ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

iFOREX(アイフォレックス)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200530183103j:plain

iFOREX(アイフォレックス)の税金の計算方法はどのようにやればいいの?

税金と確定申告ってなに?ふたつにはどのような関係があるの?

iFOREX(アイフォレックス)でいくら稼いだら、確定申告が必要?

あなたは今、このようにお考えですよね。

iFOREX(アイフォレックス)で利益を獲得したら、確定申告や税金の計算方法について理解しておく必要があります。

iFOREX(アイフォレックス)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

iFOREX(アイフォレックス)の確定申告は、1月1日から12月31日までの収入を、一定の税金の計算方法に則って算出し所得税を納めることを言います。

FXで利益が一定額を超えた場合に確定申告を行う必要がありますが、iFOREX(アイフォレックス)や税務署などから確定申告や納税通知などはいっさい届きません。

ではどのように確定申告をスタートさせるのかというと、iFOREX(アイフォレックス)の年間所得を自己管理し、所得が一定ラインを超えていた場合に必要になります。

納税を怠ると重税などの罰則対象になりますので、iFOREX(アイフォレックス)でトレードを開始したら確定申告や税金の計算方法について積極的に情報収集する必要があると言えるでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)の税金を確定申告で納めるべき対象者

iFOREX(アイフォレックス)の税金を確定申告で納めるべき対象者は、各自の年間所得額よって異なり、おおまかに分けると以下の通りです。

  • 正社員・パート・アルバイトなど給与取得者:20万円を超えたら
  • 個人事業主・学生・専業主婦など給与非取得者:38万円を超えたら

職場で税金を納めている方であっても、iFOREX(アイフォレックス)の税金においては確定申告しておさめる必要があります。

ただし職場の年収が2,000万円を超えてしまう方は職場が確定申告を行わないため「iFOREX(アイフォレックス)の所得+給料所得+その他所得(次項以降で解説)」を併せて自分で確定申告し税金を納める必要があります。

給料をもらっていない個人事業主や専業主婦においても「iFOREX(アイフォレックス)の所得+その他の所得」との合計で確定申告し税金を納めます。

こちらでは給与取得者と給与非取得者における税金を納めるべき対象者の違いについてシンプルに述べましたが、ここからはもっと具体的に解説していきましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の税金の計算方法と確定申告区分は「雑所得の総合課税」

iFOREX(アイフォレックス)の税金の計算方法の前に、海外FXの確定申告区分は「雑所得の総合課税」と覚えてください。

まず税金には上述した給与所得をはじめ・不動産所得・事業所得・配当所得・利子所得・退職所得・譲渡所得・一時所得・山林所得・そして雑所得の10つの確定申告区分が設けられています。

10つの確定申告区分ごとにそれぞれ税金の計算方法が異なります。

雑所得はさらに総合課税と分離申告課税にわかれ、分離申告課税は該当する所得だけで確定でき、税率は一律20%です。

一方総合課税は、給与所得など上9所得との合計額を課税対象額にする必要があるため、分離申告課税と比較すると必然的に課税対象額が大きくなってしまいます。

総合課税の税率は、最低税率5%から所得額に応じて段階的に税率がアップし、最大45%が課せられます。

iFOREX(アイフォレックス)で思うように利益を得られない場合は、総合課税のほうが税金負担が軽くなります。

次項の税金の計算方法でも解説しますが、総合課税は税率に応じた金額を控除できるのも特徴です。

ただし大きく利益獲得できるようになると、分離申告課税のほうが税金負担が軽くなります。

総合課税は他所得との合計額で確定申告する必要があるとお伝えしましたが、あくまでも合計するだけです。

万が一損失が発生している場合は、異なる所得同士で加減して所得額を減らす「損益通算」はできませんのでご注意ください。

同時に繰越損失も適用されませんので、iFOREX(アイフォレックス)の所得は税制上若干不利な側面があります。

iFOREX(アイフォレックス)の税金の計算方法と確定申告のやり方

ではここまでの解説をふまえて、iFOREX(アイフォレックス)の確定申告における税金の計算方法のやり方を具体的に解説します。

例として、iFOREX(アイフォレックス)の年間所得700万円・給与所得500万円(源泉徴収済み)だった場合の税金の計算方法は、以下の手順で行います。

  • 1.年間所得を求める
  • 2.所得税を算出する

では具体的にiFOREX(アイフォレックス)の税金の計算方法をみていきましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の税金の計算方法1:年間所得と課税対象額の算出方法

まずはiFOREX(アイフォレックス)の総所得を計算しましょう。

税制上所得と収入は区別され、所得とは収入から経費を相殺した金額すなわち純粋な利益をさします。

iFOREX(アイフォレックス)で100万円の利益を獲得し、利益を得るためのネット通信費やデバイス・参考書代などが年間10万円発生した場合、年間所得は以下の通りです。

700万円-10万円=690万円がiFOREX(アイフォレックス)の年間所得となります。

一方多くの方は職場で源泉徴収されているかと思いますので、この場合は給与所得の500万円は確定申告する必要がありません。

個人事業主として収入を獲得している場合は、自分で確定申告する必要があるため、iFOREX(アイフォレックス)の所得と合算して総所得を求めます。

さらに医療費控除・配偶者控除・社会保険控除・基礎控除などを相殺して、課税対象額を算出できますが、ここではわかりやすくするために簡略します。

iFOREX(アイフォレックス)の税金の計算方法2:所得税の算出方法

iFOREX(アイフォレックス)の所得税の計算方法は、「年間所得額×総合課税の税率-控除額」で求めます。

雑所得総合課税の税率は、以下の画像の通りです。

たとえばiFOREX(アイフォレックス)の年間課税所得額が690万円だった場合の税金の計算方法は以下の通りです。

690万円×20%-427,500=952,500円が、所得税になります。

iFOREX(アイフォレックス)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説まとめ

iFOREX(アイフォレックス)の税金の計算方法と確定申告について解説しました。

確定申告区分が雑所得の総合課税であることから、税金の計算方法を少々複雑に感じてしまう方もいるでしょう。

しかし年間収入と経費額などさえ明確にしておけば、国税庁の確定申告フォームや会計ソフトで自動的に税金を計算してもらえるため、徹底的に計算方法を覚える必要はありません。

ただし確定申告時期になって対象者であるのかを把握するために、日ごろから会計ソフトを導入するなどして、こまめに記帳してiFOREX(アイフォレックス)の年間所得を把握しておきましょう。