ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)のMT5の使い方を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【5位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

TitanFX(タイタンFX)のMT5の使い方がよくわからない…

MT5はどのような使い方をしたらいいの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

以前、MT4しか使えなかったTitanFX(タイタンFX)では、あらたにMT5を使えるようになりました。

自動売買システムの利用に優れているMT4と比較して、MT5は裁量トレードに向くTitanFX(タイタンFX)のプラットフォームです。

TitanFX(タイタンFX)のMT5の使い方を分かりやすく解説

取引所の中にはブローカー独自のプラットフォームを採用している業者が多い中、TitanFX(タイタンFX)ではMT5とMT4のみです。

TitanFX(タイタンFX)は、多くのトレーダーから愛されているMT5とMT4を公式プラットフォームとして採用し、FXトレードを快適に行うことができます。

現在MT5パソコン版は、Windows版しかダウンロードできないため、Macパソコンの方もWindows版を利用しなければいけません。

こちらではTitanFX(タイタンFX)のMT5の使い方をみていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)でMT5口座を開設してログインする使い方

TitanFX(タイタンFX)でまずはMT5口座を開設する使い方を解説します。

「新規リアル口座を開設」を選択しましょう。

TitanFX(タイタンFX)では個人口座も法人口座も開設できますので、任意で選択してください。

メールアドレスとパスワードを入力し、「さあ始めましょう」ボタンを選択してください。

プラットフォームの選択でMT5とMT4を選択できますので、MT5をタップしてください。

TitanFX(タイタンFX)でMT5口座を開設するためには、MT5を選択するという使い方が必須です。

口座タイプ・レバレッジ・ベース通貨を選択、利用規約のチェックを入れ、「次へ」をクリックしましょう。

TitanFX(タイタンFX)MT5登録メールアドレス認証で「確認」をクリックすることで、MT5口座の開設を完了します。

MT5プラットフォームをダウンロードする使い方は、TitanFX(タイタンFX)「ダウンロード - Titan FXの各取引ツールを無料ダウンロード」へアクセスし、ダウンロードします。

口座開設で取得したMT5の「ログインID」「パスワード」「サーバー」を入力後、TitanFX(タイタンFX)で取引を開始できます。

TitanFX(タイタンFX)のMT5で全通貨ペアをチャートや注文フォームで表示する使い方

TitanFX(タイタンFX)のMT5でチャートや注文フォームを表示できるように、デフォルトで設定されているのは「気配値表示」のたった10通貨ペアです。

現在TitanFX(タイタンFX)で60種類を超えるFX通貨ペアで取引でき、取引したい通貨ペアを「気配値表示」に表示させることで、全通貨ペアでチャートや注文フォームを表示する使い方が有効になります。

MT5「気配値表示」ページの検索ウインドウをタップすると、TitanFX(タイタンFX)の取扱銘柄がカテゴリごとに表示され、さらにカテゴリを選択することで通貨ペアを「気配値表示」に表示できます。

TitanFX(タイタンFX)のMT5で取引したい通貨ペアのチャートを表示する使い方

MT5でTitanFX(タイタンFX)のチャートを表示する使い方は、気配値表示で任意の通貨ペアを選択して表示された「チャート」をタップします。

またMT5メインメニューの「チャート」をタップし、通貨ペア欄をさらにタップして、TitanFX(タイタンFX)のチャートを表示することもできます。

MT5では使いやすい方法で、TitanFX(タイタンFX)のチャートを表示する使い方ができます。

TitanFX(タイタンFX)のMT5でチャート種類・時間足を表示・変更する使い方

TitanFX(タイタンFX)MT5のチャートの種類はデフォルトでローソク足が表示されますが、変更も可能です。

チャートの種類を変更する使い方は、MT5のチャート上をタップし「設定」から「バーチャート」「ラインチャート」を選択します。

MT5でチャートの時間足を変更する使い方は、チャート上部の「M1」をタップし、時間足一覧から任意の時間を選択しましょう。

「M」は分足、「H」は時間足、「D」は日足、「W」は週足、「MN」は月足のいずれから選択できます。

TitanFX(タイタンFX)のMT5でインジケーターを表示する使い方

TitanFX(タイタンFX)のMT5でインジケーターを表示する使い方は、チャート上の「f」から「メインウインドウ」をタップします。

インジケーターの使い方は、テクニカルチャート分析の指標として活用し、トレンド系とオシレーター系を併用するパターンが多いです。

TitanFX(タイタンFX)の分析でよく使われるのは平均移動線やMACDですので、「メインウインドウ」で「Moving Average」を選択し平均移動線を設定・挿入しましょう。

同じように「MACD」も設定・挿入すると「インディケーターウインドウ*」に表示されます。

TitanFX(タイタンFX)のMT5で注文する使い方

TitanFX(タイタンFX)のMT5で注文する使い方は、「チャート上でタップ」または「気配値表示上でタップ」のいずれかで「トレード」をタップし、注文フォームを表示します。

MT5ではデフォルトで成行注文が選択されていますので、TitanFX(タイタンFX)で注文したい数量を選択後「成行売り」または「成行買い」をタップする、という使い方で注文できます。

TitanFX(タイタンFX)で指値注文したい場合は「成行注文」をタップし「Buy Limit」「Sell Limit」のいずれかを選択しましょう。

「価格」に指値を記入し「発注」をクリックすることで、MT5によるTitanFX(タイタンFX)の指値注文が完了します。

TitanFX(タイタンFX)のMT5の使い方を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)のMT5の使い方は、口座開設の手続きでMT5口座を開設する段階から始まっています。

MT4もMT5もパソコン版とスマホ版が用意され、どちらでも使いやすくなっていますので、任意で選択してご利用ください。

MT5は開発元のメタクオーツ社が推すプラットフォームですので、今後需要が高まることが予測されます。

TitanFX(タイタンFX)のチャート分析やトレードに活用できるよう、MT5の使い方をきちんと覚えてください。