ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

【☆一番おすすめのFX業者 -スプレッドが狭くボーナス無しでガッツリトレードしたい方におすすめ「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用・ロスカット水準20%

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・他のFX業者でなかなか作れない"法人口座"を作れ"法人の場合損失繰越"が出来るのでおすすめ

・NDD方式を取っており利用者の利益とFX業者の利益が直結しているので余計な成約が無し

・ボーナスが無い分トレードの手数料が低く設定されている。その為本気でトレードをしたい方には一番おすすめのFX業者

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者 -スプレッドが狭くボーナス無しでガッツリトレードしたい方におすすめ「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者 -スプレッドが狭くボーナス無しでガッツリトレードしたい方におすすめ「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

GEMFOREX(ゲムフォレックス)でFXを始めたいと考えている人にとって、おさえておきたいのが追証とロスカット・証拠金維持率です。

追証、ロスカット・証拠金維持率は、少しだけ複雑な計算も必要になりますが、FXで思わぬ損失を被る可能性を減らす大切な考え方です。

今回は、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説していきます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

今回は、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率について解説していくとともに、それぞれの用語や仕組みについてもご説明していきます。

追証、ロスカット・証拠金維持率は、GEMFOREX(ゲムフォレックス)以外のどのFXブローカーを利用するにもついて回る言葉です。

証拠金維持率を理解するためには簡単な計算式も必要となりますが、しっかりと理解しておきましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)における追証

追証とは、追加の証拠金の略称です。証拠金とは口座に入金した自己資金のことを指し、自己資金以上のレバレッジをきかせたトレードをするための保証金としての性質を持ちます。

つまり、追証はトレードの結果、為替損で生じてしまった不足分の証拠金=保証金を追加で入金することをいいます。

しかし、GEMFOREX(ゲムフォレックス)では追証は発生しません。

相場の急変でどれだけ為替損を出してしまったとしても口座残高以上の損失を被ることはないので、安心して積極的なトレードができます。

それでも、もし仮にGEMFOREX(ゲムフォレックス)で口座残高がマイナスになった場合はどうなるのでしょうか。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)では豊富なボーナスがあるため、まずはボーナスとマイナスが相殺され、ボーナスが無い場合でも、追加で入金したタイミングでマイナス残高はゼロにリセットされて、追加入金分が反映されます。

このように、取り返しのつかない損失を防げる一方で、GEMFOREX(ゲムフォレックス)では、追証がないがゆえに強制的にポジションが決済されてしまうというデメリットもあります。

ただ、ハイレバレッジな海外FXでは追証ありは非常にリスクの高いトレードになりがちです。現に、海外FXブローカーで追証があるところは非常に稀です。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)におけるロスカット

ロスカットとは、証拠金(自己資金)でカバーしきれない為替損が生じる恐れが生じた際に、それ以上損失を拡大させないためにポジションを決済することです。

一般的にロスカットと言う際には、一定の条件に達するとブローカーのシステムで強制的にポジションが決済される自動ロスカットを指し、GEMFOREX(ゲムフォレックス)でも、通常ロスカットという際には強制ロスカットのことを意味します。

ロスカットは、損失が大きく膨らむのを防げる非常に心強いシステムですが、一方で、先に説明したように強制的にポジションが決済されてしまうというデメリットがあります。

対して、追証が発生するブローカーの場合には、急な相場変動があったとしても追証を口座に入金し続けるかぎり、意図せぬタイミングでロスカットが執行されてポジションが決済されてしまう自体は回避できるというわけです。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のロスカットは、証拠金維持率が20%以下になると執行されます。証拠金維持率については、次項でさらに詳しく説明します。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の証拠金維持率

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の証拠金維持率は20%です。

証拠金維持率がこの数値を下回るとロスカットが執行されます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の証拠金維持率を説明する前に、まずはFXの大きな特徴であるレバレッジについておさらいしておきましょう。

FXとは「外国為替証拠金取引」のことです。さらに噛み砕くと、準備した証拠金にもとづいて外国為替を取り引きするということです。

そして、証拠金の何倍の金額までの取り引きができるかがレバレッジです。

ちなみに、GEMFOREX(ゲムフォレックス)では、最大1,000倍のレバレッジがかけられます。

・証拠金維持率の計算方法 証拠金維持率=証拠金時価評価額÷必要証拠金×100

証拠金維持率はFXを楽しむうえで非常に大切なものですから、具体例を挙げて説明していきます。

仮に、GEMFOREX(ゲムフォレックス)でレバレッジ1,000倍の口座に10,000円を入金してトレードするとします。

10,000円の証拠金でトレードできる金額は1,000万円になります。

証拠金1万円×レバレッジ1,000倍=10,000,000円・・・トレード可能な金額

ここで、単純化のために1$=100円とすると、100,000$の買いポジションが持てます。

これは言い方を変えると100,000$の買いポジションを持つためには10,000円の証拠金が必要ということです。

(必要証拠金) その後、1$=99.98円に相場が変動するとポジションの時価評価額は以下のように変動します。

100,000$×99.98円=9,998,000円

2,000円の含み為替損が生じています。

当初の必要証拠金は10,000円でしたので、現在の証拠金の時価評価額は9,800円です。

9,800(証拠金時価評価額)÷10,000(必要証拠金)×100=98(証拠金維持率)

以上が、証拠金維持率の具体的な計算例です。

もし、このまま為替相場が変動し続けて1$=99.92円まで円高が進むと証拠金の時価評価額は2,000円となります。

2,000(証拠金時価評価額)÷10,000(必要証拠金)×100=20(証拠金維持率)

レバレッジが高いと、わずかな値動きで証拠金維持率が大きく動くのが分かりますね。

・GEMFOREX(ゲムフォレックス)の証拠金維持率

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の証拠金維持率は20%です。

先の具体例から少しでも円高方向に為替相場が進むとGEMFOREX(ゲムフォレックス)で強制ロスカットが執行され、ポジションが決済されてしまいます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は証拠金維持率の水準を100%→50%→20%と段階的に下げてきた経緯があります。

以前はやや証拠金維持率が高めで少額のトレードには向いていない側面もありましたが、現在はハイレバレッジかつ低い証拠金維持率で、少額トレーダーにも人気があるようですね。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説 まとめ

GEMFOREX(ゲムフォレックス)では追証は発生しませんが、証拠金維持率が20%を下回るとロスカットが執行されます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は、リスクをおさえて高レバレッジのトレードをするのに向いているブローカーといえるのではないでしょうか。

追証とロスカット・証拠金維持率はGEMFOREX(ゲムフォレックス)で安全にFXを始めるにも当然のことながら、どのようなFXブローカーでトレードをするにあたっても必須の考え方です。

しっかりと理解して、リスクを減らしてFXを楽しみましょう。