ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190519221153j:plain

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の追証とロスカット、証拠金維持率ってなに?

あなたは今、このようにお考えですよね。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のレバレッジ取引は、最大1000倍のレバレッジ取引で大きな利益を狙える一方、トレードで負けてしまうと損失も大きくなるというリスクをはらんでいます。

よってトレード中のリスク管理はとても重要と言えるでしょう。

ここではレバレッジ取引のリスク管理をするためにかかせない、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の追証とロスカット、証拠金維持率について詳しく解説していきます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率とは?

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率とは、以下の通りレバレッジ取引のリスク管理において必要な知識です。

  • 追証:証拠金を追加入金すること
  • ロスカット:トレードを強制終了すること
  • 証拠金維持率:保有ポジションに対する証拠金の割合

ロスカットとは、レバレッジ取引で損失が発生しているときに、これ以上損失が拡大しないよう、GEMFOREX(ゲムフォレックス)によってトレードを強制終了することをさします。

つづいて追証ですが、ふたつの意味があります。 ひとつは、トレード中に発生した損失の割合を減らして、トレードを継続するために証拠金を追加入金することです。

もうひとつは、GEMFOREX(ゲムフォレックス)がロスカットを執行して損失が確定したあと、損失によりマイナスになってしまった口座残高を、借金として返済するために入金することをさします。

そして証拠金維持率とは、追証とロスカットの執行水準をさしています。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は追証なしで即ロスカット

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は追証なしで、即ロスカットとなります。

追証とは、レバレッジ取引で保有したポジションで含み損が発生すると証拠金が不足するため、資金を追加入金することをさします。

レバレッジ取引では、証拠金を担保にレバレッジをかけることで、元手資金以上の金額でトレードできます。

一方、保有したポジションに含み損が発生すると証拠金が減ってしまい、一定水準を下回ってしまうとGEMFOREX(ゲムフォレックス)によってロスカットされてしまいます。

ロスカットを回避してトレードを継続するために、追証を行うのです。

しかしGEMFOREX(ゲムフォレックス)には追証がないため、証拠金の割合が一定水準を下回ってしまうと、即ロスカットになります。

基本的に追証は、国内取引所の制度であり、海外FXでは採用しているケースが少ないです。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の追証は義務的ではないものの、ロスカットを回避するために追加入金することは自由にできるためニーズ応じて活用できます。

このような追証やロスカットが執行される一定水準を、証拠金維持率と言います。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は追証も借金リスクもない

もうひとつの追証とは、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のロスカット執行によって、確定した損失を借金として返済するために、入金することをさします。

前項における追証の目的は、GEMFOREX(ゲムフォレックス)からのロスカットを回避するためですが、こちらで解説する追証は、ロスカット執行後に借金返済することが目的です。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)には、借金返済のための追証もありません。 すなわちトレードで負けてしまった場合も、投資家は借金を返済する必要はないということです。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は、レバレッジ取引で損失が確定すると、マイナスになった口座残高を無条件でゼロまでリセットしてもらえるという、ゼロカット制度を採用しています。

一方、国内取引所ではゼロカット制度を採用していないため、ロスカットによって損失が確定すると、投資家が追証して借金を返済しなければいけません。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は借金を返済しなくてもよいですが、国内取引所は借金を返済する必要があるということになります。

海外FXは危険と言われていますが、実は借金の観点から申し上げると、国内取引所よりも安全と言えるでしょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のロスカット水準となる証拠金維持率を確認するための計算方法

追証がないGEMFOREX(ゲムフォレックス)でロスカットを回避するためには、トレード中は証拠金維持率を頻繁に確認する必要があります。

証拠金維持率とは、ポジション維持を続けるために必要な証拠金の割合を示しています。

まずGEMFOREX(ゲムフォレックス)のロスカット水準は、証拠金維持率20%です。 証拠金維持率の計算方法は「有効証拠金÷必要証拠金×100」になります。

  • 有効証拠金(口座残高)=証拠金+含み損益
  • 必要証拠金=ポジションを保有するために必要な証拠金

これらのデータと、例として以下のトレード条件をもとに、まずはGEMFOREX(ゲムフォレックス)でポジション保有時点における証拠金維持率の計算方法をみていきましょう。

  • 1USD=100円
  • 1lot(=10万USD)のロング(買い)ポジション
  • レバレッジ100倍
  • 口座残高10万円
  • レバレッジ100倍

まずポジション保有時点の必要証拠金は、100,000USD×100円÷100=100,000円です。

これをもとにした証拠金維持率は、100,000円(有効証拠金)÷100,000円(必要証拠金)×100=100%になります。 ここから為替レートが1USD=99.5円まで下がったとしましょう。

ポジションで発生した含み損は100,000USD×(100-99.5)=50,000円です。

よって有効証拠金は100,000円(口座残高)-50,000円(含み損)=50,000円まで低下します。

証拠金維持率は、50,000円(有効証拠金)÷100,000円(必要証拠金)×100=50%に下がります。

ポジション保有時点で証拠金維持率100%だったのが、トレード中に証拠金維持率50%まで下がってしまったことが、ここまでの計算方法で明らかになりました。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は証拠金維持率20%を下回るとロスカットされてしまうため、証拠金維持率の計算方法からロスカットに近づいていると判断できるでしょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説まとめ

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の追証とロスカット、証拠金維持率は、レバレッジ取引のリスク管理に必要不可欠な知識と言えるでしょう。

追証なし、ロスカットは証拠金維持率20%で執行されると言うことを念頭に置いて、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のレバレッジ取引を楽しんでください。