ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの日経225(株価指数)を分かりやすく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【3位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【4位】iFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMの日経225(株価指数)の先物と現物ってなに?

どのような違いがあるの? 日経225の取引条件や取引時間について詳しく知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

XMは最大1000倍のレバレッジ取引をゼロカット採用という環境のもとトレードでき、さらに取引のたびにXMPポイントを受け取れる海外FX業者です。

FXトレードのほかにもXMでトレードできる日経225ですが、いったいどのような銘柄なのか詳しく解説していきます。

XMの日経225(株価指数)を分かりやすく解説

XMの日経225(株価指数)とは?

XMの日経225(株価指数)とは、東京証券取引所に上場している優良企業が発行する株式の225銘柄で構成されており、日本経済新聞によって毎日算出される株価平均の指数をさします。

XMでも日経225(株価指数)をCFD銘柄のひとつとしてトレードできます。

MT4とMT5に表示される日経225のシンボルは、以下の2種類になるでしょう。

  • 日経225(株価指数)先物:JP225
  • 日経225(株価指数)現物:JP225Cash

XMは先物と現物の2種類の日経225(株価指数)を取り扱っているため両方でトレードできますが、2つの取引条件は異なります。

取引条件もFX通貨ペアとは異なりますので、こちらではXMの日経225(株価指数)について解説していきましょう。

XM 日経225(株価指数)の先物と現物の違い

XMの日経225(株価指数)先物と現物の違いは、大きくわけて3つです。

  • スワップポイント:先物あり / 現物なし
  • 配当金調整:先物あり / 現物なし
  • 限月(決済期限):先物あり / 現物なし

日経225(株価指数)先物は、スワップポイントと配当金調整がありますが、現物にはありません。

また先物の限月として決済期限は3ヶ月ですが、やはり日経225(現物)現物はなしと考えてよいでしょう。

日経225(株価指数)現物は、現物取引をするのではなく現時点の価格をトレードするCFD商品です。

海外FX業者の大半も日経225(株価指数)をトレードできますが、現物の取り扱いがある業者はめずらしいと言えるでしょう。

このため日経225(株価指数)現物でトレードできることがXMのメリットです。

この他、日経225(株価指数)先物と現物では、スプレッドと取引ロット数に違いがあります。

XM 日経225(株価指数)の1ロットあたりの価格

XMの日経225(株価指数)は、1Lot=1数量です。

たとえば日経225(株価指数)の価格が30,000円だったとき、1ロットあたりの価格も30,000円になります。

FX通貨ペアは1Lot=100,000通貨ペアですので、1ロットあたりの価格は一目で把握できません。

一方、日経225(株価指数)は計算しなくても1ロットあたりの価格がわかるほどシンプルなことがメリットです。

XMのFXトレードは、1ロットあたりの価格がスタンダード口座・ZERO口座ともに同じで、マイクロ口座のみ異なります。

一方、日経225(株価指数)は全口座ともに統一されているため区別する手間がないこともメリットでしょう。

XM 日経225(株価指数)のレバレッジと必要証拠金

XMの日経225(株価指数)のレバレッジは、最大500倍ですので必要証拠金を抑えてトレードできます。

必要証拠金の計算方法は、以下の通りです。

・価格×取引量(ロット)÷レバレッジ

たとえばXMの日経225(株価指数)の価格が30,000円のとき、XMで1ロットを買いエントリーしてポジションを建てるとしましょう。

この場合の必要証拠金の計算方法は、以下の通りになります。

・30,000円×1ロット÷500=60円

すなわち60円が日経225(株価指数)のトレードの必要証拠金になります。

最大1000倍でトレードできるのはXMでトレードするメリットですが、FX通貨ペアに制限されています。

日経225(株価指数)は、約半数の最大500倍のレバレッジに抑えられます。

一方他社の日経225(株価指数)は最大200倍のレバレッジが平均ですので、XMの500倍はじゅうぶん高い部類に入ります。

このためXMは日経225(株価指数)の必要証拠金を抑える効果は高いと言えるでしょう。

なお必要証拠金の計算で影響を与えるロット数には、こまかな違いがあるので注意が必要です。

日経225(株価指数)の最小ロット

  • 日経225(株価指数)先物:MT4 1ロット / MT5 0.1ロット
  • 日経225(株価指数)現物:MT4 0.1ロット / MT5 0.1ロット

日経225(株価指数)の最大ロット

  • 日経225(株価指数)先物:MT4 12500ロット / MT5 10700ロット
  • 日経225(株価指数)現物:MT4 12500ロット / MT5 12500ロット

XMの日経225(株価指数)先物のMT4の最小ロットは大きく、MT5の最大ロットは小さくなります。

必要証拠金を抑えやすいことから、XMは日経225(株価指数)のトレードに適していると言えるでしょう。

XM 日経225(株価指数)「現物」の配当金とスワップポイント

XMの日経225(株価指数)現物は、配当金とスワップポイントが発生します。

配当金もスワップポイントも、ポジションを保有しているときに特定のタイミングで発生します。

まず配当金は、買い注文(ロング)で受け取り、売り注文(ショート)で支払いになります。

基本的に配当金は、株式を購入した人に与えられる特典です。

たとえ証拠金取引だったとしても現物株式の購入と同じく、買い注文をした人だけが配当金を受け取れることはメリットと言えるでしょう。

日経225(株価指数)の配当金が発生するタイミングは不定期で、XMの株価指数のページにある「指数配当金」の項目で確認できます。

配当金のほか、XMの日経225(株価指数)現物はスワップポイントも発生します。 スワップポイントは、XMでトレードするタイミングに応じて変化します。

2023年7月現在のスワップポイントは、ロング-2.69%、ショート-2.72%とマイナスです。

発生時間についてはFX通貨ペアと同じで7:00になり、土日ぶんは水曜日の3倍デーにまとめて徴収されるでしょう。

XM 日経225(株価指数)のスプレッド

XMの日経225(株価指数)の最低スプレッドは以下の通りですが、MT4でリアルスプレッドを確認したところ同じ値幅でした。

  • 日経225(株価指数)先物:16pips
  • 日経225(株価指数)現物:7pips

日経225(株価指数)の現物は狭く、先物は広く設定されています。

1pipsあたりの価格について、FXトレードは1pipsあたり最小通貨単位の1/100すなわち「1pips=0.01円」です。 しかし日経225は1pips=1円になるでしょう。

このため損益やロット計算をしやすことはメリットと言えます。

日経225現物はスプレッドが狭く、マイナススワップが発生することからスキャルピングに向いています。

一方、日経225先物はスプレッドが広く、限月があることから中長期の相場を狙ったスイングトレードに適しているでしょう。

XM 日経225(株価指数)の取引時間

XMの日経225(株価指数)の取引時間は、日本時間の平日8:05~翌06:15までです。

FX通貨ペアと同じく日経225も土日は休日ですが、金曜日に限りクローズ時間は翌06:15とわずかに早まります。

夏時間も適用されるため、サマータイム期間中は1時間前倒しになります。

XMの日経225(株価指数)を分かりやすく解説

XMの日経225は株価指数のひとつであり、先物と現物のふたつで最大500倍のレバレッジでトレードできることが特徴です。

すべての口座タイプでトレードできますが、どれも取引条件や取引時間は同じになることを覚えておいてください。