ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのダウ平均を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】おすすめ1位のFX業者(LINE公式で確認)

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMのダウ平均とは、どのような銘柄なの?

これからダウ平均をXMではじめるためにトレード条件を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

XMは充実したボーナス制度とFXトレードを最大888倍でレバレッジ取引できる海外FX取引所です。

FXトレードだけでなく、XMのダウ平均を始めたいとお考えの方に向けてダウ平均とはいったいどのような取引か、トレード条件についてもみていきましょう。

XMのダウ平均を分かりやすく解説

XMのダウ平均は、CFD商品のひとつです。

CFD商品とは、FXトレードをのぞく、ダウ平均をはじめとした株価指数、貴金属・エネルギー・コモディティなどの証拠金取引をさします。

ちなみに株価指数は単一企業の株を買うよりも、リスク分散できることを目的とした投資商品と言えるでしょう。

XMのダウ平均をはじめとしたCFD取引はスタンダード口座・マイクロ口座でトレードできますが、ふたつともトレード条件は同じです。

ZERO口座ではトレードできないためご注意ください。

XMのダウ平均とは?

XMのダウ平均とは、米国を代表する30種類の株価の平均をトレードする取引商品で、シンボルは「US30Cash」です。

アメリカの株価指数にはダウ平均のほかにも、「US100Cash」を示すナスダック、「US500Cash」を示すS&P(スタンダード・プアーズ)などがあります。

シンボルに表示されてる、30、100、500などの数値は、株価指数で取り扱う株の数を示しています。

米国経済を支える代表的な株価指数を順にあげると、ダウ平均がもっとも高く、ついでS&P、最後にナスダックです。

代表的な株価指数の優先順位として重要なのは、取り扱う株の数なのではなく、企業が発行する株の質です。

たとえばダウ平均は、Apple・ウォルトディズニカンパニー・マクドナルドなど、小国家資産に匹敵する時価総額の企業を採用しています。

XMのダウ平均は現物と先物の2種類

XMのダウ平均は、現物と先物の2種類で取引できますが、それぞれシンボルとトレード条件は異なります。

  • ダウ平均現物:US30Cash
  • ダウ平均先物:US30

ダウ平均現物の特徴は、限月なし・配当金とスワップポイントがあることでしょう。

一方、ダウ平均先物は、限月があるぶん、配当金とスワップポイントはありません。

XMのダウ平均の限月

XMのダウ平均の限月とは、先物「US30」の満期をさし、最長3ヶ月で満期を迎えます。

たとえばMT4のダウ平均のシンボルが「US30-SEP21」だった場合、満期は9月21日になります。

限月を迎えてもダウ平均のポジション維持を続けていた場合は、XMによって自動的に決済されます。

ダウ平均の限月をはじめ、開始日や満期日を確認する方法は、XMの公式サイト「株式指数–スプレッド/条件」内の「先物指数CFD」の「有効な取引」タブに記載されています。

XMのダウ平均の配当金

XMのダウ平均の現物「US30Cash」は、配当金が発生します。

配当金は、買いポジションなら受取、売りポジションなら支払いになり、毎週木曜日と金曜日の日本時間7時に発生します。

XMの「指数配当金」のカレンダーには、今日を含めて5日間の配当金を確認することができます。

なお配当金調整の計算方法は「指数配当金料率xロット数のポジションサイズ」です。

XMのダウ平均現物は、限月がないため、配当金が発生すると考えておきましょう。

XMのダウ平均のスワップポイント

XMのダウ平均のスワップポイントも、現物「US30Cash」の場合に限り発生します。

2021年9月4日現在のスワップポイントは、ロングで-2.99、ショートで-2.89ですが、常時変動を続けるため、必ずしもXM公式の通りとは限りません。

トレード時点のスワップポイントは、MT4・MT5でご確認ください。

XMのダウ平均のスプレッド

XMのダウ平均の平均スプレッドは、現物と先物で以下の通りです。

  • ダウ平均現物:2.8pips
  • ダウ平均先物:6pips

上記のスプレッドはあくまでもXMの公式サイトに記載されている平均スプレッドです。

基本的に平均スプレッドから変動するケースは少ないですが、スプレッドは買値と売値の差額から算出されるため、常時変動を続けていますので、正確な数値はMT4またはMT5でご確認ください。

FXトレードの1pipsは、各通貨の最小通貨単位の1/100(0.0001USD)ですが、ダウ平均は1pips=1USDになります。

なお1pipsあたりの価格は、他社のダウ平均やXMのその他のトレード商品とは異なるため、きちんと異なることを理解しておきましょう。

またスタンダード口座とマイクロ口座でのトレードになるため、XMの取引手数料は無料になります。

XMのダウ平均の1ロットあたりの価格とレバレッジ

XMのダウ平均の1ロットあたりの価格は、スタンダード口座・マイクロ口座ともに1ダウです。

FXトレードにおける1ロットあたりの価格は、スタンダード口座とマイクロ口座で異なりますが、ダウ平均は共通しています。

XMのダウ平均のレバレッジ

ダウ平均のレバレッジは、現物・先物ともに100倍です。

XMのFXトレードの888倍と比較すると、低い倍率になりますが、レバレッジを適用できるだけ必要証拠金を抑えてトレードできます。

XMのダウ平均の必要証拠金の計算方法

XMのダウ平均の必要証拠金の計算方法は「ロット数×コントラクトサイズ×市場レート÷レバレッジ」です。

たとえばダウ平均のレートが1Dow=35000ドルだったときに、1ロット買う場合の必要証拠金を計算してみましょう。

1×1×35000÷100をもとに計算してみると、350ドルすなわち日本円は1ドル=100円だった場合は、35,000円の必要証拠金でトレードできます。

XMのダウ平均の取引時間

日本時間におけるXMのダウ平均の取引時間は、平日08:05~翌06:15、06:30~06:55で、金曜日のクローズに限り翌06:10に閉場となります。

ダウ平均の取引時間は、平日であってもわずかにトレードできない時間があり、金曜日の閉場時間もわずかに早まります。

上記の取引時間はXMの冬時間になり、3月~11月までは夏時間が適用され、取引時間は1時間早まります。

通常時間とサマータイムの移行期間が近づくと、XMから取引時間の変更のお知らせがメールで届きます。

XMのダウ平均を分かりやすく解説まとめ

XMのダウ平均は、アメリカ経済をささえる株式30銘柄の株価指数トレードをさします。

ダウ平均現物は配当金とスワップポイントが発生する一方、限月はなし、ダウ平均先物は限月がある一方、配当金とスワップポイントがないこと、そしてスプレッド幅が大きな違いと言えるでしょう。

このようなことを考えるとXMのダウ平均現物はスキャルピングやデイトレード、ダウ平均先物はスプレッド幅も考慮するとスイングトレード向きと言えます。