ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

iFOREX(アイフォレックス)の法人口座の開設は出来るのか詳しく解説

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・ボーナスが無い分スプレッドの幅の狭さや手数料の安さに反映されているので実際のトレードで稼ぎたい方におすすめ

・取引の回数が多い方はスプレッドの狭いブレード口座がおすすめ

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

海外ブローカーの中でも20年以上の運用実績を持ち老舗としても知られるiFOREX(アイフォレックス)。

そんなiFOREX(アイフォレックス)で法人口座を開設したいと考えている人もいるのではないでしょうか。

取引量によっては、個人口座にしておくよりも法人口座にした方が節税に繋がるという人もいますよね。

そこで今回は、iFOREX(アイフォレックス)の法人口座の開設は出来るのかについて詳しく調べてみました。

iFOREX(アイフォレックス)の法人口座の開設は出来るのか詳しく解説

豪華なボーナスキャンペーン企画や、最大400倍のハイレバレッジトレードで人気をえている海外のブローカーであるiFOREX(アイフォレックス)。

そんなiFOREX(アイフォレックス)でこれから法人口座を開設したいという人もいるでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)では、法人口座を作ることが可能になっています。

ただし法人口座を作るのであれば個人口座の開設とは異なる手続きがあるようです。

ここでは法人口座の開設の方法についても詳しく説明していきます。

iFOREX(アイフォレックス)の法人口座の開設するためにまずはサポートセンターに連絡をする

iFOREX(アイフォレックス)では、公式ページやマイページから法人口座を開設する専用画面などは用意されていません。

そのため法人口座を作るのであれば、個別にiFOREX(アイフォレックス)のサポートセンターへ連絡する必要があります。

問い合わせは電話・メール・FAXのいずれかの方法で対応してもらえるので、以下のいずれかの方法でiFOREX(アイフォレックス)に法人口座を開設したい旨を伝えましょう。

iFOREX(アイフォレックス)日本語対応デスク

  • Email :cs-jp@iforex.com
  • 電話 :   +30-210-374-2583
  • Fax :    +30-210-374-2598

メールの場合には基本的には土日などの休日を除き、24時間以内に返信をしてくれます。

場合によっては、登録している電話番号あてに電話がくる場合もありますので、メールやFAXで返信が欲しい場合にはあらかじめ返信方法の希望を書いておくと良いでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)の法人口座の開設するためにまずは添付された書類への記載と必要書類の提出をおこなう

iFOREX(アイフォレックス)に法人口座開設希望の連絡を行うと、英文の書類が添付されてくるのと、必要書類の提出を求められるでしょう。

自分で用意しなければならない書類には、法人としての書類と個人としての書類の2種類があるようです。

iFOREX(アイフォレックス)の法人口座の開設するために自分で用意する書類について

まずiFOREX(アイフォレックス)の法人口座を開設するために自分で用意する書類には、以下のものがあります。

  • 法人登録を証明するための書類
  • 法人が為替取引を行うことを承諾しているという証明書(実際に取引する個人の名義入りのもの)
  • 株主名簿
  • 法人の現住所がわかるもの
  • 取引を行う個人の本人確認書類
  • 取引を行う個人の現住所がわかるもの

法人登録を証明するための書類

法人登録を証明するための書類に関しては、履歴事項全部証明書・抄本・商業登記簿謄本などを用意する必要があるでしょう。

法人が為替取引を行うことを承諾しているという証明書(実際に取引する個人の名義入りのもの)

こちらは、自分が法人の代表であるのであれば自分で自作していくことになります。

株主名簿

こちらも自分が法人の代表であれば、自分で自作していきましょう。

法人の現住所がわかるもの

印鑑証明などを取り寄せましょう。

取引を行う個人の本人確認書類

運転免許証やパスポートなど顔写真付きのものを選ぶようにしてください。

取引を行う個人の現住所がわかるもの

電気・水道・ガスなどの公共料金の支払明細で住所が記載されているものなどを用意していきましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の法人口座の開設するためには英文の書類への記入も必要になる

iFOREX(アイフォレックス)では自分で用意する書類の他に、iFOREX(アイフォレックス)側が用意した書類に記入して提出するタイプのものもあります。

ただしiFOREX(アイフォレックス)側が用意する書類に関しては、全文が英文となっているため英語のわからない人にとってはかなり厳しい内容になっているようです。

英語がわからないという人の場合には、自分でなんとかしようとするのではなく、英語のわかる方に一旦翻訳を依頼しながら書類を作成していくのがおすすめです。

またはiFOREX(アイフォレックス)のサポートセンターに連絡をして、わからない部分を都度確認していくのが良いでしょう。

規約などに関しても書かれている重要な書類になりますので、一旦全文を翻訳して理解してから署名などを行なっていくことをおすすめします。

全ての書類の提出が完了すると、iFOREX(アイフォレックス)側の指定する口座開設方法により法人口座を開設していくことができるようになるので、指示に従ってください。

iFOREX(アイフォレックス)の法人口座の開設は出来るのか詳しく解説まとめ

今回は、iFOREX(アイフォレックス)の法人口座の開設は出来るのか詳しく解説してきました。

iFOREX(アイフォレックス)では法人口座を作ることはできますが、手続きのハードルは高めだといえるでしょう。

特に必要書類によっては、法務局へ出向いて書類を請求したり、自分で作成しなければいけないものも多くなっています。

また、iFOREX(アイフォレックス)側が作成した書類への記入の必要もありますが、全文英文の書類となっており、日本語の訳はついていません。

そのため英文がわからないという人であれば、一旦英語のわかる人や翻訳業務を行なっている人に全文を翻訳してもらうことをおすすめします。

iFOREX(アイフォレックス)の法人口座開設には、かなりの手間がかかりますが、一つ一つ丁寧に手続きを踏んでいけば口座は開設できますので、まずはサポートセンターへの問い合わせを行なってみてくださいね。