ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのダウ平均を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【2位】iFORXの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】XMの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMのダウ平均ってなに? ダウ平均のトレード条件を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

XMは追証なし・ゼロカットを採用し、最大888倍でトレードできる海外FX取引所です。

ここではXMのダウ平均について詳しく解説していきましょう。

XMのダウ平均を分かりやすく解説

XMにはダウ平均の株価指数銘柄もある

XMではダウ平均(株価指数)でトレードできます。

ダウ平均(株価指数)のシンボルは、「US30Cash」です。

ちなみに「US100Cash」と「US500Cash」がありますが、これらはダウ平均ではありません。

「US100Cash」は100の株価指数を扱うナスダック、「US500Cash」は500のS&P(スタンダード・プアーズ)を示しています。

シンボルに株価指数の数が記載されており、XMのダウ平均はアメリカを代表する30種類の代表的な株価指数をさします。

米国経済を代表する株価指数という視点で言えば、優先順位はダウ平均>S&P≧ナスダックです。

ダウ平均はたった30種類の株価しか範囲されないのに、ナスダックなどと比較するとアメリカ経済を代表する株価指数なの?とお考えの方もいるでしょう。

実はダウ平均には、Apple・マイクロソフト・コカ・コーラなどの小国の国家資産に匹敵する時価総額の企業を採用しています。

よってダウ平均はアメリカ経済を代表する株価指数と言え、日本の株価指数で言えば、日経平均>TOPIX or JASDAQ>マザーズというイメージです。

ちなみにXMでは、ダウ平均の先物(US30)もトレードできますので、のちほど詳しく解説していきましょう。

XMのダウ平均の最大レバレッジ

XMのダウ平均の最大レバレッジは、現物・先物問わずいずれも100倍です。

同じXMでも為替FXの最大レバレッジ888倍と比較すると、大幅に低い設定と言えるでしょう。

他者のダウ平均に関連するインデックスファンドのレバレッジ2倍から4倍と比較すると、XMでは大きなレバレッジでトレードできます。

XMのダウ平均の手数料とスプレッド

XMのダウ平均のトレードでは、手数料が発生しません。

実質的な取引コストは、売値(bid)と買値(ask)の差額であるスプレッドのみです。

ダウ平均の平均スプレッドは以下の通りです。

  • ダウ平均:2.8pips
  • ダウ平均先物:6pips

ただしあくまでも上はXMの平均スプレッドあり、リアルスプレッドではありません。

スプレッドは変動制ですので、トレードのたびにMT4またはMT5でご確認ください。

ダウ平均のスプレッドを表す単位であるpipsの考え方は、為替FXと異なることにも注意しましょう。

為替FXにおけるスプレッドの1pipsは、流通している法定通貨の1/100を表します。

一方ダウ平均の場合は、買値と売値の価格差のそのままの数値がpipsになります。

ようするに1pips=1USDが、XMのダウ平均のスプレッドになるのです。

ただし、同じダウ平均のスプレッドのpips換算額は、各取引所ごとに異なることにご注意ください。

XMのその他の取り扱い商品ともpips換算が異なりますので、心得ておきましょう。

XMのダウ平均は取引時間に注意

XMのダウ平均は、為替FXのスプレッドだけでなく取引時間も異なります。

ダウ平均の取引時間は、月曜日08時05分から土曜日06時15分です。

さらに平日06時15分から06時30と、06時55分から08時05分は取引時間外です。

ようするに毎日1時間近く、取引できない時間が発生しますので、ご注意ください。

またXMで取引が再開する時間帯は、ダウ平均のスプレッドが広がりやすくなります。

上記の取引時間は、XMにおける通常時間(冬時間)をさしています。

XMではサマータイムいわゆる夏時間があり、3月中旬から11月中旬くらいの間は、ダウ平均の取引時間が冬時間よりも1時間前倒しになることも心得ておきましょう。

冬時間と夏時間の移行期間近辺には、XMからお知らせが配信されますので、こまめにXM公式サイトや配信メールの更新情報に注目してください。

XMのダウ平均のスワップポイント

XMのダウ平均ではスワップポイントも発生します。

スワップポイントとは、ダウ平均でポジション保有を続ける限り、毎日発生し続けます。

XMの株価指数表におけるダウ平均のスワップポイントは、ロング-2.56、ショート-2.42ですが、常時変動しますのでリアルスワップはMT4やMT5で確認しましょう。

スワップポイントがプラスに転じる可能性がある為替FXとは異なり、ダウ平均のスワップポイントはマイナス表示ですので、ロング・ショートともに手数料として相殺されます。

よってXMのダウ平均は、長期保有に不向きです。

一方、ダウ平均の先物においては、決済期限が存在するかわりスワップポイントが発生しません。

XMのダウ平均には配当金調整がある

XMのダウ平均には、現物に限り配当金調整があります。

配当金調整はスワップポイントのような存在で、買いポジション(ロング)の保有で配当金獲得、売りポジション(ショート)保有で手数料として支払いに転じます。

ただしスワップポイントは毎日発生するのに対し、株式の配当金と同じように特定の日にしか発生しません。

配当金の発生日は不定期であり、発生日を確認するためにはXM公式のカレンダーを確認する必要があります。

XMの配当金カレンダーには、今日から5日間の配当金調整を確認することができます。

なお現物の配当金調整の計算方法は、指数配当金料率xロット数のポジションサイズです。

XMのダウ平均の現物と先物の違い

XMのダウ平均の現物と先物の違いが分かりにくい方も多いようですので、最後にふたつの違いをまとめましょう。

  • ダウ平均現物:スプレッド狭め・スワップポイント発生・配当金調整発生・決済期限なし
  • ダウ平均先物:スプレッド広め・スワップポイントなし・配当金調整なし・決済期限あり

ふたつのダウ平均の違いは、取引コストだけでなく、スワップや配当金調整などポジション保有コストにも違いがあります。

XMでダウ平均のトレードを行う際は、現物と先物の違いについてよく理解したうえでご利用ください。

XMのダウ平均を分かりやすく解説まとめ

XMのダウ平均を解説しました。

アメリカ経済の代表企業の株価指数でトレードできるダウ平均は、とても魅力的と言えるでしょう。

S&Pなどと比較すると企業数は少ないものの、グローバル大手企業の株価ばかりを扱っているため、ダウ平均は利益獲得を目指しやすいのではないでしょうか。

XMは最大888倍のレバレッジでトレードできるのが魅力ですが、ダウ平均には適用されません。

また為替FXとのトレード条件とも異なりますので、取引条件の詳細をご確認ください。