ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

iFOREX(アイフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・ボーナスが無い分スプレッドの幅の狭さや手数料の安さに反映されているので実際のトレードで稼ぎたい方におすすめ

・取引の回数が多い方はスプレッドの狭いブレード口座がおすすめ

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

海外ブローカーの中でも老舗として知られるiFOREX(アイフォレックス)をこれから利用してみたいと考えている人もいるでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)では、レバレッジ最大400倍と国内ブローカーでは実現できない取引を行うことが可能です。

ハイレバレッジトレードをしたいという人には魅了的に感じるiFOREX(アイフォレックス)ですが、追証や証拠金維持率なども気になるところですよね。

そこで今回は、iFOREX(アイフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説していきます。

iFOREX(アイフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

iFOREX(アイフォレックス)は1996年創業の海外ブローカーであり、国内ユーザーからも長きに渡り高い人気を誇っている取引所です。

海外ブローカー特有のハイレバレッジトレードが可能であり、入金ボーナスキャンペーンなども行われています。

しかしiFOREX(アイフォレックス)を利用するのであれば、追証のシステムやロストカット の条件についても事前にチェックしておきたいところですよね。

次項よりiFOREX(アイフォレックス)の追証とロストカット 、そして証拠金維持率について詳しく見ていきましょう。

iFOREX(アイフォレックス)では追証はなし

そもそも追証とは、「追加証拠金」の略語であり証拠金を追加しなければならない状況のことを指します。

iFOREX(アイフォレックス)で注文を出しポジションを持つと、値動きに合わせて含み益や含み損が発生するでしょう。

一般的に多くの国内取引所では一定の証拠金維持率を下回り含み損が発生すれば、ポジションを維持し続けるためにこの追証が発生します。

しかしiFOREX(アイフォレックス)では、この追証のシステムがありませんので、1つのポジションを維持するために追加で証拠金を支払うという必要はありません。

追証がないということは、感情に任せてポジションを持ち続けるという行為そのものがなくなり、損失を拡大させるリスクを未然に防ぐことができます。

iFOREX(アイフォレックス)には追証がないため、一定の証拠金維持率を下回ればその時点でロストカットされてポジションが強制的に解消されるのです。

iFOREX(アイフォレックス)は追証なしのゼロカットシステム採用なのでリスクを回避しやすい

iFOREX(アイフォレックス)では追証がなく、一定の証拠金維持率を下回ればロストカットが発生します。

つまり証拠金維持率を下回れば、強制的にポジションが解消されてしまうのです。

ユーザーの意図しない部分でロストカットされてしまうと、資金がマイナスになり借金を被ってしまう心配のある人もいるかもしれません。

しかしiFOREX(アイフォレックス)では、ゼロカットシステムが採用されているので資金がマイナスになるという心配もないのです。

このように感情に任せて借金してしまったり、ロストカットでポジションを強制解除されて借金を被るという心配がないというのもiFOREX(アイフォレックス)の特徴となっています。

そのためiFOREX(アイフォレックス)では、FXトレードに慣れておらず、メンタル面でもまだまだ不安があるという人であればおすすめできるブローカーだといえるでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)の証拠金維持率は0%

一般的にハイレバレッジトレードができる取引所では、証拠金維持率を数十パーセントほどで設定しているところが多くなっています。

そしてこの証拠金維持率が意外と高いというブローカーも多くなっており、ハイレバレッジでポジションを持った瞬間にロストカット されてしまうという自体に陥ることもあるようです。

しかしiFOREX(アイフォレックス)では、証拠金維持率は0%となっており他の取引所に比べてかなり長時間ポジションを持ち続けられる可能性が高くなっています。

証拠金維持率は高ければ高いほどポジションを解消される可能性は高くなりますので、証拠金維持率が0%であるiFOREX(アイフォレックス)は、トレードがしやすいブローカーであるといえるでしょう。

ゼロカットシステムも採用されているので「含み損=口座残高」になるまではポジションが解消されないということになります。

海外ブローカーは多数ありますが、iFOREX(アイフォレックス)のように証拠金維持率が0%までロストカットが発動しないというブローカーはかなり珍しいといえるでしょう。

証拠金維持率を考えないでトレードできるという点では、初心者がハイレバレッジトレードをするのにも向いておりリスクを軽減しながらトレードをすることができます。

iFOREX(アイフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説まとめ

今回は、iFOREX(アイフォレックス)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説してきました。

海外ブローカーの中でも老舗であるiFOREX(アイフォレックス)では、最大1000倍のレバレッジ取引ができるようになっています。

しかし多くの海外ブローカーが、ハイレバレッジトレードはできるものの証拠金維持率が高めに設定されているなどの理由でロストカットされてしまう可能性が高いというデメリットがあるようです。

しかしiFOREX(アイフォレックス)では、追証なしで証拠金維持率も0と決められているので、証拠金ギリギリまでトレードを続けることができるという特徴があります。

また創立20年以上の実績もあり、出金できないなどのトラブルに見舞われる可能性もかなり低いので、海外ブローカーを初めて利用するという人にもおすすめのブローカーだといえるでしょう。

頻繁にキャンペーンなども行なっているので、iFOREX(アイフォレックス)でのトレードにチャレンジしてみてくださいね。