ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスキャルピングを分かりやすく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190519221153j:plain

GEMFOREX(ゲムフォレックス)はスキャルピングを禁止しているの?

もしスキャルピングが禁止されていない場合は、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の禁止行為やそのペナルティを知りたい。

またGEMFOREX(ゲムフォレックス)はスキャルピングが向いているのかについても把握したい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は最大1000倍でレバレッジ取引できることから、短期で小さな利幅を狙うスキャルピングに適していると言えます。

しかしスキャルピングが禁止されていない海外FX取引所の中には、トレード制限や禁止行為についてのルールが厳しく、実際はスキャルピングに向かない業者も存在します。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスキャルピングを分かりやすく解説

GEMFOREX(ゲムフォレックス)はスキャルピングを禁止しているの?

GEMFOREX(ゲムフォレックス)はスキャルピングを禁止していないため、短期トレードも可能です。

またGEMFOREX(ゲムフォレックス)はスキャルピング向けのノースプレッド口座が採用されているため、短期トレードに適した環境でトレードすることができるでしょう。

ノースプレッド口座は、取引制限があるもののスキャルピングに対応しています。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスキャルピングにはルールがあり、禁止行為にふれてしまうスキャルピングはできません。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスキャルピングにおける禁止行為は「サーバーの執行能力に支障をきたすレベル」のトレード

GEMFOREX(ゲムフォレックス)はスキャルピングにおける禁止行為として「サーバーの執行能力に支障をきたすレベル」の頻度でトレードすることだと定めています。

また公式的な禁止行為として、GEMFOREX(ゲムフォレックス)に事前連絡することなく、5分以内に往復10ロット以上のトレードを行うことだと明言しています。

5分以内に往復10ロットの取引は、手動でのトレードでもじゅうぶんに可能な頻度のスキャルピングです。

このためさらに秒単位でトレードを行うスキャルピング、すなわち「秒スキャ」は、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の禁止行為に抵触することが考えられるでしょう。

ただし秒スキャも、事前連絡をすればGEMFOREX(ゲムフォレックス)の禁止行為に抵触することはありません。

しかし現実的に考えて、秒間隔でトレードするスキャルピングをする場合、注文のたびにGEMFOREX(ゲムフォレックス)に事前連絡をして許可を取得することは非常に面倒です。

秒単位の超短期スキャルピングは、スピード感が必要ですので、GEMFOREX(ゲムフォレックス)への事前連絡をその都度行わなければいけないことは、利益をめざす環境としてふさわしいとはいえず、ほぼ不可能といったほうがよいのかもしれません。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスキャルピング向け口座「ノースプレッド口座」における禁止行為

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスキャルピング向け口座「ノースプレッド口座」は低コストでトレードできますが、EAなどの自動売買トレードは禁止行為にあたります。

自動売買トレードは手動では実現できない高頻度の取引ができるため、スキャルピングで重宝する取引システムです。

しかしGEMFOREX(ゲムフォレックス)では秒単位の超短期スキャルピングが認められていないうえ、スキャルピング向けのノースプレッド口座では自動売買トレードはできないなど、禁止行為が多いでしょう。

いずれにしてもノースプレッド口座のスキャルピングは、裁量トレードに限られてしまうということになります。

一方、オールイン口座では、EAなどの自動売買トレードが認められているため、禁止行為に抵触する頻度でのトレードでなければ、スキャルピングできるでしょう。

ただし、一部の自動売買によるスキャルピングを禁止しているケースがありますので、GEMFOREX(ゲムフォレックス)で利用できるのかについて、まずはご確認ください。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスキャルピングの禁止行為におけるペナルティ

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスキャルピングが禁止行為にあたる場合は、ペナルティが課せられます。

ペナルティの内容は出金拒否で、スキャルピングの利益は出金できなくなります。

ただし資金は出金可能ですので、GEMFOREX(ゲムフォレックス)から返金されます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)ではゼロカットを採用していますが、禁止行為にあたるスキャルピングで確定した損失についてはゼロカット対象外となりますのでご注意ください。

同時に口座凍結のペナルティも課せられる可能性もあります。

スキャルピングに限らずGEMFOREX(ゲムフォレックス)で禁止行為にあたるトレードを行うとゼロカットの適用外になるうえ口座凍結のペナルティ対象になるため、絶対にやめましょう。

禁止事項にあたるのかどうかを自己判断できない場合は、事前にGEMFOREX(ゲムフォレックス)のサポートデスクでご確認の上ご利用することをおすすめします。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)はスキャルピングに向いている?

GEMFOREX(ゲムフォレックス)はスキャルピングに向いているのかを総合的にみていきましょう。

ノースプレッド口座はスプレッドが狭いだけでなく、他社で負担しなければならない取引手数料も無料ですので、低コストでトレードできることから、スキャルピングに適しているようにみえます。

しかし秒間隔のトレードができない、自動売買トレードも禁止されているなど、取引制限が厳しいことから、超短期スキャルピングに必要な条件を満たしていないません。

オールインワン口座は自動売買トレードができますが、秒単位のトレードができないうえ、スプレッドも大きくなるため、スキャルピング向きではないと言えるでしょう。

このようなことから、GEMFOREX(ゲムフォレックス)はスキャルピングに向いているとは言えないと判断できます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスキャルピングを分かりやすく解説まとめ

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスキャルピングは、禁止行為としてトレード頻度に明確な基準が設けられていてわかりやすいです。

サーバーの執行能力に支障をきたすレベルのトレードと、ノースプレッド口座で自動売買トレードできないことは、スキャルピングに大きく影響を与える禁止行為です。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)はスキャルピングに向いているとは言えないものの、ルールを守ればできるため、きちんと覚えておきましょう。