ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

iFOREX(アイフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【3位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【4位】iFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200530183103j:plain

iFOREX(アイフォレックス)の追証とロスカット、証拠金維持率ってなに?その目的は?

ロスカット水準は証拠金維持率でどれくらい?

ところでiFOREX(アイフォレックス)はロスカットされやすいの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

iFOREX(アイフォレックス)は最大400倍でレバレッジ取引できますが、リスク管理を意識しながらトレードしなければいけません。

そこで必要になるのが追証とロスカット、証拠金維持率です。

iFOREX(アイフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

iFOREX(アイフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率とは?

iFOREX(アイフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率とは、レバレッジ取引のリスク管理のために必要な知識になります。

  • 追証:レバレッジ取引のポジションに証拠金を追加入金すること。活用目的は一時的にロスカットを回避するため
  • ロスカット:iFOREX(アイフォレックス)がポジションを強制決済すること。執行目的はトレードでの損失の拡大を防ぐため
  • 証拠金維持率:ポジション保有中に変動し続ける、必要証拠金に対する有効証拠金の割合のこと。活用目的は追証とロスカット執行の目安の確認

では詳しくみていきましょう。

iFOREX(アイフォレックス)は追証なしでロスカット

iFOREX(アイフォレックス)は追証なしでロスカットが執行されます。

追証とは、レバレッジ取引で保有したポジションに資金を追加入金して証拠金の割合を回復し、一時的にロスカットを回避することを目的としている、国内FXが採用するリスク管理のシステムです。

通常、追証のサインとしてマージンコールがありますので、通知を目安に追証することでロスカットを回避できますが、追証を行わなかった場合トレードはロスカットへ向かうことになるでしょう。

なおiFOREX(アイフォレックス)は追証システムがないため、即ロスカットが執行されます。

追証にメリットを感じている方は、追証を採用していないiFOREX(アイフォレックス)に不便を感じる方もいるはずです。

一方デメリットとして、追証をしてもロスカットのリスクがなくなるのではなく、一時的に回避できることにすぎません。

最終的にロスカットにいたった場合、証拠金の没収とともに追証した資金も失うことになるため、国内FXでは追証の使い方をよく検討する必要があるでしょう。

追証にはもうひとつ意味があり、ロスカット執行により確定した損失、すなわち借金を返済することもさしています。

損失は取引口座のマイナスとして表示されるため、これを0に戻すために追証を行います。

前述したロスカットを回避するための追証は任意で利用できますが、借金返済のための追証は必須になりまので、国内FXは借金リスクについてもきちんと理解しておく必要があります。

一方iFOREX(アイフォレックス)はロスカット執行後の追証はなく、そのかわりにゼロカットを採用しています。

ゼロカットとは、iFOREX(アイフォレックス)で確定した損失によるマイナスの口座残高を、無条件で0までリセットするリスク管理システムをさしていて、海外FX業者の多くが採用しています。

国内FXは金融庁の規制によりゼロカットを適用できないため、ゼロカットシステムの採用は海外FX業者を利用する特権としてと言えるでしょう。

ただしロスカットリスクについては最大25倍のレバレッジ制限がある国内FXのほうが低いですが、借金リスクについてはiFOREX(アイフォレックス)のほうが低いとそれぞれメリットがあります。

iFOREX(アイフォレックス)のロスカット水準(証拠金維持率0%)を他社と比較

iFOREX(アイフォレックス)のロスカット水準は、証拠金維持率0%です。 証拠金維持率とは、必要証拠金に対する有効証拠金の割合をさしています。

必要証拠金とは、ポジションを建てるために必要な資金ですが、有効証拠金とはポジションの含み損益を加えた、実質的な口座残高を示しています。

そしてFX業者はロスカット水準を証拠金維持率で示しています。

ロスカット水準を比較してみると、一般的な海外FX業者のロスカット水準は証拠金維持率20%と低めですが、iFOREX(アイフォレックス)については証拠金維持率0%とさらに低い水準を示しています。

一方国内FXのロスカット水準は、証拠金維持率50~100%と高めですので、ロスカット水準については圧倒的にiFOREX(アイフォレックス)のほうが低いと言えるでしょう。

比較した結果、平均的に海外FX業者のロスカット水準は低いですが、iFOREX(アイフォレックス)はさらに低い水準を設けているため、ロスカットされにくいことはメリットです。

iFOREX(アイフォレックス)が証拠金維持率0%でロスカットを執行する2つのメリット

iFOREX(アイフォレックス)が証拠金維持率0%でロスカットを執行するメリットは、以下の2つです。

  • トレードの証拠金維持率を計算する必要がない
  • ロスカットされにくい

iFOREX(アイフォレックス)のようにロスカット水準が証拠金維持率0%であれば、ポジションが口座残高を上回らないようにトレードすればよいだけです。

よってiFOREX(アイフォレックス)ではわざわざ証拠金維持率を計算する必要がないことは大きなメリットでしょう。

またロスカット水準が証拠金維持率0%であれば、証拠金維持率が高い場合に比べてトレードの含み損を多く抱えることができるためロスカットされにくくなります。

トレードの損益は常に変動するため、たとえ含み損を抱えてしまっても証拠金維持率が低ければそれだけロスカットの猶予は長くなります。

猶予が長くなるため、レートの変動にロスカットが影響されにくくなり、ポジションを保有し続けやすくなります。

よって最終的にトレードに勝ちやすくなることも、iFOREX(アイフォレックス)のロスカット水準、証拠金維持率0%のメリットと言えるでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説まとめ

iFOREX(アイフォレックス)の追証とロスカット、証拠金維持率について解説しました。

追証なしで即ロスカットになるiFOREX(アイフォレックス)は、たとえロスカットが執行されても、追証のコスト負担は軽くなります。

ロスカット水準についても証拠金維持率0%ですので、国内外の海外FX業者の中でもiFOREX(アイフォレックス)はトレードに勝ちやすい環境でトレードできることがメリットでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)は最大400倍のレバレッジでトレードできますが、倍率も平均的にみると高すぎないため、よりロスカットリスクを抑えながらトレードできるのではないでしょうか。