ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

Bitwallet(ビットウォレット)の複数口座(複数アカウント)を詳しく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

Bitwallet(ビットウォレット)は多彩な通貨に対応しているオンラインウォレットです。

そんなBitwallet(ビットウォレット)で複数口座(複数アカウント)を運用できないだろうかとお考えの人もいるのではないでしょうか。

しかし、一般的な金融サービスで複数口座(複数アカウント)が許容されているかどうかはまちまちです。

そこで今回はBitwallet(ビットウォレット)の複数口座(複数アカウント)運用について詳しく解説していきます。

Bitwallet(ビットウォレット)の複数口座(複数アカウント)を詳しく解説

Bitwallet(ビットウォレット)は複数口座(複数アカウント)を利用できる?

Bitwallet(ビットウォレット)は複数口座(複数アカウント)の運用も可能です。

ただ、可能ではあるものの明らかに不向きです。

Bitwallet(ビットウォレット)にはパーソナルアカウントとビジネスアカウントの2種類があります。

まずパーソナルアカウントについては複数口座(複数アカウント)の利用が想定されていません。

利用規約上は複数口座(複数アカウント)を禁止する項目こそないものの、システム上はひとりにつき1アカウントが前提になっています。

そもそも、実際に複数口座(複数アカウント)を作ろうとしても、一方のアカウントで提出済みの本人確認書類は受け付けてもらえません。

そのため、サブアカウントの登録は事実上ほぼ不可能です。

一方で、ビジネスアカウントとパーソナルアカウントの併用は可能です。

したがって、どうしてもBitwallet(ビットウォレット)で複数口座(複数アカウント)を使いたい人はパーソナルアカウント+ビジネスアカウントのかたちが現実的です。

Bitwallet(ビットウォレット)の複数口座(複数アカウント)はビジネスアカウントで

Bitwallet(ビットウォレット)はパーソナルアカウントとビジネスアカウントを併用すれば複数口座(複数アカウント)の運用が可能です。

また、ビジネスアカウントについては、パーソナルアカウントと併用せずとも複数口座(複数アカウント)の登録が可能です。

いずれにせよ、Bitwallet(ビットウォレット)で複数口座(複数アカウント)を使いたい場合はビジネスアカウントが必須になります。

ただし、個人事情主としてビジネスアカウントを登録する場合、提出する本人確認書類がパーソナルアカウント用と被ってしまいます。

カスタマーサービスへ連絡すれば同じ書類でも登録できるようですが、少なくともシステム上はいったん弾かれてしまいます。

したがって、スムーズに手続きするためにはそれ専用の法人格を持った法人の設立が必須です。

一方、先に触れたようにビジネスアカウントに関しては複数の法人を設立すればそれぞれでBitwallet(ビットウォレット)のビジネスアカウントを登録できます。

そのようなやり方をすればパーソナルアカウントと完全に切り離した複数口座(複数アカウント)の運用も可能です。

とはいえ、パーソナルアカウントとの併用以上に高いハードルです。 不可能でこそありませんが、あまり現実的な方法とはいえないかと思います。

Bitwallet(ビットウォレット)の複数口座(複数アカウント)運用のメリット

そもそもBitwallet(ビットウォレット)でそこまでして複数口座(複数アカウント)を運用することにどのようなメリットがあるのでしょうか。

一般的に、FXや株式投資などの資産運用系の複数口座(複数アカウント)運用では、異なる運用方針をとれることが主なメリットとして挙げられます。

しかし、Bitwallet(ビットウォレット)は単なるオンラインウォレットです。

資産運用や投資口座への入出金に利用されがちではありますが、Bitwallet(ビットウォレット)自体で何か大きな損益が出るわけではありません。

したがって、わざわざ複数口座(複数アカウント)を運用したとて無意味です。

また、銀行口座などで複数口座(複数アカウント)を運用する場合は「目的別積立」などが一般的な用途です。

ただ、これもそういった積立サービスのないBitwallet(ビットウォレット)には無関係です。

総じて、仮にBitwallet(ビットウォレット)で複数口座(複数アカウント)が利用できたとしても、たいしたメリットがあるとは思えません。

もしこれらのメリットを期待しているのであれば他のやり方を検討しましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の複数口座(複数アカウント)のデメリット

Bitwallet(ビットウォレット)で複数口座(複数アカウント)を運用することはメリットがないばかりか、むしろデメリットがあります。

Bitwallet(ビットウォレット)はアカウントの利用実績に応じてランク付けがあるからです。

そしてヘビーユーザーほど手数料割引などの恩恵を受けられます。

しかし、複数口座(複数アカウント)を運用している場合は、当然ながら実績も分散してしまうため低ランクにとどまりがちです。

わずかな手数料割引とはいえ、塵も積もれば山となるです。

やはり個人でBitwallet(ビットウォレット)を使うのであれば、無理に複数口座(複数アカウント)を運用するのはおすすめしません。

Bitwallet(ビットウォレット)以外は複数口座(複数アカウント)を運用できるのか

Bitwallet(ビットウォレット)を使う人の多くは海外FXへ利用しています。

そうした人は海外FXのほうで複数口座(複数アカウント)を運用しましょう。

国内FXについてはひとり1アカウントが基本です。

対して、多くの海外FXでは極めて簡単な手続きで複数口座(複数アカウント)を開設できます。

同じサービス内の口座なので取り立てて節税効果はありませんが、異なる運用方針で取り引きできるメリットは小さくありません。

ここでは詳しくは触れませんが、海外FXの複数口座(複数アカウント)運用はレバレッジの使い分けにも有用です。

Bitwallet(ビットウォレット)はあくまでも入出金のハブになるだけと考えて、運用成績の管理はFX口座のほうでおこないましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の複数口座(複数アカウント)を詳しく解説 まとめ

Bitwallet(ビットウォレット)は基本的に複数口座(複数アカウント)の運用に向いていません。

パーソナルアカウントに関しては禁止こそされていなものの事実上は複数口座(複数アカウント)の運用はほぼ不可能です。

ビジネスアカウントは比較的容易に複数口座(複数アカウント)を作れますが、ビジネスアカウントの利用自体のハードルが高めです。

またそもそも単なるオンラインウォレットであるBitwallet(ビットウォレット)で複数口座(複数アカウント)を使うメリットはほとんどありません。

もしFXへの利用を考えているのであれば、Bitwallet(ビットウォレット)ではなくFX口座のほうで複数口座(複数アカウント)の利用を検討しましょう。