ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】おすすめ1位のFX業者(LINE公式で確認)

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190519221153j:plain

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の追証とロスカット、証拠金維持率とはどのようなもの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は最大レバレッジ1,000倍でトレード可能な海外FX取引所です。

ハイレバレッジを適用するFXトレードでは、追証とロスカットそして証拠金維持率についてきちんと理解する必要があります。

ここではGEMFOREX(ゲムフォレックス)の追証とロスカット、証拠金維持率について詳しく解説していきます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の追証とロスカット、証拠金維持率は、レバレッジ取引で必要な知識です。

レバレッジ取引とは、元手資金にレバレッジをかけた金額でトレードできるハイリスク・ハイリターントレードです。

大きく利益を狙える一方、損失負担も大きくなるレバレッジ取引では、ロスカット制度によって損失額を最小限に抑えることができます。

追証はGEMFOREX(ゲムフォレックス)ではなじみがなく、主に国内取引所をメインに適用されているトレードを継続するための制度です。

ロスカットと追証は証拠金維持率によって定められています。

ではもっと掘り下げて、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の追証とロスカット、証拠金維持率について詳しく解説していきましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の追証とロスカットの証拠金維持率とは?

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の追証とロスカット、証拠金維持率とは、一言で示すと以下の通りです。

  • 追証:証拠金を追加入金すること
  • ロスカット:GEMFOREX(ゲムフォレックス)のトレードを強制終了すること
  • 証拠金維持率:保有ポジションに対する証拠金の割合

追証にはふたつ意味があり、トレード中に発生した損失によって証拠金が減ってしまった場合に、証拠金を追加入金することです。

レバレッジ取引で損失の割合が一定を超えてしまい、証拠金を減らしてしまうと、トレードの強制終了すなわちロスカットが執行されます。

もうひとつの追証は、ロスカットによって発生した損失、すなわちマイナスにいたった口座残高を借金として返済すること、すなわち証拠金を追加入金することを示します。

証拠金維持率とは、追証とロスカットの執行水準のことをさします。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は追証なしでロスカット執行

GEMFOREX(ゲムフォレックス)には、ポジションへ追加入金するための追証がありません。

追証とは、ポジションで含み損が発生し証拠金が不足した場合に、追加資金を口座へ入金する制度です。

FXトレードでは、口座の証拠金を担保にして、レバレッジをかけることにより、資金以上の金額でトレードできます。

一方ポジションに含み損が発生すると証拠金が減ってしまい、一定水準を下回った場合にGEMFOREX(ゲムフォレックス)でポジションがロスカットされます。

ロスカットを回避してトレードを継続するために追証を行います。

前述の通り、GEMFOREX(ゲムフォレックス)には追証がないため、含み損が一定水準を下回ってしまうと追証は発生せずに、ロスカットが執行されます。

この追証発生やロスカット発生の水準を、証拠金維持率と言います。

取引所ごとにロスカット水準は異なり、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のロスカット水準は証拠金維持率20%と定められています。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は追証がなく借金のリスクゼロ

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は追証がないため、借金も発生しません。

ただし追証は義務付けられていませんが、ロスカットを回避するために、自由に資金を追加入金することは可能です。

一般的に追証とは、前述の通りロスカットを回避する目的で利用されますが、もうひとつロスカットで発生した損失のこともさします。

当然、トレードで確定した損失は借金として返済しなければいけませんが、これも追証と呼びます。

しかしGEMFOREX(ゲムフォレックス)は借金返済による追証も発生しません。

これはすなわちトレードで発生した損失を、投資家が返済する必要がないことをさします。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)では口座残高がマイナスになってしまった場合、マイナス分を無条件でリセットするゼロカットシステムが実装されています。

一方、国内のFX取引所ではゼロカット制度は採用されていません。

よって国内取引所でレバレッジ取引を行った場合は、ロスカット前の追証によって借金負担が大きくなるうえ、ロスカット後に追証して借金返済をする必要があります。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)などの海外FX取引所が提供するハイレバレッジトレードは、一般的に危険なイメージを抱かれます。

たしかにハイレバレッジトレードは、レバレッジ倍率だけの含み損を抱えてしまうため、一瞬で証拠金を溶かしロスカットされてしまいます。

しかしロスカット後の借金リスクにおいては、海外FX取引所よりも国内取引所の方がはるかにリスクが高く危険だと言えるでしょう。

損失を無条件でカバーしてもらえるGEMFOREX(ゲムフォレックス)は非常に魅力的ですが、ゼロカットがあるから安心と頼り切ってしまうことは禁物です。

そもそもトレードの目的はゼロカットを利用することではなく、利益獲得をめざすことを忘れないようにしてください。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のロスカット基準である証拠金維持率

追証制度がないGEMFOREX(ゲムフォレックス)でロスカットを回避するためには、トレード中は頻繁に証拠金維持率を確認する必要があります。

証拠金維持率とは、ポジション維持をつづけるために必要な証拠金の割合を示しています。

まず証拠金維持率の計算方法は「有効証拠金÷必要証拠金×100」です。

  • 有効証拠金:証拠金+含み損益
  • 必要証拠金:ポジションを保有するのに最低限必要な証拠金

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のロスカット率は証拠金維持率20%ですので、これをもとに例にならって証拠金維持率を計算してみましょう。

トレード条件は、1USD=100円、1lot(=10万USD)のロング(買い)ポジション、レバレッジ100倍、口座残高10万円 レバレッジ100倍の場合の、計算方法についてです。

必要証拠金は、100,000USD×100円÷100=100,000円、これがポジション保有時点の必要証拠金です。

したがって証拠金維持率は、100,000円(有効証拠金)÷100,000円(必要証拠金)×100=100%になります。

ここで為替レートが1USD=99.2円まで下がったとしましょう。

含み損は、100,000USD×(100-99.2)=80,000円ですので、有効証拠金は100,000円(口座残高)-80,000円(含み損)=20,000円まで低下します。

結果、証拠金維持率も、20,000円(有効証拠金)÷100,000円(必要証拠金)×100=20%と低下します。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)でロスカットが発生する証拠金維持率は20%ですので、少しでも含み損が拡大するとロスカット執行となります。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説まとめ

GEMFOREX(ゲムフォレックスの追証とロスカット、証拠金維持率を解説しました。

レバレッジ取引において追証とロスカット、証拠金維持率を理解することは欠かせないポイントです。

きちんと把握して、GEMFOREX(ゲムフォレックスで利益獲得をめざしましょう。