ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの日経225(株価指数)を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【2位】iFORXの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】XMの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMの日経225(株価指数)ってなに?

日経225(株価指数)のトレード条件はどのようになっているの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

XMは約定率が高く、最大888倍のレバレッジでトレードできることで、人気の海外FX取引所です。

為替FX以外のトレードにも挑戦してみたいとお考えの方の中には、XMの日経225(株価指数)の取引をご検討中の方もいるのではないでしょうか。

XMの日経225(株価指数)を分かりやすく解説

XMでは為替FXだけでなく、日経225(株価指数)でもトレードすることができます。

日経225(株価指数)とは、XMのCFDに分類される取引商品です。

XMの日経225(株価指数)はCFDに分類される

CFDとは差金決済商品をさし、実際に商品の受け渡しを行わずに商品の売買価格をトレードし、損益だけを取引口座に反映するトレード方法です。

日経225(株価指数)から証券会社をイメージする方も多いでしょう。

証券会社の日経225(株価指数)では、連動する投資信託を購入し、投資することができます。

一方、証券会社では日経225(株価指数)を購入することはできませんし、空売りにも対応していません。

XMの日経225(株価指数)は、空売りにも対応しており、これが証券会社との大きな違いと言えるでしょう。

そもそもXMの日経225(株価指数)は投資信託ではなく、日経平均を指標にしたCFD取引だからこそ、売りからの注文も可能になるのです。

XMの為替FXも実際に通貨を売買するのではなく、証拠金を担保にトレードし差益を獲得する取引商品です。

よって厳密には為替FXもCFDのひとつと言えるでしょう。

しかし日本では為替FXと商品をトレードするCFDは分類される傾向にあるため、XMでも別商品として考えられています。

XMの日経225(株価指数)には現物と先物でトレードできる

XMの日経225(株価指数)には、現物と先物の2種類でトレードできます。

現物と先物の日経225(株価指数)のシンボルと特徴は以下の通りです。

  • JP225Cash(現物):決済期限なし・スプレッド狭い・スワップポイントあり・配当金調整あり
  • JP225(先物):決済期限あり・スプレッド広い・スワップポイントなし・配当金調整なし

XMの日経225(株価指数)の現物は、決済期限がなくスプレッドが狭い代わりに、スワップポイントなどのトレードコストが発生します。

一方、先物の場合は、決済期限がありスプレッドが広い代わりに、スワップポイントなどはありません。

同じXMの日経225(株価指数)であっても、現物と先物ではこのような違いがあります。

自分のトレードスタイルによって、ふたつを使い分けていきましょう。

XMの日経225(株価指数)の取引条件

XMの日経225(株価指数)の基本的な取引条件は、以下の通りです。

  • 最大レバレッジ:200倍
  • 最低スプレッド:現物12pips 先物24pips
  • 取引時間:8時05分~06時15分 06時30分~06時55分

XMは最大888倍のレバレッジでトレードできるのが大きな特徴ですが、日経225(株価指数)の場合は最大200倍に限定されてしまいます。

スプレッドに関しては、為替FXなどと日経225(株価指数)で異なることに注意しましょう。

通常為替FXのスプレッドは、流通している通貨の最小通貨単位の1/100を表します。

たとえばUSDの通貨ペアの場合は、1pips=1/100セントとなります。

一方、日経225(株価指数)のスプレッドは、1pips=1円で表します。

XMのスプレッドは日経225(株式指数)に限らず、CFD全般的にpipsにおいて特殊な考え方をします。

はじめてCFDをトレードする方が間違えてしまいがちなポイントですので、XMで日経225(株価指数)をトレードする際はご注意ください。

つづいてXMの日経225(株価指数)の取引時間も、為替FXとは異なります。

また東京証券取引所の取引時間に限定されず、一部の時間帯を除いて取引することができます。

XMの日経225(株価指数)の現物は配当金調整に注意

簡単に上述しましたが、XMの日経225(株価指数)の現物には、スワップポイントに加えて配当金調整があります。

配当金調整はXMでトレードした時点ではなく、ポジションを保有する間に特定のタイミングで発生します。

要するに配当金調整が発生するタイミングの形は、スワップポイントと似ていると言えるでしょう。

しかしスワップポイントと配当金調整は、以下のような大きな違いがあることにご注意ください。

  • 買い注文(ロング)の場合は配当金を獲得し、売り注文(ショート)の場合は支払いと固定されている
  • 配当金の発生タイミングは不定期

XMの為替FXにおけるスワップポイントは、保有するポジションとスワップポイント料率に応じて、獲得できるのか支払いに転じるのかが異なります。

為替FXのスワップポイントは、2か国の通貨における金利差を調整するために発生するため、状況に応じて獲得または支払いが異なります。

一方、日経225(株式指数)は保有するポジションに応じ、ロング=スワップポイント獲得、ショート=スワップ支払いとあらかじめ決められています。

そもそも株式保有で獲得できる配当金は、保有するすなわり買った人が獲得できる特典です。

よって株価指数である日経225のスワップポイントは、ロングすると必ず配当金を獲得できるのです。

為替FXと株価指数それぞれのスワップポイントの発生タイミングの違いも、ふたつの特徴をとらえると納得できます。

まず為替FXのスワップポイントは毎日定刻に発生しますが、株価指数は特定のタイミングで一度に発生します。

よって日経225のスワップポイント発生のタイミングも不定期になっており、XM公式でも確認できます。

ただし日経225(株価指数)は配当金調整があるからスワップポイントが発生しないのではありません。

別途スワップポイントも発生することもご注意ください。

XMの日経225(株価指数)の1ロットあたりの取引価額

XMの日経225(株価指数)は1lot=数量1と考えます。

取引価格の考え方としては為替FXのほうが複雑で1Lot=10万通貨のため、1Lotとして表示されている価格が取引価格とはなりません。

一方、日経225(株価指数)の場合は、シンプルに表示価額が1lotあたりの価格になります。

たとえば、XMの日経225(株価指数)が18,000円の際、1lotは18,000円となります。

スプレッドも同じく1pips=1円であるため、ロット計算や損益状況なども把握しやすいというメリットがあります。

為替FXに苦手意識を抱いている方に、XMの日経225(株価指数)はおすすめと言えるでしょう。

XMの日経225(株価指数)を分かりやすく解説まとめ

XMの日経225(株価指数)は為替FXと異なる取引条件やpipsの考え方をします。

初心者に理解しやすいトレード商品と言えるのではないでしょうか。

ただし日経225(株価指数)には現物と先物の2つがあることや、取引時間が異なる点においてはXMで注意すべきポイントと言えるでしょう。