ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

FXGTの日経225(株価指数)を詳しく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【3位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【4位】iFOREXの詳細ページはこちらから

FXGTは、FXと仮想通貨の海外ハイブリッド取引所です。

そんなFXGTでは、日経225を含む株価指数でもトレードできることが特徴です。

しかし日経225(株価指数)をトレードするってどういうことなのか、よく理解していない方もいるのではないでしょうか。

またFXGTにおける日経225(株価指数)の取引条件が気になる方もいるでしょう。

ここではFXGTの日経225(株価指数)について解説していきます。

FXGTの日経225(株価指数)を詳しく解説

FXGTの日経225(株価指数)はCFD銘柄

FXGTの日経225は株価指数のひとつで、CFDと呼ばれる金融商品をさしています。

「Contract for Difference」を省略したものがCFDで、これを差金決済と呼びます。 実物を売買するのではなく、売買価格の差金決済する契約をCFDと言います。

FXGTで日経225(株価指数)を取引すれば配当金はありますが、それは日経225(株価指数)の投資信託を購入することとは意味合いが異なります。

投資信託を取引したい場合は、証券会社を利用しましょう。

FXGTではその他の銘柄でも同じことが言えます。

通貨ペア、株式、仮想通貨でも実物を購入するのではありません。

あくまでもFXGTは、売買した価格の差額だけを結果として発生させる取引を行います。

FXGT 日経225(株価指数)の取引時間

FXGTの日経225(株価指数)の取引時間は、月曜日2:30~土曜日0:55です。

ただし毎日0:55~2:30のあいだはメンテナンスのため取引停止時間になります。 そうは言っても平日の早朝から深夜までいつでも取引できます。

FXGTの日経225(株価指数)のマーケットは、先物をベースに動いています。

そのため東京市場がクローズしている時間帯でもマーケットは動いています。

時間帯に関係なくトレードできることは、投資信託やETFにはないメリットでしょう。

なお投資信託の価格の更新や取引は1日1回に制限され、ETFは株式投資にしたがいます。

たとえ同じ日経225(株価指数)でも投資信託とETFでは条件が大きく異なりますので、FXGTで取引する際には注意しましょう。

なおFXGTはサマータイムが適用され、夏場の取引時間は1時間前倒しになります。

東京市場のように年間を通じて取引時間が一定しているわけではないことにはご注意ください。

FXGT 日経225(株価指数)のレバレッジ

FXGTの日経225(株価指数)の最大レバレッジは100倍です。

証券会社でも投資信託のレバレッジ取引ができますが、最大3倍のレバッジに制限されるケースがほとんどです。

一方FXGTでは桁違いのレバレッジで日経225(株価指数)をトレードできることは大きなメリットと言えるでしょう。

また日経225(株価指数)はCFDですので、売りからはじめることも大きな特徴です。

ハイレバレッジと売りからはじめられる空売りができることは、一般的な投資信託の日経225(株価指数)との大きな違いと言えるでしょう。

一方、ハイレバッジ取引ができることは、ハイリスクでもあります。

FXGTにはゼロカットシステムがあるため借金を抱えることはありませんが、一瞬で資金が尽きてしまうおそれがあります。

このようなリスクについてはきちんと理解したうえでトレードを行いましょう。

FXGT 日経225(株価指数)の口座タイプ

FXGTの日経225(株価指数)の口座タイプは4つから選んでトレードできます。

  • ミニ口座
  • スタンダード+口座
  • PRO口座
  • ECN口座

他のFX業者と比べると多くの口座タイプを取り扱っています。

なお日経225(株価指数)のレバレッジは、どの口座タイプも100倍です。

FXGTは少しでも希望に近い口座タイプから選んでトレードできることがメリットでしょう。

FXGT 日経225(株価指数)の手数料

FXGTの日経225(株価指数)の取引手数料は、無料です。

しかしこれは名目上であり、実際のトレードではスプレッドが発生します。

スプレッドは売値と買値の差額です。

日経225(株価指数)などのCFDでは往復注文が必要ですから、取引手数料として2つのスプレッドがかかることになるでしょう。

FXGTでは日経225(株価指数)の最小スプレッドは以下の通りです。

  • ミニ口座:18ポイント
  • スタンダード+口座:14ポイント
  • PRO口座:12ポイント
  • ECN口座:2ポイント

スプレッドは変動制ですので実際のトレードでは値幅の変動に注意しましょう。

FXGTの日経225(株価指数) その他の取引条件

FXGTの日経225(株価指数)におけるその他の取引条件をみていきます。 日経225(株価指数)のコントラクトサイズは100です。

コントラクトサイズとは1ロットあたりの数量で、すなわち単位をさしています。

もしFXGTで日経225(株価指数)を1ロット取引するのであれば、日経225(株価指数)での価格の100倍が取引の金額になります。

しかしレバレッジは100倍ですので、必要証拠金はその1/100に抑えられます。

最終的な取引価格は日経225(株価指数)の価格と同等と考えてよいでしょう。

最小/最大ロットは以下の通りです。

  • ミニ口座:0.01/20
  • スタンダード+口座:1/150
  • PRO口座:0.01/150
  • ECN口座:0.01/150

そしてスワップレートとはいわゆるスワップポイントをさしていますが、以下の通りです。

  • PRO口座:買い-2.72/売り-3.68
  • それ以外の口座:買い-3.22/売り-4.18

なおスワップレートは変動するおそれがあるものの、マイナスのケースがほとんどです。

すなわちFXGTの日経225(株価指数)は長期トレードに適していないと言えるでしょう。

FXGT 日経225(株価指数)の特徴

日経225(株価指数)の特徴は、米国市場に追従しており、為替相場とは逆相関の動きをすると言われています。

すなわちドル高円安で日経225(株価指数)は上昇、ドル安円高で下落です。 またボラティリティが高まるのは連休明けや月末と言われています。

必ずではありませんが、FXGTでトレードするのであれば日経225(株価指数)の特徴を押さえておきましょう。

FXGT 日経225(株価指数)の注意点

FXGTの日経225(株価指数)は、税金に注意しましょう。

源泉徴収ありの特定口座で、一般的な投資信託の日経225(株価指数)の税金が発生したのであれば税金は天引きされます。

一方FXGTは海外FX業者ですので、このような税制度を利用できません。

しかし海外FXの取り扱い銘柄はすべて一律の税制度のもと確定申告や税金の納税を行うため、申告手続きや計算などのルールはわかりやすくなります。

FXGTの日経225(株価指数)を詳しく解説まとめ

FXGTの日経225(株価指数)について解説しました。

基本的にFXと同じような条件でトレードできます。

一方リスクが高く、投資信託のような税制の優遇は受けられません。

FXGTでトレードするときは、一般の投資信託やETFとは似ている点もありますが異なるものと考えておいた方が理解しやすいでしょう。