ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの日経225(株価指数)を分かりやすく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【3位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XМの日経225(株価指数)ってなに? 現物と先物って違うの?

もしそうなら違いを知りたい。 日経225の取引条件や取引時間を詳しく知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

XМは最大1000倍のレバレッジ取引をゼロカット採用という環境のもと取引できる海外FXブローカーです。

充実したボーナス制度が大きな魅力ですが、CFD取引も充実していることもXМの魅力でしょう。

ここではXМの日経225(株価指数)はどのような銘柄なのかを詳しく解説していきます。

XMの日経225(株価指数)を分かりやすく解説

XMの日経225(株価指数)とは?

XМの日経225(株価指数)とは、東京正面取引所に上場している優良企業が発行する株式の225銘柄で構成されており、日本経済新聞によって毎日算出される株価平均の指数です。

また、XМでも日経225(株価指数)をCFD銘柄のひとつとして取引できます。 МT4とМT5に表示される日経225のシンボルは、以下の2種類です。

  • 日経225(株価指数)現物:JP225Cash
  • 日経225(株価指数)先物:JP225

XМは、現物の2種類の日経225を取り扱っており、どちらでも取引できます。

ただし、現物と先物では取引条件が異なることにご注意ください。

また、取引条件もFX通貨ペアとは異なるため、こちらではXМの日経225(株価指数)についてさらに詳しくご紹介していきます。

XM 日経225(株価指数)の先物と現物の違い

XМの日経225(株価指数)の現物と先物の違いは、大きく分けて3つです。

  • スワップポイント:現物あり / 先物なし
  • 配当金調整:現物あり / 先物なし
  • 限月(決済期限):現物なし / 先物あり

日経225(株価指数)現物は、スワップポイントと配当金調整がありますが、先物にはありません。

一方現物には限月がありませんが、先物は3か月の決済期限が設けられています。

なお、日経225(株価指数)現物は、現物取引をするのではなく、現時点の価格をトレードするCFD銘柄です。

海外FXブローカーの大半も日経225(株価指数)を取引できますが、現物の取り扱いがある業者は珍しいと言えるでしょう。

このため、日経225(株価指数)現物でも取引できることが、XМのメリットです。

なお、日経225の先物と現物では、スプレッドと取引ロット数に違いがありますので、以下で詳しく解説していきます。

XM 日経225(株価指数)の1ロットあたりの価格

XМの日経225(株価指数)は、1LOT=1数量です。

たとえば日経225(株価指数)が20,000円だったとき、1ロットあたりの価格も20,000円になります。

FX通貨ペアは、1LOT=100,000通貨ペアのため、1ロット当たりの価格は一目で把握できません。

一方、日経225(株価指数)は計算しなくても1ロットあたりの価格が分かります。

XМのFXトレードは、1ロット当たりの価格がスタンダード口座とZERO口座共に同じで、マイクロ口座のみ異なります。

一方、日経225(株価指数)は全口座共に統一されているため、区別する手間がありません。

XM 日経225(株価指数)のレバレッジと必要証拠金

XМの日経225(株価指数)のレバレッジは最大500倍のため、証拠金を抑えて取引できます。

必要証拠金の計算方法は、以下の通りです。

  • 価格×取引量(ロット)÷レバレッジ

たとえば、XМの日経225(株価指数)の価格が20,000円のとき、XМで1ロットを買いエントリーしてポジションを立てると想定します。 このケースの必要証拠金の計算方法は、以下の通りです。

  • 20,000円×1ロット÷500=40円

すなわち40円が日経225(株価指数)の取引の必要証拠金になります。

最大1000倍で取引できるのはXМのメリットですが、残念ながらFX通貨ペアに限ります。 日経225(株価指数)は、1/2の最大500倍のレバレッジに制限されます。

一方、他社の日経225(株価指数)は最大200倍のレバレッジが平均のため、XМは十分高い部類に入るでしょう。

このためXМは日経225(株価指数)の必要証拠金を大幅に抑えられます。

なお必要証拠金の計算で影響を与えるロット数には、こまかな違いがあるため注意が必要です。

日経225(株価指数)の最小ロット

  • 日経225(株価指数)現物:MT4 0.1ロット / MT5 0.1ロット
  • 日経225(株価指数)先物:MT4 1ロット / MT5 0.1ロット

日経225(株価指数)の最大ロット

  • 日経225(株価指数)現物:MT4 12500ロット / MT5 10100ロット
  • 日経225(株価指数)先物:MT4 12500ロット / MT5 9510ロット

XМの日経225(株価指数)先物のМT4の最小ロットは大きく、МT5の最大ロットは小さくなります。

必要証拠金を抑えやすいことから、XМは日経225(株価指数)の取引に適しています。

XM 日経225(株価指数)「現物」の配当金とスワップポイント

XМの日経225(株価指数)現物は、配当金とスワップポイントが発生します。

配当金もスワップポイントも、ポジションを保有しているときに特定のタイミングで発生します。

まず配当金は、買い注文(ロング)で受け取り、売り注文(ショート)で支払いになります。

基本的に配当金は、株式を購入した人に与えられる特典です。

たとえ証拠金取引だったとしても、現物株式の購入と同じく、買い注文をした人がだけが配当金を受け取れることはメリットでしょう。

配当金のほか、XМの日経225(株価指数)現物はスワップポイントが発生します。

スワップポイントは、XМでトレードするタイミングに応じて変化します。

2024年5月現座のスワップポイントは、ロング-3.24、ショート-3.08とマイナスです。

発生時間についてはFX通貨ペアと同じで7:00になり、土日ぶんは水曜日の3倍デーにまとめて徴収されます。

XM 日経225(株価指数)のスプレッド

XМの日経225(株価指数)の最小スプレッドは以下の通りですが、МT4でリアルスプレッドを確認してみても同じ値幅でした。

  • 日経225(株価指数)先物:14pips
  • 日経225(株価指数)現物:7pips

日経225(株価指数)の現物は狭く、先物は広く設定されています。

1pipsあたりの価格について、FXトレードは1pipsあたり最小通貨単位の1/100、すなわち「1pips=0.01円」です。

しかし日経225(株価指数)は、1pips=1円になります。 このため損益やロット計算をしやすいことは、メリットです。

日経225(株価指数)現物はスプレッドが狭く、スワップポイントが発生するため、スキャルピングに向いています。

一方、日経225(株価指数)先物はスプレッドが広く、現月があることから中長期の相場を狙ったスイングトレードに適しています。

XM 日経225(株価指数)の取引時間

XMのXMの日経225(株価指数)の取引時間は、日本時間の平日8:05~翌06:55までです。

FX通貨ペアと同じく、日経225も土日は休日です。

ただし、金曜日に限りクローズ時間は翌6:50とわずかに早まるため、ご注意ください。 夏時間も適用されるため、サマータイム期間中は1時間前倒しになります。

XMの日経225(株価指数)を分かりやすく解説まとめ

XМの日経225(株価指数)は株価指数のひとつです。

またXМでは先物と現物のふたつで取引でき、どちらも最大500倍のレバレッジで取引できます。

すべての口座タイプでトレードできますが、どれも取引条件や取引時間は同じになります。

XМの日経225(株価指数)を取引する際は覚えておきましょう。