ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

iFOREX(アイフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【5位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200530183103j:plain

iFOREX(アイフォレックス)は最大400倍ものレバレッジが使える海外のFXブローカー。

その高いレバレッジを駆使すれば莫大な利益を出すことも可能です。

しかし、リターンとリスクは表裏の関係です。

追証やロスカット・証拠金維持率といった基本的な仕組みの理解なしにそのような利益を狙うことは難しでしょう。

そこで今回はiFOREX(アイフォレックス)の追証・ロスカット・証拠金維持率について分かりやすく解説していきます。

iFOREX(アイフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

iFOREX(アイフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率とは

iFOREX(アイフォレックス)の追証・ロスカット・証拠金維持率の概要は以下のとおりです。

・追証・・・ポジションを維持するために口座へ追加で入金する証拠金

・ロスカット・・・ポジションの含み損が一定以上になると発生する強制的なポジション決済

・証拠金維持率・・・必要証拠金に対する有効証拠金の割合

のちほど詳しく解説しますが、iFOREX(アイフォレックス)に追証はありません。

また、証拠金維持率とロスカットはそれぞれが深く関係しています。

必要証拠金や有効証拠金といった用語の意味についてものちほど別項目で解説していきます。

iFOREX(アイフォレックス)は追証なしでロスカット

iFOREX(アイフォレックス)には追証はありません。

通常、国内ブローカーの場合は証拠金維持率が一定値を下回るとマージンコールと呼ばれる警告がなされます。

その段階で追証を差し入れればロスカットが回避できます。

一方でiFOREX(アイフォレックス)にはマージンコールはないため追証なしでロスカットが発生します。

これは一見すると不利なように思えるかもしれません。

しかし、iFOREX(アイフォレックス)に追証がないことはそれ以上にメリットがあります。

追証とは、要するに「追加で入金しなければならない証拠金」のことでした。

そして、追証はロスカットを回避する状況だけではなくロスカットされたあとにも発生します。

その場合、追証の入金は任意ではなく必ず入金しなければなりません。

すなわちこれはブローカーに対する支払債務、要するに借金です。

ところが、そもそも追証のないiFOREX(アイフォレックス)ではそのような支払債務は生じえません。

万が一にも口座残高以上の損失が出たとしてもマイナス分の損失はiFOREX(アイフォレックス)がゼロにリセットしてくれるのです。

このような救済制度はゼロカットと呼ばれており、iFOREX(アイフォレックス)以外でも海外のFXブローカーでは広く採用されています。

対して国内ブローカーでゼロカットを採用しているところは皆無です。

一般的に国内ブローカーは安全、海外のブローカーは危険というイメージが定着しています。

しかし、借金を負うリスクという観点から見ると、意外なことに実際は海外のFXブローカーのほうが安全なのです。

iFOREX(アイフォレックス)が追証なしでロスカットの理由

iFOREX(アイフォレックス)が追証なしでロスカット、さらにゼロカットも採用しているのは純粋にトレーダーにとって使いやすいブローカーであろうとしているだけです。

ではなぜ国内ブローカーはゼロカットなしで追証ありのままにしているのでしょうか。

それは国内ブローカーは金融庁の規制によりゼロカットを採用できないからです。

正確にいうとゼロカットが禁止されているのではなく、ゼロカットのような損失補填をもとにトレーダーを勧誘することが禁止されているのです。

これはトレーダーの資産保護のためという名目となっています。

しかし、結果として国内ブローカーは追証で借金を作るリスクがあるというのは先に解説したとおりです。

対して、iFOREX(アイフォレックス)は日本の金融ライセンスではなく国際金融ライセンスで営業しているためゼロカットの採用も問題ありません。

これによりトレーダーはロスカットによる追証を気にせずにハイレバレッジなトレードができるのです。

ただ、iFOREX(アイフォレックス)のようなハイレバレッジトレードは一瞬にして資産を溶かしてしまう可能性があるのでは、とお考えの人もいるかもしれません。

実際、それは紛れもない事実です。

しかし、そもそもレバレッジ取引にそういったリスクがあるのは程度の差こそあれ国内ブローカーであっても同じです。

いずれのブローカーを使うにしても、適切な証拠金維持率の管理さえできれば資産を失うリスクは十分に回避できます。

iFOREX(アイフォレックス)でロスカットになる証拠金維持率は0%

iFOREX(アイフォレックス)でロスカットが発生する証拠金維持率(=ロスカットレベル)は0%です。

0%を下回れば追証なしで強制的にロスカットされてしまいます。

ここで証拠金維持率について詳しく見てみましょう。

証拠金維持率は以下の計算方法で求められます。

・証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100

有効証拠金とはiFOREX(アイフォレックス)の口座残高とポジションの含み損益の合計です。

必要証拠金はポジションを持つのに最低限必要な証拠金の金額。

レバレッジによって異なります。 たとえば、レバレッジ400倍で400万円分のポジションを持つ場合、必要証拠金は400万円÷400倍=1万円です。

その際に口座残高に1万円あったとすると証拠金維持率は以下のようになります。

・証拠金維持率=有効証拠金1万円÷必要証拠金1万円×100=100%

そして、証拠金維持率は有効証拠金の増減に応じて上下します。

仮にポジションの含み損が9000円になったとします。

するとその段階での証拠金維持率は以下のようになります。

・1000円÷10,000円×100=10%

ただ、iFOREX(アイフォレックス)のロスカットレベルは0%です。

この段階ではまだロスカットは発生しません。

さらに1,000円の含み損が生じてはじめてロスカットされることとなります。

なお、iFOREX(アイフォレックス)に追証はありませんが、自主的に追加で口座へ証拠金を入金することはできます。

したがって、事実上の追証を入金して証拠金維持率を回復すればロスカットを回避すること自体は可能です。

iFOREX(アイフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説 まとめ

iFOREX(アイフォレックス)には追証はなく、証拠金維持率が0%になると強制的にロスカットが発生します。

ただ一方で、ロスカットの結果として万が一にもマイナス残高となったとしてもその分を追証で請求されることもありません。

iFOREX(アイフォレックス)は口座残高のマイナス残高をゼロにしてくれるゼロカットシステムを採用しているからです。

これは国内ブローカーには存在しないシステムです。

とはいえ、投資である以上はリスクとリターンは表裏の関係です。

iFOREX(アイフォレックス)には追証こそないものの資産を一気に減らしてしまうリスクは避けられません。

ゼロカットシステムがあるといっても一定のリスクはあるものと心得ておきましょう。