ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金)を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【2位】iFORXの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】XMの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

TitanFX(タイタンFX)ではゴールド(金)でトレードできるの? もしTitanFX(タイタンFX)でゴールド(金)のトレードができるのなら、取引条件を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

TitanFX(タイタンFX)は最大500倍のレバレッジ取引に対応しており、取引商品は貴金属、エネルギー、株価指数CFDなど、多岐にわたります。

まずTitanFX(タイタンFX)ではゴールド(金)の取扱はあるのか、気になる方もいるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金) を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)はゴールド(金)の証拠金トレードができ、貴金属(メタル)カテゴリに分類されています。

ゴールド(金)は資産価値が安定しているため保有する方も多く、TitanFX(タイタンFX)でも人気のトレード商品です。

値動きは景気に影響されやすく、景気が良好になるとアクセサリーを購入する人が増えるためゴールド(金)の価格は上がりやすく、景気が悪化すると価格が下がりやすくなることが、大きな特徴と言えるでしょう。

こちらでは具体的にTitanFX(タイタンFX)のゴールドのトレード条件についてみていきます。

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金) の通貨ペアは6種類

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金)の通貨ペアは、6種類の法定通貨を決済通貨としてレバレッジ取引できます。

  • XAU/USD(ゴールド/米ドル)
  • XAU/AUD(ゴールド/豪ドル)
  • XAU/EUR(ゴールド/ユーロ)
  • XAU/GBP(ゴールド/ポンド)
  • XAU/CHF(ゴールド/スイスフラン)
  • XAU/JPY(ゴールド/日本円)

同じゴールド(金)でも通貨ペアごとに、レートやスプレッド・スワップポイントは異なります。

TitanFX(タイタンFX)では追加口座を開設できますが、口座ごとに決済通貨は異なるため、ゴールド(金)をトレードする際には追加口座を開設しましょう。

2020年9月まで、TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金)取引は、3種類の通貨ペアにしか対応していませんでしたが、2021年7月現在では6種類のゴールド(金)取引に対応しています。

TitanFX(タイタンFX)は通貨ペアの更新が頻繁に行われますので、ゴールド(金)でトレードする際には、その都度ご確認ください。

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金) はスタンダード口座とブレード口座でトレードできる

TitanFX(タイタンFX)はスタンダード口座とブレード口座を採用しているため、取引口座を選んでゴールド(金)のトレードを行えます。

ごらんの通り、TitanFX(タイタンFX)のスタンダード口座とブレード口座の大きな違いはスプレッド幅です。

TitanFX(タイタンFX)スタンダード口座のゴールド(金)スプレッド

  • XAU/USD(ゴールド/米ドル)  2.23 pips
  • XAU/AUD(ゴールド/豪ドル)  2.72 pips
  • XAU/EUR(ゴールド/ユーロ)  2.39 pips
  • XAU/GBP(ゴールド/ポンド)  2.75 pips
  • XAU/CHF(ゴールド/スイスフラン)  3.30 pips
  • XAU/JPY(ゴールド/日本円)  3.02 pips

TitanFX(タイタンFX)ブレード口座のゴールド(金)のスプレッド

  • XAU/USD(ゴールド/米ドル)  2.11 pips
  • XAU/AUD(ゴールド/豪ドル)  2.6 pips
  • XAU/EUR(ゴールド/ユーロ)  2.27 pips
  • XAU/GBP(ゴールド/ポンド)  2.63 pips
  • XAU/CHF(ゴールド/スイスフラン)  3.18 pips
  • XAU/JPY(ゴールド/日本円)  2.90 pips

TitanFX(タイタンFX)の平均スプレッドをまとめましたが、スプレッドは変動制ですので、毎回同じスプレッド幅でゴールド(金)をトレードできるとは限りません。

ブレード口座ではスプレッドの他、1Lot(10万通貨)あたり片道3.5ドルの取引手数料が、別途発生しますので、総合的なトレードコストを考慮する必要があるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金) の最小取引単位は0.01Lot

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金)の最小取引単位は、0.01Lotです。

取引通貨単位は1Lotと定められていますが、あくまでも便宜上示している単位であり、実際のトレードでは0.01Lot、1000通貨から取引をはじめることができます。

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金)のトレードは、最小取引単位が小さいため、少額からトレードをはじめることができます。

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金) は最大500倍のレバレッジ取引可能

さらにTitanFX(タイタンFX)のゴールド(金)の最大レバレッジは、FXトレードと同じく最大500倍です。

最大レバレッジが大きいほど、必要証拠金を抑えてトレードできます。

1ドル=100円のときに、TitanFX(タイタンFX)で、最低取引量0.01Lot(1000通貨)をゴールド(金)取引をするときの必要証拠金額を計算してみましょう。

「100×1000÷500=200円」すなわちたった200円の証拠金でゴールド(金)のトレードをはじめられるのです。

ただしTitanFX(タイタンFX)の初回に限り最低入金額は2万円ですのでご注意ください。

「せっかくゴールド(金)を少額トレードできるのに、最低入金額は高額だから無意味」と考える方もいるでしょうが、そのようなことはありません。

ゴールド(金)はボラリティが高いトレード商品であるうえ、TitanFX(タイタンFX)ではハイレバレッジトレードを行いますので、相場急変時のスプレッド拡大によるロスカットリスクは高くなります。

このため、TitanFX(タイタンFX)でゴールド(金)のトレードを行うときには口座資金を多めに準備することが必要です。

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金) の取引時間

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金)の取引時間は、為替FXとは異なります。

公式サイトの取引時間は、TitanFX(タイタンFX)のサーバー時間ですので、以下の通り日本時間で表記します。

  • 冬時間:7:00~5:59 (閉場は金曜日5:55)
  • 夏時間:6:00~4:59 (閉場は金曜日4:55)

MT4やMT5の時間帯は、TitanFX(タイタンFX)のサーバー時間です。

TitanFX(タイタンFX)では通常時間である冬時間とサマータームでは、ゴールド(金)の取引時間は異なります。

冬時間と夏時間の移行期間は3月下旬と11月下旬で、移行時期が迫るとTitanFX(タイタンFX)からメールで通知されますので、見逃さないようにご注意ください。

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金) を分かりやすく解説まとめ

TitanFX(タイタンFX)のゴールド(金)は6種類の通貨ペアでトレードできます。

為替FXと同じく、ゴールド(金)も最大500倍のレバレッジ、最小0.01Lotから取引できるため、少額から始めたい方にも適しているでしょう。

ただしゴールド(金)のトレードは、為替FXと比較して、取引時間やスプレッドが異なりますのできちんと違いをおさえてご利用ください。