ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの日経225(株価指数)を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMは追証なしで最大888倍までのレバレッジが使えることが人気の海外のFXブローカーです。

また、数十種類もの通貨ペアがトレードできることも人気の理由のひとつです。

そして、実はXMでは日経225株価指数といった通貨以外の銘柄もトレードできます。

しかし、日経225株価指数をトレードするとはいったいどういうことなのでしょうか。

単純に日経平均連動型の投資信託を購入するのとはどう違うのでしょうか。

そこで今回はXMの日経225株価指数について分かりやすく解説していきます。

XMの日経225株価指数を分かりやすく解説

XMの日経225株価指数はCFD銘柄

XMの日経225株価指数はCFDと呼ばれる金融商品に分類されます。

CFDは差金決済商品とも呼ばれるもので、実際の商品の受渡しなしに売買差額のやり取りだけをするものです。

証券会社を使えば日経225株価指数に連動する投資信託を購入することはできます。

しかし、日経225株価指数そのものを購入することは誰にもできませんし、売りから入ることも不可能です。 対して、XMの日経225株価指数は空売りもできます。

これはXMの日経225株価指数銘柄が投資信託ではなく、日経平均の指標をもとにしたCFDだからです。

ちなみに、為替FXも実際に外貨を買ったり売ったりしているわけではありません。

あくまで売買差額で利益を出していく金融商品です。

したがって、厳密にいえば為替FXもまたCFDのひとつです。

ただ、日本では慣習的に為替FXは単に「FX」、それ以外のCFD商品を「CFD」と呼び分けるようになっています。

XMの日経225株価指数には現物と先物がある

XMの日経225株価指数銘柄には現物と先物の2種類があります。

それぞれのシンボルと特徴は以下のとおりです。

・JP225Cash(現物)・・・決済期限なし、スプレッド狭め、スワップポイント

・配当金調整あり

・JP225(先物)・・・決済期限あり、スプレッド広め、スワップポイント

・配当金調整なし

現物はスプレッドが狭めかつ決済期限もない代わりにスワップポイント等が発生してしまいます。

対して先物はポジション保有コストがない代わりに決済期限があります。 また、スプレッドも広めです。

ひとくちにXMの日経225株価指数といっても現物と先物では以上のような違いがあります。

自分のトレードスタイルによって両者を使い分けていくと良いでしょう。

XMの日経225株価指数の取引条件

XMの日経225株価指数の基本的な取引条件は以下のとおりです。

・最低スプレッド・・・現物12pips、先物24pips

・最大レバレッジ・・・200倍

・取引時間・・・8時05分~06時15分、06時30分~06時55分

取引時間については東京証券取引所のオープンしている時間に限定されません。

日経225株価指数は一部の時間帯をのぞいて取り引きができます。

XMは最大レバレッジ888倍が大きな特徴のひとつですが、日経225株価指数の場合、最大レバレッジは200倍まで下がってしまいます。

また、スプレッドに関しては注意が必要です。

スプレッドの大きさは通常、流通している最小通貨単位の100分の1で表します。

たとえば、USDの絡む通貨ペアの場合、通常は1pips=1/100セントです。

しかし、日経225株価指数のようなCFDにはこのルールは当てはまりません。

日経225株価指数のスプレッドの場合、1pips=1円です。

上記はXMの実際の取引プラットフォーム上の気配値です。

スプレッドが「19645円-19621円=24円」となっているのが分かります。

このあたりは為替FXに慣れていると戸惑ってしまうかもしれません。

しかし、日経225株価指数にかぎらずCFDのpipsは考え方が特殊です。

早めに慣れてしまいましょう。

XMの日経225株価指数の現物は配当金調整に注意

XMの日経225株価指数の「現物」にはスワップポイントのほか配当金調整と呼ばれるものが存在します。

配当金調整は取引時点ではなく、XMにポジションを持っていると特定のタイミングで発生します。

この点ではスワップポイントと同じです。

しかし、配当金調整はスワップポイントとは以下の点で大きく異なります。

・ロング(買い)は受け取り、ショート(売り)は支払いで固定

・発生タイミングは不定期

まず、配当金調整は受け取りと支払いが固定です。

XMの為替FXのスワップポイントの場合、通貨ペアによって受け取りと支払いのどちらになるかはまちまちです。

スワップポイントは通貨ペアの金利差を調整するものだからです。

対して、日経225株価指数の配当金調整は必ずロングが受け取り、ショートが支払いとなります。

通常、株式等の配当は株券を購入している人に支払われるものです。

したがって、つねにロングが受け取りとなるのです。

スワップポイントとの発生タイミングの違いも同じように考えると理解できます。 金利は日々生じるものです。

一方で、配当金はある特定のタイミングでまとめて発生します。

そのため、XMの日経225株価指数の配当金調整の発生タイミングも不定期となっているのです。

具体的な配当金調整の発生タイミングはXMの公式サイトで確認できます。

なお、日経225株価指数には配当金調整があるからスワップポイントがない、というわけではありません。

しっかりとスワップポイントも日々発生するので注意しましょう。

XMの日経225株価指数のロットあたりの取引価額

XMの日経225株価指数は1lot=数量1です。

XMの為替FXの1lotは10万通貨のため、1lotといっても表示されている価格=取引価額とはなりません。

しかし、日経225株価指数の場合はシンプルに表示価額が1lotあたりの価格になります。

たとえば、日経225株価指数が19,000円の際、1lot=19,000円です。

最大レバレッジの200倍を使えばおよそ100円の証拠金でもトレードができます。

XMの日経225株価指数はスプレッドも1pips=1円でした。

このように、XMの日経225株価指数はロット計算やスプレッドの考え方が分かりやすいという特徴があります。

日経平均全体の値動きを分析すれば良いというところもシンプルです。

日経225株価指数は、為替FXの仕様に慣れていない人でもとっつきやすい銘柄のひとつといえるでしょう。

XMの日経225株価指数を分かりやすく解説 まとめ

XMの日経225株価指数はCFDと呼ばれる金融商品のひとつです。

実際の日経平均株価連動型のインデックスファンドを購入するわけではなく、決済時の差金で利益を狙うところはFXと同じです。

ただ、取引時間やロットあたりの数量などFXと異なる点も少なくありません。

とくに配当金調整はFXにはない考え方です。

XMで日経225株価指数のトレードをするつもりの人は、そういった為替FXとの相違点は必ず前もって確認しておくようにしましょう。