドルだけでなくユーロや日本円など、6種類の取り扱いを開始しています。

TitanFX(タイタンFX)は通貨ペアの更新が頻繁に行われますので、ゴールド(金)でトレードする際には、その都度ご確認ください。

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金)のスプレッド

TitanFX(タイタンFX)におけるゴールド(金)のスプレッドは、口座タイプで異なります。

TitanFX(タイタンFX) スタンダード口座のゴールド(金)スプレッド

  • XAUUSD(ゴールド/米ドル):2.23 pips
  • XAUAUD(ゴールド/豪ドル):2.72 pips
  • XAUEUR(ゴールド/ユーロ):2.39 pips
  • XAUGBP(ゴールド/ポンド):2.75 pips
  • XAUCHF(ゴールド/スイスフラン):3.30 pips
  • XAUJPY(ゴールド/日本円):3.02 pips

TitanFX(タイタンFX)ブレード口座のゴールド(金)のスプレッド

  • XAUUSD(ゴールド/米ドル):2.11 pips
  • XAUAUD(ゴールド/豪ドル):2.6 pips
  • XAUEUR(ゴールド/ユーロ):2.27 pips
  • XAUGBP(ゴールド/ポンド):2.63 pips
  • XAUCHF(ゴールド/スイスフラン):3.18 pips
  • XAUJPY(ゴールド/日本円):2.90 pips

TitanFX(タイタンFX)の平均スプレッドをまとめましたが、スプレッドは変動制ですので、毎回同じスプレッド幅でゴールド(金)をトレードできるとは限りません。

ブレード口座ではスプレッドの他、1Lot(10万通貨)あたり片道3.5ドルの取引手数料が、別途発生しますので、総合的なトレードコストを考慮する必要があるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金)の最大レバレッジ

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金)の最大レバレッジは500倍ですので、為替通貨ペアと同じレバレッジでトレードできます。

他社でもゴールド(金)と為替通貨ペアを同じレバレッジでトレードできる業者もありますが、TitanFX(タイタンFX)でも可能です。

最大レバレッジが大きいため、必要証拠金を抑えてゴールド(金)のトレードができるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金)の最小取引単位

TitanFX(タイタンFX)におけるゴールド(金)の最低取引単位は、0.01Lot(1000通貨)です。

取引通貨単位は1Lotと定められていますが、あくまでも便宜上示している単位であり、実際のトレードでは0.01Lot、1000通貨から取引をはじめることができます。

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金)のトレードは、最小取引単位が小さいため、少額からトレードをはじめることができます。

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金)の必要証拠金の計算方法

では、XAUUSDが2000ドルだった場合、TitanFX(タイタンFX)で0.01Lot(1000通貨)をゴールド(金)取引をするときの必要証拠金の計算方法をみていきましょう。

まずゴールド(金)の取引単位はオンス(onz)で表現されており、TitanFX(タイタンFX)のコントラクトサイズは100オンスになりますので覚えておきましょう。

2000ドル×100オンス×0.01Lot÷500=4ドルですので、わずか400円相当額の必要証拠金でゴールド(金)のトレードをはじめられます。

ただしTitanFX(タイタンFX)の初回に限り最低入金額は2万円ですのでご注意ください。

せっかく必要証拠金を抑えてトレードできるのに、最低入金額が高すぎると思う方もいるかもしれません。

しかしゴールド(金)はボラリティが高く、TitanFX(タイタンFX)はハイレバレッジでトレードできるため、

相場急変時のスプレッド拡大におけるロスカットリスクは高くなります。 このため口座残高は多めに必要になることを覚えておきましょう。

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金)の取引時間

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金)の取引時間は、FX通貨ペアとは異なります。

公式サイトの取引時間は、TitanFX(タイタンFX)のサーバー時間ですので、日本時間で表記しましょう。

  • 冬時間:7:00~5:59 (閉場は金曜日5:55)
  • 夏時間:6:00~4:59 (閉場は金曜日4:55)

TitanFX(タイタンFX)では通常時間である冬時間とサマータームでは、ゴールド(金)の取引時間は異なります。

冬時間と夏時間の移行期間は3月下旬と11月下旬で、移行時期が迫るとTitanFX(タイタンFX)からメールで通知されますので、

時期が近付いたらこまめにチェックしましょう。 MT4やMT5の時間帯は、TitanFX(タイタンFX)のサーバー時間ですのでご注意ください。

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金)を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金)について解説しました。

ゴールド(金)のシンボルは6種類で、6つの法定通貨を決済通貨としてトレードできます。

FX通貨ペアと同じく、ゴールド(金)も最大500倍のレバレッジ、最小0.01Lotから取引できるため、少額から始めたい方にも適しているでしょう。

ただしゴールド(金)のトレードは、為替FXと比較して、コントラクトサイズは100オンスであること、取引時間やスプレッドが異なるなどにも違いがありますので、きちんと違いをおさえてご利用ください。