ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】おすすめ1位のFX業者(LINE公式で確認)

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

TitanFX(タイタンFX)の税金の計算方法や確定申告についてよく理解していないとお考えの方もいるのではないでしょうか。

国内FXとTitanFX(タイタンFX)では、税金の計算方法や確定申告における違いにはどのようなことなのか、気になる方もいるでしょう。

ここでは国内FXでしかトレードしたことがない方や、確定申告がはじめての方に向けて、TitanFX(タイタンFX)の税金の計算方法と確定申告について解説していきます。

TitanFX(タイタンFX)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

確定申告とは、TitanFX(タイタンFX)を含む1月1日から12月31日までの年間所得をもとに税金の計算方法を行い、翌年3月15日までに所得税を納めることをさします。

TitanFX(タイタンFX)などの年間所得が一定を超えた場合に、税金の計算方法と確定申告が必要になります。

TitanFX(タイタンFX)の税金の計算方法や確定申告における国内FXとの違い

TitanFX(タイタンFX)と国内FXでは、税金の計算方法や確定申告の税金区分に違いがあります。

まずTitanFX(タイタンFX)などの海外FXの税金区分は「雑所得の総合課税」に分類されますが、国内FXは「雑所得の分離申告課税」に分類されます。

いずれも雑所得ですが、総合課税と分離申告課税にわけられており、ふたつの大きな違いは税率と繰越損失の適用でしょう。

TitanFX(タイタンFX)の確定申告における税金区分は「雑所得の総合課税」

確定申告における税金区分の「雑所得」とは、事業所得・給与所得・年金所得・配当所得・不動産所得・利子所得・一時所得・山林所得・退職所得の合計9所得のいずれにも該当しない所得をさします。

TitanFX(タイタンFX)など海外FXの税金区分である「総合課税」は、上の9所得との合計所得額で、確定申告しなければいけません。

一方、国内FXの税金区分「分離申告課税」は、税制上の同じカテゴリである国内FXの所得だけで確定申告できます。

まず確定申告における税金の計算方法は、一定の税率を適用しますが、TitanFX(タイタンFX)と国内FXには税率にも違いがあります。

  • TitanFX(タイタンFX)の税率:所得に応じて5%から45%の変動制
  • 国内FXの税率:一律20%

TitanFX(タイタンFX)と国内FXの税金の負担額は、所得に応じて異なりますので、どちらのほうが税金負担が軽くなるのかは一丸に言えません。

もうひとつ、分離申告課税では、3年間の繰越損失も適用されます。

繰越損失とは、今年マイナスとして発生した損失を翌年以降に繰り越し、翌年以降の課税対象額を軽減できる節税制度です。

国内FXは対象となりますが、TitanFX(タイタンFX)は総合課税ですので対象外になるため、国内FXは税制上優遇されていると言えるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)の税金の計算方法は「累進課税方式」の税率を採用

TitanFX(タイタンFX)の税金の計算方法は、所得が増えるほど税率が大きくなる累進課税方式を採用しています。

TitanFX(タイタンFX)の税金の計算方法は、「所得額×税率-控除額」で算出できます。

国内FXの税率は一律20%ですので、TitanFX(タイタンFX)の税率20%に該当する6,949,000円までは、控除額が適用されるTitanFX(タイタンFX)のほうが税金負担が軽くなります。

TitanFX(タイタンFX)と国内FXの税金を比較すると、所得が少ない間はTitanFX(タイタンFX)のほうが税金は安くなると言えるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)の税金や確定申告の通知は?

TitanFX(タイタンFX)で確定申告をスタートするタイミングとして、TitanFX(タイタンFX)や税務署から通知を意識する方もいるでしょう。

実は、確定申告対象者であったとしても、TitanFX(タイタンFX)や税務署から納税通知や確定申告のお知らせは、届きません。

ではどのようにTitanFX(タイタンFX)で確定申告をスタートして税金を納めるのかというと、所得を自己管理して一定額を超えていた場合に自己判断で開始します。

納税通知や確定申告のお知らせがないから確定申告しなくてもよいのではありません。

万が一、確定申告対象者であったのにもかかわらず税金を納めなかったことが税務所で発覚した場合は、重税などのペナルティ対象になります。

TitanFX(タイタンFX)で税金を納めるべき確定申告の判断基準

TitanFX(タイタンFX)で税金を納めるべきかを判断する確定申告の基準は年間所得ですが、給与を稼いでいる方とそうでない方で異なります。

  • 給与取得者:年間所得20万円を超えたら
  • 非給与取得者:年間所得38万円を超えたら

TitanFX(タイタンFX)の所得とは、トレードで獲得した利益ではありません。

税制上の所得とは、TitanFX(タイタンFX)の利益である「収入」から「経費」を相殺した純粋な儲けをさします。

経費とは、TitanFX(タイタンFX)で利益を得るために活用した、ネット通信費、パソコンやスマホの電気代、FX手法を学ぶ参考書などが該当します。

前述の通り、TitanFX(タイタンFX)は雑所得の総合課税に該当しますので、他9所得との合計額で確定申告すべきかを判断します。

ただしTitanFX(タイタンFX)と9所得との合計所得額で確定申告しなければいけない一方、異なる所得同士での損益通算はできません。

損益通算とは、損失が発生した場合にマイナス金額を相殺して、課税対象額を軽減することをさします。

TitanFX(タイタンFX)で損益通算できるのは、同じ「雑所得の総合課税」に分類される所得であり、たとえばXMなどの海外FXや仮想通貨ジャンルです。

ちなみに給与所得については、職場で年末調整を行っている方は給与を確定申告する必要はありません。

給与所得が2,000万円を超えている方は職場で年末調整を行わないため、TitanFX(タイタンFX)の所得と一緒に確定申告して税金を納める必要があります。

TitanFX(タイタンFX)の税金の計算方法を行う確定申告のやり方と手順

TitanFX(タイタンFX)の確定申告のやり方の手順は以下の通りです。

  • 確定申告のやり方1.1年間のTitanFX(タイタンFX)の損益と経費を記帳し、年間所得を把握する
  • 確定申告のやり方2.確定申告書を作成しながら、税金の計算方法を行う
  • 確定申告のやり方2.税務署へ確定申告書を提出し、税金を納める

確定申告のやり方は、まずTitanFX(タイタンFX)の損益と経費を記帳し、年間所得を把握します。

経費は領収書を参考に、TitanFX(タイタンFX)のMT4から取引履歴をダウンロードして、損益状況を記帳しましょう。

日頃から記帳する習慣を身につけることで、一目で年間所得を把握できるため、年明けすぐに確定申告対象者であるのかを判断できます。

記帳方法と確定申告書の作成方法は、国税庁のホームページや確定申告の参考書・会計ソフトに沿って行い、疑問点は税務署へ問い合わせるとよいでしょう。

会計ソフトは低コストかつ、確定申告の知識にとぼしい場合も、機長から確定申告書作成までを流れに沿って行うことができるため、おすすめです。

TitanFX(タイタンFX)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説まとめ

TitanFX(タイタンFX)の税金の計算方法と確定申告について解説しました。

一見、確定申告や税金の計算方法は敷居が高いように感じる方も多いでしょうが、しくみさえ理解できれば難しくありません。

納税は国民の義務ですので、確定申告で税金を計算して、所得税を納めましょう。