ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

iFOREX(アイフォレックス)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200530183103j:plain

iFOREX(アイフォレックス)の税金の計算方法と確定申告のやり方がよくわからない。

ところで確定申告ってなに?

iFOREX(アイフォレックス)で1円でも稼いだら確定申告して税金を納めなければいけないの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

iFOREX(アイフォレックス)で利益を得られるようになると税金の計算方法を行う確定申告について意識しなければいけません。

iFOREX(アイフォレックス)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

iFOREX(アイフォレックス)の確定申告とは税金の計算方法を行い納税すること

確定申告とは、年間所得が一定を超えた時に、税務署が定める税金の計算方法に基づいて所得税を算出し、翌年3月15日までに納税することをさします。

1年間の所得が一定を超えたからと言って、iFOREX(アイフォレックス)や税務署から確定申告のお知らせや納税通知が届くわけではありません。

確定申告をはじめるためには、税務署が定める記帳方法に基づいて1年間の所得を自己管理し、年間所得が一定を超えていた場合に自己判断で行います。

iFOREX(アイフォレックス)の税金の計算方法と確定申告の区分は「雑所得の総合課税」

確定申告は所得区分を把握することからはじまりますが、iFOREX(アイフォレックス)は雑所得の総合課税に分類されており、所得区分のルールに沿って税金の計算方法を行います。

税制上の所得は、事業所得・給与所得・退職所得・不動産所得・山林所得・配当所得・利子所得・譲渡所得・一時所得・雑所得と10所得に分類されていて、雑所得は他9所得のどれにも該当しない所得をさします。

雑所得は、さらに申告分離課税と総合課税に分類されていますが、海外FXは総合課税に分類され、上記9所得との合計額で年間所得を算出して、確定申告しなければいけません。

一方、申告分離課税は区分内の所得だけで確定申告でき、他の9所得との合計額で年間所得を算出する必要はないということです。

申告分離課税に分類される国内FXは、国内FXだけで年間所得を算出し一律20%(所得税15%、住民税5%)の税率が課せられることの他に、繰越損失が適用されるというメリットがあります。

繰越損失とは、今年消化しきれなかった年間所得のマイナスを翌年以降に繰り越して、来年の課税対象額を減らすことができる税制の優遇制度です。

総合課税は、10所得の合計額で年間所得を算出して税金の計算方法を行う必要がありますが、マイナスについては他所得との損益通算は認められていません。

税率は15~55%(所得税は5~45%、住民税10%)と総合課税の税率は所得に応じて負担が大きくなる累進課税方式を採用していますが、所得税率10%以上になると税率に応じて最小97,500円の控除額が適用され、所得額を軽減します。

所得税率10%・住民税率10%にあたる3,299,000円までは、控除が適用される総合課税のほうが申告分離課税よりも税金は安くなると言えるでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)の確定申告時の税金の計算方法

ここまでの解説にもとづいてiFOREX(アイフォレックス)の確定申告時に行う税金の計算方法についてみていきましょう。

まずは以下の2種類の年間所得を算出していきます。

  • iFOREX(アイフォレックス)の年間所得
  • 雑所得以外の9つの年間所得

税制上の所得と収入とは区別されており、所得は収入-経費で算出できます。

経費とは、トレードの参考書、パソコンやスマホの購入代金、デバイスを稼働するための電気代、ネット回線代などをさします。

さらに9所得、たとえば不動産の売却益や株式の配当金などから、年間所得を算出しましょう。

実際の確定申告における税金の計算方法では、この他にも医療費控除・配偶者控除・社会保険控除・基礎控除などを相殺して、課税対象額を軽減できますが、ここでは省略します。

年間所得を算出したら、国税庁の「所得税の税率」のページにある「所得税の速算表」にあてはめて、「年間所得額×総合課税の税率-控除額」の計算式をもとに税金の計算方法を行ってください。

iFOREX(アイフォレックス)の税金を納めるべき確定申告の対象者

iFOREX(アイフォレックス)の確定申告の対象者は、個々の年間所得が一定を超えていた場合になりますが、以下の通り給与取得者と非給与取得者で異なります。

  • 給与取得者(正社員・派遣社員・パート・アルバイトなど給与を得ている人):年間所得が20万円を超えた場合
  • 非給与取得者(専業主婦・学生・個人事業主など給与を得ていない人):年間所得が38万円を超えた場合

給与については職場で年末調整を行っている部分については確定申告する必要はありませんが、iFOREX(アイフォレックス)で20万円を超える年間所得を超えた場合は、確定申告で税金の計算方法を行う必要があります。

また年収2000万円を超える給与を得ている方は、職場で源泉徴収を行わないため、給与とiFOREX(アイフォレックス)の利益を含めた所得で確定申告しなければいけません。

iFOREX(アイフォレックス)の税金の計算方法と確定申告における注意点

iFOREX(アイフォレックス)の税金の計算方法と確定申告における注意点をみていきましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の確定申告すると自動的に住民税の対象になる

確定申告は所得税を計算するために行いますが、自動的に住民税の対象になり、確定申告をすることで住民税の納付書も送られてきます。

予期せぬ住民税に驚いてしまう方もいますが、確定申告をしたら住民税の納付も行いましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の確定申告や納税を怠りバレるとペナルティの対象になる

iFOREX(アイフォレックス)や一定の所得を上回っているのにもかかわらず確定申告を怠り税務所に発覚するとペナルティの対象になります。

脱税のペナルティは、延滞のケースで税金額に対して2~9%の延滞税、無申告の場合50万円までは15%、50万円を超えると20%の無申告加算税と重いことがわかるでしょう。

悪質な無申告に対しては、35%を超える重加算税の対象になるため、必ず確定申告して税金を納めてください。

iFOREX(アイフォレックス)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説まとめ

iFOREX(アイフォレックス)の税金の計算方法と確定申告はしくみさえわかれば難しくありません。

年間所得が一定を超えた場合は、必ず確定申告して納税を行いましょう。

脱税しても税務署に発覚しなければいいと思う方もいるかもしれませんが、発覚する可能性は大きく、重税のペナルティはかなり大きな負担になりますので、必ず確定申告してください。