ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

Bitwallet(ビットウォレット)の複数口座(複数アカウント)を詳しく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

Bitwallet(ビットウォレット)は複数口座(複数アカウント)は開設できるの?

もし開設できるのであれば複数口座(複数アカウント)のメリットとデメリットを知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

Bitwallet(ビットウォレット)は多彩な通貨に対応したオンラインウォレットです。

そんなBitwallet(ビットウォレット)の複数口座(複数アカウント)の開設を検討している方に向けて詳しく解説していきましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の複数口座(複数アカウント)を詳しく解説

Bitwallet(ビットウォレット)は複数口座(複数アカウント)を開設できるの?

結論を言うとBitwallet(ビットウォレット)は複数口座(複数アカウント)を開設できます。

ただし開設前にいくつかの注意点を確認する必要があります。

個人アカウントに値するBitwallet(ビットウォレット)のパーソナルアカウントでは、複数口座(複数アカウント)を開設できないと考えてよいでしょう。

利用規約では禁止する項目が見当たりませんが、複数口座(複数アカウント)の開設についても明示されていません。

複数口座(複数アカウント)を開設できるしくみや機能もなく、複数アカウントを開設すればアカウントごとに本人確認書類を提出する必要があります。

ただし同じ本人確認書類を複数アカウントの開設では利用できません。

パーソナルアカウントでは、1ユーザーあたり1アカウントの開設に制限されています。

まとめると現実的にBitwallet(ビットウォレット)は複数口座(複数アカウント)を開設できないということになります。

一方、パーソナルアカウントに加えてビジネスアカウントを併用すれば、Bitwallet(ビットウォレット)の複数口座(複数アカウント)を運用できます。

Bitwallet(ビットウォレット)の複数口座(複数アカウント)はビジネスアカウントに対応

なおBitwallet(ビットウォレット)のビジネスアカウントは複数口座(複数アカウント)に対応しています。

ようするにパーソナルアカウントとビジネスアカウントを開設しなくても、ビジネスアカウントだけで複数口座(複数アカウント)を登録できるというわけです。

Bitwallet(ビットウォレット)で複数口座(複数アカウント)を開設するためには、いずれにせよビジネスアカウントが必要になるというわけです。

ただし個人事業主としてBitwallet(ビットウォレット)のビジネスアカウントを開設することは、本人確認書類を準備できないため難しいでしょう。

そこであらかじめBitwallet(ビットウォレット)のカスタマーサポートへ連絡したうえで個人事業主アカウントの開設をしなければならず、手間がかかります。

しかし法人名義の複数口座(複数アカウント)を開設すれば、Bitwallet(ビットウォレット)のシステム上スムーズに手続きができます。

ただし法人名義でアカウントを登録するためには、法人の設立が必要です。

すでに法人があれば問題ありませんが、Bitwallet(ビットウォレット)の複数口座(複数アカウント)を運用するために法人を設立することはおすすめできません。

その理由は法人の設立自体のハードルがとても高いため、現実的ではないでしょう。

Bitwallet(ビットウォレット) 複数口座(複数アカウント)のメリット

Bitwallet(ビットウォレット)の複数口座(複数アカウント)を運用するメリットは、個人と法人の資金を分別して管理ができることです。

一般的にBitwallet(ビットウォレット)は海外FXへの入出金手段として利用されているケースが多いでしょう。

海外FX業者の法人口座への入出金は、法人名義の決済サービスや口座からの送金でなければ、税制上法人扱いはされないことになっています。

パーソナルアカウントの資金とわけて、ビジネスアカウントでは法人の資金を分別管理できることがメリットです。

むしろ複数口座(複数アカウント)のメリットというよりも、個人と法人アカウントの違いに関するメリットと言えるでしょう。

では純粋にBitwallet(ビットウォレット)の複数口座(複数アカウント)を開設するメリットはというと、特にありません。

一方海外FX業者で複数口座を開設すれば、異なるトレード条件の口座を開設できる、運用と保管にわけて資金を分別管理できるなどのメリットがあります。

また銀行の複数口座(複数アカウント)を開設すれば普通預金と積立預金でわけて運用できることがメリットでしょう。

しかしBitwallet(ビットウォレット)は運用ではなく、あくまでも送金を目的としたサービスです。

法人と個人の複数口座(複数アカウント)を開設しない限り、Bitwallet(ビットウォレット)の複数口座(複数アカウント)を運用するメリットはないでしょう。

Bitwallet(ビットウォレット) 複数口座(複数アカウント)のデメリット

個人と法人での分別が必要なケースを除き、Bitwallet(ビットウォレット)の複数口座(複数アカウント)はデメリットしかありません。

Bitwallet(ビットウォレット)のユーザーには、ユーザーレベルを示すためのアカウントステータスが割り振られています。

アカウントステータスはBitwallet(ビットウォレット)の利用状況に応じてアップするしくみで、アップするほど手数料の割引が適用されるためお得に利用できます。

しかし複数口座(複数アカウント)を開設・運用するとBitwallet(ビットウォレット)の利用は分散されるため、1アカウントあたりの頻度は下がります。

これに比例してアカウントステータスも分散されるため、手数料の割引特典を最大限に受けることができなくなります。

海外FXや投資サービスなどで法人口座を利用しない限り、Bitwallet(ビットウォレット)の複数口座(複数アカウント)はデメリットでしかないでしょう。

Bitwallet(ビットウォレット)よりも複数口座(複数アカウント)をおすすめしたいのは海外FX

Bitwallet(ビットウォレット)よりも複数口座(複数アカウント)をおすすめしたいのは、送金先にあたる海外FXや株式投資の証券会社です。

海外のFX業者や証券会社の大半は、複数の口座タイプで口座開設できます。

レバレッジやスプレッド、プラットフォームなどが異なる複数口座を開設して、さまざまな条件でトレードできます。

一方国内FXは1ユーザーあたり1口座制ですので、複数口座を開設できません。

あくまでもBitwallet(ビットウォレット)は送金サービスに過ぎません。

投資関連の法人口座を利用しない限りは複数口座を開設するメリットはないと考えておきましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の複数口座(複数アカウント)を詳しく解説まとめ

Bitwallet(ビットウォレット)の複数口座(複数アカウント)は、法人口座でのみ開設・運用できます。

海外FXなどで法人口座を利用しない限り、Bitwallet(ビットウォレット)の法人口座も複数口座(複数アカウント)もデメリットでしかありません。

基本的にBitwallet(ビットウォレット)は1ユーザーあたり1口座でご利用ください