ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのダウ平均を分かりやすく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【3位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【4位】FXGTの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMはダウ平均をトレードできるの? もしできるのであれば、XMのダウ平均の取引条件と取引時間を知りたい。 あなたは今、このようにお考えですよね。 ダウ平均は、XMのCFD取引のうち株価指数に分類される銘柄をさしていて、株価指数の代表的な銘柄と言えるでしょう。 ここではXMのダウ平均について詳しく解説していきます。

XMのダウ平均を分かりやすく解説

XMのダウ平均とは?

XMのダウ平均とは、米国を代表する30種類の株価の平均をトレードする取引商品です。 なお米国経済を支える代表的な株価指数には重要度がありますが、順番にあげると以下の通りです。

  • 1.「US30」:ダウ平均
  • 2.「US500」:S&P(スタンダード・プアーズ)
  • 3.「US100」:ナスダック

シンボルに表示されている30、500、100などの数値は、株価指数で取り扱う株の数を示しています。 代表的な株価指数の優先順位の基準は、企業が発行する株の質でしょう。 たとえばダウ平均は、小国家資産に匹敵する時価総額がある国際的にも有名な以下のような企業を採用しています ・Apple・マクドナルド・コカ・コーラ・ウォルトディズニカンパニーなど XMのCFD取引のひとつに株価指数がありますが、ダウ平均は株価指数を代表する銘柄のひとつです。 株価指数は企業の単一株を買うよりもリスク分散できることを目的としたトレード商品です。

XM ダウ平均の先物と現物の違い

XMのダウ平均には先物と現物がありますが、大きな違いは以下の通りです。

  • ダウ平均先物:限月(決済期限)がある / 配当金・スワップポイントはない
  • ダウ平均現物:配当金・スワップポイントがある / 限月(決済期限)はない

ダウ平均の先物と現物の違いは、これ以外にもスプレッド幅があげられます。 またXMのダウ平均のシンボルも、先物と現物で違います。

  • ダウ平均先物:US30-SEP24
  • ダウ平均現物:US30Cash

なおXMのダウ平均は先物も現物も証拠金取引になります。 ダウ平均の先物は、先々の価格を予想する取引です。 一方現物は、今の価格を予想する取引という違いがあります。 すなわちXMのダウ平均は現物取引ではないことにご注意ください。 ここからはXMのダウ平均の取引条件と取引時間についてみていきます。

XM ダウ平均の1ロットあたりの価格と取引通貨数量

XMのダウ平均における1ロットあたりの価格は1ダウです。 そのままダウ平均の価格が1ロットあたりの価格になり、現在では1Dow=34000ドル相当になるでしょう。 なお取引通貨数量は、以下の通りです。 XM ダウ平均の最小ロット

  • ダウ平均先物:MT4 1ロット / MT5 0.1ロット
  • ダウ平均現物:MT4 0.1ロット / MT5 0.1ロット

XM ダウ平均の最大ロット

  • ダウ平均先物:MT4 12500ロット / MT5 160ロット
  • ダウ平均現物:MT4 12500ロット / MT5 150ロット

XM ダウ平均のレバレッジ

XMのダウ平均のレバレッジは、最大500倍です。 FX通貨ペアは最大1000倍ですので、ダウ平均は半分に抑えられています。 しかし過去XMのダウ平均は、最大100倍のレバレッジに抑えられていたため、現在では資金効率よくトレードできるように改善されました。 ハイレバレッジトレードができるようになったため必要証拠金を抑えて取引できます。

XM ダウ平均の必要証拠金の計算方法

XMのダウ平均における必要証拠金の計算方法は、以下の通りです。 ・ロット数×コントラクトサイズ×市場レート÷レバレッジ たとえば1Dow=34000ドルだったとき、1ロットを買うときの必要証拠金の計算方法は以下の通りです。 ・1ロット×1ダウ×34,000ドル÷500=68ドル すなわちダウ平均を1ロット取引する場合の必要証拠金は68ドル、日本円が1ドル=100円だった場合は6800円になります。 しかしダウ平均の最小取引数量は、0.1ロットですので、このケースの必要証拠金は、単純に680円になります。 ダウ平均をトレードするからと言って34,000ドル、すなわち340万円の資金を準備する必要はありません。 XMの必要証拠金はレバレッジと取引量に応じて抑えることができるため、少額からダウ平均をトレードすることができます。

XM ダウ平均のスプレッド

XMのダウ平均の最低スプレッドは、先物と現物で異なります。

  • ダウ平均先物:5pips
  • ダウ平均現物:2.6pips

なおXMのMT4でダウ平均のリアルタイムのスプレッドを確認したところ、現時点では先物は5.3pips、現物は3.2pipsでした。 ダウ平均は1pips=1USDですので、スプレッドは把握しやすいです。 なおXMのダウ平均は、ZERO口座ではトレードできないため、取引手数料の上乗せはありません。 ダウ平均のトレードコストはシンプルにスプレッドのみになります。

XM ダウ平均のスワップポイント

XMのダウ平均の現物ではスワップポイントが、以下の通りです。

  • ロング(買いスワップ):-7.59
  • ショート(売りスワップ):1.33

現時点では、ダウ平均現物のショートでスワップ差益を受け取ることができます。 なおロングをしたいのであれば、ダウ平均の先物で行えば、スワップポイントは発生しないため、手数料を抑えることができるでしょう。

XM ダウ平均の配当金

XMのダウ平均の現物では配当金も受け取ることができます。 ダウ平均の配当金は、買いポジションなら受け取り、売りポジションなら支払いになり、株式の配当金と似ています。 配当金が発生するタイミングは、毎週木曜日の日本時間7時(夏時間は6時)になります。 XMの「指数配当金」のカレンダーでは、今日を含めて5日間の配当金を確認できます。 ダウ平均現物は、限月がないかわりに、配当金が発生すると考えてよいでしょう。

XM ダウ平均の取引時間

XMのダウ平均の取引時間は、以下の通りです。

  • 冬時間:月~木 08:05~翌06:15 金 08:05~翌06:10
  • 夏時間:月~木 07:05~翌05:15 金 07:05~翌05:10

なお3月~11月まではサマータイムが適用され、XMの取引時間は1時間早まります。 サマータイムとの移行期間はXMからのお知らせを見逃さないようにしましょう。

XMのダウ平均を分かりやすく解説まとめ

XMのダウ平均について解説しました。 ダウ平均の先物と現物では最大500倍でレバレッジ取引することができます。 XMではダウ平均先物は限月があり、現物は配当金・スワップがあることが大きなふたつの違いです。 さらにスプレッド幅にも違いがありますのでご注意ください。 XMのダウ平均はまず先物と現物の違いを理解したうえでトレードしましょう。