ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMで注文できない(取引できない)原因を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMで注文できない(取引できない)原因は何?

MT4やMT5の注文フォームが表示されない

発注ボタンを押せない…いったいどのようにすればXМで注文できるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

XМは約定力が高く、最大レバレッジ888倍・ゼロカット制度を採用している海外FXブローカーです。

利益獲得を狙いやすい環境のXМですが、注文できない(取引できない)原因は、何なのでしょうか。

XMで注文できない(取引できない)原因を分かりやすく解説

XМで注文できない(取引できない)原因は、主に以下のパターンではないでしょうか。

  • 注文フォームを表示できない
  • 注文ボタンを押せない

本来XМの注文フォームは、МT4で「注文発注」、МT5では「新規注文」アイコンやメニューで表示することができます。

しかしXМのなんらかが原因で注文フォームが表示されず、注文できない(取引できない)ことがあります。

注文ボタンとは、XМの注文フォームを記入後「成行買い」「成行売り」「発注」などと表示されているものをさします。

注文数量や価格を記入することによってグレーアウトした発注ボタンが、赤または青に変化することでクリックできるようになります。

しかしXМの注文フォームの条件に沿っていないことなどが原因で、注文ボタンがグレーアウト状態のまま注文できない(取引できない)ことがあります。

場合によっては、チャートが動かないパターンもあり、XМで注文できない(取引できない)パターンのひとつと言えます。

XMで注文できない(取引できない)原因【取引時間外】

XMで注文できない(取引できない)原因は、取引時間外であることです。

取引時間外は、XМのМT4やМT5の注文ボタンを押せません。

同時に注文できない(取引できない)時間帯は、XМのチャートも止まります。

注文できない(取引できない)場合は、XМの取引時間内に注文を行いましょう。

  • 冬時間:月曜日の7時5分から土曜日の6時50分
  • 夏時間:月曜日の6時5分から土曜日の5時50分

XМのサマータイムは3月最終日曜日の1時から10月最終日曜日の2時までです。

それ以外は冬時間になりますので、XМで注文できない(取引できない)場合は目安にしてください。

世界的な祝日も、休日になったり取引時間が変更になったり、XМで注文できない(取引できない)ことがあります。

XМでは毎月「お知らせ」にて取引時間を確認できますので、注文できない(取引できない)場合は参考になさってください。

またXМでは商品や銘柄ごとに取引時間が異なります。

XМの取引時間外では当然注文できない(取引できない)ので、XМの各「スプレッド/取引条件」ページをご確認ください。

XMで注文できない(取引できない)原因【注文価格がストップレベルに達していない】

注文できない(取引できない)原因は、注文価格がXМのストップレベルに達していないことです。

注文価格がストップレベルに達しないと、注文ボタンを押せません。 症状としては「現在価格から〇ポイント圏内の注文は発注できません」と表示されます。

XМではペア通貨ごとにストップレベルが設けられており、現在価格よりもストップレベルぶん離れた価格でなければ発注できません。

注文できない(取引できない)場合は、МT4やМT5でXМのストップレベルを確認し、範囲内の価格で注文を行いましょう。

MT5ではXМの各通貨のストップレベルを「気配値一覧」で右クリック⇒「仕様」⇒「ストップレベル」で確認できます。

XMで注文できない(取引できない)原因【最低ロット数や価格指定を間違えている】

XМで注文できない(取引できない)原因は、最低ロット数や価格など、XМの注文条件を満たしていない・注文内容のつじつまが合わないことです。

注文条件を満たしていなかったり、注文内容のつじつまが合わないと、注文ボタンを押せません。

たとえばXМのスタンダード口座は最低0.01ロットで注文しなければいけないのにもかかわらず、それ以下の数量で注文してしまうことです。

XМでは他にもマイクロ口座やXM Trading Zero口座が用意され、それぞれ異なります。

注文できない(取引できない)場合は、XМの口座や銘柄に合った最低ロット数で注文しましょう。

他にはXМで「Buy Limit」で買い指値注文したのにもかかわらず、損失方向の価格で注文してしまうことです。

本来XМの買い指値注文は利益方向へ注文しなければならないため、つじつまが合いません。

注文できない(取引できない)場合は、注文方法に合った価格で注文しましょう。

XMで注文できない(取引できない)原因【銘柄を表示できない】

注文したい銘柄が表示されず注文できない(取引できない)原因は、XМのMT4やMT5を非表示にしているからです。

XМの注文フォーム「銘柄」に注文したい銘柄が表示されません。

またXМのチャートも表示されず、チャート表示されていない銘柄は注文できません。

注文できない場合は、「気配値表示」上で右クリック⇒「すべて表示」にし、XМの銘柄すべてを表示しましょう。

XМの注文フォームにすべての銘柄を表示し、注文できるようになります。

XMで注文できない(取引できない)原因を分かりやすく解説まとめ

XMで注文できない(取引できない)原因を解説しました。

注文フォームが表示されない・注文ボタンがグレーアウトされ押せないことが、XМで注文できない(取引できない)原因です。

XМで注文できない(取引できない)代表例をあげましたので、お困りの方はぜひ参考になさってください。