ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

iFOREX(アイフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】おすすめ1位のFX業者(LINE公式で確認)

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200530183103j:plain

iFOREX(アイフォレックス)の追証とロスカットってなに?

iFOREX(アイフォレックス)の証拠金維持率はどのくらいなの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

iFOREX(アイフォレックス)は1996年に運営をスタートし、多くのトレーダーから信頼性を獲得している海外FX取引所です。

ここではiFOREX(アイフォレックス)の追証とロスカット、証拠金維持率はレバレッジ取引で必要な知識ですので詳しく解説していきましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

iFOREX(アイフォレックス)の追証とロスカット、証拠金維持率とは、FXトレードのリスク管理を行うために必要な知識です。

ハイレバレッジ取引ではハイリターンが期待できる一方、ハイリスクという側面を持ち合わせています。

最大400倍でレバレッジ取引できるiFOREX(アイフォレックス)ですが、追証とロスカット、証拠金維持率について詳しくみていきます。

iFOREX(アイフォレックス)の「追証とロスカット」「証拠金維持率」とは?

iFOREX(アイフォレックス)の追証とロスカット、証拠金維持率とは、上述の通りFXトレードのリスク管理を行うための必要知識ですが、簡潔に述べると以下の通りになります。

  • 追証:レバレッジ取引のポジションに証拠金を追加入金して、一時的にロスカットを回避すること
  • ロスカット:レバレッジ取引で保有するポジションの含み損が一定を上回ったとき、これ以上の含み損における拡大を防ぐために、ポジションを強制決済してトレードを終了させること
  • 証拠金維持率:ポジション保有中に変動し続ける、必要証拠金に対する有効証拠金の割合

証拠金維持率は、追証とロスカットをを執行する目安をさしています。

のちほど詳しく解説しますが、iFOREX(アイフォレックス)には追証がありません。

またiFOREX(アイフォレックス)のロスカット執行の基準である証拠金維持率についても詳しくみていきましょう。

iFOREX(アイフォレックス)は追証なしでロスカット

前述の通り、iFOREX(アイフォレックス)は追証なしでロスカットが執行されます。

追証とは、レバレッジ取引で保有するポジションに資金を追加入金して証拠金の割合を増やし、一時的にロスカットを回避するという、国内FXで適用されているルールです。

ポジションの含み損が証拠金の一定割合を上回ってしまうと、追証の合図としてマージンコールが発生します。

マージンコール発生時に追加入金することで、ポジションの含み損の割合を軽減して、ロスカットを防ぐことができます。

追証は任意で選択できますが、追証しなかった場合は、ポジションが刻一刻とロスカットに向かうことになるでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)は追証がなく、即ロスカットが執行されます。

追証ルールがあればロスカットを回避できるため、追証がないiFOREX(アイフォレックス)を不利に感じてしまう方もいるはずです。

本来、追証ルールとは前述の通り、ロスカットを回避するために証拠金を追加入金することをさしますが、追証にはもうひとつ意味があります。

もうひとつの追証とは、ロスカット後の損失を借金として返済することをさし、こちらについてはトレーダー間でのみ認識されている追証です。

ポジション保有中の追証は自由に利用できますが、こちらの追証については必ず行う必要があります。

一方、iFOREX(アイフォレックス)はロスカット後の追証を行う必要はなく、損失によってマイナスにいたった口座残高を無条件で0円にリセットされます。

マイナスの口座残高を0円にリセットしてもらえるということとは、すなわち損失を借金として返済する必要がなくなることですが、これをゼロカット制度と言い、海外FX取引所で広く採用されている制度です。

追証を採用する国内FXは金融庁によってゼロカットの採用は認められていないため、ゼロカットの採用は海外FXに限られた特権と言えるでしょう。

借金リスクを考えると、国内FXよりもiFOREX(アイフォレックス)のほうが安全性は高いと考えられています。

iFOREX(アイフォレックス)の追証なしでロスカットが執行される理由

iFOREX(アイフォレックス)は追証なしでロスカットが執行され、ゼロカット制度が適用されて借金リスクがなくなるため、トレーダーにとっては非常に魅力的です。

一方「追証なしでロスカット執行」というメリットばかりの条件には、なにか裏があるのか、もし裏がないのならなぜ好条件でトレードできるのか、その理由について知りたいと疑問を感じている方もいるでしょう。

結論を申し上げますと、iFOREX(アイフォレックス)の追証なしでロスカットが執行されることに対する裏やデメリットはありません。

では逆に、なぜ国内FXは追証があり、ゼロカットは採用されていないのかと、疑問に感じる方もいるはずです。

その理由は、国内FXは金融庁の規制によって、ゼロカット制度によるトレーダーの勧誘を禁止されているからです。

金融庁が追証の採用を義務付け、なぜゼロカットを採用しないのか、具体的な意図や理由は明確ではありません。

ただしゼロカット制度は取引所が損をするしくみであることは間違いないですし、それが理由のひとつとも考えられるでしょう。

一方、iFOREX(アイフォレックス)が追証なしでロスカットを執行する理由は、営業拠点で取得した金融ライセンスによる追証の義務付けがないことと同時に、ゼロカット制度の採用も認められているからです。

海外FXはハイリターンが期待できるぶん、ハイリスクです。

万が一ロスカットにいたった場合は、トレーダーは莫大な借金返済リスクを負うことになるため、トレーダーが借金の不安を抱えることなくトレードできる環境をiFOREX(アイフォレックス)は提供しているのです。

iFOREX(アイフォレックス)のロスカットは証拠金維持率0%

iFOREX(アイフォレックス)のロスカット水準は、証拠金維持率0%です。

証拠金維持率とは、必要証拠金に対する有効証拠金の割合をさします。

必要証拠金とはポジションを建てるための証拠金を、有効証拠金とは含み損益を考慮した口座残高を示しています。

多くの海外FXのロスカット水準は証拠金維持率20%ですので、証拠金維持率0%でロスカット執行となるiFOREX(アイフォレックス)はポジション維持を続けやすいと言えます。

またiFOREX(アイフォレックス)では追証ルールが義務付けられていないものの、自由に証拠金を入金することができますので、追証を上手に活用してトレードすることも可能です。

iFOREX(アイフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説まとめ

iFOREX(アイフォレックス)の追証はなく、ロスカット水準は証拠金維持率0%です。

追証ルールはない一方、自由に追加入金できることや、他社と比較してもロスカット水準が低いことからレバレッジ取引の資金管理を上手に行うことで、利益をめざしやすい取引所と言えるでしょう。