ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

FXGTの自己アフィリエイト(自己IB)を詳しく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

FXGTは、FXと暗号資産でトレードできるハイブリット取引所です。

そんなFXGTで自己アフィリエイト(自己IB)をしたいとお考えの方もいるはずです。

そこでFXGTは自己アフィリエイト(自己IB)を禁止しているのでしょうか。

もし禁止しているのであれば、自己アフィリエイトの範囲や判断基準や、自己IBがバレるとどうなるのか気になる方もいるはずです。

ここではFXGTの自己アフィリエイト(自己IB)について詳しく解説していきましょう。

FXGTの自己アフィリエイト(自己IB)を詳しく解説

FXGTの自己アフィリエイト(自己IB)は禁止なの?

結論を言うと、FXGTは自己アフィリエイト(自己IB)を禁止しています。

アフィリエイトは、FXGTを第三者に紹介しトレードをしてもらうことで報酬を受け取れるシステムです。

一方自己アフィリエイト(自己IB)は、自分のアフィリエイト(IB)経由でアカウントを登録することをさしています。

ようするに自分で登録したアカウントでトレードを継続する限り、自己アフィリエイト(自己IB)の報酬が発生することになるでしょう。

すなわち自己アフィリエイトは、トレードするたびにキャッシュバックを受け取れるようなものですので、トレーダーにとって自己IBはお得です。

しかしFXGTがアフィリエイト(IB)で目的としているのは、新規トレーダーの獲得です。

既存トレーダーによる自己アフィリエイト(自己IB)は、FXGTの目的とは大きくかけ離れており、デメリットでしかありません。

このようなことから利用規約にも記載されている通り、FXGTは自己アフィリエイト(自己IB)を禁止しています。

海外FXの中には自己アフィリエイト(自己IB)を禁止していない業者もありますが、FXGTは禁止しているため絶対にやめましょう。

FXGTに自己アフィリエイト(自己IB)がバレるとどうなる?

FXGTに自己アフィリエイト(自己IB)がバレると、まずアフィリエイトの報酬に影響を与えてしまいます。

利用規約では、軽度な場合について「報酬率を0%にまで減らす」というペナルティが記載されています。

すなわち自己アフィリエイト(自己IB)の報酬を取消すという意味です。

しかし悪質な行為ですので、報酬の取消だけでは済まないケースもあると考えておいたほうがよいかもしれません。

重大な違反と判断されれば、口座凍結のペナルティになるおそれも十分に考えられます。

自己アフィリエイト(自己IB)のペナルティについてはFXGTの裁量にゆだねられることになるでしょう。

不正が疑われてしまう行為についてはつつしむことをおすすめします。

FXGT 自己アフィリエイト(自己IB)の範囲

FXGTに自己アフィリエイト(自己IB)と見なされてしまう範囲には注意したいところです。

自作自演の成果は自己アフィリエイトと判断されますが、自分以外でも自己IBとみなされるケースがあります。

FXGTの利用規約から「パートナーに属するアカウント」も自己アフィリエイト(自己IB)と判断されることは明確です。

厳密な範囲については記されていませんが、ある程度は推測できるでしょう。

まず家族のアカウントは自己アフィリエイト(自己IB)と見なされます。

競合を例にあげると、紹介する人の支配下にある人物からの成果も自己アフィリエイト(自己IB)と判断されます。

支配下とは、たとえば職場の部下や後輩、仕事の下請けなどが考えられるでしょう。

FXGTが、紹介する人の人間関係をどのように支配下と判断するのかはわかりませんが、規約上自己アフィリエイト(自己IB)の疑いがあるだけでもペナルティ対象になります。

悪意がなかったとしても、自己アフィリエイト(自己IB)が疑われてしまう行為は避けておくに越したことはありません。

FXGT 自己アフィリエイト(自己IB)の判断基準

FXGTは自己アフィリエイト(自己IB)と判断するための基準については公開していません。

しかしIPアドレスから判断していることについてはほぼ間違いないと言えるでしょう。

IPアドレスとはPCやスマホなど、インターネットに接続している機器に割り当てられている固有の番号です。

いわゆる住所のようなものをIPアドレスと言い、厳密には「固有」ではあるものの、住所で言えば市町村のような段階的にグループ化するためのものになります。

FXGTが自己アフィリエイト(自己IB)の判断基準にしているものは、各家庭にひとつだけ割り当てられているグローバルIPアドレスになります。

そして同一世帯内で複数のユーザーがFXGTを利用している場合、同一IPアドレスからのアクセスとなるというわけです。

このため家族間での自己アフィリエイト(自己IB)はほぼ確実にバレると考えてよいでしょう。

仮に本気でFXGTを利用したいと考えている家族に紹介したとしても、ペナルティが課せられてしまうおそれがあります。

同居人と一緒にFXGTを使う場合は注意しましょう。

ではIPアドレスを分ければ自己アフィリエイト(自己IB)できるのではと考える方もいるはずです。

しかしFXGTでは本人確認書類の提出が必要になるため不可能ですので、自己アフィリエイト(自己IB)のハードルは高いと言えるでしょう。

FXGTは自己アフィリエイト(自己IB)よりも紹介制度のほうがおすすめ

FXGTの自己アフィリエイト(自己IB)は禁止されていますし、ペナルティのリスクを考えると時間と労力のムダになります。

同じ時間と労力をかけるのであれば、シンプルな紹介制度のルールに則り、FXGTでアフィリエイト(IB)を始めた方が有益と言えるでしょう。

FXGTは、継続的に報酬が発生するライフタイムコミッション制のもとアフィリエイト(IB)報酬を受け取ることができます。

報酬の単価はユーザーの成果次第になりますが、最低でも取引1ロットあたり4ドルになります。

継続的に報酬が発生することを考えれば、まとまった収益が期待できるでしょう。

アフィリエイトで報酬をめざすためには、他サイトとの差別化を考えながら、トレーダーにとって有益なサイト作りを行う必要があります。

日頃からFXGTを利用していれば、他人が気づかないようなメリットを見出せるため、アフィリエイトを成功に導くことも不可能ではありません。

継続的な報酬が見込めるようになれば、自己アフィリエイト(自己IB)の何倍にものぼる収益が期待できるためおすすめと言えるでしょう。

もしどうしても自己アフィリエイト(自己IB)をはじめたいのであれば、FXGTでなければできるFX業者もあります。

またASPの本人利用で報酬が発生するアフィリエイトプログラムを利用しても、自己アフィリエイト(自己IB)ができます。

個々のニーズに合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

FXGTの自己アフィリエイト(自己IB)を詳しく解説まとめ

FXGTの自己アフィリエイト(自己IB)について解説しました。

自己アフィリエイト(自己IB)アフィリエイトは禁止されているため、絶対にやめましょう。

もし発覚すると報酬の没収だけでなく、最悪のケースとして口座凍結のペナルティが課せられるおそれがあります。

自己アフィリエイト(自己IB)の範囲は、自分だけでなく家族や支配下にある人物は避けた方がよいでしょう。