ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

Bitwallet(ビットウォレット)の本人確認の方法・手順を詳しく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】FXGTの詳細ページはこちらから

Bitwallet(ビットウォレット)の本人確認の方法と手順はどのようにしたらいいの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

口座開設の完了後、本人確認を済ませなければ出金ができないと聞いて慌てている方もいるでしょう。

また本人確認の方法や手順、時間などについて疑問を感じている方もいるでしょう。

ここではBitwallet(ビットウォレット)の本人確認の方法・手順について解説していきます。

Bitwallet(ビットウォレット)の本人確認の方法・手順を詳しく解説

Bitwallet(ビットウォレット)の本人確認の方法と手順は?

Bitwallet(ビットウォレット)の本人確認の方法はオンラインで完結します。

しかし必要書類や手順は多く、以下のような手続きが必要になるでしょう。

  • 1.身分証の提出
  • 2.IDセルフィーの提出
  • 3.現住所確認書類の提出

なお手順としては、準備できた本人確認書類から提出していけば問題ありません。

またすべての本人確認書類は、データ形式で提出しなければいけないため、スマホなどで画像を撮影したら準備しておきましょう。

できたらBitwallet(ビットウォレット)のマイページにある「ご登録情報・設定」のアカウント情報から本人確認書類と現住所確認書類を提出します。

Bitwallet(ビットウォレット)の本人確認方法の手順1. 身分証明書

Bitwallet(ビットウォレット)の本人確認の方法では、身分証明書、IDセルフィー、現住所確認書類の3つが必要になります。

まず身分証明書は、以下の6種類のうちどれかひとつです。

  • マイナンバーカード
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

大半はマイナンバーカードと運転免許証のどちらかになるでしょう。

いずれにせよ、カラーの顔写真付きで有効期限内の身分証明書でなければいけません。

次項のIDセルフィと照合するためにも必要な書類になります。

身分証明書を撮影したら、次の手順でも使いますのでそのまま進みましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の本人確認方法の手順2. IDセルフィー

Bitwallet(ビットウォレット)に提出した本人確認書類が本人のものかどうかを確認するために、IDセルフィーを使います。

IDセルフィーとは、提出した身分証と一緒に撮影した自分自身の顔写真になります。

自撮りするために片手で撮影しなければいけないため、手ぶれやサイズなどの関係から撮影はとても面倒です。

この手順では、セルフタイマーによる方法で撮影することをおすすめします。

また背景は無背景、照度も意識して、鮮明にセルフィー画像を撮影しましょう。

もし写真に必要な情報が映っていなかったり、ブレてしまっていたりすれば、Bitwallet(ビットウォレット)の審査で承認されません。

再提出になる可能性がありますので、鮮明にIDセルフィーの写真を撮影しましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の本人確認方法の手順3. 現住所確認書類

本人確認の最後の手順は、現住所確認書類の提出です。 Bitwallet(ビットウォレット)では、以下のような書類を受け付けています。

  • 公共料金領収書、請求書
  • 電話料金の請求書
  • 健康保険証
  • 住民票

公共料金の領収・請求書はデジタル形式ですので便利です。

健康保険証も身分証明書と一緒に撮影とアップロードをすればよいため、それほど手間をかけずに書類の準備ができるでしょう。

すべての本人確認書類を準備したら、最後の手順としてBitwallet(ビットウォレット)にアップロードしてください。

Bitwallet(ビットウォレット)の本人確認方法の手順4. 審査

Bitwallet(ビットウォレット)の本人確認方法での最後の手順は審査ですので、承認がおりるまで待ちましょう。

公式的には1営業日で本人確認の審査を完了するとしています。

しかし筆者の経験や口コミからも、もう少し時間がかかるとしています。

おおよそ2~3営業日くらいはかかると考えておいた方が安心でしょう。

なお本人確認書類を提出しても審査が保留のまま放置されるという声も聞かれていますし、実際の筆者もそのような経験がありました。

その後の連絡を経て無事に本人確認の手続きは完了となりましたが、まれにそのようなケースもあります。

あまりにも審査に時間がかかっているようであれば、Bitwallet(ビットウォレット)のカスタマーサポートへ問い合わせてみましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)で本人確認方法を終えたあとの手順

Bitwallet(ビットウォレット)で本人確認方法を終えたあとの手順として、出金銀行口座の登録を行います。

現段階では出金しなくても、出金口座の登録には数日かかるケースもあります。

出金したいタイミングでできるようにするため、早めに手続きを行いましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の本人確認の方法と手順 ビジネスアカウント

Bitwallet(ビットウォレット)のビジネスアカウントでも本人確認の方法や手順は同じです。

しかし本人確認書類は、パーソナルアカウントよりも多くなります。

ビジネスアカウントでは以下の法人確認書類も必要になるので準備したらあわせて提出を行いましょう。

  • 法人確認資料
  • 印鑑登録証明書
  • 法人現住所確認資料
  • 実質的支配者届出資料

Bitwallet(ビットウォレット)の本人確認の方法・手順は後回しでもOK

Bitwallet(ビットウォレット)における本人確認方法の手順については、後回しにできることがメリットです。

本人確認を済ませなくても入金はできますが、出金はできないことはデメリットです。

厳密に言うならば、Bitwallet(ビットウォレット)から外部への「送金」はできますが、自分の「出金登録口座への出金」はできないというわけです。

海外FXへの入出金にBitwallet(ビットウォレット)を使う方法として、本人確認が未完了の場合におけるルールや制限をみていきましょう。

入出金に関して本人確認を済ませていなくてもBitwallet(ビットウォレット)でできることは、以下の通りです。

  • Bitwallet(ビットウォレット)への資金の入金
  • Bitwallet(ビットウォレット)から海外FXへの送金
  • 海外FXからBitwallet(ビットウォレット)への送金

一方、できないことはBitwallet(ビットウォレット)から自分の出金登録口座への出金です。

Bitwallet(ビットウォレット)を経由して海外FX業者の口座間で送金ができることはメリットです。

一方、Bitwallet(ビットウォレット)からの資金や利益の出金ができないことは大きなデメリットでしょう。

Bitwallet(ビットウォレット)では本人確認を後回しにする方法によって、出金以外にもいくつかの機能が制限されます。

また海外FXでは入金方法と同じ方法で出金しなければいけないというルールがあります。

よってBitwallet(ビットウォレット)で入金した場合は、トレードで資金が焼かれない限り、遅かれ早かれ出金しなければいけません。

本人確認方法の手順は後回しにしてもよいので、Bitwallet(ビットウォレット)から出金することを考えて早めに済ませておきましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の本人確認の方法・手順を詳しく解説まとめ

Bitwallet(ビットウォレット)の本人確認の方法と手順は、身分証明書とIDセルフィー画像、現住所確認書類を揃えて提出するだけです。

本人確認方法とすべての手順を済ませて承認がおりるまでの時間は、1~3営業日と考えておきましょう。

審査で承認されたらBitwallet(ビットウォレット)の出金先銀行口座の登録を済ませてご利用ください。