ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

iFOREX(アイフォレックス)の法人口座を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【5位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200530183103j:plain

iFOREX(アイフォレックス)は最大400倍のレバレッジが使える海外のFXブローカー。

その高いレバレッジを駆使すれば個人であっても莫大な利益を出すことも不可能ではありません。

しかし、なかには初めから個人ではなく法人の事業のひとつとしてトレードしていきたいという人もいるのではないでしょうか。

そこで今回はiFOREX(アイフォレックス)の法人口座について分かりやすく解説していきます。

iFOREX(アイフォレックス)の法人口座を分かりやすく解説

iFOREX(アイフォレックス)は法人口座の開設ができる

iFOREX(アイフォレックス)は公式に法人口座の開設を受付けています。

海外のFXブローカーは法人口座開設を停止しているところも珍しくありません。

これは法人口座が詐欺やマネーロンダリングなどに悪用される恐れがあるからです。

しかし、iFOREX(アイフォレックス)では現在も法人口座の開設が可能です。

ただし、一般的な金融機関で法人口座を開設するほどではないものの手続きは少しばかり煩雑です。

iFOREX(アイフォレックス)の法人口座の開設方法

iFOREX(アイフォレックス)のの法人口座はサポートデスクへ連絡することで開設できます。

その際に必要となる書類は以下のとおりです。

・法人の存在を確認できる書類(登記簿など)

・法人の住所を確認できる書類

・FXを事業としておこなうことを証明できる書類

(※ トレード担当者の名前必須)

・株主の名簿

・代表者の身分証

・代表者の現住所確認書類

また、別途iFOREX(アイフォレックス)が用意する書類も必要となります。

これらの書類をデータで提出して承認されれば法人口座が開設できます。

なお、iFOREX(アイフォレックス)は国際的にサービスを展開しているため公式言語を英語としています。

利用規約にも公式サイトやプラットフォームの翻訳は便宜上のものと明記されています。

当然、法人口座の開設時にiFOREX(アイフォレックス)が用意する書類も英語で作成しなければなりません。

英語が得意な方であっても、書類作成となるとなかなか難しいという人も多いと思います。

よほど英語が堪能な方以外は専門家に作成を依頼することをおすすめします。

あるいはサポートデスクへどのようにしたらよいのか問い合わせるのもよいかもしれません。

iFOREX(アイフォレックス)はサポートデスクのきめ細かい対応にも定評があります。 気軽に問い合わせてみましょう。

iFOREX(アイフォレックス)に法人口座を開設するメリット

iFOREX(アイフォレックス)の法人口座の取引条件は個人口座と同じです。

国内ブローカーの場合、個人口座と法人口座で最大レバレッジやスプレッドが違っていることもあります。

しかし、iFOREX(アイフォレックス)の法人口座にそのような取引条件の違いはありません。

では、わざわざ法人口座を使うことになんのメリットがあるのでしょうか。

それは大きな節税効果が見込めることです。

日本の税制上、FXのような資産運用には節税効果のある様々な制度が利用できます。

たとえば、確定申告における申告分離課税など。

ただ、iFOREX(アイフォレックス)のような海外のFXブローカーは日本の金融ライセンスではなく国際ライセンスで営業しているため、それらの制度の対象外です。

しかし、そこでFXを資産運用ではなく事業として考えることで、事業に適用される節税効果のある制度を利用できるようになるのです。

具体的に法人口座へ適用できる制度のうちメリットの大きいものは以下の2つ。

・損益の通算

・損失の繰越控除

損益の通算は法人が複数の事業を営んでいる場合にそれぞれの損益を通算できる制度です。

たとえば、iFOREX(アイフォレックス)で莫大な利益を出していたとしても別の事業で大規模投資をおこなっていれば、法人全体としての利益は圧縮できます。

当然、利益が少なければ納税額も少なくて済みます。

損失の繰越控除は単年度に出してしまった損失で翌年度以降の利益を相殺できる制度です。

法人口座の場合は9年間にわたって利用できます。

ちなみに、損失の繰越控除は個人であっても3年間にかぎって利用できます。

しかし、残念ながらこれもやはりiFOREX(アイフォレックス)のような海外FXは制度の対象外です。

以上がiFOREX(アイフォレックス)で法人口座を作ることで享受できる主なメリットです。

また、ここでは詳しい解説は控えましたが、法人口座の場合は所得税ではなく法人税となるため、ある程度の利益を超えてくると税率が有利になるという点もメリットのひとつです。

iFOREX(アイフォレックス)に法人口座を作るデメリット

iFOREX(アイフォレックス)の法人口座開設にはメリットしかないというわけではありません。

法人口座を作ることで生じるデメリットもあります。

たとえば、法人設立の費用は決して安いものではありません。

司法書士などの専門家に支払う委託費用などを含めて法人設立費用が数十万円になることも珍しくありません。

その後もiFOREX(アイフォレックス)関連の事業の経理を会計士に委託したり税務処理を税理士に依頼したりすれば継続的にコストがかかります。

また、従業員を雇うこととなれば雇用保険料や社会保険料を負担する必要も出てきます。

そういったコストを考えておかないと節税効果を加味しても損になることもあります。

このように、法人口座は単に開設すればメリットだけがあるというわけではないのです。

iFOREX(アイフォレックス)に法人口座を作るかどうかは慎重に判断しましょう。

iFOREX(アイフォレックス)へ法人口座を作れない場合は個人事業主として登録する方法も

iFOREX(アイフォレックス)へ法人口座を開設するには、当然ながら法人を設立する必要があります。

すでに事業としてiFOREX(アイフォレックス)でトレードしていたとしても、それが個人事業の場合は法人口座は作れません。

とはいえ、個人事業であっても青色申告さえしておけば一定の節税効果はあります。

iFOREX(アイフォレックス)でのトレードを税務署が事業として認めるかどうかというハードルはありますが、法人を立ち上げるよりはコストも手間も段違いにかかりません。

コスト面で法人化を迷っているひとは、とりあえず青色申告事業者としてトレードしていくことも検討してみてはいかがでしょうか。

iFOREX(アイフォレックス)の法人口座を分かりやすく解説 まとめ

iFOREX(アイフォレックス)はいくつかの書類を提出すれば法人口座が開設できます。

法人口座と個人口座とに取引条件の違いはありません。

しかし、法人口座には個人口座では不可能な税制上の大きなメリットを享受することができます。

iFOREX(アイフォレックス)で継続的に大きな利益を出しているひとはぜひとも法人口座を活用しましょう。