ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

Bitwallet(ビットウォレット)の税金と確定申告を詳しく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

Bitwallet(ビットウォレット)の税金と確定申告は必要なの? もし必要であれば、Bitwallet(ビットウォレット)の税金の計算方法と確定申告のやり方を知りたい。

ところで確定申告ってなに?

あなたは今、このようにお考えですよね。

Bitwallet(ビットウォレット)は多彩な通貨を送金できるオンラインウオレットサービスです。

ここではBitwallet(ビットウォレット)の税金と確定申告について疑問を感じている方に向けて詳しく解説していきましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の税金と確定申告を詳しく解説

Bitwallet(ビットウォレット)の税金の計算方法と確定申告は必要なの?

結論を言うと、Bitwallet(ビットウォレット)では税金の計算方法も確定申告も必要ありません。

その理由は、Bitwallet(ビットウォレット)はオンラインウオレットサービスだからです。 送金を目的としているサービスのため、Bitwallet(ビットウォレット)では損益が発生することはありません。

ただしBitwallet(ビットウォレット)の両替については、為替差益が生じる可能性があります。

両替で得た利益については確定申告の義務が生じますが、基本的には損をする可能性のほうが高いため、可能性としては低いと言えます。

基本的にBitwallet(ビットウォレット)の利用で税金を納めることも確定申告をすることとは無関係と考えてよいでしょう。

ただしBitwallet(ビットウォレット)は海外FX業者への入出金手段として利用されている送金サービスです。

送金先の海外FX業者は投資を行うため、トレードで得た利益については、納税や確定申告の義務が生じます。

職場の給料は源泉徴収されますが、海外FX業者では源泉徴収の対象外になるため、原則的に確定申告は必要です。

Bitwallet(ビットウォレット)は税金とは無関係でも、自分自身に確定申告の義務があるのかどうかについては別問題になるでしょう。

送金先でトレードをしたのか、そしていくら利益を得たのかという点が、税金や確定申告に深くかかわってきます。

Bitwallet(ビットウォレット) 税金の計算方法と確定申告とは?

Bitwallet(ビットウォレット)は投資ではないので、税金や確定申告とは無関係です。

そしてBitwallet(ビットウォレット)で入金した資金を使い、トレードで得た利益が確定申告の対象になります。

確定申告とは、年間所得をもとに所得税の計算方法を行うことをさしており、翌年の3月15日までに納税まで完了しなければいけません。

所得税とは儲けに対して発生する税金です。

そしてトレードで得た利益は、税制上の「収入」になります。

さらに「収入」から「経費」を相殺して「所得」すなわち「純粋なトレードの利益」が一定を超えていた場合に、確定申告を行います。

経費とはトレードで稼ぐために使用した、パソコンの電気代やネット通信費、参考書の図書費など多岐にわたります。

また海外FXとBitwallet(ビットウォレット)間で発生した入金手数料や出金手数料も経費として計上できるでしょう。

なおトレードの利益がどのタイミングで収入として発生するのかというと、利益確定を行った時点です。

Bitwallet(ビットウォレット)へ出金しなくても、利益の発生で確定申告の対象額になるというわけです。

またBitwallet(ビットウォレット)の両替機能で利益が出た場合も、確定申告することになるでしょう。

Bitwallet(ビットウォレット) 税金の計算方法と確定申告の対象外になるケース

前項ではBitwallet(ビットウォレット)で入金後、海外FXで得た利益が「一定」を超えてい場合に、確定申告が必要になると解説しました。

では確定申告の対象外になるケースはと言うと、年間所得が20万円以下の場合です。

その場合は確定申告も不要ですし、税金の計算方法を知っておく必要もありません。

ただし税制上の雑所得とは、FX以外の所得も含みます。 たとえば、不動産売却や副業収入がある人は、それを含めたうえで確定申告が必要なのかを判断することになります。

単純に、海外FXでの利益が20万円以下ならば確定申告が不要になるわけではないことを、勘違いしないようにしましょう。

また海外FXで得た利益はBitwallet(ビットウォレット)へ出金しなくても税金がかかります。

特定口座で株式投資をしている人は銀行口座へ出金する前の、株式を売却した段階で源泉徴収されます。

同様に、FXも口座内で利益確定した段階で税金の対象になると考えられます。

Bitwallet(ビットウォレット)へ出金しなければ確定申告が不要になるわけではありませんので、株式投資を行っている方はご注意ください。

Bitwallet(ビットウォレット) 税金の計算方法と確定申告は「総合課税」

Bitwallet(ビットウォレット)で海外FXをしている人の税金の計算方法は「雑所得の総合課税」のルールに基づいて行います。

雑所得の総合課税とは、FX以外の雑所得や不動産所得など、税制上全10所得を合算して行う税金の計算方法を採用しています。

一方特定口座の源泉徴収は、その他の所得とは区別されるため「分離課税」に分類されます。

特定口座の場合は税金が天引きされるシステムのため確定申告は不要ですので、分離課税のうち「源泉分離課税」と呼ばれ区別されています。

一般的には総合課税は手間だけではなく、税制上での不利と言われています。

税金の計算方法は、所得が上がるほど税率の上がる累進課税方式のため、基本的に課税対象の総額が増えやすい総合課税のほうが不利と言えるでしょう。

Bitwallet(ビットウォレット) 税金の計算方法と確定申告の必要書類

Bitwallet(ビットウォレット)を海外FXの送金で利用している場合、確定申告時に以下の必要書類を準備することになります。

  • 海外FXの取引履歴
  • 経費の領収書
  • 源泉徴収票 ※会社員の人

雑所得の総合課税は、全10所得の合計額で確定申告を行わなければいけないことが税制上のルールです。

まず会社で得た給与所得や、すでに支払った税金を証明するために源泉徴収票が必要になります。 海外FXの取引履歴は、FX業者の取引ツールからダウンロードしましょう。

「各種控除」については解説を省略しますが、これらがある場合は準備してください。 税金の計算方法や確定申告のやり方は、申告書類の裏面に記載があります。

参考書や国税庁のホームページで調べたり、わからないことは最寄りの税務署で質問するなどして確定申告を行いましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の税金と確定申告を詳しく解説まとめ

Bitwallet(ビットウォレット)では、両替で利益が出ない限り、税金や確定申告をする必要はありません。

ただし送金先の海外FXのトレードで得た利益は、確定申告で税金の計算方法を行い納税する必要があります。

基本的にBitwallet(ビットウォレット)は確定申告とは無関係ですが、送金手数料については海外FXの経費として計上できることを覚えておきましょう。