ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)の複数口座(複数アカウント)を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】おすすめ1位のFX業者(LINE公式で確認)

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

TitanFX(タイタンFX)の複数口座(複数アカウント)を開設するやり方はどのようにすればいいの?

複数口座(複数アカウント)の開設に本人確認は必要か、開設上限数はいくつか、気になる方もいるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)は最大500倍のレバレッジ取引を、低スプレッドかつ高い約定力でトレードできる海外FXブローカーです。

ハイリターン・ハイリスクでトレードで利益を狙うために、TitanFX(タイタンFX)で複数口座(複数アカウント)を運用したいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

ここではTitanFX(タイタンFX)の複数口座(複数アカウント)について解説していきます。

TitanFX(タイタンFX)の複数口座(複数アカウント)を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)では複数口座(複数アカウント)を開設できます。

複数口座(複数口座)を運用する目的は、口座ごとに異なる条件でトレードできることでしょう。

TitanFX(タイタンFX)の複数口座(複数アカウント)の開設では、MT4またはMT5から取引プラットフォームを選択できる、最大レバッジと基本通貨も設定できます。

TitanFX(タイタンFX)で複数口座(複数アカウント)を開設するやり方

TitanFX(タイタンFX)で複数口座(複数アカウント)を開設するやり方をみていきましょう。

まずはクライアントキャビネットへログインし、「口座の追加」をクリックします。

「追加口座を開設する」をクリックし、表示された項目を記入しましょう。

「プラットフォーム」はMT4かMT5を、「口座タイプ」はスタンダード・ブレードのいずれを、「レバレッジ」は1から500倍から選択します。

「基本通貨」は日本円・米ドル・豪ドル・ユーロ・シンガポールドルから選択可能です。

「IB業者が提供するEAを利用するのか」の質問に回答し「口座開設」をクリックして、複数口座(複数アカウント)の開設を完了させましょう。

複数口座(複数アカウント)の開設が完了すると、TitanFX(タイタンFX)から口座開設完了メールが配信されます。

TitanFX(タイタンFX)の複数口座(複数アカウント)の開設に本人確認は不要

TitanFX(タイタンFX)の複数口座(複数アカウント)の開設では、新規口座開設で必要な本人確認は不要です。

追加口座へ入金し、TitanFX(タイタンFX)であらたに取得した口座情報を用いて、MT4またはMT5へログインするとトレードを開始できます。

TitanFX(タイタンFX)の複数口座(複数アカウント)の開設上限数

TitanFX(タイタンFX)の複数口座(複数アカウント)開設の上限数は、登録アカウント1つにつき5口座までです。

既存口座を含めると、複数口座(複数アカウント)の開設上限は最大6口座まで無料で保有し運用できます。

TitanFX(タイタンFX)では複数口座(複数アカウント)を7口座以上を開設することができますが、条件として既存の6口座の合計口座残高が6000USD以上でなければいけません。

TitanFX(タイタンFX)の複数口座(複数アカウント)の資金移動のやり方とメリット

TitanFX(タイタンFX)の複数口座(複数アカウント)における資金移動のやり方をみていきましょう。

口座間の資金移動するやり方は、TitanFX(タイタンFX)のメインメニュー「出金」をクリックします。

「出金する口座を選択」で既存口座を選択し、「出金方法」で口座間資金移動を選択します。

「移動先の取引口座」を選択し、「出金額」を入力して「出金」をクリックすると、資金移動が完了します。

資金移動のやり方は、TitanFX(タイタンFX)の複数口座(複数アカウント)の運用テクニックとして覚えておくと便利です。

追加口座でトレードを開始するためには、あらたに取引口座に入金をする必要がありますが、TitanFX(タイタンFX)の入金方法によっては、即座入金に対応できないケースもあります。

そこで口座間の資金移動を覚えておくことで、TitanFX(タイタンFX)の相場急変時にすみやかに入金できるというメリットがあります。

TitanFX(タイタンFX)の複数口座(複数アカウント)での禁止行為

複数口座(複数アカウント)は、異なる条件の口座でトレードできることはもちろん、入金方法の代用や資金の分別管理にも活用できるため便利です。

ただしTitanFX(タイタンFX)の複数口座(複数アカウント)には、いくつか禁止行為がありますのでみていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)の複数口座(複数アカウント)による両建ては禁止行為に抵触

TitanFX(タイタンFX)で複数口座(複数アカウント)による両建ては禁止行為に抵触します。

たとえばUSD/JPYをトレードする場合、a口座で買い注文を1ロット、b口座で売り注文を1ロットという要領で、異なる口座をまたいだ両建てを禁止しています。

TitanFX(タイタンFX)で認められている両建ては、a口座で1ロットの買い注文と売り注文という要領で、ひとつの口座内でふたつのポジションを保有する両建てなら認められています。

もちろんa口座で両建てし、b口座で両建てするという要領で、複数口座(複数アカウント)でそれぞれ両建てする行為についても問題ありません。

複数口座(複数アカウント)をまたいだ両建ては、TitanFX(タイタンFX)の禁止行為に抵触し、出金拒否や口座凍結のペナルティ対象となりますので絶対にやめましょう。

TitanFX(タイタンFX)の複数口座(複数アカウント)の運用は本人に限る

TitanFX(タイタンFX)で開設した複数口座(複数アカウント)を他人が利用することも禁止行為です。

たとえばTitanFX(タイタンFX)の複数口座(複数アカウント)を開設して、口座名義人以外が入出金したり、グループトレードしたりする行為は禁止されています。

名義人以外による複数口座(複数アカウント)の利用がTitanFX(タイタンFX)で発覚した場合も、口座凍結のペナルティ対象になりますので、絶対にやめましょう。

TitanFX(タイタンFX)の複数口座(複数アカウント)を分かりやすく解説まとめ

TitanFX(タイタンFX)の複数口座(複数アカウント)は、異なる条件でトレードするために役立ちます。

また資金管理や入金方法として活用できることも、複数口座(複数アカウント)を開設する大きなメリットと言えるでしょう。

ただし複数口座(複数アカウント)による両建てや名義人以外が利用することは禁止行為に抵触し、TitanFX(タイタンFX)に発覚した場合はペナルティ対象になりますので、絶対にやめてください。